> >> クレジットカードを悪用されたら?

クレジットカードを悪用されたら?

クレジットカードは、現金を持たずにショッピングを楽しんだり、いざという時にはキャッシング機能を使ってお金を借りることができるなど、大変便利なものです。

そのため、クレジットカードを持っている人は多くなり、日本もカード社会となりました。しかし、その一方では他人のクレジットカードを悪用する人も増えており、悪用に対する対策が必要となっています。今回は、そんなクレジットカード悪用の事例ごとに、適切な対策を紹介します。

クレジットカードの悪用のリスクは

クレジットカードは、カード本体と署名(サイン)、またはICカード対応端末機への暗証番号の入力で使用することができます。ショッピングの際にはカードを提示してサインをするだけという簡単な動作で済み、キャッシュレスのお買い物が手軽になっています。

サインレスで買い物ができるお店もあります。また、インターネットではクレジットカード番号を使ってネットショッピングが出来るようになっています。

こうしたショッピングの仕方は私たちの生活の利便性を高めました。しかし、この簡単で便利なシステムゆえに不正使用やスキミング、フィッシング詐欺などのリスクが高まっています。


不正使用のリスク


クレジットカードを契約者以外の人が使うことは、すべて不正使用となります。紛失や盗難にあったカードが使われた場合ももちろんですが、契約者自身がカードを誰かに貸すことも間違った使い方となります。不正使用では、状況によってカード会社の対応が違ってきます。

また、最近では実際のカード本体を使わないような悪用のしかたも増えており、リスクが高まっています。

スキミング

スキミングは、クレジットカードの情報をこっそりと奪うという犯罪であり、カードを利用する場所ではどこでもリスクをはらんでいます。スキミングは、専用のスキミングマシーンを使ってカードにある磁気部分を読み取るもので、そこにあるカード情報をわずかな時間で読み取るほど技術は進歩しています。また、カードの磁気には暗証番号が登録されていないため、スキミングはマシーンによる磁気読み取りと暗証番号を入力するところのカメラ撮影がセットとなります。

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺は、クレジットカード情報を用いた詐欺の1種であり、社会問題としても重要視されてるものです。クレジットカードでのネットショッピングの利用でリスクが高まります。

クレジットカードの決済では、クレジットカード番号とカード裏面にある「セキュリティコード」が必要となります。その二つがそろうと、クレジットカード本体がなくても、インターネット上でカードの持ち主本人同様の決済ができます。

それらの情報を得た他人がカード情報を利用してネット上で買い物をすることをフィッシングといいます。換金性の高い高額の買い物をすることが特徴であり、カード会社でも危険性を重視して警戒しています。


クレジットカードを紛失、盗難で他人に使われたケース


クレジットカードは、紛失や盗難にあったら、即対応が必要となります。しかし、それでも間に合わずに悪用されることもあります。不正使用にあった場合にはどのような対応が必要でしょうか?


速やかにカード会社と警察へ


クレジットカードがないことに気づいた時点で、悪用されていようといまいと、連絡が必要となります。連絡をするのは、カード会社と警察です。カード会社には専用のコールセンターがあり、年中無休・24時間稼動しています。簡単な本人確認のあとでカードの利用を止める手続きをしてもらえます。

次に警察で盗難届けを出します。盗難届が受領されたら、警察から届出番号を発行してもらえます。

補償は盗難保険で

クレジットカードには盗難保険や、不正プロテクションなどの補償制度がついています。実際に不正に使用されてしまった分に関しては、カード会社が補償してくれるので、契約者が負担する必要はありません。補償を受ける際は警察で盗難届けを出した時の届出番号が必要です。

補償が受けられない場合も

クレジットカードの取り扱いなどに問題があり、本人の過失と見られた場合には補償が受けられないことがあります。カードの暗証番号の管理が悪かったり、暗証番号が推測されやすい状態の場合には補償対象から外れます。また、カードにサインをしていなかった場合なども対象外です。

