> >> 携帯電話代の支払いを遅延・滞納したことによる悪影響

携帯電話代の支払いを遅延・滞納したことによる悪影響

携帯電話やスマートフォン、タブレットなど、最近では個人の電話やその他通信機器類を持つことは当たり前になってきています。しかし、毎月の携帯電話代の支払いはうっかり忘れたり、お金がないからと言って後回しにすることも多いもの。

特に学生や若い人では、気楽に考えてしまうことが多いようです。ところが、携帯電話代の支払いの遅延や延滞は、のちのち大きな悪影響をもたらす恐れがあります。

携帯電話代を遅延、延滞するという意味と怖さ

携帯電話代を遅延したり、延滞することは、ただ単に携帯電話会社に迷惑をかける行為と思ってはいませんか?一昔前の電話代の支払いの遅延や延滞では、確かに電話会社に迷惑をかけるだけの行為でした。

しかし、現在の携帯電話の契約方法では、思いもよらないところにまで影響を与えていることもあります。最近の携帯電話の契約と携帯電話代の内訳、逸れによる影響を考えてみましょう。

携帯電話代の中には通話料と「携帯電話本体料金」がある

携帯電話の支払い明細を見たことはありますか?携帯電話代の内訳としては、通話料や通信料などの「電話を使った料金」と「携帯電話本体料金」があります。

「携帯電話本体料金」とは、契約をした際に購入した携帯端末の料金であり、その支払いがある人は「分割」で携帯端末を購入した人です。

昔は「本体0円」などがありましたが、最近では携帯電話の本体はお金を支払って購入することが主流になっています。近年、携帯電話(スマートフォン)は高性能になっており、高価なものです。そのため、0円は減っており、その代わり分割で電話料金に上乗せして、その分の電話料金を値引きするなどのサービスを受けることができます。

金額はそれほど変わらないので、あまり意識せずに支払っている人も多いのですが、本体価格だけは分割払いになっているということは意外と怖い意味を持っています。

携帯電話本体価格の遅れで割賦払いの遅延、延滞に

携帯電話の本体価格分割は割賦販売というもので、クレジットカードのショッピングやクレジット販売(信販会社での分割払い契約)と同じ扱いになっています。当然ですが、カード払いのショッピング料金や分割で購入した金額は毎月支払いをするものです。そして、支払いが遅れたら遅延、さらに長引いたら延滞という扱いになります。

この「延滞」扱いが携帯電話本体価格の未払いでは怖いのです。延滞になると、信用情報機関というカード会社や消費者金融が顧客を調べるために使用する会社のシステムに登録されます。

クレジットカードやカードローンの申し込みがあると業者は信用情報機関を使って顧客の過去に問題がないかを調べて審査します。延滞などの問題点が見つかると審査が通らず、カードが作れません。


遅延、延滞はいつから?


カード会社などで言われる遅延や延滞という扱いは、携帯電話本体価格の割賦販売でも同様です。では、遅延と延滞の期間や扱いの違いは何でしょうか?

まだギリギリ大丈夫?遅延は1ヶ月未払い

クレジットカードや各種分割払い、カードローンなどで言われる「遅延」とは、約1ヶ月の未払いのことを言います。ただし、遅延の場合には再度カード会社などが設定した返済日に支払いを済ませることができれば、信用情報には登録されないことが普通です。(たびたび遅延を繰り返すような場合にはこの限りではありませんが)

信用情報はここから?延滞は3ヶ月以上が目安

一般的に延滞という状態は、61日以上の遅れを言います。単純計算ではおよそ3ヶ月ということになりますが、だからといって3ヶ月まで信用情報に登録されないということではありません。

信用情報機関では、業者からの情報を受けて登録を行います。最初の支払い遅延では再設定された日に支払うことで事なきを得ることが多くなりますが、それを無視すると最初の遅延情報が登録されます。その場合にはまだ「遅延」状態です。さらに次の月に未払いとなると、また「遅延」の情報が載り、3ヶ月目にもう一度未払いが続くと、「延滞」となります。

