> >> SMBCモビットの自動契約機の使い方・お金借りる方法

SMBCモビットの自動契約機の使い方・お金借りる方法

SMBCモビットでは、気軽にカードローンの申し込みが行える「自動契約機(無人契約機)」のサービスを提供しています。

SMBCモビットの自動契約機でお金を借りるためには、どのように使えば良いのでしょうか?SMBCモビットの自動契約機の特徴や使い方をまとめました。

・融資額:1万円~800万円
・アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
・電話連絡なし
・郵送物なし
・カードレス
・実質年率:3.0%~18.0%

 



SMBCモビットの自動契約機の特徴は?営業時間や場所


SMBCモビットには、スタッフが在籍する有人型店舗がありません。自動契約機は、すべて無人のため"誰にも会わずにキャッシングしたい"という方にオススメのサービスです。

他社との違いは?SMBCモビットの自動契約機の特徴

SMBCモビットは、SMBCグループである事から、「三井住友銀行内のローン契約機」に加え、「SMBCモビットのローン申込機」の2種類の自動契約機を利用することができる点が大きな特徴です。

どちらもカードローンの審査申し込みからカード発行までを行えるので、利用しやすい近くの店舗から選びましょう。


SMBCモビットの自動契約機がオススメな人


・パソコンやスマートフォンの操作が苦手な方
・ローンカードを手元に置いておきたい方
・オペレーターの方に質問や相談をしてお金を借りたい方
・最寄りに自動契約機があるので使ってみたい方

SMBCモビットローン申込機の特徴

SMBCモビットローン申込機は、タッチパネル式の自動契約機です。カードローンの申込みから約5分程度でカードが発行されます。

画面の案内に従い、申込に必要な情報を入力すると、簡易審査結果がローン申込機画面に表示され、電話にて審査結果の連絡が入ります。審査に通過すれば、その日からSMBCモビットカードを利用してお金借りることができます。

ローン申込機には、電話が設置されているので、困った時は電話でオペレーターの方に相談することも可能です。無人とはいえ、完全に1人で操作しなければいけない訳ではないので、初めての方やタッチパネルの操作に慣れていない方にも安心して使えます。また、室内にはエアコンが設置されているので、暑い夏の時期でも快適に手続きを進められます。

ローン申込機の営業時間

SMBCモビットのローン申込機の営業時間は、8:00~21:00で土日祝日も利用可能です。

※店舗によって営業時間が異なる場合があるので、あらかじめSMBCモビット公式サイトの検索機能からチェックしておきましょう。

ローン申込機の設置場所と台数

SMBCモビットローン申込機は、全国の駅や街角などに約400台設置されています。赤い外観でSMBCモビットの文字が記載された1帖ほどのBOX型店舗で、アコム「むじんくん」プロミスの自動契約機など、大手消費者金融の自動契約機と一緒に並んでいる事がよくあります。

現在、SMBCモビットのローン申込機は、店舗を縮小傾向にあるので、最寄りの店舗が営業しているか公式サイトから確認する事をオススメします。

参照:http://www.mobit.ne.jp/special/mme/index.html


三井住友銀行ローン契約機の特徴


三井住友銀行ローン契約機は、タッチパネル式の自動契約機です。三井住友銀行の口座を持っていない方でも利用が可能で、SMBCモビットのローン申込機と同様にカードローンの申込からカード発行までが行えます。使い方は、SMBCモビットのローン申込機と大きな違いはありません。

ローン契約機の営業時間

三井住友銀行ローン契約機の営業時間は、9:00~21:00で土日祝日の利用も可能です。
※店舗によって営業時間が異なります。

ローン契約機の設置場所と台数

ローン契約機の外観は、緑色で三井住友銀行のほか、SMBCモビットプロミスといった文字が並んでいます。三井住友銀行内など、全国に約700台設置されています。SMBCモビットのローン申込機よりも台数が多いため、ローン契約機の方が利用しやすくなっています。

参照:https://www.mobit.ne.jp/special/acm/index.html


・融資額:1万円~800万円
・アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
・電話連絡なし
・郵送物なし
・カードレス
・実質年率:3.0%~18.0%

 

