未成年者がお金を借りる方法

未成年者でもお金が必要になることは、決して珍しいことではありません。たとえば、大学・専門学校に入学した直後は教材費や生活費が予想以上にかかります。

親に仕送りを頼む方法が最も手っ取り早いですが、すでに入学金の支払いなどで多額の費用を用意してもらった状態であれば、親にお金をかりづらいでしょう。

「お金を借りることができれば助かる」といった未成年者は多いと思いますが、未成年にお金を貸してくれる貸金業者はあるのでしょうか?

ここでは、未成年者がお金を借りる方法について、徹底解説していきます。

未成年者はカードローンを利用できる?

未成年者は基本的にカードローンを利用することができません。

消費者金融・銀行のカードローンの審査申込条件に、満20歳以上と明記していますので、条件をクリアしていない未成年者は審査に通ることはありません。

また、各銀行や消費者金融の審査申込条件だけでなく、未成年者は民法上でも制限を加えられています。

カンタンに解説すれば、「未成年者は法定代理人の同意なく契約不可」という内容なので、未成年者が法定代理人(親)の同意なくカードローンの契約を結んだところで取り消すことができるわけです。

貸金業者側に立てば、返済義務が免除され得る未成年者にお金を貸したところで、単に貸し倒れリスクを負うだけでメリットはまったくありません。

したがって、銀行や消費者金融などの貸金業者は未成年者を対象に貸付を行っていないのです。

ただ、未成年者は絶対にお金を借りることができない、というわけではありません。


未成年者がお金を借りる方法は?


未成年者がお金を借りる方法は、
・学生専用ローン
・クレジットカードのキャッシング枠
以上の2種類から選ぶことができます。

学生専用ローン

学生専用ローンは、大手消費者金融では扱っていませんが、中小消費者金融では扱っているところがあります。

ただ、未成年者が学生専用ローンの契約を結ぶためには、親の同意書が必要です。

学生専用ローンでは、親の同意書を提出すれば、未成年者でもお金を借りることができます。民法上でも、法定代理人(親)の同意さえあれば、契約を結んでも問題ありません。

それでは、以下に有名所の学生専用ローンを紹介しておきましょう。

・アイシーローン
・学生ローンカレッジ
・学生ローンのフレンド田
・筑邦銀行キャンパスカードローン

上記の学生専用ローンは、18歳以上の方であれば審査に申し込みできます。

以下に、各学生専用ローンの金利と融資限度額を示した表を用意しましたので、参考にしてみてください。

学生専用ローン名 金利 融資限度額
アイシーローン 10.00%~20.00% 1万円~50万円
学生ローンカレッジ 15.00%~17.00% 10万円
学生ローンのフレンド田 15.00%~17.00% 50万円
筑邦銀行キャンパスカードローン 8.8% 30万円

金利は筑邦銀行キャンパスローンが圧倒的に低いですが、融資限度額はアイシーローンと学生ローンのフレンド田が若干優れています。

また、融資限度額はあくまで最大金額になりますので、融資限度額以下の金額しか借りられないこともよくあります。

特に、貸金業法の総量規制※の関係上、年収の1/3以上の融資を受けることはできません。

※貸金業法の総量規制は、消費者金融・信販会社(キャッシング枠)を対象に制限を加えた法律です。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードは商品を購入するために特化したカードに思いがちですが、キャッシング枠が付与されれば、ATMから現金を引き出すことができます。

ただ、クレジットカードでも未成年者を対象にキャッシング枠を付与しているカードは珍しいため、すべてのクレジットカードが対象ではありません。

未成年者でもキャッシング枠が付与される可能性があるクレジットカードは、
・学生専用の三井住友VISAカード
・学生専用のライフカード
上記のカードが有名所になるでしょう。

学生専用の三井住友VISAカード

学生専用の三井住友VISAカードは、総利用枠10万円~30万円です。

総利用枠の内、キャッシング枠は0万円~5万円で、必ずしもキャッシング枠が付与されるわけではありません。

学生専用のライフカード

学生専用のライフカードは、10万円までキャッシング枠が付与される可能性があります。

どちらのクレジットカードもキャッシング枠を付与される可能性はありますが、ショッピング枠だけを希望するほうが、審査に通りやすいです。

どうしても現金が必要な場合は仕方ありませんが、ショッピング枠だけでも間に合う場合は、キャッシング枠は0円にして審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

また、ショッピング枠でも、リボルビング払いを活用すれば月々の返済負担額はかなり軽減されますので、安心して大丈夫です。

未成年者を狙った闇金融に気をつける

未成年者を対象に貸付している業者は、闇金融の業者ではないかよく調べましょう。 闇金融は、法律の外でお金を貸付していますので、民法など関係なく貸付しています。

貸付してくれるのであれば構わないと思うかもしれませんが、闇金融は高金利に加え恐喝や暴行を働いてくる可能性がありますし、自宅・バイト先・キャンパスに取り立てをしてくる可能性もあるでしょう。

もちろん契約者自身が返済できなければ、親に返済を迫ることもあります。

ほんの数万円借りただけで、数十万円~数百万円の返済を求められることもあり得ますので、絶対に闇金融は利用しないようにしましょう。

親の同意書なく貸付可能などと謳っている貸金業者は、闇金融の確率が100%と言っても過言ではないため、絶対に借入しないように気をつけてください。

クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードのキャッシング枠は付与されなかったり、少額だったりします。一方、ショッピング枠はキャッシング枠よりも高額の枠を設けてくれることが多いです。

そこで、クレジットカードの現金化をおすすめしてくる業者が存在しますが、こちらも基本的に闇金融に近いと考えていいでしょう。

なぜなら、クレジットカード会社はショッピング枠の現金化を禁じていますので、違反行為を推奨している業者がまともであるはずがありません。

また、クレジットカードの現金化方法は、業者指定の商品を購入して、その商品の購入金額の70%程度を現金で渡すといった形を取っています。

しかも、法外な手数料を取られたり、現金を渡してくれなかったりしますので、利用しても損をするばかりです。

また、現金化業者を介さずに現金化する方法もありますが、いずれにせよクレジットカードの利用規約違反のため、現金化自体を考えないようにしましょう。

未成年者がお金を借りる方法まとめ

未成年者は一般的なカードローンを利用することはできませんが、学生専用ローンやクレジットカードを使えばお金を借りることができます。

ただし、親の同意書などの提出は求められますので、親にお金を借りる理由をきちんと説明しなければなりません。

どうしても親にお金を借りる理由を説明できない場合は、短期のアルバイトをしたり、不用品をネットオークションで売ったりして、お金を作る努力をするべきでしょう。

また、間違っても闇金融やクレジットカードの現金化業者を利用してはいけません。

後々、犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性が高くなりますので、絶対に利用を検討しないようにしましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融