> >> 産休中・育児休暇中はお金を借りれる?

産休中・育児休暇中はお金を借りれる?

産休・育休前に充分なお金を貯金していたり、配偶者のパパの収入が多ければ問題ありませんが、出費が重なり、消費者金融や銀行のカードローンを検討している方もいらっしゃるのはないでしょうか?

ここでは、産休中・育児休暇中のママがお金を借りるために知っておくべき情報を解説しています。

産休中・育児休暇中でも消費者金融のカードローンは利用できる?

産休中・育児休暇中に消費者金融のカードローンを利用することはできません。消費者金融のカードローンでは、審査申込条件の第一に、「申込者自身が安定した収入を得ている」ということが明記しています。

したがって、産休中・育児休暇中のママは現状収入を得ていないため、お金を借りることはできません。

決して消費者金融のカードローンが産休中・育児休暇中のママに対して厳しいわけではなく、国の定めた貸金業法という法律で決まっていますので、仕方ないことです。

貸金業法の総量規制は、消費者金融や信販会社(クレジットカードのキャッシング枠)は、顧客に対して年収の1/3以上の融資を禁止しています。

つまり、産休中・育児休暇中の方の年収は0円で融資を受ける資格がないため、審査に申し込みした段階で落ちることは決まっています。

ただし、一部の中小消費者金融では「配偶者貸付制度」を採用しています。

配偶者貸付制度とは、配偶者の方の同意書や収入証明書類の提出をすれば、例外的に消費者金融でもお金を借りることができます。

ただ、配偶者の方の同意書や収入証明書類の提出を頼むのであれば、配偶者の方に直接お金を借りてもらった方が手っ取り早いのではないでしょうか。

以上に説明しましたように、産休中・育児休暇中の方は消費者金融のカードローンを利用することはできません。

産休中・育児休暇中でも銀行のカードローンはお金を借りられる?

消費者金融のカードローンは利用できませんが、銀行のカードローンは産休中・育児休暇中でも借りられる可能性があります。

一般的に銀行のカードローンは消費者金融に比べ審査が厳しいと言われていますが、銀行のカードローンは貸金業法の対象外のため、法律上は借りることができます。

また、実際に産休中・育児休暇中に銀行のカードローンの審査に通った方は少なくありません。

もちろんすべての銀行のカードローンで借りられるわけではありませんが、意外に多くの銀行が対応してくれますので、検討してみてはいかがでしょうか。

次に銀行のカードローンの審査で気をつけるべきポイントを紹介します。

銀行のカードローンの審査基準はここにある!

銀行のカードローンの審査基準は、各銀行によって異なりますが、一番大事なポイントは本人の信用度です。

銀行のカードローンは、審査に申し込みした段階で、個人信用情報機関に申込者の信用情報の開示請求を行います。

個人信用情報機関では、様々な情報を取り扱っていますが、審査担当者に見られるポイントは過去のカードローン利用情報です。

過去にカードローンを利用したことのない方は関係ありませんが、過去にカードローンの利用をした方は要注意でしょう。

なぜなら、過去のカードローンで延滞や滞納または債務整理などを行っている方は、個人信用情報機関に情報※が残ってしまっている可能性があります。

※通称ブラックリストと呼ばれていますが、正確には「異動」と書かれています。

個人信用情報機関にマイナスの記録が残っていれば、審査担当者は信用に値しない人だと判断して、かなりの確率で審査に通過することはできません。

銀行のカードローンは、低金利などの魅力で多くの顧客が集まりやすいため、わざわざ返済しない可能性が少しでもある人に融資を行う必要性はないのです。

逆に、顧客の少ない中小消費者金融は、個人信用情報機関にマイナスの情報が残っていても融資しているケースはありますが、産休中・育児休暇中の方は自身で収入を得ていませんので、いずれにせよ借りることはできません。

また、最近はスマートフォンを割賦購入している方も多いのではないでしょうか。

スマートフォンを割賦購入している方で、支払いに遅れてしまった場合でも個人信用情報機関にマイナスの記録が残っていることもあり得ます。

一括購入以外を頻繁に利用している方は、支払に遅れないように日頃から意識するようにしましょう。


銀行のカードローンでも借入額は少額?


銀行のカードローンは、借入限度額が多い印象を持っている方も少なくありませんが、産休中・育児休暇中の方は少額に設定されてしまうことがよくあります。

どうしても現状は収入を得ていないため、少額でも納得するしかないでしょう。

ただ、少額とはいえ数十万円のまとまった融資を受けることはできますので、よほどまとまったお金が必要な方以外は満足できるのではないでしょうか。

配偶者に相談してカードローンの審査を受けてもらう

配偶者の方に内緒でお金を借りるケースではない場合、思い切ってカードローンの審査を受けてもらうように相談してみてはいかがでしょうか。

実際、小さいお子様が居ることで今まで以上に出費が発生していることを説明すれば、納得してくれる可能性も少なくありません。

配偶者の方が収入を得ていれば、消費者金融のカードローンでも銀行のカードローンでも審査に通る可能性があります。

また、配偶者の方であれば、収入に応じてまとまった借入限度額を認めてくれることもあります。

おそらく大半のケースで、産休中・育児休暇中の方よりも借入限度額は高くなるはずです。

審査や限度額以外の面でも、家族である配偶者の方にお金を借りることについてオープンにしておくことは大事です。

内緒でお金を借りることもできますが、なんらかの形でバレてしまった場合、予想していた以上に家族の不仲に発展してしまうこともあり得ます。

もちろん最終的に判断するのは自身になりますが、よく考えたうえで決断しましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融