自己破産の方法・手順

自己破産は、債務整理の方法のひとつであり、借りたお金を返せなくなった時に行う手続きです。借金を返さなくても良くなる反面、自己破産にはリスクやデメリットもあるため慎重に選択する必要があります。

どうしても、自己破産が必要な場合には次の手順に従って手続きを進めていきましょう。自己破産は自分だけでは難しいため、専門家の手も借りることになります。

自己破産とは

自己破産とは、裁判所で借金の返済ができないことを認めてもらう手続きです。借金の支払いを免れるためには、「破産宣告」とセットで「免責許可」という手続きを行います。債務整理の中で、もっとも借金を減らす(なくす)効果は高いものですが、デメリットもあります。

自己破産で得られるメリット

自己破産では、全ての過程を滞りなく終えることができれば、それまでの借金をゼロにして、返済をしなくても良くなります。数社に渡って借金をしていても、全ての残った債務をゼロにできる可能性が高く、度重なる督促による精神的なストレスからも解放されます。

自己破産で失うもの

自己破産では、裁判所に財産と負債(借金)を正確に報告して、財産を負債に当てたのちに残った負債を「帳消し」にしてもらいます。つまり、財産のある人は全てを裁判所に伝えなくてはならず、財産を失うこととなります。

生活をするのに必要なものまでは取られませんが、マイホームや自動車などは失う可能性が高くなります。

また、一定の期間就けない職業があったり、官報に記載されますので、場合によっては生活に支障が出たり、知人に自己破産したことを知られる可能性があります。

自己破産の手順

自己破産をするのは簡単なものではありません。そのため、専門家の手を借りることが必要となり、自分も手続きのために動く必要もあります。

弁護士に依頼

自己破産を考えたら、まずは専門家に相談することが必要です。場合によっては他の方法で借金を減らせたり、返済を楽にする方法があるかも知れません。相談する専門家としては、弁護士が適任です。司法書士に借金の相談をする人もいますが、弁護士の方が代理人として出来ることが多くなります。

必要書類を揃える

書類は裁判所でもらう破産申立書や免責申立書や借金の経緯を示す陳述書などがあります。また、債務者の一覧表、資産の目録や家計の状況なども必要です。

これらの書類は弁護士に依頼すればほとんど作成してもらえますが、依頼者本人が正確に情報を伝えることが必要となります。特に複数の借り入れがある場合には漏らさず記載する必要があります。

また、住民票や戸籍謄本、給料の源泉徴収票や預金通帳、賃貸契約書のコピーなど、資産などの情報が分かる書類を準備しておきます。

必要となる手続き

自己破産は、申立書を裁判所に持参して申し立てを行うことからスタートします。裁判所では審査を行い、返済ができないと認められたら破産手続き開始決定が下ります。

資産が少ない場合には、開始決定と破産手続きを同時に終えることも可能です。弁護士に依頼していれば、その時点で貸金業者にも連絡をして取立てをストップできます。

免責許可決定までには面接がありますが、弁護士に代理で出頭してもらえるため、最終的に本人が裁判所に行くのは免責審尋だけです。


自己破産の注意点


自己破産では嘘をついたり、借金をギャンブルに使うなど許可されないこともあります。しかし、自己破産が出来たとしてもそれだけで全ての問題が片付いたとはいえないので注意が必要です。

自己破産したら「免責」を受けて本当に完了

自己破産は、借金を支払えないことを認めてもらう手続きであり、それだけで借金がゼロになったわけではありません。免責を受けるまでが「自己破産」の手続きです。弁護士に依頼すればそのようなことはありませんが、自分で手続きを進める場合には注意しましょう。

連帯保証人に借金返済の責任が

自己破産では、その申し立てをした人のみの借金がなくなります。しかし、多くの場合には借金の際に連帯保証人を立てていることが多く、連帯保証人には借金返済の責任が残ってしまいます。

借りた本人が自己破産の動きを見せれば、貸金業者は連帯保証人に返済を求めることが多く、保証人に迷惑がかかります。

そのため、自己破産手続きを行うのであれば、連帯保証人にもその旨を早めに伝えることが必要です。

自己破産以外の債務整理方法も

自己破産では財産や仕事を失うリスクがあります。自己破産は借金を返済できなくなった時の最終手段として考え、他の債務整理の方法も検討しておきましょう。

任意整理とは

任意生理は裁判所を通さないで、借金をした本人と貸金業者が話し合って返済計画を決めるものです。自己破産とは違い返済の必要はありますが、利息や月々の返済金額を減らしてもらい、マイホームを含む財産を全て失わずに解決できます。

民事再生とは

民事再生は、自己破産同様に裁判所を通して行う借金の減額方法です。サラリーマンには簡単な手続きで行うことができ、マイホームを失わずに住宅ローンも利用することができます。借金の返済額を大幅に減らして、残りを可能な限り支払いやすい分割にしてもらえる方法です。


自己破産の方法・手順「まとめ」


自己破産では借金をなくすことができ、精神的にも快適な生活を取り戻すことができます。自己破産を行う場合には、専門家に依頼して、手続きの手順を代行してもらってミスと手間を省く方が良いでしょう。また、自己破産しか方法がないのか、手続きの前にいま一度考えてみましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融