> >> プロミスとSMBCモビット比較!お金借りるならどっち?

プロミスとSMBCモビット比較!お金借りるならどっち?

三井住友銀行グループのプロミスとSMBCモビット、どちらも知名度の高い消費者金融です。

同じ銀行グループの系列ですが、カードローンでお金を借りるならどちらが良いのか?徹底比較してみたので、借入を検討している方は、参考にしてみてください。


プロミスとSMBCモビットの借入プランの違いは?


消費者金融によって異なる融資プランを用意しているため、目的や生活状況によって自分に適したものを選択しましょう。プロミスとSMBCモビットどちらでお金を借りるべきか迷っている方は、まずどんなプランがあるのか?チェックしてみてください。


プロミスで取扱っているプラン


プロミスでは、ライフスタイルに合わせた5種類のプランを用意しています。各サービスの特徴をまとめました。


フリーキャッシング


ビジネスからプライベートまで、さまざまなシーンで使える用と自由のカードローンです。担保・保証人が不要で、運転免許証など本人確認書類を用意するだけで、その場で審査し借入することが可能です。


レディースキャッシング


主婦、学生の方でもパート、アルバイトによる安定した収入があればお金を借りることができる女性専用ダイヤルです。

使用用途は、生計費に使用する事ができます。個人事業主の方なら、生計費と事業費への使用が可能です。女性オペレーターが対応に当たるため、優しく相談に乗ってくれるので、初めての方にも安心です。


賃金業法に基づくおまとめローン


複数あるローンを1つにまとめ、月々の返済計画を見直して負担を軽くすることができる他社借入返済に使えるローンです。現在借入しているローンよりも低い金利で借入する事が可能なため、返済額と金利負担が軽減されます。


自営者カードローン


事業費を含め生計費にも使える自営者向けのローンです。スピード審査で限度額内なら自由にお金を借りることができます。


目的ローン


教育資金や結婚資金など、使い道が決まっている方へ用途に合わせて利用することができるローンです。返済回数、返済額を選べるので、無理のない返済計画が立てられます。


SMBCモビットで取り扱っているプラン


SMBCモビットでは、複数のプランを用意しているプロミスとは異なり、1種類のみとなります。

SMBCモビットカードローン

用途自由のカードローンです。個人事業主、自営者の借入も可能なため、実質事業者資金用ととしてもお金を借りることが可能です。


プランで選ぶ!プロミスvsSMBCモビットの比較結果


融資プランの数ではSMBCモビットよりもプロミスの方が多いため、主婦、学生、自営者など、さまざまな状況の方が気軽に利用する事ができます。

特に、すでに借金を抱えている方にとっては、おまとめローンを利用する事で、段階的に借入残高を減らせるのでメリットが大きくなります。

ただし、カードローンを使いたい方にとっては、SMBCモビットなら使い道の制限がなく借入する事ができるので、一概にプロミスよりSMBCモビットの方が劣っているとも言えません。

カードローンは、ATMを利用して気軽に借りれるため、目的に応じてプロミスとSMBCモビットを使い分けることが理想的です。

いくら借りられる?プロミスとSMBCモビットの融資限度額を比較

プロミスの融資上限額は、フリーキャッシングとレディースキャッシングが500万円。その他のプランは300万円までとなります。

SMBCモビットは800万円が上限となるため、SMBCモビットの方がお金を借りられる金額は高いという事になります。ただし、注意しておきたいのは、「裁量規制」です。

年収によって借入できる最大限度額を制限した賃金業法が、プロミス、SMBCモビットどちらにも適用されるため、借入の上限は年収の3分の1までとなります。

例えば、500万円借りる場合には年収1,500万円が必要となるため、上限額を利用できる方は非常に少ないのが現実です。

つまり、プロミスとSMBCモビットで上限額に違いはあるものの、利用する側にとってはあまり気にするポイントではありません。

限度額の増額を希望する際には、別途審査が必要となるので、もしも上限額をアップさせたい場合には、限度額内でのキャッシングを利用して返済実績を作るようにしましょう。


返済負担をチェック!プロミスとSMBCモビットの金利を比較


お金を借りる時に重要なのは、「金利」です。借入した分の元金に加え、利子分を合わせてお金を返済しなければいけません。

現在、賃金業法によって上限金利は20%となっていますが、できるだけ金利負担が少ない消費者金融業者を選ぶことで、返済の負担を軽くすることができます。

プロミスの金利

フリーキャッシングとレディースキャッシングの金利は年4.5~17.8%。 おまとめローンと自営者カードローンは年6.3~17.8% 目的ローンは年6.3~16.5% いずれも単一金利で遅延利率は年20.0%です。


SMBCモビットの金利


SMBCモビットの金利は年3.0~18.0%
単一金利で遅延利率は年20.0%です。


プロミスとSMBCモビットの金利を比較した結果


プロミスとSMBCモビットの下限金利は、プロミスが年4.5%。SMBCモビットが年3.0%のため、1.5%プロミスが高いという事になります。

上限金利は、プロミスが年17.8%。SMBCモビットが18.0%のため、SMBCモビットの方が0.2%高くなります。

利息制限法によって金利負担の制限が掛けられているため、金利は借入金額によって異なります。

・借入額10万円未満は年20.0%
・借入額10万円以上は100万円未満は年18.0%
・借入額100万円以上は年15.0%

借入額が少額の場合は上限金利になりやすいので、プロミスがお得と言えます。

例えば、30万円を12カ月借りた場合には、プロミスは年17.8%で利息分は29,700円。SMBCモビットは年18.0%で利息分が30,044円。その差額は344円です。


