> >> ニートがお金を借りる方法を教えて!

ニートがお金を借りる方法を教えて!

無職にもいろいろなケースがありますが、単なるニートの場合にはお金を借りるのは割りと難しくなります。

ニートがお金を借りる必要に迫られた時には、場合によっては「ニートではいられなくなる」ことも覚悟の上で行動を起こしましょう。

ニートがお金を借りるためには、今あるものを生かす方法と現状よりも借りやすい環境を作る方法があります。

ニートとはどういう状況?

ニートは無職の人のことを指しますが、無職にもいろいろあります。結婚して専業主婦だったり、学生だったりちょうど失業して空白の時を過ごしていたり。どんな無職がニートにあたるのでしょうか?また、ニートがお金を借りる時は他の無職の人と比べて有利なのか不利なのかも考えてみます。

ニートはやることがない無職の人

このような括りをするのは心苦しい気もしますが、簡単にニートを区分けするならば「他に役割ややることを持っていない無職で無収入の人」にあたります。専業主婦や学生なども無職ですが、「家事」や「学業」などのやることがあり、ニートにはなりません。また、年金をもらっている人は、仕事はないけど収入があるのでニートとは呼びません。

また、一切働く気がないこともニートの特徴かもしれません。そのため、失業や倒産で今現在収入源を失い、就職活動を行っている人は、働く気はあるためニートとは少し違う扱いとなります。


基本的に無職は消費者金融カードローンを使えない


ニートをはじめとして、「無職」「無収入」に当てはまる人は総量規制というルールを持つ消費者金融を使えません。消費者金融は貸金業法によって年収の3分の1までしか融資を行えず、収入がなければ当然お金を貸すことは出来なくなっています。

消費者金融は、スピーディな審査と柔軟性を特徴とした貸金業者であり、カードローンや振り込みキャッシングなど、借り入れの方法にもバリエーション豊富な選択肢があります。

審査は、収入が少なくても安定していれば通りやすくなっており、アルバイトやパートでも収入が「ゼロ」でなければ借り入れが認められることは多くなります。

銀行カードローンは無職でも使えるがニートは難しい

銀行カードローンは消費者金融とは違い、総量規制がないため、無職でも審査に通ればお金を借りることができます。実際に、専業主婦で配偶者に収入があるケースでは審査通過の例もあります。ただし、ニートの場合には配偶者もいませんし、審査通過はまず難しいと考えた方が良さそうです。

銀行カードローンは消費者金融よりも審査難易度が高く、審査スピードも遅めです。総量規制が関係ないため、収入がなくても申し込みできるものもありますが、基本的に働いておらず、資産もない人の審査通過は難しいものです。

ただし学生の場合で就職が決まっている場合には、今現在収入がなくても借りられる「内定者ローン」もあります。極めて珍しい選択肢ですが、ニートよりは選択の余地があるということです。

ニートでもお金を借りるためにしておきたいこと

ニートと呼ばれる条件やニートのカードローンなどの貸金業界での扱いを見る限り、そのままでお金を借りることはほぼ不可能と考えられます。自分で自由にできる資産などがない限り、お金を借りるためにはいくつかの工夫が必要そうです。

ニートになる前の準備で借り入れできるように

ニートになってしまったら、借り入れの申し込みは大変難しくなります。そのため、今後ニートになる予定がある場合には、あらかじめ借り入れができるように準備をしておくことが便利です。現在勤めている会社を退社予定の場合には、それまでにカードローンの申し込みをしておきましょう。

カードローンは申し込みだけしておいても、金利などはかかりません。いざという時のために契約だけしておくという人も多くなります。

無利息期間サービスを持っているカードローンを使いたい場合には、サービスのスタートが契約時ではなく初めての借り入れ時になっているものを選びましょう。いざ使う時にも利息の支払いが多少楽になります。

ニートから一歩進んで派遣会社に登録を

ニートのままの状態では、業者などからお金を借りることはまず、不可能です。しかし、少し時間をかければなんとかカードローン審査を通過できる状況を作れるかも知れません。

派遣会社に登録することで、カードローン審査の下地を作ることが出来ます。ただし、登録したからといってすぐにカードローン審査は通りません。派遣会社に登録しておけば、その所属期間が実績となり、少しでも働いて収入を得れば総量規制の条件を満たすことができます。

全く働く意思のない人は無理ですが、たまには就労してもいいという場合には試す価値はあります。ただし、審査までは最低でも半年~1年は待つ必要がありますし、確実に審査に通るという保証はありません。

ニートから一歩進んで結婚してしまう

ニートで将来を考えている恋人がいるという人は、結婚することでお金を借りられる土壌を作ることができます。そのまま専業主婦(主夫)となれば配偶者の安定収入で銀行カードローンなどを利用できます。

もちろんそのためだけに結婚は出来ませんが、結婚にはこんな付加価値もあることを覚えておくと良いでしょう。

※個人的におすすめできませんが・・・


ニートでもすぐにお金を借りるには?


ニートの人がすぐにお金を借りるのは大変難しいものですが、現状を生かしてお金を借りられるかどうかをチェックしてみましょう。限られた状況下ですが、すぐにお金を借りられるニートの人もいるはずです。

利用中のクレカのキャッシング枠をチェック

ニートでも学生でも、クレジットカードを持っている人は多いものです。特に引きこもりがちのニートの場合にはネットでの買い物でクレカ決済は利用しやすく、多くの人が利用しています。

クレジットカードにはキャッシング枠という少額の融資がついていることがあり、それを利用すればカードローンと同じようにすぐにお金を借りることが出来ます。

ただし、枠はかなり小さく、ショッピング枠のついでに付帯しているようなものです。高額の融資は期待できません。


働く気があるニートの人は生活福祉協議会の貸付も


失業などでやむにやまれずニートになってしまった場合には、生活困難者向けの貸付制度の対象となるかどうかをチェックしましょう。貸付されるお金の使途は決まっていますが、生活が苦しかったり、再就職の資金が足りない場合には役立ちます。

あくまでも就労することが前提ですが、失業保険がもらえないで再就職の道を模索している人は利用を考えてみましょう。

ただし、条件は厳しく、書類の準備など時間と手間がかかります。

親から借りる

これは、親が自分を甘やかしてくれて、経済的に余裕がある場合にのみ使えます。下手すると業者や公的サービスよりも難しい親もいますが、大体の親は子供に甘く、甘いからこそニートをやっていることすら許しているのでしょう。そこを突けば、お金を借りることはおろか、返済しないで良いお小遣いをもらえるかも知れません。

まだ親を安心させる気もなく、まだまだ親のすねをかじれるという裕福な家庭の人のみ、使える方法です。


ニートが外部でお金を借りるのはかなり困難


ニートは、単なる無職というよりも専業主婦や学生などよりも借金をするには不利な状況です。消費者金融や銀行などいろいろな借りる方法はありますが、現状のままではほとんどのものが難しくなりそうです。

外でプロからお金を借りるためには、現状を多少なりとも変えて、借りやすい環境を作る努力が必要となります。それをしたくない場合には、持っているクレカの枠を使ったり親から借りるなどの方法を使います。公的な貸付は、基本的に働く気のないニートには向いていません。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融