> >> 生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる

生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる

「この日までにどうしてもお金が必要...銀行や消費者金融でお金を借りるのも限界かも...」

もしあなたが生命保険に加入しているのであれば、契約者貸付制度を使うことも選択肢に入れてみても良いかもしれません。

解約返戻金があるタイプの生命保険では、この解約返戻金を担保にして低利率でお金を借りることができることがあるのです。

生命保険はあくまでも生活をしていく上で必要な保障を受けるために利用するものですから、契約者貸付制度はあくまでも付属的なものであることを理解しておく必要がありますが、どうしてもお金が必要な場合には有効な方法です。

今回は生命保険会社の契約者貸付制度についてサービスの内容や利用時の手続き、返済方法などについて解説させていただきます。

契約者貸付制度は、解約返戻金を担保にお金を借りる方法

上でも少し説明させていただいたように、生命保険会社の契約者貸付制度は解約返戻金があるタイプの生命保険に加入している場合、その解約返戻金を限度額としてお金を借りることができるというものです。

保険を解約して解約返戻金を受け取るというのも一つの手ですが、これをしてしまうと家族や自分のために必要な保障が万が一の場合に受けられなくなってしまいます。

契約者貸付は必要な保障を受けながら急場で必要なお金を用意することができるというメリットがあるのです。

契約者貸付制度は誰が利用できる?

契約者貸付を利用できるのは、終身保険や定期保険、養老保険などで支払った保険料の一部が将来の解約返戻金として積み上がっていくタイプの生命保険に加入している場合だけです。

いわゆる掛け捨てタイプ(支払った保険料の払い戻しがないタイプの生命保険)の場合には解約返戻金がありませんから、契約者貸付制度を利用することはできませんから注意しておきましょう。

いくらぐらい借りられる?

契約者貸付制度によって借りられる金額は、担保(現在積み上がっている解約返戻金の金額)の7割〜9割が限度額となるのが相場です。

例えば、現在600万円の解約返戻金があるという場合であれば、400万円〜500万円程度が契約者貸付として借りられるケースが多いです。

貸付利率は格安

貸付利率に関しては消費者金融や銀行のカードローンに比べると格安で利用できることが多いです。

大手生命保険会社の契約者貸付の利率は3%〜5%程度が相場ですから、カードローンの貸付利率の相場(銀行で10%〜15%、消費者金融で15%〜18%程度)と比べると格安ということができます。

これは解約返戻金という形で担保を差し出すことになるため、貸付側(生命保険会社)に信用リスク(お金が帰ってこなくなるリスク)がほとんどないということが理由としてあげられます。

その代わり、もし約束した返済期日までにお金を返せない時には本来受け取れるはずの解約返戻金から返済を充当するう形になってしまいますので注意しましょう。

保険契約にはどのような影響がある?

契約者貸付制度はこのように比較的負担の小さい資金調達方法ということができますが、生命保険の役割はあくまでもあなた自身や家族の生活を保障するためのものであることを忘れてはいけません。

契約者貸付を利用することによって必要な保障が受けられなくなってしまうようでは本末転倒で、そもそも生命保険に加入している意味がありません(資金調達を低金利で受けたいのであれば、普段から定期預金をしておいて貸付を受けた方が良いに決まっています)

契約者貸付は困った時の最後の手段と位置付けておきましょう。

貸付金 > 解約返戻金になると契約失効の可能性も

もっとも注意しておくべきことは、契約者貸付によって借り入れしているお金の合計額が解約返戻金の金額よりも大きくなってしまうと、生命保険契約が失効してしまう可能性があることです。

現在の解約編礼金がどの程度積み上がっているのかは生命保険会社に問い合わせれば具体的な金額を知ることができますから、限度額は常に気にしながら計画的に利用するようにしましょう。

満期金支払い時に返済額が天引きされることも

契約者貸付の返済で延滞しているものがある場合、解約返戻金や満期金が支払われるタイミングでその遅延分を天引きという形で差し引きされてしまう可能性があります。

例えば、満期金として300万円が支払われるというときに、貸付金の延滞が100万円あるというケースでは、この100万円が満期金から天引きされ、実際にあなたに満期金として支払われるのは200万円ということになってしまう可能性があります。

保険料の支払いが難しいときに契約者貸付で充当するという手も

多くの生命保険契約では、保険料の支払いが遅れたときに突然保険契約が失効してしまうというようなことのないように、数回分の保険料支払いの遅れを契約者貸付で代用してくれる仕組みになっています。

定期預金で引き落とし残高が足りなかったときには自動貸付になるのと同じような仕組みですが、生命保険契約についても同じような形になっているというわけですね。

ただし、保険料支払いの遅れがひんぱんに起こるようだと契約者貸付ができなくなってしまうこともありますから、保険料支払いは遅れないようにきちんと行うのが基本です。

毎月の保険料支払いが難しいという場合、生命保険の内容そのものを見直す必要があるかもしれませんので、契約者貸付を利用するとともに保険の見直しを行うことも検討してみるのをおすすめします。


生命保険 契約者貸付制度「申し込み手続きの流れ」


生命保険会社の契約者貸付を実際に利用する時の手続きの流れについても理解しておきましょう。

まずは契約している生命保険会社のカスタマーセンターなどに電話をして、契約者貸付を利用したい旨を伝えます。

その後に必要書類があなたの自宅に届きますから、申し込み書類(申し込み金額などの記入を行います)に記入した上で変装しましょう。

数日で生命保険会社で契約内容の確認と審査が行われ、問題がなければ申し込み金額が指定口座に入金され、手続きは完了ということになります(もちろん、その後は返済を行なっていく必要があります)

実際に入金になるのは申し込みをしてから1週間程度というケースが多いですから、お金が必要になるタイミングを把握した上で余裕を持って契約者貸付の申し込み手続きを行うようにしましょう。

返済方法

返済に関しては全額返済、一部返済、毎月定額返済などの方法から選択することができます。

返済は生命保険会社の指定口座への振り込みや口座振替という形でも可能ですが、場合に良ては返済専用のカードが発行されたり、振り込み用紙が送られてきたりということもあります。


生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる「まとめ」


繰り返しになりますが、生命保険はあくまでもあなた自身や家族が生活していく上でのリスクを軽減するためのものであることを忘れないようにしましょう。

多くの人が結婚や出産を機に生命保険に加入することになると思いますが、あなたの生命保険がもし失効するようなことがあれば、そのリスクは家族が負うことになるかもしれないということをよく理解しておきましょう(上でも説明させていただいたように、貸付額が解約返戻金の金額を上回ってしまうと、保険契約が失効する可能性があります)

「生命保険はあくまでも家族の生活補償のために入るもので、契約者貸付は他の資金調達方法が使えない場合の最後の手段」と位置付けておきましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融