SMBCモビットの自動契約機の使い方・契約の流れ

SMBCモビットの自動契約機には、SMBCモビットのローン申込機と三井住友銀行のローン契約機がありますが、どちらも基本的な流れと使い方に大きな違いはありません。操作方法や手順をまとめました。

SMBCモビットの自動契約機の基本的な操作方法

ステップ①申し込み

SMBCモビットの自動契約機内に入ったら、タッチパネルを操作してカードローンの申込手続きを進めます。

SMBCモビットの自動契約機が設置されている室内は鍵が閉まるようになっているので、誰にも邪魔されることなく、周りの目を気にせずに手続きを進める事ができます。

自動契約機の案内に従って画面をタッチしていくだけなので、難しい操作はありません。氏名、生年月日、電話番号、住所、勤務先、健康保険証の種類、前年度収入、無担保ローンの借入件数、融資希望額などを入力します。

入力ミスは訂正できるので、誤字脱字に気を付けながら入力漏れのないように進めていきましょう。

ステップ②本人確認書類の提出

SMBCモビットの自動契約機にはスキャナーが設置されています。本人確認書類をスキャナーで読み込ませることで、データがSMBCモビット側に届き、書類提出となります。

書類提出後には、仮審査がスタートするので「運転免許証、健康保険証、パスポート」のいずれかの本人確認書類を忘れずに持参して提出しましょう。

ステップ③SMBCモビットカードを発行

SMBCモビットの仮審査に通過するとSMBCモビットカードが発行されます。

5分程度でスピーディーに発行されますが、この時点ではカードを使用してお金を借りることができないので注意しましょう。

カードは本審査通過後に利用可能となりキャッシングできます。時間がない方は、申込手続きをインターネットなどで済ませ、カードの受け取りからスタートさせる事も可能です。

時間短縮になるので、自動契約機内での手続きをスピーディーに完了させたい方は、便利なインターネットで申込みを行ってください。

※ネットの申込みは以下から行えます。

ステップ⑤審査・結果連絡

カード発行後は本審査に入ります。審査では、電話でオペレーターの方からの質問もあります。勤務先に関する質問、借入後の使用目的、収入証明書の提出要請など、質問内容は個人差があるものの、基本的な質問ばかりです。

難しい質問はありませんが、申告した内容に虚偽があると審査落ちに繋がってしまうので、正しい情報を伝えてください。

審査時間は最短30分、長い場合は1時間以上待つ事もあります。審査結果は、メールまたは電話で連絡が来るので、審査に通過すればカードが使えATMでお金を借りることができます。

通常、他社の自動契約機では、審査通過後にカードが発行されますが、SMBCモビットではカードが先という珍しい順番です。

カード発行を先にすることで、自動契約機の室内で審査結果を待つ必要がなくなります。例えば、審査に時間が掛かった場合、室内での待機が時間の無駄となってしまいますが、SMBCモビットなら時間を効率良く使える点が大きな魅力です。


時短!ネットで審査を申込み、SMBCモビットの自動契約機でカード受け取る方法


SMBCモビットでは、自動契約機以外にパソコン、携帯、スマートフォン、電話にて、あらかじめ申込手続きを済ませておく事ができます。

審査までを事前に行えるので、審査完了後の入会手続きの際に自動契約機で「カード受け取り方法」を選びましょう。

そして、「SMBCモビットローン申込機」または「三井住友銀行内ローン契約機」のどちらかを選択すれば、希望の自動契約機でカードのみを受け取れます。

カード受け取りの際にも本人確認書類が必要になるので、運転免許証などを用意しておきましょう。

それから、ローン申込機でのカード発行には「予約番号」が必要になります。発行された際には、番号を保管しておくようにしてください。


※ネットの申込みは以下から行えます。


SMBCモビットの自動契約機でカード発行後は?お金の借り方


SMBCモビットでは、「振込キャッシング」と「提携ATMでのキャッシング」の2つのお金の借り方を用意しています。

自動契約機でカードを発行した方は、提携ATMを利用すれば限度額内でお金を自由に借入することができます。自動契約機ではお金を借りる事ができないので注意してください。