過失と見られてしまう管理方法としては、

・暗証番号が連続した数字
・暗証番号が誕生日など分かりやすい数字
・暗証番号を書いた紙と一緒にカードを保管していた

などがあります。

また、カード会社では届けをした日からさかのぼって補償を受けられる日数が決まっています。そのため、届けを出すのが遅れれば、その分補償を受けられない日が増えてしまいます。また、盗難保険の申請が遅れた場合にも受けられないケースがあります。


番号やセキュリティコードなどを盗まれてネットで不正使用されたケース


最近のクレジットカードの悪用としては、スキミングされたり、インターネット上でカード情報を盗まれて、不正使用されることもあります。

インターネットで自分のカード情報を使って多額の買い物をされてしまい、損害も大きくなりがちです。また、カードは手元にあるため、発見が遅れることも多くなります。

海外の業者などがこうした悪用をするケースもあります。

まずはカード会社に連絡を

不正使用を発見したら、クレジットカード会社へ連絡をすることが第一です。発見のタイミングはカード引き落とし額の異常や明細書のチェックなどなので、実際に引き落としが行われた後の対応となることもあります。

引き落とし前の場合には、引き落としをストップしてもらい、調査を依頼します。引き落とされた場合でも調査結果によって補填してもらえます。

ネット上の不正使用は補償外のカードも

クレジットカードの補償や保険の内容は、各カード会社によって差があります。カード会社によっては、インターネット上の不正使用は補償対象外となっている場合があるため、注意が必要です。


クレジットカードを家族に悪用されたケース


クレジットカードは、自分本人だけでなく家族カードを作れるものもあります。しかし、親が子供に、夫が妻に(または逆も)カードを持たせなくない場合もあるでしょう。そんな時、クレジットカードを使いたい家族が勝手に自分のカードを悪用するケースも考えられます。ゲームの課金にクレジットカードの番号を使われたり、洋服やアクセサリーのためにカードを持ち出すパターンは意外と良くあるものです。


家族の無断使用は補償されないことも


クレジットカードには補償がついていますし、赤の他人の悪用であれば大抵は補償が受けられますが、家族の場合には補償されないことが多くなります。家族による無断持ち出しや無断使用は本人の過失とみなされることが多く、カード会社でも家族の不正使用については補償しないと規約に載せていることがあります。


不正使用を未然に防ぐ対策は


クレジットカードは、ネットの利用などで不正使用のリスクも高まっていますが、一方ではカード会社による対策も進んでいます。ネット利用が多い人や悪用が心配な人は、対策が万全のカードを選びましょう。

ICカードを選ぶ

ICカードは、クレジットカードのICチップに個人情報の多くが入っているカードです。スキミングがしにくく、偽造や個人情報の漏洩を防げます。

カード会社からの連絡には即対応

多くのカード会社が不正使用の監視に乗り出しており、契約者本人の使い方と違った買い物をした場合にはカード会社からの連絡が入ることになっています。そのため、カード会社から連絡があった場合には即対応して、他の人が使った恐れがある場合には調査を依頼しましょう。

カード会社からの連絡があるのは、

・普段使わない店で買い物をした場合
・普段よりも高額な買い物をした場合
・海外で使われた場合
・換金性の高い商品を多数購入した場合

などとなります。ただし、カード会社によっては不正使用と認めるシステムや基準などが違うため、全てを見逃さずにチェックできるとは限りません。

明細は毎月必ずチェックを

クレジットカードの明細は、慣れると見過ごすことも多くなります。特にネット明細にしている場合には、あまり確認しない人も増えます。しかし、不正使用を見逃すと補償が受けられなくなることもあるため、毎月欠かさずチェックをする癖をつけましょう。


クレジットカードを悪用されたら?「まとめ」


クレジットカードの悪用は、ネットショッピングの増加や手の込んだ詐欺などによって手の込んだものとなってきています。カードを無くした場合にはもちろんですが、手元にカードがあっても悪用される恐れがあります。悪用されても補償が受けられることが多くなりますが、カード選びや自分でできる対策を行って悪用を防ぐことも大切です。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融