> >> アルバイト・パートでもお金を借りることはできる?

アルバイト・パートでもお金を借りることはできる?

アルバイトやパートなどの非正規雇用の人は、カードローンなどの借り入れが難しいと言われています。正社員よりも収入が安定していないことやクビを切られる可能性の高さなどが関係しています。

しかし、収入が不安定だからこそ、お金を借りたいことが多くなるのも事実です。お金を借りるチャンスを増やすためにできることを理解して、快適な借り入れを目指しましょう。難しい傾向はありますが、借りられないということでもありません。

アルバイト・パートの人の借り入れが難しいのは何故?

アルバイトやパートで働いている人にとって銀行や消費者金融などのローン商品の利用が難しいのは、返済の予定が立ちにくいためです。金融機関などでは返済できるであろう範囲でお金を貸しますが、アルバイトやパートの場合にはその範囲を狭く見られてしまい、結果的に審査が厳しくなります。

アルバイト・パートは収入が少ない

正社員に比べるとアルバイトやパートは収入が少ないために、借り入れが難しくなります。アルバイトやパートの収入は自分が勤務した日数や時間数で決まり、ボーナスもありません。そのため、返済の保証が弱いと判断されてしまいます。

年収によって借り入れ金額が制限される総量規制の対象となる消費者金融では、年収が一定以上ないと融資を行うことができません。

これは法で決められていることなので、融資をしたくてもできないのです。銀行のローンでは総量規制はありませんが、社内のルールで収入と融資金額が定められていることがあるなど、少ない収入での融資は厳しくなります。

アルバイト・パートは収入と身分が不安定

アルバイトやパートなどの非正規雇用の人は、毎月の収入も決まっておらず、お金を貸しても毎月きちんと返済できる保証がありません。また、正社員や公務員とは違って会社から解雇される可能性が高くなります。会社の業績次第で収入が減ったりゼロになる確率が高いため、アルバイトやパートの人への融資は慎重に行われています。


アルバイト・パートが借り入れしやすいのは?


アルバイト・パートの人は、どこでもすんなりとお金を借りられるというわけではありません。収入や身分が安定していないことから、厳しく審査をされがちです。

とはいえ、近年の日本では非正規雇用の割合が増えており、ローンを取り扱っている会社や銀行でもアルバイトやパートの借り入れをしやすくしているところが多くなっています。

審査が柔軟な消費者金融カードローン

消費者金融カードローンは、柔軟な審査が魅力の商品です。少ない収入や不安定な身分でも借り入れできるチャンスが多いといえるでしょう。

大手消費者金融では多くの業者が即日融資や即日ローンカード発行を行っており、スピード面でも安心です。急にお金が足りなくなったり、次の給料日までしのぎたい時などに、申し込んでからスピーディに現金を手に入れられる便利な方法となります。

アルバイトやパートなどの不安定な収入でも、独自の審査で適切な融資金額を設定してくれます。少額融資が基本となりますが、安定的に利用を続けていると、それが実績として認められて増額のチャンスが訪れることもあります。

銀行カードローンは総量規制の対象外で高額融資

銀行カードローンは、総量規制対象外となっており、年収の3分の1以上の借り入れができます。そのため、収入に比較して高額の融資も可能となります。

ただし、銀行でも収入を元にした審査が行われるため、実際には融資金額は限られており、高額を希望しても叶わないこともあります。しかし、総量規制で審査が通らないくらい収入が少ないアルバイターにとっては借り入れのチャンスです。


学生は学生専用ローンも


学生でアルバイトをしている人もお金を借りることは可能です。消費者金融では成人の学生であれば、アルバイトと同じように審査してもらえます。

また、学生には学生ローン専門に融資を行っている貸金業者もあります。学生専門のローンでは、業者によっては未成年でも借り入れができる場合もあります。学生専門のローンであれば、同じようにアルバイト収入による審査を複数行っており、その実績から審査を柔軟に行ってもらえるかも知れません。


アルバイト・パートの人がお金を借りるためにしたいこと


アルバイト・パートの人もお金を借りることは不可能ではありません。金融機関も非正規雇用の人の融資を積極的に行っているところが増えていますし、勤務形態で断られることは少なくなっています。

ただし、非正規雇用の借り入れ審査は厳しいことも事実です。アルバイト・パートの人は審査を乗り越えるために、より受け入れられやすくなるように申し込みをすることも必要となります。

希望金額を少額に設定する

アルバイト・パートの人は、収入が少ない分だけ融資上限金額を低めに決められることが多くなります。そのため、いくら高い希望金額を申し出てもムダに終わりますし、審査の際に厳しくチェックされてしまう恐れがあります。

自分の収入に見合わない金額を希望することで、お金にルーズな印象や返済を甘く見ていると思われる可能性もあるでしょう。そのため、アルバイトやパートの人が申し込みをする際は、自分の収入に見合った金額を希望しておく方が審査通過しやすくなります。


ある程度長く同じ勤務先に勤める


アルバイト・パートでも長く勤めている場合には安定収入があると認められて、返済もスムーズに行えると判断されやすくなります。反対に転々と仕事を変えている人は信用されないリスクが高めです。

借り入れを希望するのであれば、少なくとも3ヶ月以上は継続的に勤務してみましょう。できれば1年以上の継続勤務が望ましいのですが、毎月同じくらいの金額を稼いでいることが分かれば、審査通過の可能性が出てきます。

また、できれば日雇いアルバイトや短期バイトではなく、長期間勤められる職場を選んでおくことも大切です。特に勤務先を申込書に書けない日雇いバイトは不利になります。

ただし、派遣会社から紹介されて働く日雇いや短期就業は、派遣会社を勤務先として記入できますし、同じ派遣会社から仕事をもらっていれば同じ職場に勤めているのと同じように見てもらえる可能性があります。そのため、短期バイトがしたい場合でも派遣会社から仕事をもらう方が安心です。


カードローンの申し込みは1社ずつ


審査通過の不安から複数の会社に一度に申し込みを行う人もいますが、これは反対に審査を通りにくくする原因です。借り入れの申し込みを行うと、業者は情報を共有する機関に登録します。

審査通過の可否に関係なく登録されてしまい、その件数が多いと「申し込みブラック」という状態になり、次からの審査が厳しくなります。

そのため、複数の貸金業者にカードローンの申し込みをする場合でも、実際の申し込みは1社ずつ行うことが必要です。同時に複数社に審査してもらえれば「時短になる」と思いがちですが、実は密かに審査の条件を悪くしてるだけかも知れません。

アルバイト・パートでも借り入れは可能

アルバイトやパートは非正規雇用となり、カードローン審査で厳しく見られがちですが、一定の条件さえ満たしていれば借り入れのチャンスはあります。

借り入れしやすい貸金業者を選んで、認められやすくなるように働き方を工夫してみましょう。今現在借り入れの必要性がない人でも、いざという時のために今から働き方を変えてみることも必要かも知れません。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融