> >> 学生・失業中・年金受給者はお金を借りれる?

学生・失業中・年金受給者はお金を借りれる?

贅沢せずに普通に生活していても、「今月はあと10万円だけお金が必要...」となってしまうことってありますよね。

家族から借りられるなら利息などはつかないので一番負担が小さくなるのは間違いありません。

でも、ちょっと家族には言いにくいお金の使いみちであるような場合には、家族に話すのは気が引ける...という方もおられるかもしれませんね。

家族以外の人からお金を借りる場合、選択肢としては消費者金融や銀行などのカードローンが考えられますが、消費者金融や銀行のカードローンは「仕事についていて、毎月収入があること」が貸付の条件になっていることが多いです。

ただし、「仕事についていること」が条件とは言っても、必ずしもフルタイムで仕事をしていなくてはならないということではありませんので、「自分は収入が少ないから借りられないだろうな...」とかんたんにあきらめてしまうのはちょっともったいないですよ。

アルバイトやパートなどの形で収入が定期的にある方であれば問題なくお金を借りることができますし、学生さんや専業主婦の方のように「自分は収入がないけど、家族に収入がある」という方もお金を借りられる可能性があります。

ここでは学生さんや失業中の方、さらに年金受給者の方がお金を借りる方法について具体的に解説させていただきます。

学生がお金を借りる方法

学生の人が消費者金融や銀行カードローンを利用するためには、アルバイトなどの形で収入があることが必須になります。


実際に稼いでいる金額がいくらぐらい必要か?についてですが、例えば50万円以内のローンであれば、毎月の返済額は2万円以内に抑えることができます。

毎月のアルバイト収入と仕送りなどを足した金額から、生活費を差し引きして2万円程度は残るという人であれば消費者金融からお金を借りられる可能性が高いです。

なお、お金を借りるためにはアルバイト先などに電話で在籍確認などがされることがありますので注意しておきましょう。

携帯電話等の支払いの滞納があるとアウト

消費者金融や銀行カードローンの審査では、収入の要件に加えて、過去の支払い履歴などもチェックされますので注意が必要です。


例えば、過去に利用したカードローンの返済滞納を何度もしているような場合や、携帯電話本体の分割払いを何度も滞納しているような場合には、信用情報機関という金融機関の情報ネットワーク上で「ブラックリスト」という扱いになっている可能性があります。

その場合にはカードローンの審査に申し込みをしても審査落ちとなってしまう可能性が極めて高くなります。

延滞の履歴は、返済から5年間は信用情報機関の履歴に残ると言われています。

学生クレジットカードのキャッシングは利用しやすい

クレジットカードを持っている方の場合、ショッピング利用枠の範囲内でキャッシングを利用できる可能性があります。


例えば、30万円までショッピングの利用枠があるカードの場合、キャッシング機能がついていれば利用枠の範囲内で現金を引き出せるのです。

キャッシング機能つきの学生クレジットカードを発行する際には親の年収や在籍確認などが行われているはずですので、もし学生の方本人がアルバイト等をしていなかったとしても、キャッシングを利用できる可能性が高いです(ただし、発行してからかなり期間が経っている場合にはあらためて在籍確認がされる場合がるので注意しましょう)

失業中でもお金は借りられる?

消費者金融や銀行系のカードローンは、基本的に定職についていることが利用条件となっていますので、失業中の方の場合はこれらの金融機関からお金を借りることはできません。


前の勤務先を偽って申し込みをしたらバレないのでは?と思われるかもしれませんが、ローンの審査では勤務先として申告した会社に電話での在籍確認が行われますので、嘘の申告は通用しないと考えておくべきです(もし嘘であることがバレると、「この人は虚偽の申告でローン申し込みをした」という履歴が残る可能性があるので注意しましょう)

生活福祉資金貸付制度

失業中などの理由によって収入がない人の場合、国や地方公共団体からお金を借りることを検討しましょう。


都道府県の社会福祉協議会という組織が運営している生活福祉資金貸付制度では、失業中の方や低所得者の方向けの貸付制度があります。

現在、たくさんのお金を借りていて多重債務状態...という方も、債務整理を行うための費用立替えをしてもらえる可能性がありますので、生活を再建するために一時的に生活福祉資金貸付制度を利用することを選択肢に入れてみると良いかもしれません。

ただし、すでに消費者金融などで借りているお金の借り換え(より安い金利の所に乗り換える目的で借りること)には生活福祉資金貸付制度は使えませんので注意しておきましょう。

年金受給者がお金を借りる方法

現在職業にはついておらず、年金の収入だけで生活しているという人は、基本的に消費者金融などでお金を借りることはできません。


消費者金融の場合、総量規制(年収の3分の1以上までしかローンが組めないというルール)があるためです。

銀行カードローンであれば総量規制は適用外なので年金生活者であっても借りられる可能性がありますが、年齢制限(みずほ銀行で70歳まで、三菱東京UFJで65歳までとなっています)があって借りられないケースも多いです。

貸付利率も10%を超えるのが普通ですから、老後の生活資金で大きい利息負担をまかなうことはできれば避けるのが賢明と言えます。

年金生活者の方は次の「年金担保貸付」を利用してみることを検討してみると良いでしょう。

年金担保貸付

年金担保貸付は、福祉医療機構という組織が運営している貸付制度です。


年金以外に収入がない方であっても、厚生年金や国民年金の老齢基礎年金を担保にお金を借りることができ、融資利率は老齢基礎年金を担保とする場合は1.9%、労災年金を担保とする場合は1.2%と非常に低い金利となっています。

利用可能額は月ごとの返済額の15倍以内(たとえば、毎月2万円の返済額として場合には30万円を借りられます)で、10万円~200万円の範囲内で借りることができますよ。

なお、返済の下限額は1万円で、上限額は年金受給額の3分の1までとなっています。

1回の受け取り額が15万円という方の場合であれば3分の1の5万円が返済の上限となりますから、その場合75万円(5万円×15倍)までしか借りられないということになりますね。

なお、お金を借りた後の返済は年金の受け取りから天引きという形になりますので注意しておきましょう。

まとめ

以上、学生や失業中の方がお金を借りる方法について解説させていただきました。

金融機関からお金を借りる場合には、一定額の収入があることが前提条件になります。

お金を貸す側(消費者金融など)は「この人にお金を貸して、期限までに約束通り返してもらえるだろうか?」ということを常にチェックしていることをよく理解しておくことが大切です。

実際にお金を借りるときにどのように手続きが進むか?はあなたの収入金額や持ち家などの財産の有無によってやや異なるかもしれませんが、おおまかな流れは本文で説明させていただいた通りです。

申し込みをする前に、金融機関の担当者がどういうことを考えながら審査を進めて言っているのかということを理解しておくとスムーズに審査に通ることができますよ。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融