つなぎ融資とは

住宅ローンは、自己資金が少なくても高額なマイホームを購入するチャンスを与えてくれます。マイホームを取得する人の多くは住宅ローンを組み、返済を続けながらマイホームに居住することになります。

つなぎ融資はそんな住宅ローン利用でマイホームを取得する際に利用出来るものですが、ローンを利用する人の全てが使うものではありません。また、利用するにあたってはいくつかの注意点があり、慎重に検討する必要があります。

つなぎ融資はどんなローン?

つなぎ融資は、マイホーム建設の際に使うローンです。一般的に住宅ローンは住宅を取得して、登記をした後で契約を行います。審査も住宅を建て終わってからとなります。しかし、その条件に当てはまらずに、住宅建設が完了する前にまとまったお金が必要となることがあります。その際に住宅を建て終わってローンを契約する間の「つなぎ」として利用するのがつなぎ融資です。

つなぎ融資が必要な人

つなぎ融資は、建売住宅やマンション、中古住宅では必要ありません。すでに住宅は建てられているため、すぐに住宅ローン審査を行えるためです。つなぎ融資が必要となるのは、土地を購入して、もしくはすでに持っている土地に新たに住宅を建設する「注文住宅」の場合です。


注文住宅は、購入した土地に自分の希望を取り入れたデザインや間取りなどで建てる住宅であり、夢のマイホームとしては理想的なものかも知れません。しかし、住宅完成までの支払いに悩むことが多くなります。


注文住宅は住宅メーカーや工務店などに依頼して建ててもらいますが、その支払いは着工前や途中の中間金など完成前に必要です。そのため、完成前に必要な資金をつなぎ融資で準備します。また、土地購入資金も住宅ローンを利用するなら、それまでつなぎ融資を利用します。


つなぎ融資のデメリット


つなぎ融資は住宅ローンのようにどの銀行でも扱いがあるものではありません。また、つなぎ融資を申し込むには、その後の住宅ローンもその銀行で契約することが前提となることがほとんどです。そのため、つなぎ融資が必要な人は住宅ローンの選択肢がやや狭くなります。

また、つなぎ融資にももちろん、金利がありますが、住宅ローンよりも高めの3パーセント前後になっています。住宅ローンを借りる前提とはいえ、事務手数料や印紙代などもつなぎ融資利用の段階でかかります。


つなぎ融資の支払いは


つなぎ融資を利用してメーカーや工務店に支払いが済むと、いよいよ着工です。着工から数回に分けてつなぎ融資で支払いをしていきます。完成までの間は銀行への元金の返済は必要ありません。建物が完成して住宅ローンを組んだらそこから元金は返済します。


どんなふうに「つなぎ融資」を選ぶ?


つなぎ融資を利用するには、扱っている銀行や金融機関を探す必要があります。自分の利用しやすい商品を選んで、着工から完成、そして住宅ローンまで快適に進めましょう。


スケジュールに合った融資方法


着工から完成までのメーカーや工務店への支払いは、回数やタイミングがそれぞれに違います。そのため、支払いのスケジュールと合わせやすい商品を選ぶことが大切です。

つなぎ融資のタイプとしては、土地取得費用と着工金、中間金が利用できるものや、土地取得、着工、上棟、竣工金の4回利用できるものなどがあります。


利息と諸費用の支払いタイミング


つなぎ融資を受ける場合には、利息と手数料などの諸費用が必要です。通常では、利息と諸費用は融資の際に引かれてしまいます。すると自己資金で引かれた不足分を補填することが必要です。自己資金の準備が出来ない場合には、後払いでも良い商品を選択する必要があります。


つなぎ融資を利用しないという選択


つなぎ融資は便利ですが、高い金利や諸費用がかかり、負担が大きくなります。そのため、つなぎ融資を使わないで理想の注文住宅を建てることも検討してみましょう。難しい場合もありますが、自己資金をプラスせずに行える方法もあります。


支払い金額とタイミングを住宅メーカーと相談


支払うべき金額とタイミングは住宅メーカーや工務店によって決まっています。しかし、着工金や中間金の金額や支払いタイミングに厳密な決まりはありません。


つなぎ融資を利用したくない場合には、着工金などを自己資金の範囲内にしてもらう交渉をしてみると良いでしょう。また、着工金や中間金の支払いタイミングを遅くしてもらえれば、その分利息を抑えられます。


着工前に利用できる住宅ローンを探す


着工前に利用できる住宅ローンもあります。取り扱いの有無は銀行によりますが、一定の条件を満たすことによって住宅建設前から住宅ローンを利用を始められます。銀行独自に行っているものやERLソリューションと金融機関提携の「すまいとマネープラン」、日本住宅保証検査機構と金融機関提携の「JIO安心ローン」などがあります。


「すまいと」や「JIO安心ローン」は、完成保証などがついて安心ですが、利用できる金融機関やメーカーなどが限定的です。また、別途に手数料がかかるため、状況によってはつなぎ融資とあまり負担が変わらないこともあります。


つなぎ融資はマイホームの夢をつなぐ


つなぎ融資は、自己資金の少ない人でも夢の注文住宅を建てる助けとなります。利息や手数料などがかかりますが、自分の希望を具体的に反映させたマイホームを持つことができます。


利用できる金融機関は限られているので、その中から都合の良いものを選び、完成までの資金の不安を無くしましょう。つなぎ融資を利用したくない場合には、工務店などと直接交渉してみることで良い方向に進むかも知れません。また、前倒しで住宅ローンが使える商品も探してみましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融