延滞になると、今度は「異動情報」という扱いになり、これこそがブラックリストです。異動情報は、完納から5年は残るといわれています。

ただし、遅延を繰り返すたびに、「遅延」のしるしは付いていくため、3ヶ月までは大丈夫ということではありません。また、遅延と延滞の判断は各金融業者などの判断による部分もあり、3ヶ月経っていないからといって延滞にならないとは限りません。


未払いによる携帯電話会社の対応の流れ


携帯電話会社では、信用情報機関への遅延や延滞の報告だけでなく、支払いが遅れた契約者に対しても対応を行います。その対応も未払いの期間が長引けば長引くほど厳しいものになって行きます。

振込通知書(督促状)が来る(~1週間)

最初は引き落としが出来ないなどで未払いとなった分の督促が届きます。請求書になっているので、これを持ってコンビニなどで支払いを終えれば問題ありません。また、再振替が行われることもあります。

携帯電話が使えなくなる(~1ヶ月程度)

督促を無視すると、次は携帯電話が使えなくなります。ただしこれも、支払いを済ませれば、基本的には復活できます。もちろん、この間にも催告状や再振替などの働きかけがあります。

強制解約通知が来る(~2ヶ月程度)

そのまま無視を続けると、携帯電話の契約自体を解約するという対応に入ります。これは、強制執行となります。

債権回収会社からの法的手続き(~3ヶ月程度)

強制解約したからといって、支払いを免れたワケではありません。それでも無視を続けると、裁判所経由の督促が行われます。分割払いまたは話し合いの意思を示さないと、半年で最終的な強制執行となり、給料や財産の差し押さえなどが始まります。

また、携帯電話料金を滞納する常習者や、滞納する行為が悪質と判断されると、詐欺罪で訴えられる場合もあります。


携帯電話代の支払いを遅延、延滞したら将来的にどうなる?


携帯電話代の支払いを延滞したままで無視を続けると、将来にも大きな悪影響をもたらすこととなります。電話が使えなくなるだけと思っていると大きなしっぺ返しが来てしまいます。

携帯電話を新しく契約できなくなる

携帯電話が使えなくなったら別の電話を申し込めばいいと思っていたら、大きな間違いです。次に契約する際にも分割払いで携帯本体を購入することになり、場合によっては契約を拒否されてしまうこともあります。

カードローンなどとは違い、携帯の新規契約の審査はそこまでの厳しさはありませんが、悪質な延滞や未払いがあるままでの新規契約は断られる可能性があります。携帯電話会社同士でも情報を共有し合っているため、自分の情報を隠して申し込むのも難しいかも知れません。

カードローンやクレジットカード契約ができなくなる

カードローンやクレジットカードの会社は、携帯電話本体の分割払いと同じ信用情報機関に登録しているものも多く、別の信用情報機関であっても「異動情報」については各情報機関同士が情報をやり取りしています。そのため、審査時には携帯電話料金の延滞についてもチェックされてしまい、審査落ちすることになります。

将来の住宅ローンやカーローンにも影響が

信用情報機関の情報の共有は、銀行のローン審査で使う情報機関でも同様です。そのため、将来マイホームを建てたり、自動車を買おうとしてローン申込を行った時に審査落ちする可能性もあります。携帯電話料金の毎月の分割料金は微々たるものですが、将来の大きな買い物も左右する結果となりかねないのです。

小さな遅延や延滞が大きな問題に

携帯電話料金の毎月の支払いは、高くても数万円と言う人が多いでしょう。また、電話料金を支払わなくても、当面の問題は電話が使えないだけという弊害しかありません。

しかし、そこに含まれている分割払いの項目を無視することには大きな問題が隠されています。将来の暮らしにも悪影響を与える恐れがあるため、小さいことだと思わずに誠実に対応することが必要です。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融