指定信用情報機関ってなに?

消費者金融・銀行のカードローンについて調べれば、指定信用情報機関という言葉をよく見るのではないでしょうか。実は、指定信用情報機関は、カードローンの審査を受ける前に必ず知る必要があります。

指定信用情報機関について詳しい知識を持たなければ、最悪のケースではカードローンの審査に落ちてしまうことも珍しくありません。

したがって、カードローンの審査を受ける前には、指定信用情報機関について詳しくなっておくべきでしょう。

ここでは、指定信用情報機関について徹底解説していきます。

信用情報とは?

指定信用情報機関の前に信用情報の意味について知っておきましょう。信用情報とは、カンタンに言えば金融機関を利用したときに記録している情報のことです。

信用情報は、以下のような場面で記録しています。

・カードローンやキャッシングの審査に申し込んだ
・クレジットカードの審査に申し込んだ
・カードローンなどの返済した
・返済に間に合わずに遅れてしまった
・債務整理を行った

上記のような内容を指定信用情報機関は記録し、消費者金融や銀行、クレジットカード会社は申込者が信用に値する人か調べています。

そして、信用に値する人であれば審査に通る可能性が高まりますし、信用に値しない人は審査に落ちてしまう可能性が高まってしまいます。

審査に落ちてしまう可能性が高い信用情報は?

・カードローンなどの利用経験がない人
・短期間に複数の審査に申し込みした人
・返済延滞者
・返済滞納者
・債務整理した人

一般的に、短期間にカードローンの申込みをした人や、返済を延滞、滞納したり、債務整理をした人は、審査に落ちてしまう可能性が高いのはあたりまえですが、カードローンなどの利用経験がない人(ホワイト)の人の審査に通りづらい場合もあります。

なぜなら、債務整理を行った人でも一定期間経過すれば記録は削除され、ホワイト化してしまうことがあるからです。

したがって、銀行や消費者金融は「ホワイトの人に対して、もしかしたら債務整理をした経験のある人ではないだろうか」と考えます。

もちろん年齢の若い申込者であれば本当のホワイト(ローンを組んだことがない人)だと思ってくれますが、それなりの年齢の申込者だと偽のホワイト(債務整理経験者)かもしれないと疑うことがあります。

一方、ホワイトでもブラックでもない人、今までカードローンを利用した経験のある人で、遅れることなく返済または完済した人は、ホワイトよりも高評価に繋がることも珍しくありません。

とどのつまり貸金業者は滞りなく返済してくれれば問題ないため、返済履歴に問題がない人は、新規貸付しても返済するだろうと考え、高評価を与えます。

指定信用情報機関は何社あるの?

指定信用情報機関は、 「CIC」「JICC」「全銀協」の3社です。

消費者金融・信販会社(クレジットカード会社)は、CICとJICCの両方に加盟していることが多いです。

一方、銀行は全銀協のみ加盟していますが、保証会社が消費者金融のところはCICやJICCの情報も確認しています。

また、返済延滞・強制解約・債務整理は金融事故情報という扱いで、一般的に3機関すべての指定信用情報機関で情報を共有しています。

したがって、クレジットカードで金融事故を起こしても消費者金融・銀行のカードローンの審査では関係ない、というわけにはいきません。

また、最近はスマートフォンの契約時に本体代金を分割で購入している人も多いですが、毎月の分割代金の支払いを遅れてしまっても、金融事故情報として指定信用情報機関でブラックになっている可能性があります。

他にも、大学・専門学校進学時に日本学生支援機構で奨学金を借りた人で、奨学金の返済が遅れてしまった人も指定信用情報機関でブラックになることがあります。

したがって、分割購入していたり、カードローンを利用していたりする人は、絶対に支払いに遅れないようにすることが大事です。

ブラックになってしまった人は、クレジットカードやカードローンの審査に通らないだけでなく、住宅ローンや自動車ローンまで組めなくなる恐れがありますので、気をつけるようにしましょう。

指定信用情報機関の情報はいつまで保有しているの?

指定信用情報機関は、CIC/JICC/全銀協いずれも一定の期間が経過すれば削除してくれる情報と放置していれば永遠に残ってしまう情報の2種類に分けることができます。

それでは、以下にそれぞれの情報について解説していきましょう。

永遠に残ってしまう可能性がある信用情報

指定信用情報機関の情報で、利用先や完済期間などは、解約後5年間は情報が残ります。 ここで注意して欲しいことは、「解約後」という言葉の意味です。

勘違いしないで欲しいことは、解約=完済ではありません。

完済すれば勝手に指定信用情報機関の記録が削除されるわけではなく、利用していた貸金業者に「完済後に解約したい」旨を伝えなければなりません。

消費者金融などのコールセンターに電話連絡して、解約したいことを伝えれば手続きは完了するため、指定信用情報機関に信用情報を残したくない人は解約しましょう。

一定期間経過すれば消える情報

一定期間経過すれば消える情報は、種類によって保存期間が異なります。

・短期間に複数の審査に申し込み
・返済の延滞
・強制解約
・任意整理
・自己破産
・個人再生

また、CIC/JICC/全銀協によって保存期間が違いますが、「短期間に複数の審査に申し込み」は6が月程度、「返済の延滞」「強制解約」「任意整理」「自己破産」「個人再生」は5年~10年です。

カードローンの審査に落ちる理由については、銀行や消費者金融は秘密にしていますが、指定信用情報機関のブラックが審査落ちの理由になり得ると心当たりのある人は、上記の保存期間が経過した後に再度審査に申し込みするべきでしょう。

個人でも指定信用情報機関の開示請求は行える

個人でも指定信用情報機関に開示請求は行えるため、自身がブラックかもしれないと考えている人は、開示請求を行ってみてはいかがでしょうか。

指定信用情報機関に開示請求を行う場合は、運転免許証などを提出しなければいけませんが、CIC/JICC/全銀協共に開示請求は可能です。

カードローンの審査落ちの理由がわからない場合は、指定信用情報機関の情報を閲覧すれば、納得できるかもしれません。


指定信用情報機関ってなに?まとめ


以上に説明してきましたとおり、指定信用情報機関は個人情報や信用情報を取り扱っている機関になります。

ローンの審査に申し込みするときは、金融機関側は必ず指定信用情報機関の情報を参考にしていますので、指定信用情報機関に問題のある人は審査に通りづらいです。

ただ、指定信用情報機関は一定期間経過すれば、利用者にとって不都合な情報でも削除してくれます。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融