> >> クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードはショッピングで使うものというイメージの方が多いと思いますが、実は「現金を引き出す(お金を借りる)」ための方法としても使うことができます。

クレジットカードでお金を借りる方法として、具体的には以下の2つが考えられます。

①キャッシング枠を使う
②ショッピング枠を現金化する

このうち、②のショッピング枠を現金化する方法というのはかなりグレーな方法で、あなたの信用情報(金融機関側がお金を貸すかどうかの判断をするときのあなたの情報のことです)を著しく悪くしてしまう可能性がありますから、使わないようにしましょう。

ですので、選択肢としては①のキャッシング枠の利用が基本になります。

以下ではクレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りる具体的な方法について解説させていただきます。

キャッシング枠の設定があるかチェック

使っているクレジットカードにキャッシング機能(キャッシング枠の設定)が設定されていないと、そもそもクレジットカードでお金を借りることはできません。

なので、クレジットカードでお金を借りるためには、まずは「自分のクレジットカードにキャッシング枠の設定がされているか?」を確認することから始めましょう。

クレジットカードを発行してもらった時の契約書を確認してもOKですし、契約書が手元にないという場合にはクレジットカード会社の公式ホームページにログインして契約内容を確認してみるとわかります。

キャッシング枠の設定は後からでもできる

キャッシング枠の設定は、クレジットカードを発行してもらうときに設定をするかどうかを選択していると思います。

ただ、最初から現金を借りるためにクレジットカードを作る人は少ないですから、発行時には「なんとなくよくわからないからキャッシング枠はいらない」という形で契約をしている人が多いです。

キャッシング枠の設定は後から行うことも可能ですから、所有しているクレジットカードの公式サイトマイページなどから、キャッシング枠の設定をするようにしましょう。

設定をしてから数日~1週間程度で契約書が自宅に送られてくることが多いですが、場合によっては審査のために電話連絡などがくることがありますから、質問される内容等に答えるようにしましょう(審査がどのように行われるかは、これまでのクレジットカードの利用履歴などから判断されます)


これからクレジットカードを発行する人の場合


一方で、これからクレジットカードを発行してもらうという段階の人は、キャッシング枠の設定には必ずチェックを入れておくようにしましょう。

キャッシング枠の設定をしてクレジットカードを発行してもらう場合、審査が少し厳しくなります。

場合によっては勤務先への在籍確認などが必要になることがありますから、勤務先にクレジットカードを使っていることを知られたくない(こういう人は少ないかもしれませんが)というような場合には注意しておきましょう。

これまでに借り入れをした経験がなく、お給料の形で毎日一定の収入がある人であれば普通に審査が通る場合がほとんどです。


キャッシング枠の限度額はいくらぐらいまで可能?


キャッシング枠の限度額(つまりいくらまでお金を借りられるか)はショッピング枠の限度額とほぼ同じか、少し少ないぐらいの金額が設定されることが多いです。

50万円のショッピング枠を設定してもらっている人であれば、だいたい40万円ぐらいのキャッシング枠が限度額となる可能性が高いですね。

注意点としては、キャッシング枠とショッピング枠は利用額が共通になっていることが多いことです。

キャッシング枠について誤解されることが多いポイント

例えば、40万円のキャッシング枠と50万円のショッピング枠が設定されているクレジットカードの場合、合計で90万円まで使える...と思ってしまいがちですが、これは間違いです。

上の場合で、ショッピング枠として例えば15万円をすでに使っているとすると、新たにキャッシング枠で使える金額は40万円-15万円=25万円までとなります。

キャッシング枠とショッピング枠で利用額が共通になっているというのはこういう意味です。

この点はカードローンとは大きく異なる点ですから、これからクレジットカードのキャッシングを初めて使うという方は注意しておきましょう。


クレジットカードでお金を借りる場合の注意点


キャッシング枠を利用してクレジットカードでお金を借りる場合に注意しておくべきポイントについても理解しておきましょう。

キャッシングを利用する時に注意しておくべき点は、大きく分けて①利息の負担が発生することと、②支払いが遅れてしまった時のペナルティの2点です。

以下で順番に説明させていただきます。

①利息の負担

まず、お金を借りる場合には利息の負担が必ず発生します。

ショッピング枠の利用の場合は翌月までにすべての支払いを行なった場合には利息の負担は発生しないのですが、キャッシングの場合には利息が発生します(「手数料」という名前で請求書に表示されることが多いです)

クレジットカードのキャッシングの場合、利息は15%~18%という場合が多く、これは住宅ローンなどの担保ローンと比べると非常に大きな負担と言えます。

ただ、利息は日割りで計算されますから、借入額がそのものがそれほど大きくない場合には金額も小さくなります。

例えば、利息15%で10万円をキャッシングし、30日間ですべて返したという場合であれば、利息の金額は10万円×15%÷365日×30日=1,232円ということになります。

10万円を借りて1,232円の利息負担ということですから、これで急場をしのげるならそれほど大きなリスクではないことが多いでしょう。

もちろん、利息の負担はお金を借りている日数が長くなれば長くなるほど大きくなりますから、キャッシングを利用する場合は少しでも早く完済してしまうクセをつけたほうが良いです。

②支払いが遅れた時のペナルティ

クレジットカードのキャッシングを利用した後は、毎月一定額を返済していくという形になるのが基本です。

この毎月の返済が遅れてしまうと、カード会社の担当者から電話で連絡がくるとともに、あなたの信用情報を悪くしてしまう可能性がありますから注意しておきましょう。

信用情報というのは銀行やカードローン会社、クレジットカード会社があなたにお金を貸すときの審査で「この人にお金を貸しても大丈夫か」を判断するために使う個人情報のことです。

この信用情報はすべての金融機関で一定期間は共有されていますから、もしクレジットカードのキャッシングで支払い遅延を起こしてしまうと、将来的に住宅ローンを借りる時の審査に悪影響が出る...というような可能性もあります。

軽い気持ちで利用したキャッシングが原因で、住宅ローンのような重要な審査でデメリットを受けてしまいくやしい思いをする...というケースは実際に少なくないのです。

もちろん、1回だけ入金するのが遅れてしまって、電話で「返済してください」と言われたのですぐに入金した、というようなケースであれば信用情報に履歴が残るということはありません。

信用情報に履歴が残る支払い遅延というのは、複数回に渡って、数ヶ月以上遅延が発生している場合だけです。

それでも支払いの遅延が生じることにはリスクがありますから、キャッシングを利用するときには支払い遅延はぜったいに起こさないように注意しておきましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融