> >> 友達からお金を借りるときの注意点

友達からお金を借りるときの注意点

消費者金融や銀行などのカードローンやクレカのキャッシング枠、各種融資など、貸金業者をできない場合は、仕方なく友達からお金を借りることもあります。

友達からお金を借りる場合には、貸金業者とは違って気楽に考えがちですが、意外と業者よりも慎重にしなければいけない面があります。快く貸してもらうためにも、今後の友好関係のためにも、細心の注意を払いましょう。

友達からお金を借りるということの危うさ

友達からお金を借りることは、気安く簡単なことのように感じます。仲の良い人であれば、なおのこと言い出しやすくお金を借りやすいかも知れません。しかし、そこには一歩間違うと永遠に友情を失うほどの危うさが隠されています。

お金を貸したくても貸せないつらさ

友達に借金の申し入れをした場合、その人がお金を十分に持っていないこともあり、人の良い友達や仲が深い友達ほど苦しい思いをします。お金を貸してあげたい、友達の役に立ちたいものの自分も先立つものがないため挫折感を感じたり、借金を申し入れた友達のことを心配します。

借金を申し入れた方も切羽詰っているかも知れませんし、気安く言っただけかも知れませんが、思いのほか相手を悩ませることになる場合もあります。

返してくれるかという不安

友達とは言えどそれほど親しくない場合、お金を貸してもきちんと返済してくれるか分かりません。また、親しい友達であっても多少の不安を感じるものです。親兄弟にお金を貸すのであれば、返済してもらえなくても諦めがつくかも知れませんが、友人ではそうもいかなくなります。

お金を借りた方より貸した方が困る理不尽

一般的な傾向として、借金は借りたモン勝ちという状況に陥りやすいものです。本来であれば借りた方が困っていたのであり、お金を貸した方が困ることはありません。しかし、プロではない人が友人などにお金を貸してしまうと、返済の催促ができなくなってしまいます。

また、友達に悪印象を与えたくないあまり、利息をとらずに貸して、何のメリットもないままに踏み倒される不安におびえることとなります。

理不尽なことかも知れませんがよくあることなので、友達にお金を貸すときにはこうした疑惑や不満を感じることとなります。人によっては「お金を貸して」と友人に言われただけでも不快に感じることもあります。

友達からお金を借りて人間関係を壊さない方法

お金を借りようとするほど親しい友達だからこそ、実際に借りなければいけない場合には細心の注意を払いましょう。きちんとすれば、より信頼を得ることができて今後の人間関係もさらに良好になります。

口約束は避けて書面で契約を

友達にお金を借りる場合には、つい気安さから口約束で返済のルールを決めてしまうことが多くなります。しかし、これは言った言わないで揉める原因となるためやってはいけません。

お金を借りるなら、きちんと書面で「借りた金額」と「返済のルール」「期限」などを残します。金額によっては貸金業者のような契約書までは必要ないかも知れませんが、高額であればあるほどきちんと書面に残す必要性は高くなります。

納得の上で書面に残しておけば、お互いに不安や不満も出にくくなり、貸した方はいざという時には正式に返済を請求できることになります。高額の借り入れの場合には、作成費用はかかりますが、公正証書の作成を提案しても良いかも知れません。貸す方の友人からは言い出しにくいこともあるため、こちらから提案することが必要です。


友情に甘えず利息の支払いを


お金を貸した方は、借り入れ期間中、ずっとそのお金を使うことができません。もし手元にあったら資産運用に回して利益を得ることができたかも知れないのに、その利益を失うことになります。そのため、友達であってもお金を借りたら相応の利息を支払うべきです。

利息制限法では10万円未満は年20.0パーセント、100万円までは18.0パーセント、それ以上では15.0パーセントまでの利息が認められています。現在の一般的な消費者金融の設定は、最高金利18.0パーセントが多くなります。こうした情報を踏まえて十分に話し合ってお互いに納得できる金利を設定しましょう。

借りるなら返済できる金額を

友達からお金を借りる場合だけでなく、貸金業者でも同じことですが、借金は必ず返すことが前提となります。借金を返せない場合には債務整理で借金や利息を減らすことができます。

しかし、借りた友達との関係を壊したくない場合には、出来る限り返済しなければいけません。そのため、仕方なく友達からお金を借りる場合には、返済できる金額の範囲にとどめておくことが必要です。

どうしても高額の借金が必要な場合には、返済期間を長くしてもらうなど返せる環境を整えることが大切です。とはいえ、当然相手の納得と承諾が必要となりますので、自分の都合ばかり押し付けることは出来ません。


友達からお金を借りるときに注意すること「まとめ」


友達からお金を借りる場合には、親しき仲にも礼儀ありの精神である程度のビジネスライクな対応が必要不可欠です。

お互いに信頼関係を保っていくためには、返済が完了するまでお金を借りた相手に不満や不快感を感じさせないルールを作りましょう。お金を借りる前にはまず、友達だからこそお金の貸し借りは難しく、気軽に借りてはいけないことを認識した方が良さそうです。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融