> >> ブラックリストでもお金を借りる方法はある?

ブラックリストでもお金を借りる方法はある?

突然、お金が必要になるときってありませんか?財布にお札はなく預金残高も少ない場合、どこかでお金を借りなければいけません。しかし、延滞などの経験があれば、お金を借りられない可能性があります。

この記事では、いわゆるブラックリストでもお金を借りれるのか?そもそもブラックリストとは何か?ブラックリストでお金を借りるにはどうすればよいか?などについて解説します。

ブラックリストなんて存在しない?

ブラックリストという言葉を耳にしたことがある人がいるかもしれません。しかし、そもそもブラックリストというものは存在しません。

延滞中の人、滞納中の人、債務整理・自己破産の経験がある人、多重債務を抱えている人のことを、一般的に金融ブラックと呼ぶことが多いですが、貸金業者がお金を貸すかどうかは、それぞれの貸金業者の判断にゆだねられています。

消費者金融やカード会社などの貸金業者は、延滞などが起これば、その内容をCICやJICCなどの信用情報機関に登録します。登録されている事故情報には、延滞・債務整理・自己破産などがあり、5年~10年の間登録され続けます。

銀行、消費者金融、カード会社などそれぞれの業種で、利用している信用情報機関は異なりますが、信用情報機関の間で事故情報は共有されています。

貸金業者は、新規の顧客がローンの申し込みをした場合や、既存の顧客が追加の融資を申し込んだ場合、与信審査を行いますが、その審査基準は貸金業者によってそれぞれ異なります。

一般的な与信審査では、信用情報機関に照会した事故情報の有無などと、申込者の属性を総合的に判断して、ローンや融資を行うかどうか判断します。

申込者の属性とは、職業、雇用形態、年収、勤続年数、居住形態、健康保険の種類などが該当し、派遣社員よりは正社員が、賃貸住宅に住んでいるよりは持ち家に住んでいる方が、審査に通る可能性が高くなっています。

しかし中には、貸金業者の中には、与信審査を行い事故情報や属性を調査するものの、その結果を踏まえてお金を貸してくれる業者も存在します。

もし、自分に事故情報の登録があるのかわからない場合は、各信用情報機関に登録内容の照会をすることができます。手数料は1,000円程度かかりますが、不安な場合は、調べてみると良いでしょう。

銀行系カードローンに断られてもお金が借りられる可能性がある

お金を借りる先として思い浮かべるのは、銀行、信用金庫、カード会社、消費者金融などでしょうか?もし、信用情報機関に事故情報の登録があれば、銀行や信用金庫、それらの系列のカードローンでは、ほぼ確実にお金を借りることはできないでしょう。事故情報の登録があれば、必ず与信審査に落ちます。

一般的には、事故情報の登録があれば、5年~10年の登録機関が終わり信用情報が回復されない限り、カードローンなどでお金を借りることは不可能と言われています。

しかし、事故情報が登録されていても、お金が借りられる可能性がある消費者金融業者が存在します。大手の消費者金融では難しいですが、中堅規模よりも小さい消費者金融や、開業して間もない消費者金融では、与信審査基準が甘く、たとえ事故情報が登録されていてもお金を借りることができる可能性があります。

たとえば、ある消費者金融では、与信審査において、過去の過ちである事故情報を重視せず、申込者の現在の状態を基準に判断しているようです。

ブラックリストでもお金を借りるには、定職があることが重要

信用情報に事故登録があっても、お金を借りられる可能性があります。しかし、お金を借りるためには重要な条件があります。それは定職についているということです。

信用情報に事故情報があっても、お金を貸してくれる貸金業者では、返済能力を重視しています。

そのため、無職ではなく定職についていて、定期的に給料を受け取っていることが確認できれば、返済能力があると判断されます。

定職と言っても、雇用形態が正社員である必要はありません。契約社員、アルバイト、パートであっても、電話などで在籍確認がとれればお金を借りることができる可能性があります。

在籍確認できることが定職についている証明になります。なかには、在籍確認をおこなわずお金を借りれる貸金業者もあるようですので、あきらめずに相談すると良いでしょう。

また、事故情報に登録された内容が解消されていることも必要です。過去に延滞・滞納の経験があっても、完済していることが求められます。

債務整理・自己破産の経験がある人でも、申し込み先の貸金業者が対象になく、迷惑をかけていないならば、お金を借りることができる可能性があります。

実際にお金が借りられるまで時間がかかることを覚悟しましょう

中堅以下の貸金業者では、与信審査に通ったとしても、お金を借りることができるまで、時間がかかる可能性が高いです。

お金が必要になった当日に即日融資というのは難しいのを覚悟しましょう。多くの場合は、数日程度~1週間ほどの時間を要します。

なかには、申し込みからお金を受け取りまで15日程度かかる貸金業者もあります。お金を借りれるまでどれくらいの時間がかかるのかについては、申し込みの際に確認しておきましょう。

そして、お金が必要になりそうな場合、時間に余裕をもって、貸金業者に相談・申し込みすることが大切です。

また、中堅以下の貸金業者は、大手貸金業者と比べると、金利が高い傾向があります。これは、大手貸金業者が契約しないような申込者を相手にお金を貸しているためです。

借りる金額が多いほど、金利は低くなる可能性がありますが、与信審査の結果に応じて、金利は異なります。ホームページや広告で金利が記載されていても、法律の範囲内で金利が決まりますので、理解しておきましょう。

貸金業者を探すときに、こんなうたい文句には要注意!

いわゆるブラックリストでもお金を借りすことができますが、違法な貸金業者に注意しましょう。たとえば、ホームページや広告に、「無条件で融資します」「申し込みはどこよりも簡単」「緩い審査が自慢です」などの表現は、法律で禁止されています。甘いうたい文句に騙されないように注意しましょう。

また、利息上限方で金利の上限が法律で定められています。10万円までの貸し付けに対しては年20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上は年15%の金利が上限です。これを超える金利を超える契約は違反であり、出資法違反で罰せられます。

以前は、出資法で貸金業者の金利上限が年29.2%と定められていました。このため、利息制限法で定められた上限金利との間で契約されたものは、いわゆるグレーゾーンの融資と呼ばれて刑事罰を受けることはありませんでしたが、2010年6月18日以降は金利上限方が変わり年20%となったため、これを超える契約を行うと貸金業者は刑事罰を受けることになります。

闇金には手を出さないで

マンガや映画などに、お金に困った人が闇金でお金を借りる状況が描かれてることがあります。闇金とは、正規の貸金業免許を持っていない業者のことを指します。

闇金では、トイチ・トイサンなどと呼ばれる高金利でお金を貸しているところがほとんどです。また、暴力や脅しを伴う違法な取り立てがなされる可能性もあります。

いわゆるブラックリストに載っている状況であっても、決して闇金からお金を借りることはしないでください!正規の貸金業免許を持つ消費者金融であれば、低金利でお金が借りられ、違法な取り立てに合うこともありません。


いかがだったでしょうか?ブラックリストでも、お金を借りる方法は存在します。もし、あなたがブラックリストでも、お金が必要な場合は、この記事を参考に消費者金融に相談してみるのも良いでしょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融