> >> 旦那が債務整理中だとお金を借りるのは難しい?

旦那が債務整理中だとお金を借りるのは難しい?

自身で収入を得ていない専業主婦の方はもちろんパートタイマーやアルバイトで収入を得ている兼業主婦の方でも、配偶者の旦那が債務整理中だとお金を借りられないのではないだろうか、と悩んでいるかもしれません。

一般的に夫婦は生計を共にしていますので、旦那が債務整理中ということで経済状況が悪いと判断されそうですが、実際のところどうなのでしょうか。

ここでは、旦那が債務整理中だと妻は消費者金融や銀行などからお金を借りられないのか、徹底解説していきます。

旦那が債務整理中でも妻はお金を借りられる!?

旦那が債務整理中でも配偶者の妻はお金を借りられる可能性はあります。しかし、必ずお金を借りられるというわけではなく、一定の条件をクリアしていなければなりません。

具体的には、配偶者の妻本人が安定した収入を得ているか、という点が大事になります。

アルバイト・パートタイマーなどで安定した収入を得ていれば、旦那が債務整理中でもお金を借りられる可能性はあるでしょう。

しかし、自身で収入を得ていない専業主婦の方の場合は、借りられない可能性が高いです。

旦那が債務整理中だと銀行系カードローンは厳しい?

専業主婦の方でかつ旦那が債務整理中だと、銀行系カードローンの審査に通ることは厳しいです。

専業主婦の方を対象に貸付している銀行系カードローンは複数社ありますが、基本的に配偶者が返済能力を有していることが大前提です。

自身にも配偶者の旦那にも返済能力がない場合、専業主婦を対象にした銀行系カードローンでも審査に通ることはまずありません。

つまり旦那が債務整理中ということは、返済能力を有していない証明です。

ただ、専業主婦ではなくアルバイト・パートタイマーなどで自身が収入を得ている兼業主婦であれば、銀行系カードローンでも審査に通る可能性はあります。

上記の違いは、銀行が審査の際に個人信用情報機関※を確認することが関係しています。

※個人信用情報機関とは、借入状況や過去のカードローン利用履歴などの情報を集約した機関です。

専業主婦の方の場合は、銀行は配偶者の旦那が返済能力を有しているか調べるために、個人信用情報機関に旦那の情報を開示請求します。

旦那が債務整理中であれば個人信用情報機関に情報が残っているため、返済能力なしと判断され審査に落ちてしまいます。

一方、自身が収入を得ている兼業主婦の方の場合は、銀行は個人信用情報機関に申込者本人(妻)の情報を開示請求しますので、審査に通る可能性はあります。

もちろん妻本人が過去にカードローンを利用した経験があり、延滞・滞納または債務整理などをしていれば、審査に通らない可能性は考えられます。

以上に説明しましたように、銀行系カードローンは本人が収入を得ていれば、旦那が債務整理中でもお金を借りられる可能性はあります。

旦那が債務整理中でも消費者金融のカードローンは借りられる?

消費者金融は、一般的に本人が安定した収入を得ていれば審査に通る可能性はあります。しかし、自身が収入を得ていない専業主婦の方は審査に通る可能性はありません。

実は、消費者金融は貸金業法という法律で制限を加えられています。

貸金業法では、消費者金融が年収の1/3以上の融資を行うことは禁止しています。

したがって、専業主婦の方は年収が0円のため、消費者金融でお金を借りることはできません。

ただ、例外的に「配偶者貸付」という制度を利用すれば、専業主婦の方でも消費者金融でお金を借りられる可能性はあります。

配偶者貸付は、配偶者の同意書・所得証明書などを提出すれば、専業主婦でもお金を借りられることがあります。

とはいえ、大半の消費者金融は配偶者貸付に対応していませんし、たとえ対応していたところで貸付限度額を少額に設定しています。

また、配偶者貸付は旦那の返済能力を調べるため、旦那が債務整理中の場合は審査に通ることはほぼあり得ないでしょう。

一方、自身が収入を得ている兼業主婦の方は、消費者金融の審査に通ればお金を借りることができます。

銀行系カードローンに比べ消費者金融は審査難易度が比較的低いため、自身が収入を得ている場合は、消費者金融の審査に申し込みする方がお金を借りられる可能性は高いです。

ただし、消費者金融も銀行同様に個人信用情報機関に情報の開示請求を行っているため、マイナスの情報が残っていれば審査に通らない可能性は高くなります。

また、上記でも説明しましたが、消費者金融は最大でも年収の1/3以上の借入はできませんので、年間100万円程度の収入しかなければ30万円程度の限度額と思いましょう。

その程度の限度額では意味がない方は、他の方法を検討するしかありません。

旦那が債務整理中にカードローン以外でお金を借りる方法は?

旦那が債務整理中にカードローン以外でお金を借りる方法を考えてみましょう。


・クレジットカードを利用する
・親戚や知人に相談する
・行政の貸付制度を利用する
・その他の方法でお金を作る

クレジットカードを利用する

すでにクレジットカードを所有していれば、キャッシング枠を利用してみてはいかがでしょうか。

ただ、新たにクレジットカードの審査を受ける場合、作成できる保証はありませんし、多くのクレジットカードは自宅に郵送で送られてくるため、利用まで時間がかかりがちです。

親戚や知人からお金を借りる

親戚や知人に相談してお金を借りることができれば、おそらく利息を取られることもありませんので、メリットは高いでしょう。

しかし、個人同士でお金の貸し借りをすれば後々トラブルに発展しかねません。


行政の貸付制度を利用する


行政でも個人に対して貸付制度を用意してくれています。生活福祉資金貸付などは代表的で、保証人を用意すれば無利子でお金を借りられます。

もちろん保証人の用意できない方でも非常に低利子でお金を借りることができます。

ただし、実際にお金を借りるまで数週間かかることが多く、相談人に何度も相談しなければいけませんので、非常時にはあまり役立たないかもしれません。

お金を作る

とにかく家にある物を売ってみればお金になるかもしれません。最近は、ヤフオクやメルカリなど、インターネットでカンタンに物を売ることができます。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融