> >> 名古屋の消費者金融アローでお金借りる

名古屋の消費者金融アローでお金借りる

名古屋の消費者金融「株式会社アロー」の金利や限度額、審査の難易度、お金を借りる際の注意点、返済方法などを記載しています。


株式会社アローってどんな貸金業者?

株式会社アローは、プロミスやアコムなど大手消費者金融と違って、知名度が低い貸金業者なので、お金を借りる際に少々不安になる方も多いかと思います。


闇金など違法街金からお金を借りてしまうと、法外な利息や強引な取り立て、押し貸しなどひどい目にあいますので、注意が必要です。

ただ、株式会社アローは愛知県名古屋市にある消費者金融で、しっかり届け出もしています。

貸金業:愛知県知事(3)第04195号
日本貸金業協会会員 第005786号

アローは、平成12年に岐阜市で誕生(当時は有限会社アロー)し、平成22年に名古屋市に移転し、貸金業登録を完了させた比較的新しい消費者金融です。

ちなみに他の記事で紹介した消費者金融のエイワフクホーは同じく中小の消費者金融ですが、歴史は50年以上あります。

株式会社アローは、フクホーやエイワのような老舗の貸金業者ではありませんが、「信頼」「コンプライアンス」「責任」の3つの企業理念を掲げ、運営している消費者金融なので、大手消費者金融の審査が通らない方は、検討してみてはいかがでしょうか?

名古屋の貸金業者アローでお金借りる

名古屋の貸金業者「アロー」では、フリーローンとおまとめローンと2つの融資を用意しています。

アローのフリーローンでお金借りる

アローのフリーローンでお金借りる際の限度額や金利などは以下になります。
借入プラン フリープラン(資金使途自由のフリーローン)
借り入れ対象者 25歳~65歳で勤続年数1年以上の方、健康保険に加入している方
限度額 200万円まで
金利 15.00%~19.94%
遅延利息 19.94%
担保・保証人 原則不要
 

フクホーやエイワもそうですが、大手の消費者金融に比べて金利は高めに設定されており、借入限度額は低く設定されています。

大手消費者金融と金利と限度額を比較してみましょう。

消費者金融 金利(年利) 限度額
アコム 3.0~18.0% 800万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円
アイフル 3.0~18.0% 800万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 800万円
レイクALSA 4.5~18.0% 500万円
 

大手消費者金融の上限金利はだいたい18%ですが、アローの金利は19.94%となっており、限度額はアローが200万円に対して、大手消費者金融は500万円~800万円になっております。

※アローの金利は高く設定されているのでお金を借りる前に必ず返済シミュレーションをしてください。

また、アローの場合は、プロミスやアイフルのように無利息期間サービスや、SMBCモビットのように「電話連絡ナシ」や「郵送物なし」のWEB完結サービスなど、サービスは充実していません。

また、大手消費者金融のカードローンは、限度額が設定されると、その範囲内で自由にいつでもお金を借りることができますが、アローの場合は、2回目以降の借り入れは、再度借り入れの申込みを行い、審査に通過しないといけません。

ただ、アローの審査時間に関しては、大手消費者金融並みにスピードが速く、最短45分で審査が完了します。

アローも大手消費者金融も総量規制の対象

名古屋の消費者金融「アロー」のフリーローンも、プロミスなど大手消費者金融カードローンも、借り入れ限度額に大きな差がありますが、両方とも総量規制の対象になりますので、年収の3分の1以上の借り入れをすることはできません。


すでに、他の貸金業者からお金を借りている方は、その分も含みます。

例えば、あなたの年収が120万円で、すでに他社から20万円を借りている場合、アローでも他の消費者金融でも、あと10万円未満しかお金を借りることができません。

それ以上のお金を借りたい場合は、銀行や信用金庫など貸金業法に関係なく営業している金融機関でお金を借りる必要があります。

アローの貸金業法に基づく借換ローンでお金借りる

名古屋の消費者金融「アロー」では、フリーローンの他に、「貸金業法に基づく借換ローン」を提供しています。これは他社の借り入れを一本化する、つまりおまとめローンです。

アローの貸金業法に基づく借換ローンの借り入れ条件は以下になります。

借入プラン貸金業法に基づく借換ローン
限度額200万円まで
資金使途他貸金業者からの借り換え
金利15.00%~19.94%
担保・保証人原則不要
 
貸金業法に基づく借換ローンの場合は、フリーローンと違って、年収の3分の1以上のお金を借りることが可能です。

他貸金業者のローンを1本化したい方は、総量規制に関係なく借り入れ可能ですが、注意してほしいのが金利です。アローの貸金業法に基づく借換ローンの金利は「15.00%~19.94%」となっています。

貸金業者でお金を借りる際の最高金利は20%になっており、アローのおまとめローン金利「19.94%」と比較してもわずかな差です。

しかも大手消費者金融カードローンの平均は18%、銀行カードローンの平均は15%くらいなので、アローの貸金業法に基づく借換ローンに債務を借り換えたとしても、返済が楽になるとは思えません。

アローの公式サイトでは、例として金利「25%」「28%」「25%」の3つの貸金業者を1本化するシミュレーションを行っていますが、今どきその金利で貸し付けを行ったら違法になってしまいますので参考になりません。

もし、25%や28%の借り入れを返済中の方がいたら(いないと思いますが)、過払い金返還請求できますので、弁護士などに相談して、払い過ぎた金利を返済してもらいましょう。

アローの貸金業法に基づく借換ローンに借り換えるメリットは、1本化されて、返済日が1つになり、管理しやすくなる点だけです。

ですので、他社の債務を一本化したいと考えている方は、銀行のおまとめローンや銀行カードローンを利用してみてはいかがでしょうか?