30日間の短期利用なら無利息!プロミスのメリット


プロミスでは、30日間の無利息サービスを行っています。例えば、今月ちょっとだけお金が足りないので給料日に返済したい!という時には、利息分の負担なしで借入が可能なので、プロミスでお金を借りるのがオススメです。


郵送物なし・カードレスで借りる!プロミスとSMBCモビットのWEB完結申込み


プロミスとSMBCモビットも、カードレス(カードの発行なし)、郵送物なしのWEB完結申込みのサービスを行っていますが、SMBCモビットの場合、さらに職場への電話連絡もなしでお金を借りることができます。

SMBCモビットのWEB完結申込みのほうが、よりプライバシーを考慮しているサービスと言えますね。

SMBCモビットのWEB完結申込みは、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行のどれかの口座を持っている必要があり、かつ社会保険証、組合保険証のいづれかを持っている必要があります。

※プロミスとSMBCモビットとも、カード発行がある通常のカードローン申し込みも行っています。


お金を返す時も大事!プロミスとSMBCモビットの返済方法


お金を借りる時には、返済についてもしっかりと計画しなければいけません。返済が滞ってしまうと返済額の負担が大きくなってしまうので、返済場所や返済方法が自分に合っている消費者金融を選ぶようにしてください。

プロミスの返済方法

プロミスでは、「プロミスATM、三井住友銀行ATM、提携銀行、コンビニATM」での支払いとインターネットによる「口座振り込み」にて返済する事ができます。

返済日

1カ月に1回、5日、15日、25日、末日から返済日を選べます。また、「借入後残高スライド元利定額返済方式」を採用し、余裕がある時は「一括返済」で期日前の返済も受け付けています。

SMBCモビットの返済方法

SMBCモビットでは、「提携ATMでの支払い」。または、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座がある方は「口座振替」から、返済方法を選ぶ事ができます。提携ATMは全国の銀行、コンビニ、ゆうちょなどで返済することが可能です。

返済日

1カ月に1回、5日、15日、25日、末日から約定返済日を選べます。また、計画的に返済できるよう「借入後残高スライド元利定額返済方式」を採用し、余裕がある時は「追加返済」が可能です。

お金を返しやすいのは?プロミスとSMBCモビット比較結果

プロミスもSMBCモビットも、提携ATMが多いのでとても返済が便利です。

プロミスではインターネット返済を受け付けているため、スマホやパソコンの操作に慣れている方なら、プロミスの方が返済しやすいと言えます。

インターネット返済は、振込み手数料0円で土日・祝日も利用が可能です。時間を気にせずに利用できるので、慌ててATMに返済へ足を運ぶ手間も掛かりません。

また、プロミスでは「返済日お知らせメール」のサービスも実施しています。ついつい忘れがちな返済日をメールで知らせてくれるので、うっかり忘れを防げて便利です。

もしも、返済日にお金の支払いが滞ってしまうとプロミス、SMBCモビットともに電話連絡や催促状のハガキが自宅に届きます。家族などに借入を知られたくない方は、返済が滞る事のないように無理な借入は避け、計画的に利用しましょう。

こんな人はコッチがおすすめ!プロミスとSMBCモビットの使い分け

プロミスとSMBCモビットを比較した結果、それぞれのメリットとデメリットから、目的や状況に合わせたオススメの消費者金融についてまとめました。どちらを選べば良いか迷った時の参考にしてください。

少額のお金を借りたい人はプロミス!

1万円、3万円、5万円といった少額のお金を借りたい方は、プロミスの利用がオススメです。短期間での返済なら「30日間無利息」のサービスが利用できるので、次の給料日でお金が入ったらすぐに返したい!というような状況時に、利息負担ゼロで無駄なくお金を借りられます。

また、プロミスは少額の場合の審査がスピーディーで通りやすいという口コミでの評価も高いので、今すぐお金が必要な時にはプロミスで借りるのが安心です。


主婦や学生の女性がお金を借りるならプロミス!!


プロミスとSMBCモビット、どちらも主婦や学生であっても、アルバイトやパートの収入があればお金を借りる事ができます。

ただし、プロミスでは女性向けのレディースキャッシングを用意しています。女性オペレーターによる対応なので安心して利用する事ができるという点では、プロミスの方が女性に優しい消費者金融と言えます。


電話連絡なしでお金を借りたい方はSMBCモビット


SMBCモビットのWEB完結申込みなら、原則電話連絡ナシで、郵便物もなし、カードレスでお金を借りることができます。家族や周りの人たちにカードローン利用を秘密にしたい方はSMBCモビットがおすすめです。

おすすめカードローン2つ

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。

 

2.アコム

・融資額:1万円~800万円
・30日間金利0円
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:3.0%~18.0%

お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる