> >> 指定信用情報機関(JICC・CIC・全銀協)とは?開示方法は?

指定信用情報機関(JICC・CIC・全銀協)とは?開示方法は?

消費者金融のカードローン・キャッシングや、銀行のローン、クレジットカードの審査に申し込むと、金融機関は「指定信用情報機関」であなたの個人情報をチェックします。

延滞や債務整理を行ったり、スマホ代金の支払いを滞納すると、指定信用情報機関に記録され、各ローンやカードの審査に悪影響を与えます。

ここでは、指定信用情報機関の種類や、指定信用情報機関に掲載される事項、記録される期間、ご自身の個人情報を開示する方法などを詳しく解説します。


指定信用情報機関とは

指定信用情報機関とは、一定の要件を満たして、信用情報を貸金業者などへ提供する業務を行う団体として内閣総理大臣から認定された信用情報機関のことを言います。


一定の要件とは

(1)法人であること。
(2)貸金業法、個人情報の保護に関する法律などに違反し、罰金の刑罰に処されていないこと。
(3)役員が法令に違反し罰金の刑又は禁錮以上の刑に処されていないこと。
(4)加入貸金業者の数が100以上であること。
(5)保有する個人信用情報に係る貸付けの残高の合計額が5兆円以上であること。
(6)貸借対照表に計上された純資産の額が5億円以上であること。
(7)人的構成に照らして、信用情報提供等業務を適正かつ確実に遂行することができる知識および経験を有し、かつ、十分な社会的信頼を有すると認められること。

引用:指定信用情報機関に求められる一定の要件(JICC)

かなりハードルの高い要件をクリアした法人が「指定信用情報機関」として業務を行うことができます。



指定信用情報機関の種類は?何社あるの?

指定信用情報機関は、「CIC」「JICC」「全国銀行個人信用情報センター」の3社です。

消費者金融・信販会社(クレジットカード会社)は、CICとJICCの両方に加盟していることが多いです。

消費者金融名 加盟指定信用情報機関
プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス) JICC・CIC
アコム JICC・CIC
SMBCモビット JICC・CIC
レイクALSA(新生フィナンシャル) JICC・CIC
アイフル JICC・CIC
ノーローン JICC・CIC
エポスカード JICC・CIC
ライフカード JICC・CIC
ジャックス CIC
オリックスクレジット JICC・CIC
エムアイカード JICC・CIC
セディナ JICC・CIC

一方、銀行が加盟している指定情報機関を一部紹介します。。

銀行名 加盟指定信用情報機関
三菱UFJ銀行 JICC・CIC・全銀協
三井住友銀行 全銀協・JICC・CIC
みずほ銀行 全銀協・CIC
りそな銀行 全銀協
楽天銀行 全銀協・JICC
オリックス銀行 全銀協


すべて(3つ)の指定情報機関に加盟している金融機関は少ないですが、ブラックリストの情報は、1つの指定情報機関に加盟していれば、すべての指定信用情報機関の信用情報を知ることができます。

情報共有システムはCRIN(クリン)・FINE(ファイン)

例えば、りそな銀行などは、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)にしか加盟していませんが、CRIN(Credit Information Network)という信用情報共有ネットワークを使って、金融事故情報を共有することができます。


JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターが3社各々持っている信用情報のうち、「延滞」などの情報を共有し、貸金業者や銀行が過剰貸し付けや、多重債務者を増やさないように手助けをしています。

ですので、りそな銀行は全国銀行個人信用情報センターしか加盟していないから、アコムで延滞しても大丈夫!りそなカードローンに申し込もう!という考えは通用しません。

また、CRINの他に、FINE(Financial Information Network)という交流ネットワークもあり、これはJICCとCICの2社間で情報共有を行っています。

このように、カードローンやクレジットカードの申込者が、多重債務などに陥らないように制御したり、申込者の借入残高を把握し、貸金業者が年収の3分の1以上のお金を貸さないように(総量規制)手助けしています。

銀行の保証会社は消費者金融や信販会社が多い

上では、CRIN・FINEで指定し尿情報機関の情報を共有しているとお話ししましたが、銀行カードローンの保証会社(審査する会社)は、消費者金融や信販会社が多いです。


例えば、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)にしか加盟していない「オリックス銀行」カードローンの保証会社は、オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社です。

新生フィナンシャル株式会社(レイクALSA)は、JICC・CICに加盟しているので、すべての指定信用情報機関の情報を把握できます。

CRIN・FINEなどの情報共有システムに頼らなくても、すべての個人情報を把握できるので、より精度の高い審査を行い、ローン申し込み者を多重債務から守ることができます。



指定信用情報機関に記録される情報は?

指定信用情報機関に記録される情報は、どのようなものなのでしょうか?

CICを例に説明します。

ローンやクレジットカード等の申込み情報

<保有期間>
6ヶ月間

<本人の情報>
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号など

<申込み内容>
照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等


ローンやクレジットカード等の契約情報



<保有期間>
契約機中、契約終了後5年以内

<本人の情報>
氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号など

<契約内容>
契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等

<支払状況>
残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況など

<割賦販売法対象商品の支払状況>
割賦残債額、年間請求予定額、遅延など

<貸金業法対象商品の支払状況>
確定日、貸付日、出金額、残高、遅延など

その他にも、本人申告情報や貸金業協会依頼情報、電話帳掲載情報など、CICが独自に収集する個人情報もあります。

参考:CICが保有する信用情報

つまり、簡単に上記を説明すると、

・カードローン、その他のローンの審査に申し込んだ情報
・クレジットカードの審査に申し込んだ情報
・ローンやクレジットカードの契約内容
・他社借入件数・借入額
・返済を延滞した情報
・債務整理を行った情報

などを指定信用情報機関は記録し、加盟会社である消費者金融や銀行、クレジットカード会社は申込者が返済能力を有しているか確認します。


審査に落ちてしまう可能性が高い信用情報は?

・返済を延滞・滞納した方
・債務整理を行った方
・他社借入金額が多い方
・短期間に複数の審査に申し込みした方
・カードローン・クレジットカードの利用経験がない方

一般的に、短期間にカードローンの申込みをした方(申込みブラック)や、返済を延滞・滞納したり、債務整理をした方は、審査に落ちてしまう可能性が高いのはあたりまえですね。

銀行や消費者金融・信販会社以外の延滞も審査が不利になる

最近はスマートフォンの本体代金を分割で購入している人も多いですが、毎月の分割代金の支払いを遅れてしまっても、指定信用情報機関に記録されます。


他にも、大学・専門学校進学時に日本学生支援機構で奨学金を借りた人で、その返済が遅れてしまった方も指定信用情報機関に記録されます。

信用情報が真っ白(ホワイト)の方も審査が不利になる場合も

カードローンやクレジットカードなどの利用経験がない方(スーパーホワイト)の方も審査に通りづらいケースもあります。


なぜなら、債務整理を行った人も、一定期間経過すれば記録は削除され、ホワイト化するからです。

つまり、今までローン等の利用経験がない方と、過去に債務整理を行った方の区別がつかない時があり、それを警戒する金融機関もあるのです。


もちろん年齢の若い申込者であれば本当のホワイト(ローンを組んだことがない人)だと判断してくれる可能性が高いですが、それなりの年齢の申込者だと債務整理経験者かもしれないと疑うことがあります。

一方、ホワイトでもブラックでもなく、今までクレジットカードやローンを利用し、返済が遅れた経験がない方は、ホワイトの方よりも高評価になる場合が多いです。

詳しいカードローンの審査基準などは以下に記載しましたのでご覧ください。

指定信用情報機関の信用情報はいつまで保有しているの?

指定信用情報機関は、CIC/JICC/全国銀行個人信用情報センターいずれも一定の期間が経過すれば、信用情報を削除してくれます。


信用情報は、ケースによって保存期間が異なります。

保存期間6ヶ月の信用情報(申込み情報)

クレジットカードやカードローン等の申し込み情報は、各信用情報機関で6か月間保有されます。申込み情報は、氏名、生年月日、住所、電話番号などの本人を識別する情報と、申込み日や商品名などの情報です。


ですので、短期間に複数社に申し込んでしまう(申込みブラック)の情報は、半年間は消えないのでご注意ください。

保存期間5年の信用情報(契約情報)

クレジットカードやカードローンの契約情報は、契約および、契約が完了してから最高5年間記録され続けます。


契約に関する情報は、氏名や住所、電話番号、勤め先などの本人の個人情報と、契約日、契約金額、返済期間・回数などローンやクレジットカードの契約内容です。

保存期間5年の信用情報(支払情報)

カードローンやクレジットカードを利用した場合、返済を行いますが、その取引情報(返済状況)が指定個人情報機関には記録されます。


返済日、返済金額、完済日、延滞・滞納の有無、延滞・滞納をした日、ローンやクレジットカードの強制解約の事実などです。

延滞やカードの強制解約があると、最長5年間は、新たにローンを組んだり、カードを発行するのは難しくなります。

自己破産の情報はいつ消える?

自己破産の記録の保有期間は指定信用情報機関によって違ってきます。
指定信用情報機関 自己破産の保有期間
CIC 最長5年間
JICC 最長5年間
全国銀行個人信用情報センター 最長10年間

カードローンやクレジットカードの審査に落ちる理由については、銀行や消費者金融は秘密にしていますが、指定信用情報機関のブラック情報は大いに審査に影響を与えます。

延滞や債務整理等、心当たりのある方は、指定信用情報機関の保存期間が経過した後に再度審査に申し込みするべきでしょう。

完済しても信用情報機関に情報は残ります

指定信用情報機関の情報は、ローンの契約が終わると解約後、約5年間は情報が残りますが、その後は削除されます。


注意点は「解約後」という点で、「完済=解約」ではありません。

アコムやプロミスなどでカードローンを契約すると、限度額内で何度でもお金を借りることができます。

例え、すべて返済しても、カードローンを解約しない限り、信用情報機関には記録が残り続けます。

将来、住宅ローンを組むことを考えている方など、記録を残したくない方は、貸金業者や銀行ののコールセンターに電話して、解約の手続きを行ってください。



各指定信用情報機関の情報は自分で確認できる!信用情報開示手続き方法

実は、自分の信用情報が、各指定信用情報機関でどのように記録されているのか?確認することができます。

JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターで、信用情報開示手続き方法は違ってきますので、以下で説明したいと思います。

CIC(シー・アイ・シー)の情報開示手続き方法

CICの信用情報を開示する方法は、「インターネット(PC/スマホ)」「郵送」「窓口」と3つの方法で行うことができます。


インターネット(PC/スマホ)でCICの信用情報を開示

CICでは、パソコンスマホからインターネットを利用して信用情報の開示を行うことができます。

利用可能時間 8:00~21:45※年中無休
開示手数料 1,000円
支払方法 クレジットカード
①金融機関等に届けている(CICに登録してある)電話番号から「0570-021-717」に電話をして受付番号の取得をする。


②受付番号を取得して1時間以内に、パソコンやスマホの専用画面に受付番号や支払いに使うクレジットカードの入力をします。

③パスワード付PDFで、あなたの信用情報を確認できます。
情報開示報告書のサンプルはこちら

郵送でCICの信用情報を開示

CICでは、郵送で信用情報の開示手続きを行うことができます。

開示手続きを行える人は、本人の他に「任意代理人」「法定代理人」「法定相続人」です。

信用情報開示申込書本人確認書類、定額小為替証書(1,000円※ゆうちょ銀行で発行)を以下の送付先に送ります。

〒160-8375
東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階
(株)シー・アイ・シー 首都圏開示相談室

申し込みから、10日程度でCICから信用情報開示報告書が届きます。

窓口でCICの信用情報を開示

札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡にあるCIC開示窓口で申し込むことができます。
受付時間 平日の10:00~12:00、13:00~16:00
必要書類 本人確認書類
手数料 500円

各CICの窓口は以下になります。

首都圏開示相談室 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階
北海道開示相談室 札幌市中央区北3条西3-1-6 札幌小暮ビル8階
東北開示相談室 仙台市青葉区中央4-2-16 仙台中央第一生命ビルディング7階
中部開示相談室 名古屋市中区丸の内2-20-25 メットライフ名古屋丸の内ビル8階
近畿開示相談室 大阪市北区梅田三丁目4番5号 毎日インテシオ 5階
中四国開示相談室 岡山市北区下石井一丁目1番3号 日本生命岡山第二ビル 新館4階
九州開示相談室 福岡市中央区天神1-2-12 メットライフ天神ビル7階


JICC(ジェイ・アイ・シー・シー)の情報開示手続き方法

JICC(ジェイ・アイ・シー・シー)でも信用情報の開示を行うことができます。

JICCの情報開示手続きは「スマートフォン」「郵送」「窓口」の3つです。

スマートフォンでJICCの信用情報を開示

スマートフォンを利用して信用情報を開示する場合は、専用のアプリをダウンロードする必要があります。
アプリの種類 iPhone、Android
必要書類 本人確認書類(運転免許証、運転経歴証明書、保険証、マイナンバーカード、パスポート、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書など
受付時間 24時間※年中無休
開示手数料 1,000円(税込)
支払方法 クレジットカード、ATM、ペイジー、コンビニ等
 

JICCの信用情報を開示する流れは以下になります。

①専用アプリをダウンロードします。iPhone用はこちらAndroid用はこちらです。
②利用規約を確認する
③アプリにメールアドレスを入力するとJICCからパスワードが送信されるので、それを入力します。
④氏名や住所、電話番号など必要事項をアプリに入力します。
⑤本人確認書類をスマホで撮影し送信します。
⑥信用情報の開示手数料の支払い方法を選択します。
⑦JICC側で申込み内容の確認を行った後、信用情報記録開示書が郵送で送られてきます。

郵送でJICCの信用情報を開示

信用情報開示申込書に氏名や住所、電話番号、支払方法等を記入し、本人確認書類を送り、手数料(1,000円)を送ります。


開示手数料は、アメックス、VISA、マスターカード、JCBなどのクレジットカードを使えますが、「クレジットカードでの開示等手数料お支払い票」にカード情報を記入して、送付します。

または、郵便局で発行される定額小為替証書を同封します。

送付先は以下です。

〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島1-5-30
堂島プラザビル6階
株式会社日本信用情報機構 開示窓口


窓口でJICCの信用情報を開示

JICCの窓口で情報開示する場合は、500円と本人確認書類を持って以下で行ってください。

▼東京開示センター
〒110-0014
東京都台東区北上野1-10-14 住友不動産上野ビル5号館9階

▼大阪開示センター
〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル6階

受付時間は平日(月曜~金曜)の10時~16時です。


全国銀行個人信用情報センターの情報開示手続き方法

全国銀行個人信用情報センターの情報開示手続きは、「郵送」のみになります。

以下の①~③を下記の送付先に送ります。

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-1
一般社団法人全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター


①登録情報開示申込書
PDFで印刷する場合は、「登録情報開示申込書(直接入力用)」「登録情報開示申込書(手書き用)」を使います。

また、コンビニで登録情報開示申込書をプリントすることも可能で「セブンイレブンはこちら」「ファミリーマート、ローソン、サークルK・サンクスはこちら」「セイコーマート、セーブオンはこちら」です。


②開示手数料
全国銀行個人信用情報センターの信用情報開示手数料は1,000円(税込)です。定額小為替証書を郵便局・ゆうちょ銀行で発行して同封します。

③本人確認書類
全国銀行個人信用情報センターの場合、本人確認書類は2つ必要になります。

運転免許証 有効期限内の書類を、氏名・生年月日・住所が見えるようにコピー
運転経歴証明書
パスポート
住民基本台帳カード
個人番号カード(マイナンバーカード)
在留カードまたは特別永住者証明書
各種健康保険証
公的年金手帳
各種障がい者手帳
戸籍謄本または抄本 発行日から3ヶ月以内の原本
住民票
印鑑登録証明書


信用情報開示報告書の見方


信用情報開示報告書の見方
画像引用先:https://www.cic.co.jp/


13.「契約の内容」に記載される情報は、クレジットカード等の契約、住宅ローンの契約、無保証融資(カードローン・キャッシング)など、どのような内容で契約しているのか確認できます。

記載例 内容
カード等 クレジットカードの契約
個品割賦 分割払いで支払う契約(スマホの購入代金など)
リース リース料を支払う契約
保証契約 返済できなかった方に変わって保証会社が返済することを取り決めた契約
保証融資 保証会社が付いているキャッシング・カードローン(銀行カードローンなど)
無保証融資 消費者金融などのカードローン・キャッシングなど、保証なしの融資
住宅ローン 住宅を購入する為のローン
移管債権 複数のクレジット契約を一本化したもの
 

信用情報開示所の「入金状況」はとても大切な項目で、確認する場合は以下の表を参考にしましょう。

$ 請求通り返済された
P 請求額の一部を返済した
R 契約者以外から返済された
A 契約者の都合で返済日に入金されなかった
B 契約者の都合とは無関係で返済されなかった
C 返済されていないが理由が不明
- 請求も返済もない
空欄 クレジット会社から情報の更新がない


まったく問題なく延滞をせずに返済を続けていれば「$」が毎月記録されます。「P」「A」などが続くと金融事故扱い(ブラック)になり、34.支払遅延有無に遅延発生日に記載されたり、26.返済状況に「異動」と記載されたり、カードローンの強制解約につながります。

具体的に「異動」と掲載される条件は、「61日以上、または3カ月以上延滞した場合」「保証会社が代わりに返済した場合」に記録され、5年間は消えることはありません。

こ状態になると、新しくクレジットカードを作ることはできませんし、カードローンや住宅ローンを組んでお金を借りることができなくなります。

このように、JICCやCIC、全国銀行個人信用情報センターなどで情報を開示すると、ご自身がどのようなローンを組んで、今までどのように返済してきたか?過去に返済を延滞した経験があるけど、まだ情報は残っているのか?などなど確認できますので、自分の信用情報が気になる方は開示してみてください。

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報