> >> 消費者金融でお金を借りることによって考えられる悪影響

消費者金融でお金を借りることによって考えられる悪影響

消費者金融は、カードローン、キャッシングをメインに扱っており、いざという時にお金を借りるためには便利な貸金業者です。即日カード発行や振り込みキャッシングなど、即日融資にも対応してもらえます。

銀行カードローンなどよりも利便性は高い消費者金融ですが、利用することで生活などに悪影響が起こることはあるのでしょうか?もしも深刻なデメリットがあるならば、利用をもう一度考え直さなければいけません。

消費者金融で契約するまでに考えられる悪影響は?

消費者金融でお金を借りるまでには、申し込みや審査などの契約前にやることがあります。これらの手順の間にも、人によっては悪影響のリスクを感じるかも知れません。


審査時に会社(勤務先)にバレるリスクが


消費者金融の多くは、審査の際に「在籍確認」を行います。それは通常、申し込み者の勤務先に電話をかけて行われるため、会社バレのリスクとなります。もちろん、消費者金融であることは伏せて通話相手と会話をしますが、会社名を名乗らず個人名でかかってくる電話に不信感を抱く人も多いようです。

「個人名で会社に電話をかける」イコール消費者金融という構図が有名になっている今、会社で電話を取った人が怪しむ確率は高いと言えるでしょう。勤務先の人に知られても平気と言う人以外は、気になる悪影響です。

複数の申し込みで「申し込みブラック」に

消費者金融では他社借り入れ状況などを見ることができる特別の情報網を持っています。信用情報機関では、登録している消費者金融などの業者から集まる情報を登録している業者に開示しています。

そこでは、申し込み情報も登録されており、貸金業者は短期間の申し込みが複数ある人を「申し込みブラック」として警戒します。

複数の申し込みを一度に行うことは、お金が必要で焦っている、もしくはお金に困っていて返済も難しいかも知れないと思われがちの行為です。一度申し込みをすると一定の期間は記録が残るため、後で他のローンを申し込む際に審査に悪影響を与える恐れがあります。


消費者金融でお金を借り始めてからの悪影響は?


消費者金融でお金を借りられるようになってからも、生活に悪影響を与える恐れがあります。カードローンを利用している間だけでなく、遠い将来にわたってもリスクとなることもあるため注意が必要です。


金銭感覚が麻痺しがち


消費者金融に限らずですが、カードローンは人の金銭感覚を麻痺させます。ATMや振り込み入金などでカンタンにお金が手に入ることによって、自分のお金と借金の区別が薄れていきます。

現金を手軽に得られる生活を続けることで、気持ちが大きくなったり高級品が欲しくなったりして、現実の自分の収入に見合わない生活を送るようになる人もいます。わかってはいても、借金をする生活に慣れて、歯止めが利かなくなりやすいのです。

しかし、あくまでも借金は借金でいずれ返済の必要に迫られます。大きく膨らんだ借金を返せなくなると、精神的にも社会的にも大きな問題を抱えることとなるでしょう。


遅延や延滞をすると将来のローンに悪影響が


消費者金融カードローンは、スムーズに返済しているのであれば便利で良いものですが、遅延や延滞をすると多くのリスクを背負うことになります。

特に延滞をした場合には、情報機関に記録が長期間残り、将来クレジットカードや住宅ローン、カーローンなどの利用をする時の審査に悪影響を与える恐れがあります。

一般的な利用状況の情報などは消費者金融の情報機関と銀行ではやり取りされないと言われていますが、金融事故などの情報は情報機関の枠を超えて伝わります。

住宅ローンの審査で過去のカードローンの延滞を調べられて、申し込みが通らないこともあります。人生の中でも大きな買い物をする時に、過去の小さな延滞が邪魔をするかも知れません。

借り入れ件数を増やすと多重債務になりやすい

カードローンは便利ですが、限度額が決まっており、それ以上の借り入れはできません。そのため、他のカードローンを申し込んで次の借り入れをする人もいます。

しかし、こうして借り入れ件数を増やすと、返済のリズムが乱れたり返済日が分かりにくくなり、返済が滞りがちになることがあります。複数の業者から借り入れをして返済が滞ると、利息や遅延損害金が溜まってしまい、いつか多重債務で債務整理をしなければいけなくなるかも知れません。

カードで家族にバレるリスクが

正しい使い方をしていても、カードローンというものを恐れたり、嫌ったりする人はいるものです。家族がそういった考えの持ち主の場合には、利用を家族にも隠すことになるでしょう。

しかし、消費者金融のカードローンの多くはローンカードで利用するため、カードの存在で家族にバレる恐れがあります。家族にバレることで、夫婦間や親子間で揉め事になったり、怒られたりするかも知れません。

消費者金融の悪影響を回避するためには

消費者金融でお金を借りた時に起こりえる悪影響の中には、自分の注意しだいで回避できることもあります。消費者金融のサービスを選んだり、使い方を工夫するなどで、快適に利用できる環境を整えましょう。

電話の在籍確認のない会社に申し込む

勤務先に電話をかけることなく在籍確認ができれば、会社にバレることなくスムーズに審査を進められます。消費者金融には、電話の在籍確認のない会社もあります。比較的新しいサービスなので、取り扱いのない会社や個別に相談に乗る会社など、対応はそれぞれです。

正式なサービスとして電話以外の在籍確認が可能となっているのは、「モビット」のWEB完結申し込みです。プロミスやアイフルなどでも、申し込みの時に「電話をしないでほしい」旨を伝えることで出来る可能性があります。

電話で在籍確認をしない場合には、本人確認書類の他に収入証明書や会社在籍が分かる社会保険証などの提示が必要です。


カードなしの振り込みキャッシングでバレにくく


家族にバレたくない場合には、カードレスキャッシングを行っている会社での申し込みがあります。振り込みキャッシングのみでローンカードを持たなければ、財布をのぞかれても安心です。

カードレスが可能な消費者金融には、プロミスがあります。プロミスではカードを発行してもらっても、カードを持たずに返済出来るシステムとなっており、カードを持たずに行動できます。それ以外のカードローンでも振り込みキャッシングが利用できるものは多く、借り入れ時はカード不要です。

銀行カードローンの方が安心かも

銀行カードローンは、消費者金融と比較すると周囲の目もごまかしやすくて安心かも知れません。銀行カードローンには、銀行のキャッシュカードを利用できるものもあります。みずほ銀行や三井住友銀行では、カードローン専用カードとカードローン一体型キャッシュカードが選べます。

また、在籍確認の電話も銀行カードローンの場合には、銀行名でかかってきます。銀行名でかけてもらった方が借金以外の取引連絡だと思ってもらいやすいこともあるようです。


利用限度額を必要最低限に


カードローンの利用は、消費者金融にせよ銀行にせよ、自己管理が必要です。自分で借り入れ金額を制限できない場合には、カードの利用限度額を必要最低限にして、借りすぎを防ぎましょう。また、利用が済んだらローンカードを持たずに保管しておく、解約するなどの対策も必要です。

消費者金融の悪影響は自分で回避を

消費者金融は怖い、お金を借りると悪影響がありそう思われがちですが、本来カードローンは悪いものではありません。基本的には、自分の油断や気の緩みが悪影響を引き起こす最も大きな原因となるのです。消費者金融を利用するのであれば、リスクも考えておき、回避できることには工夫を凝らして対策しましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融