> >> 親から上手にお金を借りる方法

親から上手にお金を借りる方法

親だからといってかならずお金を貸してくれるわけではありません。

数百円、数千円程度であれば貸してくれるかもしれませんが、数万円、数十万円のお金を借りることは厳しい場合もあります。

この記事では、親から上手にお金を借りる方法を徹底解説していきます。

親に伝える「お金を借りる理由」を考える

まずは親に何故お金が必要なのか?理由を伝えなければなりません。 なんの理由もなくお金を貸してと親に伝えたところで、普通は貸してくれないでしょう。

数万円以上お金を借りたい場合は、もっともらしい理由を伝えなければいけません。

それでは、以下にもっともらしい理由をいくつか挙げておきましょう。

・一人暮らしの生活費
・教材費、資格取得費
・卒業旅行の旅費
・治療費、入院費
・マイカーローンの頭金
・事業のスタート資金

以上のような理由を伝えれば、もっともらしい理由で了解してくれる可能性があります。

それでは、逆に親がお金を貸してくれない理由を挙げてみましょう

・ギャンブル費
・飲み代
・デート代
・遊ぶお金

以上の理由は、一般的にお金を貸してくれない可能性が高くなります。

つまり、基本的に遊ぶお金を貸してくれる親は少ないということです。まだ働いていない学生さんが卒業旅行の旅費を頼めばギリギリ貸してくれるかもしれない、といった感じでしょうか。

一方、遊ぶお金以外なら貸してくれる親は多いでしょう。

例えば、一人暮らしの生活費を頼めば、引っ越し代をふくめてまとまったお金を貸してくれるかもしれません。

また、教材費・資格取得費であれば、自身のスキルアップが理由になりますので、親としては貸したお金が有意義に使ってくれると思うでしょう。

マイカーローンの頭金は、まとまったお金が必要なことを親も理解していますし、自動車を所有していなければ通勤できない職場であれば理由としては充分です。

そして、事業のスタート資金は、親に入念に作成した計画書を見せることで、理解を得られる可能性もあるでしょう。

ただ、治療費・入院費はお金を借りることは難しくありませんが、病名や入院の理由を伝えなければなりません。親に余計な心配を掛けたくない人は治療費・入院費を口実にお金を借りるのは避けた方が良いでしょう。
治療費でも歯列矯正などであれば問題ありませんね。


※上記で親からお金を借りやすい理由を説明しましたが、嘘をついてまでお金を借りるような行為はやめておきましょう。

親にお金を借りることのデメリット

親にお金を借りることは、利息の発生や返済期間を設けているわけではないため、一般的にデメリットはないように思うでしょう。

しかし、親にお金を借りたからといってデメリットがまったくないわけではありません。

というのも、返済期間を設けていないからといって、親にお金を返さなければ、最悪の場合は二度と実家に帰れなくなる可能性もあるでしょう。

また、親子でもお金の貸し借りは関係をギクシャクさせてしまうこともあります。

「早く返せ」「まだ返せない」といった具合に、親子でも空気の悪い日々を過ごさなくてはいけないこともあるでしょう。

したがって、親にお金を借りることはメリットだけに感じるかもしれませんが、上記に示したようなデメリットがあることも忘れないようにするべきです。

親にお金を借りられない場合はどうする?

どのように理由を伝えてもお金を貸してくれない親もいます。特に成人していれば、お金の管理は自分ですることが当たり前と考える親は多いです。

だからといって、知人や友人にお金を借りることも親以上に関係を悪くしやすいですし、まとまったお金を借りることは難しくなります。

場合によっては、警察沙汰・裁判沙汰になりかねません。

そこで、消費者金融・銀行のカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

大手消費者金融や主要銀行カードローンの多くは、即日審査・即日融資に対応していますので、まとまったお金を当日中に借りられるかもしれません。

また、利息や返済期日はデメリットに思いますが、逆に返済意識を強く持つことができますので、悪いことばかりではないでしょう。

親から上手にお金を借りる方法「まとめ」

・きちんとした理由であれば親からお金を借りられる可能性が高い
・遊び代は貸してくれない親が多い
・どうしても親にお金を借りられない場合はカードローンを検討する

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融