借入ができるSMBCモビットの提携ATM一覧

・三井住友銀行 ・三菱UFJ銀行 ・セブン銀行 ・イオン銀行 ・プロミス ・セゾンカード ・第三銀行 ・福岡銀行 ・親和銀行 ・熊本銀行 ・ゆうちょ銀行 ・E-net(ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、ポプラ、セイコーマートで設置されている場合) ・ローソンATM


●北海道地区
・北洋銀行
・北海道銀行

●東北地区
・みちのく銀行
・仙台銀行

●関東・甲信越地区
・常陽銀行
・足利銀行
・栃木銀行
・群馬銀行
・武蔵野銀行
・千葉銀行
・京葉銀行
・横浜銀行
・第四銀行

●中部・北陸地区
・北陸銀行
・大垣共立銀行
・十六銀行
・スルガ銀行
・中京銀行
・百五銀行

●関西地区
・京都銀行
・池田泉州銀行
・但馬銀行
・南部銀行
・紀陽銀行

●中国地区
・トマト銀行
・もみじ銀行
・西京銀行

●四国地区
・百十四銀行

●九州地区
・西日本シティ銀行
・宮崎銀行

その他、信用金庫など全国約130,000台の提携ネットワークにより、お近くの銀行やコンビニから借入することができるため非常に便利です。営業時間は、設置場所によって異なるので、利用予定のATMを確認しておきましょう。

SMBCモビット提携ATM利用で必要な手数料

SMBCモビットの提携ATMを利用する際には、手数料が掛かります。

1回の利用ごとに、1万円以下の場合には108円。1万円を超える場合には216円の手数料が掛かるため、手数料を抑えたい方は三井住友銀行のATMを利用しましょう。

SMBCモビットは、SMBCグループのため、手数料がいつでも無料になります。

SMBCモビットの自動契約機では返済が可能?お金の返し方

お金を借りる時は、返済の事もきちんと計画しておく必要があります。SMBCモビットの自動契約機は、カードローンの申し込みや契約を結ぶことは可能ですが、お金を返すための返済機能が付いていません。

SMBCモビットの返済方式についてまとめたので、滞ることのないよう返しやすい方法を選択しましょう。

SMBCモビットの返済方法

SMBCモビットでお金を返す際には、提携ATMまたは口座振替で返済することができます。

口座振替を希望する方は、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座がある方に限ります。


SMBCモビットの返済日は?


SMBCモビットでは、「約定返済日」での返済となるため、1カ月に1回、5日、15日、25日、末日から都合に合わせて選ぶことができます。給料日後に近い日を選べば、使い過ぎる前に支払いが行えます。口座振替を希望する方は、毎月指定日に合わせて引き落としされるため、払い忘れを防げます。


SMBCモビットの自動契約機を使う時に注意すべきこと


SMBCモビットの自動契約機を使う際に、注意しておきたいポイントをまとめました。スムーズな借入を行うためにも利用前に確認しておきましょう。

自動契約機で即日融資を希望する場合には?

SMBCモビットでは、急な出費により、今すぐお金を借りたい方に向けて、自動契約機の利用でも「即日融資」が可能となっています。

営業時間内に申込手続きをスタートさせ、審査まで完了すれば、発行されたカードを使って提携ATMで即日でお金を借りることが可能です。

また、振込での借り入れを希望する方も即日振込が可能となるため、14時50分までに手続きを済ませましょう。時間を過ぎてしまった場合、翌日以降の振込になるので注意してください。

審査で勤務先に電話をする在籍確認とは?

SMBCモビットの審査では、提出した申込内容をもとに、勤務先への在籍を確認するための電話連絡を行います。

電話では、担当オペレーターの名前のみで、SMBCモビットと名乗る事はありません。プライバシーに配慮して電話を掛けてくれるので、会社に消費者金融でお金を借りることを知られたくない方にも安心です。

個人宛の電話連絡が不自然になってしまう会社に勤めている方は、自動契約機の申込みではなく、SMBCモビットのeb完結申込みがオススメです。

web完結をなら電話連絡はナシなので、よりプライバシーを重視したい方におすすめの契約方法です。


web完結でお金を借りる条件


web完結を利用する場合には、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている方、社会保険証または組合保険証を持っている方が利用条件となります。
条件を満たしていない方は、SMBCモビットのweb完結を利用できないので気を付けましょう。


