> >> 消費者金融と銀行カードローンの違いは?どっちで借りる?

消費者金融と銀行カードローンの違いは?どっちで借りる?

お金を借りる場所、方法で、消費者金融と銀行カードローンがあります。この2つの方法は比較的メジャーなお金の借り方ですが、それぞれに特徴があります。

消費者金融と銀行カードローンの違いを理解しておくことで、より快適に借り入れができるようになるでしょう。申し込みの条件や借り入れの方法なども違うので、自分に合う方法を見つけましょう。

消費者金融と銀行のルールの違い

消費者金融での借り入れと銀行カードローンでは、規制されている法律も違いますし、それぞれに違ったルールで審査や融資が行われています。基本情報として2つのルールの違いを明らかにして、区別をはっきりさせておきましょう。

総量規制のある消費者金融

消費者金融は、貸金業法という法律が適用される「貸金業者」であり、貸金業法に則った営業が義務付けられています。

消費者金融は、以前サラリーマン金融(サラ金)と呼ばれていた頃に多くの「使いすぎ」や「高い金利」などの問題を残しております。それを防いで借り入れをより安全に公正に行えるようにしたのが、貸金業法です。

貸金業法では、総量規制というルールが決められており、消費者金融と銀行の特徴的な違いとなっています。

総量規制とは、借り入れ限度額の設定のルールです。消費者金融ではその人の年収の3分の1を超える融資を行えなくなっています。年収の3分の1という金額は、全ての借り入れの合計金額となっており、数社に渡って借り入れをしている場合にはその数社全ての合算となります。

そのため、消費者金融での審査では他社借り入れの調査として信用情報機関への問い合わせが行われます。信用情報機関では他社借り入れだけでなく、過去の延滞なども分かります。

年収の3分の1というルールがあるため、消費者金融では無職で収入のない人は借り入れそのものができません。少なくとも、アルバイトやパートなどで収入を得ていないと申し込み不可となります。

独自の審査が厳しい銀行カードローン

銀行カードローンは、消費者金融とは違い「銀行法」という法律に則っています。そのため総量規制は関係なく、年収に関わらず審査によって融資額を決定することが可能です。マイホームローンや自動車ローンなどで非常に高額な融資ができるのも、総量規制がないためです。

ただし、銀行カードローンは基本的に審査が厳しくなっています。独自の審査によって収入や勤めている会社、勤続年数や役職などを厳密に審査されます。

総量規制がないから無職の人でも申し込みできそうですが、銀行やカードローンのタイプによっては無職はもとよりアルバイトやパートも認めていない場合もあります。

信用情報機関の違い

審査を行う際に利用する信用情報機関が消費者金融と銀行では違います。消費者金融では主に「日本信用情報機構(JICC)」を、銀行は「全国銀行個人情報センター」をメインとし、「シーアイシー」という機関では銀行と一部の消費者金融が加盟しています。

消費者金融と銀行カードローンの使い方の違い

消費者金融と銀行カードローンの使い方は、基本的には同じですが、少しだけ違う場合もあります。小さな違いですが、使い方の違いは契約後の使いやすさに関わる問題なので要チェックです。

借り入れ方法の違い

消費者金融と銀行の借り入れ方法の違いはほとんどありません。どちらも銀行やコンビニなどのATMからの借り入れができ、振り込みキャッシングを導入しているところもあります。振り込みキャッシングではやや消費者金融の方がスピードや取り扱い時間の面で便利と言えますが、銀行も徐々に消費者金融レベルに近づいています。

返済方法の違い

消費者金融と銀行の借り入れを比較すると、返済方法は消費者金融の方が豊富になっていることが多くなります。銀行カードローンでは、基本の返済方法が口座引き落としとなっていることが多くなります。

この傾向は地方銀行の方が強めで、大手銀行では消費者金融と同じようなシステムになっていることもあります。

消費者金融の返済方法は、基本がATMで口座引き落としも利用可能です。また、店頭窓口や銀行振り込みといった方法もあります。また、返済日や返済の周期を選べる業者などもあり、自分のやりやすい返済方法が選びやすそうです。

消費者金融と銀行カードローンの傾向の違い

消費者金融と銀行カードローンの傾向の違いを比較してみます。どちらも個々の違いがあり、傾向から外れる場合もありますので、一般的な条件としてチェックしておきましょう。

どちらが高い?金利面の違い

金利の低さは利息を抑えるためにチェックしたいポイントです。金利が低いのは銀行カードローンといえるでしょう。一般的には消費者金融は最高金利が18パーセントの場合が多く、銀行の場合には14.0パーセント前後のところが多くなります。


どちらが便利?審査スピードと方法


審査スピードと審査の方法、通りやすさとしては、消費者金融の方が安心といえそうです。もちろん、審査は人それぞれに行われており、安心していても落ちることはあります。

しかし、消費者金融の方が速く結果が分かり、審査基準も柔軟であるといわれています。大体の消費者金融では、基本的に最速で30分の審査が可能となり、即日融資も期待できます。

また、消費者金融では在籍確認の電話をしない業者もあり、誰にも知られずに借り入れしたい人にも便利です。

どちらがお得?サービス面の違い

消費者金融には、銀行カードローンでは行っていないサービスを行う業者があります。無利息期間サービスといい、一定期間の借り入れに関しては利息をかけないというものです。全ての消費者金融でやっているサービスではありませんが、短期借り入れを希望している場合には無利息サービスのある業者を探した方が便利です。

勘違いしやすい消費者金融と銀行カードローンのウワサ

消費者金融と銀行カードローンには、それぞれにイメージがあります。昔から多くの人が感じてきたイメージですが、最近ではそのイメージが正しくないこともあるので注意が必要です。悪いイメージも良いイメージもありますが、世間でウワサされていることを鵜呑みにしないようにしましょう。

消費者金融は闇金ではない

消費者金融は以前「サラ金」の名前で悪いイメージとなりましたが、今では大変クリーンになりました。現状では銀行の傘下に入ることも多く、経営も安定しています。

もちろん、違法業者である「闇金」とは違って、法の下で経営されている正規の業者です。

「銀行系」カードローンは銀行カードローンとは違う

世間の情報には、銀行カードローンというものの他に、「銀行系」カードローンと紹介されているものもあります。似たような言い方ですが、今ここでいう銀行カードローンと「銀行系」と呼ばれるものは違うかも知れません。

銀行系と呼んでいる時には、銀行から出している商品ではなく、銀行傘下となった消費者金融のローンを指している場合や、銀行の商品と消費者金融のローンを人くくりに表現している場合があります。勘違いしやすいので、情報収集の際には注意が必要です。

銀行は全て金利が低いわけではない

銀行カードローンは金利が低いとは言いましたが、中には消費者金融と変わらないこともあります。特に、消費者金融から銀行に移行されたサービスの場合には、消費者金融時代の金利を引き継ぐ傾向が強くなります。


消費者金融と銀行カードローンの違い「まとめ」


消費者金融と銀行カードローンはそれぞれに違った特徴を持っており、どちらにもメリットとデメリットがあります。

2つの違いをおおよそ把握しておくことで、申し込みをする際の業者選択に生かせるでしょう。また、「銀行なのに金利が高め」「消費者金融なのに審査が面倒」などと例外的な業者を見つけるためにも使えます。