> >> 教育ローンでお金を借りる方法

教育ローンでお金を借りる方法

大学進学、専門学校進学、学費の捻出に頭を抱える方も多いでしょう。また、地方から都心の学校に通うことになれば生活費の援助も考えなければなりません。

進学時は多くのお金を用意しなければなりませんが、預貯金だけで賄える家庭ばかりではないので、教育ローンの借り入れを検討する方も多いはずです。

ここでは、教育ローンでお金を借りる方法を解説します。


教育ローンは国と民間の2種類に分けられる


教育ローンは国と民間の2種類で、国の教育ローンは「日本政策金融公庫」で、民間の教育ローンは、各銀行が提供しています。

国の教育ローン・民間の教育ローンどちらも審査に通らないとお金を借りることはできませんが、国の教育ローン・民間の教育ローンどちらの審査にも申し込んでおいて、審査に通ってからキャンセルしてもOKです。

つまり、教育ローンの審査に通ってから、希望する方を選んでお金を借りればいいわけです。

国の教育ローンと民間の教育ローンの審査基準の差

国の教育ローンと民間の教育ローンは、審査基準や提出書類も異なります。

国の教育ローンの審査では、
・住民票の写しまたは住民票記載事項証明書
・預金通帳(6ヶ月以上)
・源泉徴収票または確定申告書控え
・運転免許証
などが最低限提出しなければなりません。

民間の教育ローンは各銀行によって提出書類も異なってきます。

国の教育ローン(日本政策金融公庫)も銀行の教育ローンも、本人確認書類や収入証明書など、提出書類は似ていますが、若干違いますし、国の教育ローン(日本政策金融公庫)も信用情報機関の個人情報をチェックしますが、民間とは審査基準が異なるはずなので、両方の審査に申し込んでおくと良いでしょう。

また、国の教育ローンは、教育に関わる経済的負担を減らし、多くの人が平等に教育を受けられるようにすることを目的に成り立っています。

したがって、国の教育ローン(日本政策金融公庫)には、
・母子家庭に対して優遇措置
・世帯所得の利用制限措置
があります。

一方、民間の教育ローンは、基本的に利益を得ることを第一に考えますので、国の教育ローンに優遇措置はありません。


国の教育ローンと民間の教育ローンの審査申込条件が異なる


国の教育ローンの申込条件に、世帯の年間所得の上限について知る必要があります。

・子供1人:世帯の年間所得790万円以内(事業所得者は590万円以内)

上記の年間所得に対して、子供1人が増えるにつれて100万円(事業所得者は90万円)増しになります。

<例>
子供2人:世帯の年間所得890万円以内(事業所得者は680万円以内)

とはいえ、上記の金額以上の年間所得がある人が絶対に申し込みできないわけではなく、特例要件に該当していれば国の教育ローンでお金借りることは可能です。。

特例要件

特例要件は、「世帯の年間所得が990万円(事業所得者770万円)以内、かつ以下のいずれかの要件を満たしている人が対象です。

・勤続年数3年未満
・居住年数1年未満
・返済負担率(借入申込人の(借入金年間返済額/年間収入(所得)))が30%超
・借入申込人または配偶者が単身赴任中
・親族に要介護認定者かつ介護費用を負担している
・親族に高額療養制度または難病患者等に対する公的医療助成制度を利用しているかつ療養費を負担している

以上のように国の教育ローンは「世帯の年間所得が一定以下の人」を対象に貸し付けを行っていますので、年収が高く余裕がある世帯はお金借りることができません。

逆に、銀行や信用金庫など民間の教育ローンは、世帯の年間所得の上限を審査申込条件にしておらず、極端に年収が低い人などはお金を借りれない可能性もあります。

民間の教育ローンでは、世帯の年間所得が多いほど、しっかり返済してくれる可能性が高くなるため、少しでも安定した収入を得ている人を貸し付け対象にしてるのです。

※国の教育ローンも銀行などの民間の教育ローンも、両方の審査に落ちてしまい、お金を借りることができない可能性も、もちろんありますので、場合によっては日本学生支援機構の奨学金を検討してみてはいかがでしょうか。


日本学生支援機能の奨学金は、条件によっては有利子の借り入れはもちろん、無利子でお金を借りることも可能ですし、借り入れではなく返済義務がない給付タイプの奨学金もありますので、国の教育ローン、銀行の教育ローンと併せて検討してみてください。


国の教育ローンの融資限度額は何円?


国の教育ローンの融資限度額は、
・子供1人:350万円
・海外留学資金:450万円
以上の金額まで借りられる可能性があります。

また、以下の表に主要銀行の教育ローンの融資限度額を比較してみました。

金融機関名 融資限度額
日本政策金融公庫(国) 350万円※
三菱UFJ銀行 500万円
三井住友銀行(無担保型) 300万円
りそな銀行 500万円
みずほ銀行 300万円
※海外留学資金は450万円です。

※2018年8月現在

国の教育ローンの金利は高い低い?

国の教育ローンは、銀行など民間の教育ローンに比べて低金利でお金を借りることができますが、奨学金のように無利子で貸付しているわけではありません。

また、連帯保証人を立てられない方は、教育資金融資保証基金の保証料を支払わなければなりませんので、民間の教育ローンの金利と差が少なくなる可能性もあります。

以下に、国の教育ローンと主要銀行の教育ローンの金利を比較した表を用意しましたので、参考にしてみてください。


金融機関名金利種類金利
日本政策金融公庫(国)固定金利1.76%※平成29年11月10日現在)
三菱UFJ銀行変動金利3.975%
三井住友銀行(無担保型)変動金利3.475%
りそな銀行変動金利3.475%
みずほ銀行変動金利4.475%
※2018年8月現在

各大学が提携している民間教育ローンも

各大学が、銀行などと提携して教育ローンを提供しているケースもあります。各銀行などに独自で教育ローンを申し込むよりも、金利や審査など有利な条件でお金を借りれる可能性がありますので、是非、チェックしてみてください。


例として、慶應義塾大学、早稲田大学、青山学院大学の提携教育ローンを紹介します。

慶應義塾大学の提携教育ローンでお金借りる

慶應義塾大学大学では、入学予定者や在学生を対象に銀行と提携した「慶應義塾大学教育ローン制度」を用意しています。


提携金融機関が4つの銀行で、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、スルガ銀行です。

教育ローンの申し込みは直接銀行に行き手続きします。その際は「慶應義塾大学教育ローン制度」を利用したいとお伝えください。消費者金融のように即日融資でお金を借りることはできませんが、審査に通過すれば、2~4週間程度で融資実行されます。

特に慶應義塾大学に入学費用を支払う場合は、支払期限に気を付けて、余裕を持って各金融機関に申し込んでください。

融資対象者 慶應義塾大学・大学院入学予定者、保護者の方
使い道 慶應義塾大学に支払う入学金・授業料等の学費
融資期間 ①学部:1年以上14年以内(1ヶ月単位) ②大学院1年以上10年以内(1ヶ月単位)
利息 変動金利or固定金利(金融機関によって異なる)
担保 不要
 

早稲田大学の慶應義塾大学の提携教育ローンでお金借りる

早稲田大学では、「提携銀行による学費ローン」「提携金期間による学費ローン(在学時)」「提携金融機関による学費ローン(入学時)の3つの教育ローンを用意しています。


▼提携銀行による学費ローン

早稲田大学の「提携銀行による学費ローン」は、早稲田大学と「みずほ銀行高田馬場支店」「みずほ銀行早稲田支店」「三井住友銀行高田馬場支店」が窓口になっています。

奨学金の収入基準を超えている早稲田大学の学生などを対象に提供しています。

貸し付け対象者 早稲田大学の学生、大学院生の保護者等
使い道 早稲田大学の授業料等
限度額 1~500万円
金利 融資実行日現在の短期プライムレート+2.0%
融資期間 1年~10年
 
▼提携金融機関による学費ローン(在学時)(入学時)
こちらは、早稲田大学が「オリコ」「セディナ」「楽天銀行」と提携した教育ローンです。早稲田大学の在学生が授業料などの学費を借りることができます。

詳細は以下をご覧ください。

<在学時>
早稲田大学 オリコ提携ローン
早稲田大学 セディナ提携ローン
早稲田大学 楽天銀行提携ローン

<入学時>
早稲田大学 オリコ提携ローン
早稲田大学 セディナ提携ローン
早稲田大学 楽天銀行提携ローン

青山学院大学の提携教育ローンでお金借りる

青山学院大学の提携教育ローンの提携先は「三井住友銀行 全国の支店」「みずほ銀行 渋谷中央支店」「三菱UFJ銀行 全国の支店」です。貸し付け対象者は、青山学院大学の学生、大学院生の保護者です。


一般の銀行教育ローンよりも低金利でお金を借りることができるので、青山学院大学に通っている学生さんは要チェックです。

このように各大学などでは、銀行と提携して教育ローンを提供しているケースがありますので、これから入学予定の方、在学中の方は、各大学に問い合わせてみてください。

結局、国の教育ローンと民間の教育ローンのどっちでお金借りる?

金利面を考えれば国の教育ローンでお金を借りるべきです。

しかし、国の教育ローンは審査申込条件に世帯所得が関係してくるため、民間の教育ローンでしかお金を借りれない可能性があります。

できれば、国の教育ローンにも民間の教育ローンにも、両方の審査に申し込んでおき、さらに無利息でお金を借りれる可能性があり、かつ返還義務がない制度も利用できる可能性がある奨学金制度も検討することをオススメします。

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報