> >> アイフルのカードローンでお金を借りる

アイフルのカードローンでお金を借りる

アイフルは、日本では珍しい部類に入る「銀行と提携していない」消費者金融です。多くの大手消費者金融がイメージ戦略や様々な事情によって経営の建て直しのために銀行の傘下に入ったにも関わらず、アイフルはそのまま独立した状態で経営を続けています。

そんなアイフルでの借り入れにはどのようなメリットや特徴があるのでしょうか?

アイフル「カードローン」の金利や限度額、即日でお金を借りる方法、返済方法などを掲載しています。

アイフル「カードローン」の特徴

まずはアイフルのカードローンの特徴を紹介します。アイフルでお金を借りる時に関係してくる基本的な条件や使い方をチェックしてみましょう。

金利と限度額

アイフルのカードローンは、実質年率4.5~18.0パーセントとなっています。これは消費者金融のカードローン、キャッシングの平均的な金利といえます。

最高融資限度額は500万円で、こちらも平均並みとなります。少額のキャッシングを急な出費に合わせて利用する分には十分ですが、収入が多く、多額の借り入れを希望している人には少々物足りないかも知れません。

銀行融資でも最大500万円の限度額は多いので、限度額のメリットは少なそうです。

ただし、アイフルには初めての人限定の無利息期間サービスと低金利カードローン商品があります。初めてアイフルを利用する人は最大で30日間の無利息サービスを利用できます。

契約日から30日間は利息ゼロ円で借り入れでき、その間に返済すれば利息がかかりません。また、初めての人に限ってWEB申し込みによって金利4.5~9.5パーセントのファーストプレミアムカードローンが利用できます。

契約に必要な書類

アイフルは消費者金融なので、総量規制の対象となります。年収の3分の1までしか借り入れできないため、申し込みの時点で収入を確認することになり、一定の書類の提出が必要です。収入を証明する書類としては、 ・源泉徴収票 ・給料明細の直近2ヶ月分と賞与明細書(1年以内のもの) ・住民税決定通知書 ・納税通知書 ・確定申告書・青色申告決算書・収支内訳書 ・支払調書 ・所得証明書 などが利用できます。 それに加えて、本人確認のために運転免許証やパスポートなどの証明書が必要です。

他の大手消費者金融と比べると店舗数・自動契約機が少ない

アイフルは、その他の大手消費者金融と比較すると、店舗数も自動契約機、自社ATM数も少なめとなっています。

そのため、アイフルの契約機やATMを利用したい場合にちょうど良い場所にない可能性が高くなります。ただし、その分提携ATMに力を入れており、その数は他の業者より多めです。

アイフルのカードローン申し込み方法は?

アイフルのカードローンを利用する場合には、以下の方法で申し込みをすることができます。自分のやりやすい方法を比較して選ぶことで、申し込みから利用開始までスムーズにストレスなく進められるでしょう。

来店による契約

アイフルでは、店舗や契約ルームでの申し込みができます。契約ルームでは手続きからカード発行まで行うことが可能となり、当日の間に借り入れできるチャンスが広がります。

ただし、店舗や契約ルームの数は少なく、都内でも実店舗は新橋店と新宿南口店の2箇所、大阪でも難波と梅田に2箇所となっています。

現実的に考えれば店頭窓口で契約を行うことは難しい人も多いでしょう。無人の契約ルームであれば、主要な各駅前などに点在しているので、契約ルームの利用を考えた方が良さそうです。契約ルームでは提出書類もその場で受理することができます。

インターネットによる契約

アイフルの公式サイトやケータイサイトなどを利用することで、インターネット上から24時間、申し込みを行えます。パソコンやスマートフォン、ケータイなどから申し込みをして、契約まで完了することが可能です。