銀行 金利 限度額
東京スター銀行おまとめローン 12.5% 1,000万円
楽天銀行のスーパーローン 1.9%~14.5% 800万円
住信SBI MRカードローン 0.99%~14.79% 1,200万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 800万円
 

紹介したのは一部ですが、アローのおまとめローンと比べて、上記銀行のおまとめローンやカードローンの方が低金利でお金を借りられます。

ただ、銀行の審査は、アローの審査にに比べて、かなり厳しいことが予想されます。


アローでお金借りる際の申込み方法


アローにお金を借りる際の申込み方法は「インターネット」「FAX」「郵送」の3種類になります。電話の申込みはアローでは行っていません。今はほとんどの方がスマートフォンやパソコンから申し込むので問題ないと思いますが、ネットでの操作が不安の方は、電話で問い合わせすることも可能になっていますので、ご安心ください。

株式会社アロー電話番号:052-353-9900

FAXで申し込む方はこちらのPDFを印刷して、必要事項を記入してアローにFAX(052-353-9911)してください。借入申込書の記載例もありますので参考にしてください。

郵送の場合もPDFに記入して送付しますが、到着するまでに時間が掛るので、急いでお金を借りたい方はインターネットやFAXで融資を申し込んでください。

アローは名古屋にある消費者金融ですが、借入方法は振込になりますので、名古屋だけでなく、全国から借り入れの申込みが行えます。

名古屋の消費者金融「アロー」の審査は緩い?厳しい?

一般的に銀行は消費者金融よりも、借入時の審査は厳しいと言われており、大手消費者金融に比べて、中小の消費者金融・街金は審査が緩い(甘い)と言われています。


名古屋の消費者金融「アロー」の審査は甘いのしょうか?

アローのネット申込みのボタンを押すと、必要事項を記入する欄の上に、

・年齢24歳以下及び66歳以上は申込み不可
・健康保険未加入の方は申込み不可
・勤続年数1年未満の方は契約不可

と記載されています。

一方、大手消費者金融の場合、

・20歳以上65歳未満で安定した収入がある方

これしか、記載されていないことがほとんどです。

大手消費者金融の場合、アルバイト・パートもOKで、勤続年数や健康保険も加入状況などについては申込み概要に記載はありません(実際に審査時には確認すると思いますが)

これだけ見ると、アローの審査は甘そうではありませんが、ネット上の口コミを見ると、多重債務者や債務整理経験者、つまり金融ブラックの方でも、アローの審査に通過してお金を借りることができた方も複数いるようなので、決して審査は厳しくはないと予想できます。

もちろん、現在借り入れが年収の3分の1ギリギリの方や、返済を延滞中の方は、アローでも審査に落ちてしまうと思いますが、大手消費者金融や銀行カードローンの審査に通過できない方は、アローのフリーローンに申し込んでみてはいかがでしょうか?

ただ、電話対応が良くない、アローでお金を借りたら、他の貸金業者からメールや電話で勧誘が来た、など良くない噂もあるので、ご利用は自己判断でお願いします。(あくまでネット上の噂なので真実はわかりません)

※冒頭でも申し上げましたが株式会社アローは闇金ではなく「愛知県知事(3)第04195号」「日本貸金業協会会員 第005786号」の届け出をしっかり行っている貸金業者です。

アロー 申込み~お金借りるまでの流れ

1.インターネット等で申込み


2.一時審査(最短45分で完了)

3.メールで必要書類を提出(本人確認書類・収入証明書)

4.申込み確認の電話が来る

5.二次審査(勤め先への在籍確認もあり)

6.審査通過の連絡がくる

7.振込による融資

8.必要書類をアローに郵送


このような流れでお金を借りることができます。

必要書類については、大手消費者金融は50万円以下の借り入れの場合、本人確認書類だけでお金を借りることができますが、アローの場合は、本人確認書類の他に収入証明書の提出も必須です。申込み前に源泉徴収票や給料明細などしっかり用意しておきましょう。

また、アローは最短45分の審査完了なので、即日でお金借りることも可能?と思いますが、実際は融資まで数日から1週間程度の時間が掛りますので、急いでお金を借りたい方は、アローではなく、他の消費者金融を利用したほうが良さそうです。

ただ、名古屋のアローの店舗に足を運べる方は、即日融資も可能かもしれませんので、申込み前にアローに問い合わせてみましょう。

アローの返済方法

名古屋の消費者金融「アロー」の返済方式は、「残高スライドリボルビング」と「元利均等返済」です。


残高スライドリボルビングの返済方法が合っている方は、月々○円までなら無理なく返済できるので、毎月の返済額を先に決定したい方。

元利均等返済が向いている方は「○年内にすべて返済を終わらせたい」と返済期間を先に決定したいと考えている方です。

返済方式、返済期間については、しっかり計画してください。返済期間を無理に短くすると月々の生活が大変になりますし、返済期間を長くすると、支払う利息が大きくなっていまいますのでバランスが重要です。

返済計画の立て方は以下に詳しく記載しています。


返済方式が決まると、毎月返済するわけですが、手段は銀行振り込みになります。アローの場合、大手消費者金融のように提携ATMがないので、返済時には振込手数料がかかってしまいます。

※繰り上げ返済は一括返済を行う時は、事前にアローに連絡するようにしてください。

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報