> >> モビットのカードローンでお金を借りる

モビットのカードローンでお金を借りる

消費者金融モビットでお金を借りるための知識と情報を提供します。モビットは他の消費者金融とは違ったサービス内容や特徴を持っており、人気を集めている消費者金融です。

お金を借りたいと思っている人は、その特徴をしっかりと把握して、間違いのない選択をしましょう。急いで借りたい人にも便利な業者なので、慌てずに判断してください。

モビット「カードローン」の金利や限度額、即日でお金を借りる方法、返済方法などを掲載しています。

モビット「カードローン」の特徴

まず始めに理解しておきたいのは、カードローン「モビット」と基本情報です。金利は借り入れのコストを決める重要なポイントとなりますし、限度額は必要となる金額に合っていないと使い勝手が悪くなります。長く便利に使い続けるために、モビットの利便性をチェックしてみましょう。

金利と限度額

モビットの金利は、実質年率3.0~18.0パーセントとなっています。銀行カードローンに比べるとこの金利は高めに感じられますが、消費者金融全体から考えると平均的な水準となります。

モビットに限らず、消費者金融などの借り入れでは最初の審査で決定される金利は上限に近くなることが多いものです。

そのため、初めて申し込みをした人は、18パーセントになると予想しておくと良いでしょう。クレジットカードとは違って、入会金などはありません。

モビットで借り入れできる限度額は、1万円~800万円の範囲で決定されます。800万円は銀行でも消費者金融でもカードローンとしては高額な方です。

まとまった金額が必要となった場合には、大変便利なカードローンと言えます。ただし、借り入れ限度額も最初の審査では低く抑えて決定されがちです。

そのため、800万円までとはなっていますが、その金額まで借りられる可能性は少なくなるでしょう。

モビットで借り入れできる人

・ モビットのカードローンに申し込みができる人の条件としては、年齢満20歳以上69歳以下という年齢制限があります。また、モビットは消費者金融として総量規制というルールが適用されます。

総量規制とは消費者金融での借り入れのし過ぎを防ぐためのルールで、私たちは消費者金融では年収の3分の1までしか借り入れできなくなっています。

このルールによって、当然働いていなくて自分の収入が全くない場合には借り入れすることができません。また、収入が少なければ、それに応じた金額までしか借り入れできません。

ただし働いていれば、その働き方、身分によっての制限はありません。正社員や公務員はもちろんのこと、アルバイトやパート社員、派遣社員や自営業者などでも、モビットに申し込むことは可能です。

申し込みをした後でモビットで独自の審査が行われ、借り入れの可否や限度額、金利が決定されます。

上記条件に当てはまっていても、過去の金融事故や現在の他社借り入れなどの条件によって審査に通らないこともあります。

特に他社で借り入れしている場合には、その借り入れ金額総額が総量規制の対象となり、審査に大きな影響を与えます。

ただし、他社借り入れでもマイホームローンなどの銀行ローンは対象外となります。もちろん、借り入れのしすぎは返済の停滞や金融事故の原因となるため、総量規制対象外であってもモビット側で慎重に判断されることもあります。


モビット「カードローン」申し込み方法


モビットの申し込み方法にはいくつかのものがあります。自分の利便性や借り入れまでのスピードなどによって、適したものを選びましょう。ただし、中には特定の条件を満たさないと利用できないものもあるため注意が必要です。

自動契約機による申し込み

消費者金融の申し込みでメジャーとなっている方法が自動契約機です。自動契約機は電話ボックスのような小さな部屋になっていて、誰にも気兼ねせずに申し込みを行うことができます。

書類の提示や身分証明書の確認なども、その中で同時に行うことができ、簡易審査に通ればその場でローンカードを発行してもらえます。

利用できるようになるのは、その後の正式な審査後ですが、結果は電話で知らせてもらえて便利です。その後に正式な書類のやり取りを行います。

モビットの自動契約機は「ローン申込機」と呼ばれており、各主要駅の駅前やコンビニエンスストアの周辺などに多く設置されています。

利便性を高めるために人の往来の多い場所に設置されていることもありますが、外から見られることはありません。


オンライン契約


オンライン契約はパソコン、スマホなどからモビットのサイトに入って行います。必要事項の入力を行い、メールか電話で審査結果を連絡されます。

審査に通過したら、ローン申込機と同じように書類のやり取りをして登録を完了させます。ローンカードは申込機で受け取ることもできます。

電話での申し込みも基本的な流れは同じで、審査後に電話連絡、カードの受取りと書類のやり取りが必要です。また、パソコン操作が苦手な場合には、パソコン入力は最小限にして電話を併用して申し込むこともできます。

郵送での申し込み

郵送による申し込みでは申込書を手に入れる必要があります。三井住友銀行などで書類を受け取り、記入した後に郵送します。審査に通過したら、契約確認書とカードを受け取ります。

WEB完結申し込み

WEB完結申し込みは、モビットの特徴ともいえる申し込み方法です。煩わしい郵送のやり取りもなく、スムーズにキャッシングができます。また、上記の申し込み方法ではどれも、在籍確認の電話を勤め先などにかけますが、WEB完結では基本的に電話がありません。

そのため、会社に電話をかけてほしくない、誰にも知られたくないという人に適しています。ただし、借り入れの方法は振り込みキャッシングのみとなり、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座が必要です。

WEB上で必要事項を入力して、審査に通過したら、完了メールに添付されたURLにアクセスしてWEB上で入会手続をします。

モビットの融資スピードと即日融資

モビットは、融資スピードも早く、即日融資が必要な人でも便利に使えるカードローンです。ただし、方法によってはスピードが違うこともあるため、即日融資が必要な場合にはよりスピーディな方法を選びましょう。

即日融資の方法

モビットのカードローンをより速く利用するためには、パソコンやスマホからの申し込みに加えてWEB完結申し込みを選ぶか、自動契約機からの申し込みが便利です。

WEB完結は振り込みキャッシングのみで決められた口座の必要性などの条件がありますが、スピードは速く、即日融資も利用しやすくなります。

また、自動契約機もその場でカード発行が可能となり、最速で30分の審査後にカードローンの利用ができます。


モビット「カードローン」借り入れ方法・返済方法


モビットの借り入れや返済の仕方について簡単に説明します。カードローンは審査通過することも大切ですが、その後の使い勝手の良さも大切です。使いやすいカードを選ぶために、モビットの使い方を知っておきましょう。

借り入れ方法

モビットの借り入れ方法には、振り込みキャッシングとATMの利用があります。振り込みキャッシングでは、あらかじめ口座の登録と会員専用ページ、または電話からの手続が必要です。自宅からでも出先からでも利用できますが、時間によってはメンテナンス中で使えないこともあります。


返済方法


モビットでは、ATMと口座振替、銀行振り込みの3つの返済方法を選べます。口座振替には、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座開設が必要です。ATMは全国の銀行やコンビニなどを利用できます。

また、銀行から指定の口座に振り込む方法では、銀行の窓口、ATM、ネットバンキングが利用可能です。ただし、振り込み手数料は利用者負担となります。


モビットのカードローンでお金を借りる「まとめ」


モビットは、消費者金融の中でも珍しいWEB完結の申し込み方法のある業者です。消費者金融では、在籍確認の電話を個々の相談によって避けるサービスを行うことはありますが、申し込み方法として確立している業者は数少ない状況となります。融資スピードや申し込み方法の種類などからも使いやすい業者といえそうです。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融