> >> 水商売でも消費者金融の審査は通る?

水商売でも消費者金融の審査は通る?

人間生きていると、お金が必要となる場面が突然訪れることがあります。預貯金があれば問題ないですし、お金を借りることができる家族・親戚や友人がいるのであれば安心です。

でもどうしても、消費者金融でお金を借りなければいけない場合、水商売をしている人はお金を借りれるのでしょうか?

この記事では、水商売でも消費者金融でお金を借りることができるか?どうすれば水商売でも与信審査に通るか?注意しなければいけない点は?などについて解説します。

お金を借りるために必要な与信審査とは?

消費者金融でお金を借りる場合、申し込みをした後、与信審査が行われます。この与信審査に通ればお金を借りることができます。与信審査の結果、希望していた金額よりも少ない金額しか借りれない場合もあります。

与信審査では、申込者に返済能力があるかどうかを判断しています。消費者金融にとって、貸し出したお金がきちんと返済されること、利息が遅れることなく支払われることなどが重要なポイントです。

このため、CICといった信用情報機関に事故情報の有無を照会したり、申込者の属性を検討して、総合的にお金を貸すかどうか決めています。

申込者の属性とは、職業、雇用形態、年収、勤続年数、居住形態、健康保険の種類などです。一般的に、返済能力があるとされている属性を持つ人は、与信審査に通る可能性が高く、貸してもらえる金額も高くなります。

しかし、与信審査の基準は、消費者金融ごとに異なっていて、たとえ、ある消費者金融で与信審査が通らなくても、別の消費者金融では与信審査が通り、お金を借りることができることもあります。

水商売をしている人が与信審査に通りにくい理由とは?

どんな仕事をしていても、消費者金融でお金を借りることはできます。もちろん、水商売をしていても、お金を借りることができます。

しかし、現実的には、水商売をしている人は、消費者金融の与信審査に通りにくいようです。水商売の人が与信審査に通りにくいのには理由があります。

最も大きな理由は、収入が不安定だということです。消費者金融にとって最も重要視するのは、申込者の返済能力です。消費者金融でお金を借りると、毎月毎月決められた金額を返済することになりますが、収入が不安定だと、返済できない月が出てくると延滞となってしまいます。

延滞が続くと、不良債権となってしまい、消費者金融の業績に大きな影響を与える可能性があります。このため、消費者金融としては、毎月の収入が多くなくても、毎月安定した収入を得ている人の方が、与信審査に通りやすい傾向があります。

次に、消費者金融は与信審査の過程で、勤務先に対して電話などで在籍確認を行います。水商売の場合は、消費者金融が営業している時間に連絡が取れなかったり、プライバシーを守るために、たとえ本名で在籍確認があっても、答えることができないことが考えられます。

また、信用情報機関に事故情報が登録されている場合は、多くの消費者金融でお金を借りることは困難です。

事故情報とは、延滞・債務整理・自己破産などの履歴で、該当する項目があれば5年~10年登録され続けます。銀行、消費者金融、カード会社などの業界で、異なる信用情報機関を利用していますが、事故情報は共有されています。

そして、残念ではありますが、消費者金融業者や担当者が、水商売に対する理解がないケースも多いようです

水商売をしている人が与信審査を通すためには?

消費者金融でお金を借りるときに、水商売をしている人が与信審査を通すには、工夫が必要です。

まずは、安定した収入があることを証明できるように、しっかりと給与明細を残しておきましょう。消費者金融が重要視するのは、最高月収ではなく、むしろ最低月収です。

毎月の継続的な収入がどれくらいなのか、目に見えてわかってもらえるように、消費者金融でお金を借りるときには、給与明細を持参するのもおすすめです。

安定した収入があれば、アルバイトで水商売をしていても、消費者金融でお金を借りることができる可能性もあります。

消費者金融の申込では職業と勤務先を記載します。水商売だから必ず与信審査に落ちるわけではありませんが、もし、勤務先のお店が法人で経営している場合は、勤務先にその法人名を記入し、職業はアミューズメント施設勤務とかエンターテイメント企業勤務と記載・申告すると良いでしょう。

与信審査では、申込者本人の確認も必要ですが、勤務先の経営が安定していることも確認されます。法人で営業している場合には、個人事業主として経営しているお店よりも与信審査が通り可能性が高まります。

また、与信審査では、勤続期間を判断材料することが多いので、同じお店には少なくとも1年以上、できれば2年程度在籍していることが望まれます。

もし、昼間は会社勤務をしていて、夜間にアルバイトで水商売をしている場合は、昼間の勤務先と、夜間の勤務先の両方を記載・申告することもおすすめです。

また、消費者金融は勤務先に在籍確認をすることが多いため、あらかじめ勤務先のお店に、電話がかかってくることを伝えておくことで、与信審査落ちを防ぐことができます。

消費者金融でお金を借りようとしていることが勤務先に知られたくない場合には、「新しくクレジットカードを作ったので、在籍確認があるかも」と伝えておくことをおすすめします。クレジットカードであれば誰もがもっているので不審がられる心配も減るでしょう

在籍確認の時間帯が気になる場合には、申込時に、あえて水商売だということを説明して、名刺を渡したり、お店の営業時間などを伝える工夫も有効です。

勤務先としてアリバイ会社を利用するのは避けましょう

世間には、勤務先を隠しておくことなどを目的としたアリバイ会社が多数存在しています。アリバイ会社は、いわゆるペーパーカンパニーで事業実態がないことが多いです。

アリバイ会社に依頼すると、在籍確認の電話に応対してくれたり、架空の給与明細や源泉徴収書を提供してくれたり、申込者が架空の会社に存在しているように偽装してくれます。

勤務先を知られたくない気持ちや、水商売をしていることが与信審査に影響することを心配する気持ちは理解できますが、消費者金融の申し込みにあたって、ダミー会社を利用するのは絶対に避けましょう。

消費者金融の申し込みに、ダミー会社を利用すると、契約違反・利用規則違反になり、詐欺罪の対象となります。

実際に、詐欺事件として刑事事件化されるケースもあるようです。また、刑事事件を問われなくても、消費者金融から損害賠償請求を求められたり、支払残高を一括返済させられるケースも多いようです。

万が一、任意整理や自己破産など債務整理をすることになった場合でも、虚偽の申告によって契約した借金については免責されずない可能性があります。

さらに、アリバイ会社に申し込んだ個人情報が流出する危険性もあります。

たとえ借りたお金の返済は順調であっても、アリバイ会社を利用するとリスクが高いので絶対に避けましょう

消費者金融でお金を借りるときに注意することとは?

信用情報機関が保有する個人情報には、様々な情報が登録されており、延滞や債務整理などの事故情報のほかに、カードローンやクレジットカードの申し込み回数も登録されています。

与信審査が通らない理由に、カードローンやクレジットカードの申し込み回数が多すぎるというものもあります。

水商売をしているから、きっとお金を貸してくれる消費者金融は少ないだろうと思い込んで、同時に複数の金融機関に申し込みをすると、全くお金を借りた経験がなくても、延滞などが無くても、与信審査が通らない場合があります。

消費者金融でお金を借りる場合は、同業者の経験や口コミも参考にしながら、与信審査が通りそうな消費者金融に的を絞って申し込むのも有効な方法です。安定した収入があるならば、大手の消費者金融が与信審査が通る場合もあるようです。


いかがでしょうか?水商売をしていても、お金は借りることができます。お金が必要な場合は、この記事を参考に貸金業者に相談してみましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融