> >> 勝手に自分名義で借金された!対処法は?

勝手に自分名義で借金された!対処法は?

銀行カードローンや消費者金融での借り入れ、キャッシングは、基本的に本人以外の人が勝手にその人の名義で行うことは出来ないことになっています。実際にそのようなことがあった場合には、冷静に対処して、自分に不利な状況にならないようにしましょう。

自分名義で借金をされた際の対応を、さまざまなケースごとに紹介していきます。よほどのことがない限り、泣き寝入りすることにはならないため、積極的にすみやかに対応しましょう。

自分名義で借金されるリスクは日常的にある

消費者金融や銀行カードローンなどは手軽に契約を行える融資であり、その手軽さが災いしてトラブルが起こることがあります。昔は借金をするには銀行や消費者金融まで出向いて契約をしたものですが、最近ではネットだけで契約することができたり、超スピード契約で借り入れできるようになっています。

そのため、以前よりもカード類の不正のリスクが高くなっています。そしてそのリスクは意外と日常的に存在しているものです。


家族による保険証、免許証の持ち出し


自分名義で自分以外の人が勝手に借り入れをするパターンとしては、家族による犯行もあります。身内の場合には身分証明書を勝手に持ち出しやすく、家族を名義とするので犯罪という意識も薄くなってしまいます。妻が夫の、夫が妻の保険証や免許証などを持ち出しやすい状況はリスクとなります。

知人に保険証を貸してしまう

知人に対して、身分証明書を貸してしまうことは少ないのですが、保険証は意外と簡単に貸してしまう可能性があります。友達などから「急に体調が悪くなって病院へ行きたい」と言われた場合など、いけないと知りながらもつい、自分の保険証を貸してしまうことはないでしょうか?

保険証だけでカードローンを借りるのは難しいかも知れませんが、いい加減な手続きの闇金などでは借りられる可能性があります。


本人になりすまし


カードローンの契約は、ネット上で全て出来ることも増えてきており、本人に成りすまして契約を結んでしまうことは意外と出来る場合があります。

WEB完結申し込みのカードローンでは、在籍確認の電話が本人に行かないため気がつかない恐れがあります。また、既に持っているローンカードやクレジットカードのキャッシング機能を使って借り入れされてしまうこともあります。


自分名義のカードローンを勝手に申し込まれたケース


自分名義で実際にカードローンを申し込まれた場合には、基本的には支払う義務はありません。ただし、何もせずに放置しているのは自分の信用情報に傷がついてブラックリスト入りしてしまうため、早めに対処することが必要です。簡単に済むケースが多いのですが、話がこじれたら弁護士が必要となることもあります。


「追認」になるから支払ってはダメ!


返済の請求が来たからといって、身に覚えのない借金は返済してはいけません。自分がした借金ではなくても、支払いをしてしまうと「追認」という借金を認めて支払う意思を示したことになります。1回でも1円でも支払えば追認したことになるため、絶対に支払ってはいけません。

内容証明で調査を依頼

カードローンを勝手に申し込まれて契約が完了してしまい、借り入れをされたケースでは、まずは内容証明を消費者金融などのカード発行元に送ります。自分がした契約ではないこと、借りた覚えがないことをはっきりと伝えましょう。

内容証明を受け取ったカード発行元は、それぞれに調査を行って適切に対処をしてくれます。基本的には、それで大体は解決するはずです。

手書きの場合には筆跡を照合

手書きの申込書をカード会社が持っている場合には、自分の筆跡と比較して自分のものではないことを証明することもできます。自分の筆跡ではない申込書があった場合には、よほどのことがなければ返済の義務はなくなります。


債務不存在確認訴訟


ことがこじれてしまった場合には、自分のした借金ではないことを裁判で証明する必要があります。債務不存在確認訴訟は、民事訴訟であり、裁判で認められれば法律的に返済義務がないことを証明できます。相手は消費者金融などの業者です。敗訴してしまった場合にも、発生日から3年間は損害賠償請求ができます。

債務不存在確認訴訟は、自分だけで行うのは難しくなるため、弁護士に依頼することが必要です。訴訟になると、手間と時間がかかり大きな負担となります。争点としては、本人の意思確認があったかどうか、実印や本人の筆跡が使われているかどうかなどがあります。


自分名義のローンカードを盗まれたケース


自分名義のローンカードが盗まれて使用された場合にも、基本的には本人には返済義務はありません。しかし、早急に手を打たないとややこしくなる可能性があります。


盗難届とカード会社への連絡


カードを盗まれたことに気づいた時は、第一にカードをストップしてもらうことが必要です。発覚した時点ですぐにカード会社に連絡をしましょう。その後でカードの盗難届の提出します。警察署で行うことができるので、カード会社の連絡とともに早急にやっておきます。盗まれたカードで不正使用されてしまった場合でも、まずは同じことをやっておきます。

紛失や盗難は請求放棄で

カードローンで、盗まれたり紛失したカードを使われた場合には、請求放棄をすることで支払い義務を負わずに済みます。ただし、時間が経過しすぎていたり、管理ミスなど本人に大きな過失がある場合には、認められないこともあります。

また、クレジットカードには保険がついていますが、これはショッピングだけのものであり、現金融資のキャッシング枠には適用されません。

詐欺罪と窃盗罪

盗難にあってカードが使われた場合には、持ち出した人に対して、カード会社は詐欺罪を、カード名義人は窃盗罪を訴えることができます。本来、契約者以外がカードを使うことは許されていないので、犯罪として認められる可能性があります。


家族の場合も返済義務はないけど・・・


自分以外の人が使ったカードローンの借金は、基本的には返済義務を負うことはありません。それは相手が妻や夫でも同様となります。

しかし、借金をした相手が近親者などの親しい人の場合には訴えを起こすのは難しいかも知れません。業者によっては家族間の場合には認められない場合もありますし、本人に義務はなくても最終的には同じ家計から支払うことになることも多いでしょう。


自分名義のカードを他人に貸したケース


自分名義のカードを使って借金されたケースの中には、自分から他人にカードを貸してしまったということもあります。この場合には、他のケースとは違って借金返済の義務は自分になってしまいます。

カードを他人に貸すのは契約違反

自分でカードを貸した場合には、どんなふうに使われたとしても支払いの義務を逃れることはできません。たとえ、自分が思っていた以上に使われた場合や立替を頼まれて踏み倒された場合にも、返済の責任は自分になります。

正しい使い方をしなかった場合には、返済義務を回避することは難しいものです。クレジットカードもローンカードも、あらゆるカードは名義人以外の人が使うことは許されていません。

また、自分のカードを使って借りたお金を他人に貸した場合も、カード会社への返済の責任は自分になってしまうため、注意が必要です。


(ちなみに)クレカのショッピングの場合には加盟店の責任追及も


カードローンの場合には言い逃れようがありませんが、クレジットカードを使って買い物をされた場合には、加盟店の責任を追及できることもあります。

クレジットカードを使用された時に、サインの確認を怠ったということで、加盟店の落ち度とできるかも知れません。


勝手に自分名義で借金された!対処法は?「まとめ」


消費者金融や銀行カードローンなどは、現代社会においては手軽に他人を装って契約できるチャンスが増えています。そのため、証明書のたぐいを気軽に他人に貸したり、いい加減な管理をしていると、隙を突かれて勝手に自分名義の借金をされるリスクとなりかねません。自分名義の借金だからといって、基本的には身に覚えのないものは支払い義務がないので、慎重に素早く対応しましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融