> >> 学生専門の消費者金融でお金を借りる?大手消費者金融で借りる?

学生専門の消費者金融でお金を借りる?大手消費者金融で借りる?

学生時代は恋人が出来たり、サークル活動に参加していると、友人に遊びに誘われることも増えて、アルバイトをしていても、急にお金が足りなくなって困ってしまった、そんな苦い経験をしたことのある人はいませんか?

毎月の仕送りを貰っている手前、親にお金を借りることはできませんし、友人は同じ学生ばかりなので、人にお金を貸すような余裕があるとはなかなか思えませんよね。

そんな時、学生限定でお金を借りれる便利なものとして、学生専門の消費者金融があります。その名の通り、学生をターゲットにしてお金を貸している金融機関のことです。

学生専門の消費者金融というと、大学や役所、日本学生支援機構が学生向けに実地している学費ローンや奨学金と混同されがちですが、これらの公的機関とは全く関係がありません。

一般の消費者金融が学生専門にお金を貸しているというだけで、普通の消費者金融のローンと本質は同じものになります。

学生専門と通常の消費者金融の違い

学生専門の消費者金融と大手消費者金融には、どのような違いがあるのでしょうか。

まず、学生専門の消費者金融は大前提として、学生でなければお金を借りられない利用者限定ローンです。18歳以上の安定した収入のある学生なら、担保や保証人なしに審査の申し込みができます。(20歳以上でないと申し込めない学生専用のカードローン会社もあります)

一般の消費者金融の場合、ほとんどの業者が20歳以上からの審査申込みとなっているので、18~20歳の学生が単独でお金を借りられるのは、ほぼ学生専門の消費者金融だけだと言えるでしょう。

ただし、学生専門と言っても、高校生や予備校生は残念ながらお金借りることはできません。

学生専門の消費者金融に審査を申し込む際には、運転免許証か保険証のどちらかと学生証、アルバイトの給与明細または振り込みの記載がある通帳が必要となります。

来店不要でインターネット完結型の申込みができる点は、一般の消費者金融と同じです。
金融業者にもよりますが、指定の時間までに審査を終了出来れば、申込みした当日にお金を借りることもできます。

一般の消費者金融で学生がお金を借りる場合には、親権者の同意が必要となりますが、学生向け消費者金融の場合、親権者の同意がなくともお金を借りられる場合もあります。(同意が必要な金融会社もあります)

また、学生がお金を借りる際に一番心配な点として、ローンのことが親にばれるかもしれないという不安があるかと思いますが、ほとんどの業者が社名を伏せての郵送物送付に対応しており、基本的に、学校やアルバイト先への電話連絡もないので、郵送物を勝手に開けてしまうような親でもなければ、借金のことがばれる心配はありません。

ただし、毎月の返済を滞納してしまうと、自宅やアルバイト先に連絡が来る場合がありますので、親に内緒で借りるのなら、きちんと月々の返済を怠らないように注意しましょう。

学生専門の消費者金融の金利は、だいたい10.0%~18.0%の範囲内に設定されており、大手消費者金融でお金を借りる場合とそれほど変わりません。どこの消費者金融の金利も、借り入れ限度額が増えるほど、金利が低くなるというシステムなので、同じ限度額で同じ金額を借り入れた場合ならば、多少の増減はあれ、どちらも借りても似たような金利数値になります。

それなら、利用限度額を上げて、より低金利でお金を借りたほうが良いと思われるかもしれませんが、現在は、貸金業法で定められた総量規制により、年収の三分の一までしかお金を借りられないという原則があるため、金利を下げるには、頑張って年収を増やすしかありません。

しかし、そもそも勉強が本分である学生が年収を上げることは難しく、大抵の場合が限度額10~30万で最初の審査を通過するかと思います。

また、仮に収入を増やせたとしても、108万円の壁を超えると親の扶養から外れてしまう等、税金に関わる問題が発生するので、アルバイト収入の増やし過ぎには注意しましょう。

おすすめカードローン2つ

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。

 

2.アコム

・融資額:1万円~800万円
・30日間金利0円
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:3.0%~18.0%

お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる