> >> 自営業者がお金を借りる方法まとめ

自営業者がお金を借りる方法まとめ

自営業者はカードローンや住宅ローンなどの審査が通りにくいと言われています。そのため、ちょっとした生活資金の不足やまとまった事業資金の準備などをローンで補填したい場合に悩む自営業者の方が多いです。

自営業者でも快適にお金を借りる方法はないのでしょうか?できるだけ有利にお金を借りるためのポイントや審査が通りやすい借り入れ方法などを紹介します。経営者は一人孤立してお金の悩みを抱えがちですが、いろいろな方法を検討して悩みの解消を目指しましょう。

自営業者はなぜお金を借りにくい?

自営業者にとって、カードローンなどの無担保ローンはハードルが高い商品です。儲かっている(黒字経営)場合でも、個人事業主というだけでカードローンなどの借り入れ審査を躊躇する人が多く、サラリーマン時代に作ったローンカードをそのまま利用しているようなケースも見ることがあります。自営業者がお金を借りにくいといわれるのは何が原因なのでしょうか?

収入が不安定

自営業者がお金を借りにくい理由として第一に挙げられるのが、収入の不安定さです。個人で仕事をしている場合には、会社に勤めるサラリーマンなどよりも安定的な収入が得にくくなります。

自分の取ってきた仕事の件数や単価、当月の売り上げなどが収入に直結しており、会社の売り上げに関係なく同じ金額のお給料をもらえるサラリーマンに比べるとどうしても不安定になってしまいます。

黒字経営を続けていて、安定的な収入が今現在続いていたとしても、次の月にはどうなるか分かりにくいということです。

銀行や消費者金融などでも、その点を重く捉えて自営業者の審査を厳しくしている傾向があります。サラリーマンであれば会社への在籍確認で済むところを、自営業者には業務内容を確認できる書類まで求める業者もあるくらいです。

家族経営で収入源が少ない

カードローンなどの無担保、保証人ナシの商品は、基本的に本人の返済能力によって借り入れの可否が決められるものですが、家族構成や自宅の有無なども審査には多少なりとも関わっています。これは、親がいれば子供の借金返済をカバーしてくれる可能性があったり、資産があれば収入がなくなっても返済の可能性があるためです。

しかし、自営業者の場合には家族経営が多くなり、自営業者本人の収入状況が悪くなると家族も同様に収入状況が悪くなり、返済の可能性が低くなります。また、返済のあてが少なくなることで踏み倒されたり、夜逃げされるのではないか、というリスクも考えて、業者は自営業者の審査を厳しくします。


自営業者がお金を借りるためにはどうすればいい?


自営業者がスムーズにお金を借りるためには、自営業者に特化した融資を行っている業者、商品を選んだり、自営業者に優しい業者を選ぶことが大切です。もちろん選択する業者が正しくても審査落ちのリスクはありますが、借りやすいローンに申し込むことで借りられる可能性が高くなります。

消費者金融カードローンは借りやすい?

消費者金融カードローンは、スピード審査や柔軟な対応が魅力の商品です。年収の少ない人でもパートアルバイトのような非正規雇用でも借りやすいと言われています。消費者金融では自営業者の借り入れも強化しており、比較的審査に通りやすくなっています。

また、ローン商品の中には使い道が決められているものも多くなりますが、消費者金融の場合には、普通のカードローンを生活資金だけでなく事業用に使っても良いという業者があります。


銀行カードローンは借りやすい?


銀行カードローンは審査が厳しいと言われていますが、最近では柔軟な審査を行うところも増えています。特にネット銀行や地方銀行などのローンは申し込みしやすいところが多いようです。ただし、銀行カードローンでは使い道が限定されており、事業用資金には使えないことが多くなります。


ビジネスローンは借りやすい?


事業者向けのローンには事業資金に特化したビジネスローン、事業用ローンがあります。消費者金融や銀行などで借りることができ、年収によって借り入れの限度額が決められる総量規制の影響を受けません。そのため、高額融資も期待できます。さらに銀行のビジネスローンには上限金利10%未満という低金利の商品も多くなっています。

ただし、ビジネスローンでは経営の安定性を見るために、事業を始めてから2年以上経過していることを条件としているところもあります。まだ事業を始めたばかりの経営者にとっては借りにくいかも知れません。また、消費者金融のビジネスローンは金利が高めに設定されています。

それ以外に自営業者が借りやすいローンは?


民間のローンも便利ですが、それ以外にも自営業者が借りられる道はあります。日本政策金融公庫では、融資制度を複数持っており、自営業者専用のローン商品も取り扱っています。

日本政策金融公庫の融資制度で自営業者に適しているのは、「マル経融資(小規模事業者経営改善資金)」や経営環境が悪化した場合に利用できる「セーフティーネット貸付(経営環境変化対応資金)」などです。

マル経融資(小規模事業者経営改善資金)」では融資限度額2,000万円、返済期間7年以内で据え置き期間が1年以内なっています。無担保で保証人不要はカードローン同様です。また、こうした制度での金利や遅延損害金は、民間の借り入れよりも大幅に低くなっています。

ただし、こうした制度による融資は、提出書類が多かったり条件面に面倒があったりします。また、消費者金融のようなスピードはなく、借り入れまでに時間がかかるため、急いでいる人には向いていません。


自営業者がスムーズにお金を借りるために


自営業者向けのローン商品もありますが、申し込み時の対応や経営努力がしっかりと出来ていない人にとってはどんなローンでも厳しくなります。より融資の見込みを高めるためにできることを考えてみましょう。

書類作成はしっかりと

自営業者のローン利用では、事業計画書や事業実態確認用の書類の作成が必要となることが多いものです。健全で計画的な経営を行っている事業者は問題ありませんが、開業したばかりの人や行き当たりばったりの経営を行ってきた人は注意が必要です。

揃える書類は借り入れ先ごとに違いますが、指定された書類の作成は慎重に行いましょう。ずさんな経営をしてきた場合には、これまでの経営を見直すためにも大切です。

普通のカードローンは生活資金として

カードローンには、使用目的が指定されているものとそうでないものがあります。事業資金としての利用が認められていないカードローンもあり、その場合には申し込み時に生活資金を選ばなければいけません。

事業資金に使うことが決まっている場合には、専用のビジネスローンを利用したり、金融公庫の融資を選んだ方が有利な条件で借りられるでしょう。

赤字では借りられない?

自営業者は事業内容な売り上げなどを厳しく見られるため、基本的には赤字経営の場合には融資が認められにくくなります。しかし、事業計画が適正で、節税など理由がある場合には審査通過できることもあります。


自営業者でもお金は借りられる


自営業者はサラリーマンなどに比べると収入が不安定な印象があり、お金の借り入れも難しくなります。しかし、借りる業者を選んだり、提出書類をきちんと作ることで借り入れの可能性を広げることも可能です。事業資金や生活資金など、自分の必要に合わせて適切な商品を選んで申し込みをしてみましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融