ろうきんでお金を借りるには

お金を借りたいと思った時、消費者金融や銀行のカードローンを考える方が多いと思いますが、実は「ろうきん」でもカードローンのサービスを行っています。

ろうきんのカードローンは低金利に定評がありますので、なるべく返済総額を抑えたい方は、検討する価値が充分あります。

一方、審査スピードや融資スピードの面では、即日審査・即日融資を売りにしている消費者金融に比べれば劣っています。

メリット・デメリットふくめて、ここではろうきんのカードローンについて徹底解説しますので、消費者金融や銀行のカードローンと比較してみてはいかがでしょうか。

「ろうきん」とは

ろうきんの正式名称は「一般社団法人全国労働金庫協会」で、労働金庫法に基づいて適正に運営してる団体です。

消費者金融や銀行との違いは、ろうきんは営利目的の団体ではない点です。

ろうきんは、公的機関に近い団体ですが、ろうきんの店舗やATMに加えインターネットバンキングなども提供していますので、利用者にとっては、さほど他の金融機関と差を感じることはないでしょう。

また、ろうきんは、カードローン以外にも、教育ローンや住宅ローンなどの商品も取り扱っています。


ろうきんは会員制を採用している?


ろうきんの会員は、主に労働組合や生活協同組合の人で成り立っています。

しかし、会員以外の一般人の方でも、普通預金口座を所有したりカードローンを利用したりすることができます。

ただ、融資限度額や金利の面では会員の方を優遇していることは事実ですし、内情はわかりませんが、審査の面でもハードルが異なる可能性もあるでしょう。

ろうきんは地域ごとに違う?

ろうきんは、「在住地域」「勤務先」によって利用先が異なります。 全国に13のろうきんが運営していますので、以下の表を確認してみてください。
労働金庫名称 在住地域・勤務先
北海道労働金庫 北海道
東北労働金庫 青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
中央労働金庫 茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県
新潟県労働金庫 新潟県
長野県労働金庫 長野県
静岡県労働金庫 静岡県
北陸労働金庫 富山県・石川県・福井県
東海労働金庫 愛知県・岐阜県・三重県
近畿労働金庫 滋賀県・奈良県・京都府・大阪府・和歌山県・兵庫県
中国労働金庫 鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
四国労働金庫 徳島県・香川県・愛媛県・高知県
九州労働金庫 福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県
沖縄労働金庫 沖縄県
ろうきんを利用したい方は、上記の表で示した労働金庫を選ぶ必要があります。

ろうきんのカードローンの審査申込資格

ろうきんのカードローンは、上記の表に示した労働金庫の地域内に在住している人が対象ですが、加えて審査申込条件を満たしている必要があります。

・満18歳以上65歳未満
・同一勤務先に1年以上勤務している
・安定継続した収入かつ年収150万円以上

大手消費者金融や大手銀行のカードローンは満20歳以上が基本ですが、ろうきんのカードローンは18歳に設定されています。。

また、消費者金融や銀行は年収の制限がありませんが、ろうきんは「年収150万円以上」の人しか融資対象にしていません。

ろうきんは、消費者金融に比べて審査が厳しいので、満20歳以上の方で、とにかくカードローンの審査に通りたい、といった方は消費者金融系カードローンに申込みましょう。


ろうきんのカードローンで提出する必要書類


ろうきんのカードローンは、消費者金融・銀行のカードローンに比べ提出書類が多いです。

・ローン借入申込書
・本人確認書類(運転免許証・パスポート)
・健康保険証

<団体会員の構成員以外は以下も必要>
・収入証明書類
・国民健康保険証以外の健康保険証
・住民票

以上の書類は、ろうきんのカードローンの審査に申し込みするときに必要です。

さらに、資金用途によっては、追加書類の提出を求められる場合があります。

・金銭消費貸借契約書(ろうきんローン契約書)
・保証委託契約に基づく抵当権設定契約証書
・登記取次依頼書
・委任状
・領収書
・振込依頼書
・印鑑証明書(2通)
・住民票(1通・新住所のもの)
・収入印紙
・登記済証(権利証)/登録識別情報通知書

ただ、必要書類は利用する労働金庫によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

ろうきんカードローンの融資限度額や金利は?

ろうきんのカードローンは、各労働金庫によって限度額や金利が異なります。

したがって、利用予定先のろうきんのカードローンの限度額や金利が自身に適しているか調べたうえで審査を受けるようにしましょう。

ここでは、中央労働金庫と近畿労働金庫のカードローンを紹介します。

商品名はどちらも「マイプラン」ですが、商品詳細は異なります。


労働金庫名最大融資限度額金利
中央労働金庫500万円3.875%~8.475%
近畿労働金庫300万円6.150%~8.950%

※ろうきんのカードローンは貸金業法の総量規制対象外です。
※貸金業法の総量規制とは、年収の1/3以上の融資を禁止している法律で、消費者金融や信販会社のキャッシング枠などが対象です。

上記の労働金庫では、近畿労働金庫よりも中央労働金庫のほうが、融資限度額・金利どちらも優れています。

しかし、上記にも説明しましたが、ろうきんのカードローンは「在住地域」と「勤務先」によって利用先が決まっていますので、近畿在住の方が中央労働金庫のカードローンを利用することはできません。

また、融資限度額は審査申込者の属性に応じて決めていますので、誰でも最大融資限度額を借入できるわけではありませんが、増額融資を受けることはできます。

さらに、労働金庫の構成員や会員の方は、金利優遇サービスを受けることができます。

以下に、中央労働金庫カードローン「マイプラン」を紹介しておきましょう。

・団体会員の構成員:金利3.875%~7.075%
・生協会員の組合員と同一生計家族:金利4.055%~7.255%
・一般勤労者:金利5.275%~8.475%

一般勤労者の方でも金利は充分低いですが、構成員の方などはさらに低金利でお金を借りることができますので、構成員の方などは積極的に検討するべきでしょう。

ろうきんでお金を借りる「まとめ」

以上に説明してきましたとおり、ろうきんのカードローンは消費者金融や銀行に比べてメリット・デメリットどちらもありました。

ろうきんのカードローンのメリットは、
・金利が低い
・満18歳以上から審査に申し込み可能

以上の2点になるでしょう。

ろうきんのカードローンのデメリットは、
・地域ごとに貸付条件が違う
・審査申込条件は消費者金融・銀行よりも厳しい
・即日審査や即日融資に対応していない

以上の3点になるでしょう。

審査回答まで急を要していない方で、かつ会員の方や低金利でカードローンを利用したい方は、ろうきんのカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

一方、とにかく審査に通りたい方や即日融資を希望している方は、消費者金融・銀行のカードローンを検討するべきでしょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融