ただし、カードは自宅へ郵送となります。もしくはネットで申し込みをした後、アイフル店舗や契約ルームで手続を行うことも可能です。

あらかじめ申し込みをしておくことでスピーディでスムーズな審査ができます。必要書類の提出はサイト内のフォームを利用するとスムーズです。

電話での契約

アイフルには、初めての人専用ダイヤルや女性専用ダイヤルがあります。インターネットでの申し込みの後で専用の電話番号に連絡することで審査結果をいち早く知ることも可能です。

申し込みの電話はどれもフリーダイヤルで、相談などもしやすくなっています。


アイフルの融資スピードと即日融資


アイフルでは、即日融資もできるスピード融資が魅力となっています。即日融資を行うためには、スピーディな審査結果の通知が必要です。アイフルでよりスピーディに融資を受けるためにはどうしたら良いでしょうか?

ネットでの即日融資の方法

アイフルでできるだけ速く融資を受けるためには、インターネットの申し込みと電話連絡が必要です。

まず、インターネットから申し込みを行う際には、「キャッシングローンのお申し込み」ページの「当日融資の希望の有無」を選びます。

「希望する」を選び、入力を終えたら、受付完了メールが届くので、優先的に審査を進めてもらえる専用のフリーダイヤルに電話します。審査結果を折り返しの電話かメールで受け取ることができます。審査通過となれば、振り込み予約をネットや電話で行い、振り込みキャッシングで当日融資を受けます。

ただし、申し込みの時間帯や審査の進み具合、審査結果によっては当日の融資ができないこともあります。

契約ルームで即日融資

アイフルで即日融資を、しかもローンカードを使ってすぐに現金を手にするためには、契約ルームの利用が便利です。

契約ルームではオペレーターと話をしながら手続きを進めることができるため、機械操作に慣れない人でもスムーズに行うことができるでしょう。

審査もその場で行われ、その間に書類確認を行うため、待ち時間の無駄も省けます。その場で融資の可否が分かり、通過すれば、そのままカードが発行されます。

アイフルの基本的な使い方

最後にアイフルの基本的な借り入れ、返済の仕方を紹介します。アイフルは借り入れも返済もバリエーション豊富なやり方があり、自分の利便性によって選びやすくなっています。


アイフルカードローン「借り入れ方法」


アイフルの借り入れ方法は豊富にあるため、自分の利便性や条件に合わせて使いこなすことでより快適な借り入れが可能となります。

アイフルATMをはじめ、全国の銀行やコンビニなどの提携ATMは、自分のいる場所や時間による制約を減らして自由な借り入れができます。数は多くありませんが、アイフルATMの場合には借り入れの手数料がかかりません。

また、インターネットでの振り込み予約は、24時間利用可能となっており、受付時間によっては当日の振り込みもできます。自身の口座に振込みをしてもらえるため、引き落としの残高不足の補充にも利用可能です。

電話での振り込み予約はオペレーターが対応するため、ネットが苦手な人に向いています。ネット同様に銀行口座に当日、または良く営業日に振り込みされます。

アイフルカードローン「返済方法」

アイフルの返済方法は、銀行振り込み、アイフル店舗窓口、ATM入金、口座振替が利用できます。35日サイクル制、または毎月約定日払いのどちらかを選ぶことができ、返済サイクルのコントロールも可能です。

銀行振り込みでは、全国の銀行などの金融機関の窓口かATMを使ってアイフルの指定口座へ返済を行います。全国のアイフル店舗やアイフルATMでは手数料無料で返済可能です。店舗での返済は営業日や営業時間をチェックしてから出かけると良いでしょう。コンビニや提携ATMや銀行振り込みには手数料がかかります。

また、コンビニに設置してあるマルチメディア端末空の返済も可能です。


アイフルカードローンでお金を借りる「まとめ」


アイフルは、消費者金融の中でも珍しく、銀行傘下に入らずに経営を続けている業者です。その影響なのか、規模が小さく使い勝手が悪いと感じることもありますが、申し込みや利用方法は豊富で、自分らしく使いやすいメリットもあります。返済方法が豊富なのは、想定外の遅延を防ぐにも役立ちます。