> >> 審査が不安な人が申し込むクレジットカード3つ

審査が不安な人が申し込むクレジットカード3つ

クレジットカードを持ちたいけど審査が不安、という人は多いのではないでしょうか。

クレジットカードの審査基準・審査ポイントは、各カード会社によって違いますので、審査が緩いカードに申し込めば、審査が不安な方でもカードを持つことができる可能性はあります。

しかし、クレジットカード会社は審査基準を公表していませんので、審査難易度は外部の者が知ることはできません。

でも、過去にクレジットカードの審査を受けた人の属性や意見、口コミなどを調べるとある程度ですが、審査の厳しさ・甘さを予想することは可能です。

ここでは、審査が不安な人が申し込むべきクレジットカードについて解説します。


クレジットカードの審査が不安な理由は?

あなたが、クレジットカードの審査に不安がある理由は属性が以下に当てはまるからでしょうか?
・フリーター
・パート
・専業主婦
・学生
・フリーランス
・個人事業主

上記に当てはまる方でも、クレジットカードの審査に通過してカードを発行することが可能なのでご安心ください。

もちろん、大企業勤務の高所得者や公務員の人でもクレジットカードの審査に不安を持っているかもしれませんが、一般的に心配する必要はないでしょう。

現在、カードローンなどの返済を延滞中の方や、過去に自己破産や任意整理など債務整理を行ったブラックの方以外なら、クレジットカードを作れる可能性は十分あります。


クレジットカードの審査は申込者の返済能力を見ている!

クレジットカード会社は返済能力のないと判断した人の審査を通すことはありません。

クレジットカード申込者の返済能力を調べる方法は、申込者の入力・記入した内容で判断します。(※もちろん申込者の内容を信じるだけでなく、勤務先に電話連絡を行ったり、指定の書類を提出させたりして調査します。)

返済能力を調べる為の主な審査項目は

・年齢
・職業
・勤務先
・雇用形態
・勤務年数
・年収
・他社借入件数・金額
です。


勤務先

勤務先は規模の大きい(安定している)会社がクレジットカードの審査に有利です。

公的機関>大企業>中小企業>個人事業主

規模が小さい会社ほど、経営破たんしてしまい、申込者が返済できなくなるリスクがありますし、経営難から申込者が解雇され、返済できなくなる可能性も高くなります。

ですが、勤め先の規模が小さいからといって、それだけで審査に落とされることはありません。

中小企業、個人事業主の方でもクレジットカードを持つことは可能なので、ご安心ください。

また、審査時には、クレジットカード会社は、勤務先に在籍確認の電話連絡を行います。本人が電話に出る必要はありませんが、同僚の方に「クレジットカードの在籍確認があるかもしれない」という旨を伝えておくと良いでしょう。

勤続年数

勤続年数は、長ければ長いほどクレジットカードの審査で有利に働きます。


長期間にわたり同じ勤務先で働いている人は、この先も会社を辞めて返済を延滞するようなことはないだろうと判断されやすいので、まだ勤続年数が短い人に比べてクレジットカードの審査はプラスになります。


年収

年収は高いほどクレジットカードの審査が有利になります。ただし、クレジットカード会社は「安定した収入」を重要視します。

年収が低い、フリーターやパートで働いている主婦、学生のアルバイトなどでも定期的な収入があれば審査に通過することができます。

年収はクレジットカードの申込み時に自己申告するのですが、場合によっては源泉徴収票などの収入証明書の提出を求められますので、虚偽の申告は絶対にやめしょう。

虚偽申告がバレすと信用面で評価を落としてしまうため、審査に落ちる可能性が高まります。

▼専業主婦は収入が0円なので審査に通らない?
専業主婦の人は、家事を専門に行っているので収入は0円です。


ですので、クレジットカードの審査に通らない?と不安に思う方もいるかもしれませんが大丈夫です。夫に返済能力があれば審査に通る可能性は十分にあります。

一部のクレジットカードで、専業主婦の人でも所有できるものもありますので、専業主婦対応のクレジットカードの審査に申し込むようにしましょう。


クレジットヒストリー

クレジットヒストリー(クレヒス)とは、クレジットカードの利用履歴です。

クレジットカード会社は、JICCやCICなど個人信用情報機関に申込者の情報を開示請求できますので、現在までのクレジットヒストリーを確認できます。

これまでに、クレジットカードの引き落とし日までに返済が遅れたり、滞納したりした経験のある人は、クレジットカードの審査にマイナスの影響を与えます。

また、カードローン等で借入件数が多い方、借入金額が多い方も、年収とのバランスもありますが、クレジットカードの審査にマイナスの影響を与えます。

逆に、クレジットカードでショッピングやキャッシング枠を使ってお金を借りても、しっかり期日までに返済を行っている方は、信用力があると判断され、審査にプラスの影響を与えます。

また、ある程度の年齢になっているにも関わらず、クレジットヒストリーがない方も、実は審査にマイナスな影響を与える場合があります。


住んでいる住居

クレジットカードを所有するために担保は必要ありませんが、住居などの担保を所有している人は審査が有利に働きます。


クレジットカードを申し込む際に、住居のについても記入する欄があり、持ち家か?賃貸か?なども審査の対象になります。

持ち家の場合は、売却すればお金になるので、賃貸に住んでいる方に比べれば返済能力は高いと判断されます。


個人信用情報機関にキズのある人は審査に落ちる?