SMBCモビットのカードを失くしたら?自動契約機での再発行


SMBCモビットのローンカードを紛失した場合、再発行をすることが可能です。まず、SMBCモビットのコールセンターに連絡をして、盗難の恐れがあるなど、必要があれば警察にも届け出を行います。

その後、自動契約機で再発行の手続きを行えば、すぐにカードを再発行することができます。

カードの再発行には、「本人確認書類」が必要となるので、運転免許証などを用意しておきましょう。

郵送での再発行も受け付けていますが、時間が掛かります。すぐに再発行をしてもらいたい時は、自動契約機を利用した方がスピーディーです。ただし、再発行手数料が掛かるので、できるだけ紛失しないように注意してください。

web完結申込をすれば、"カードレスの利用"も可能です。振込キャッシングで希望口座にお金を振り込んでもらえるので、カードを持たずにお金を借りられます。カードの紛失を避けたい方は、カードレスの利用もオススメです。


自動契約機を利用した後の郵送物に注意!


SMBCモビットの自動契約機では、カードが発行されますが、入会申込書、契約内容確認書などの書類は後日、郵送にて自宅に届くため、決して"郵送物ナシ"となるわけではありません。

郵送物が届く事で家族や恋人にSMBCモビットでお金を借りていることがバレてしまう恐れがあるので、同居している方がいる場合には注意してください。

郵送物を無くしたい方は、自動契約機での申込みではなく、web完結を利用すれば、郵送物ナシでお金を借りることができます。


SMBCモビットは自動契約機が無くなる?


SMBCモビットでは、現在全国に約400台のローン申込機として、自動契約機を設置しています。

しかし、数年を目途に全廃する方針となっているため、徐々に店舗数が減ってきています。そのため、最寄りに自動契約機がない場合もあります。

特に、地方在住の方は身近な場所に店舗が無い場合もあるので、自動契約機の利用が難しい方は、電話やインターネットを利用して申込・契約を行いましょう。

ちなみに、全廃といっても三井住友銀行のローン契約機は、引き続き利用が可能です。

現在700台ほど設置されていますが、今後はSMBCモビットの自動契約機=三井住友銀行のローン契約機になることを覚えておきましょう。

参照:https://www.nikkei.com/article/DGXLASDC23H1A_T20C17A8EE9000/


SMBCモビットの自動契約機とweb完結の違いとは?メリット&デメリット


店舗に足を運ばず、インターネットにアクセスをするだけで、SMBCモビットのカードローンに申込、契約、借入が行えるweb完結のサービスが人気を集めていますが、自動契約機との違いは何でしょうか?

自動契約機を使う上でのメリットとデメリットをまとめました。

SMBCモビット自動契約機を使うメリット

SMBCモビットの自動契約機を使うメリットは、カードの受け取りが最短5分で済むため、審査に通過すれば「ATM利用」がすぐにできる点です。

web完結では振込での借入となるため、即日振込を利用する際には、14時50分までに申込を済ませておく必要があります。受付時間が短く、利用時間外の場合には即日融資を受ける事ができません。

自動契約機なら、夜まで営業しているので、振込の受付時間が過ぎた場合でも即日融資でお金を借りることが可能です。土日祝日も営業しているため、平日が忙しい方にも安心です。

ただし、自動契約機の営業時間は21:00ですが、申込から審査までの時間を考慮して、早めに利用するようにしましょう。審査に時間が掛かる場合は、翌日以降の借り入れとなってしまうので気を付けてください。


SMBCモビット自動契約機を使うデメリット


SMBCモビットの自動契約機は、全国各地に設置されていますが、決して台数としては多いわけではなく、お住まいの地域によっては利用が難しいことがあります。

また、三井住友銀行内に設置されている店舗もありますが、銀行内はローン契約機の利用が目立たないようにも思えますが、実は銀行内に設置されているローン契約機は、通常の銀行ATMとは異なるため、利用時に目立ってしまうというデメリットがあります。

自宅や勤務先近くの自動契約機では、契約機への出入りを誰かに見られてしまう可能性があるので注意が必要です。

おすすめカードローン2つ

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。

 

2.アコム

・融資額:1万円~800万円
・30日間金利0円
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:3.0%~18.0%

お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報