上でも説明しましたが、過去にクレジットカードやカードローンなどを利用していた人で、延滞や滞納または債務整理の経験のある人は、審査に落ちる可能性が非常に高いです。

個人信用情報機関にキズのある人は、高所得者でも審査に落ちる可能性が高いため、ある程度の覚悟はしておくべきかもしれません。

ただし、一定期間経過すれば個人信用情報機関のキズは消えます。

・延滞・滞納は、状態解消後最大5年間
・任意整理は、最大5年間
・自己破産・個人再生は、最大10年間


また、最近ではスマートフォンを分割購入している人が多いてすが注意が必要です。

スマホ購入代の返済が遅れたり、滞納した場合も信用情報機関に記載されます。

記載されると、今後、クレジットカードだけでなく、住宅ローンやマイカーローンの審査にも悪影響が出てきますので注意するようにしてください。

審査が不安な方が申し込むべきクレジットカードの種類

クレジットカードは大きく分けると「銀行系」「信販系」「流通系」「消費者金融系」に分けることができます。
銀行系 三井住友VISAカードなど、銀行が発行しているクレジットカードで、ステータスは高いですが審査は厳しいです。
信販系 ジャックスカードやセディナカードなど、クレジットカード・ローン・割賦販売などを行っている会社が発行するクレジットカードです。
流通系 イオンカードやエポスカードなど、スーパーやデパートが発行しているクレジットカードです。
消費者金融系 アコムのACマスターカードなど、消費者金融が発行しているクレジットカードです。


審査が不安な方が申し込むべきクレジットカードの種類は「信販系」「流通系」「消費者金融系」です。

審査が不安な方は一般カードのに申し込みしましょう

アルバイトやパートの方、フリーランスの方や学生の方でも、クレジットカードの審査に通ることは可能です。


しかし、収入面などで審査が不安な方は、一般カードを申し込むようにしてください。

ゴールドカードは、一般カードに比べてショッピング枠やキャッシング枠が高いですし、旅行傷害保険の補償範囲が広かったり、空港ラウンジが無料になるなど、特典がたくさんあるので申し込みたくなるのですが、年収が低い方は審査に通過するのは難しいです。

クレジットカードの発行会社は同じでも、カードの種類によって審査難易度は違います。

一般カード>ゴールドカード>プラチナカード>ブラックカード

ゴールドカード以上のカードは、利用時のポイント加算が増えたり、メリットが多いですが、年会費は一般カードに比べて高いなど、デメリットもあります。

単純にクレジットカードを所有したい人は、審査が柔軟な一般カードに申し込みするようにしましょう。年会費無料のクレジットカードもあるので、審査に不安がある方には特にオススメです。

一般カード所有後でも、利用実績を積めば、ゴールドカードの審査に通過できる可能性は十分にあります。最初からステータスの高いクレジットカードにこだわる必要ないのではないでしょうか。


審査が不安な方が申し込むべきクレジットカードはこの3つ!

審査が不安な方でも、審査に通過することだ出来たという口コミが多いクレジットカードを紹介します。

アルバイトやパート、主婦でも審査に通っている実績があるので、申し込みしてみる価値はあると思います。

審査難易度の低いクレジットカードだからといって審査に通ることは保証できませんが、参考にしていただければと思います。

ACマスターカード


年会費無料
利用限度額10万円~300万円
アルバイト・パート申込みOK
カード即日発行
審査時間最短30分

大手消費者金融が提供しているクレジットカードが「ACマスターカード」です。

ACマスターカードは、審査が厳しい銀行系のクレジットカードはもちろん、比較的審査が甘い流通系クレジットカードよりも、審査が通りやすい「消費者金融系」のクレジットカードです。

審査が不安な方に1番最初に申し込んでいただきたいクレジットカードです。

見てわかる通り、見た目はアコムが発行しているカードには見えません。普通のMastercardです。

しかも、ACマスターカードは、ショッピング枠だけではなく、カードローン機能も付与されているクレジットカードなので、便利にお金を借りたい方にもおすすめです。

さらに、ACマスターカードはアコムの自動契約機「むじんくん」で即日カードを受け取ることもできますので、今日中にクレジットカードを持ちたい、という人も検討する価値があるでしょう。


エポスカード

入会金・年会費 無料
海外傷害保険 付帯
国際ブランド VISA
申し込み年齢 満18歳以上※高校生不可
アルバイト・パート 申込み可能

エポスカードは、マルイの子会社「株式会社エポスカード」が発行している「流通系」のクレジットカードです。

エポスカードは、ゴールドカードやプラチナカードも発行していますが、審査が不安な方は、年会費無料の「エポスカードVisa」に申し込みましょう。

株式会社丸井グループの資料には以下が記載されています。

店舗でのカード発行をお断りする謝絶率は、業界平均の24%に対して、私たちはわずか8%です。

引用:信用の共創

マルイの「エポスカード」は、他のクレジットカードに比べて審査通過率が高いということがわかります。

もちろん、アルバイト、パート、主婦、未成年者(高校生以外)の申込みも可能です。


Yahoo! JAPANカード

年会費 永年無料
申込み資格 18歳以上でYahoo!JAPAN IDを持っている方。主婦申込みOK
国際ブランド VISA、Master、JCB
海外旅行保険 ×
ポイント Tポイントがお得に貯まります。
 

Yahoo! JAPANカードは、ワイジェイカード株式会社が発行する流通系クレジットカードで、楽天カードと同様に審査が不安な方でも発行できたと口コミでも評価の高いクレジットカードです。

買い物や公共料金の支払い等でYahoo! JAPANカードを使うとTポイントがお得に溜まり、Yahoo!ショッピングとLOHACOでカードを使うと、さらにお得にTポイントが貯まるのが特徴です。

国際ブランドはVISA、Master、JCBから選べ、Tカードとしても利用できますので非常に便利です。

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報