> >> 派遣社員や契約社員はお金を借りれる?

派遣社員や契約社員はお金を借りれる?

契約社員や派遣社員でもお金を借りれるカードローンはあります。もちろん正社員や公務員などに比べれば、審査が不利になったり、限度額が少な目になることはありますが、契約社員や派遣社員でもカードローンの審査に通ることは十分に可能です。

アコムプロミスのカードローンの規則に「"安定"した収入がある方」という項目がある為に、不安になる派遣社員や契約社員の方も多いと思いますが大丈夫。

「安定した収入がある方」とは、「継続して一定の収入を得ている方」という意味なのでアルバイトの方やパートの方でもOKなのです。

契約社員や派遣社員でも継続して一定の収入を得ている方はたくさんいらっしゃるので、そういった方々でもカードローンに申し込み、審査が通ればお金を借りることは可能です。


ここでは、カードローンでお金を借りたい「契約社員」「派遣社員」の方に、金融会社を選ぶポイント、申し込み時の注意点、在籍確認について説明していきます。


派遣社員や契約社員が貸金業者を選ぶポイントは?


まずどこの金融会社にお金を借りるのか決めないといけません。銀行カードローン、消費者金融カードローン、信販会社など、金融会社はたくさんあります。

まず、金利が一番低い所でお金を借りたいと思う方が多いと思います。

金利が低いのは、銀行カードローンで実質年率は3%~15%程度です。消費者金融や信販会社の場合だと5%~18%程度になります。

ですので、誰もが銀行のカードローンでお金を借りたいと思いのが普通ですが、金利が低い分、審査の基準は厳しくなるので、審査に自信がない方は消費者金融のカードローンがおすすめです。

そして、もうひとつ消費者金融をおすすめする理由は、金利0円の無利息サービスです。大手の一部の消費者金融で30日間無利息サービスを実施しているのです。

無利息サービスを実施している消費者金融は以下です。

無利息期間内に全額返済すれば、利息は0円です。全額返済できなくても無利息期間中は金利が0円なのでお得です。


また、アコムやプロミスなど大手消費者金融でお金借りる場合は、即日融資サービスや、カードレス・郵送物ナシのWEB完結申込み、などなど、その消費者金融のみが行っている独自のサービスも利用できるので、公式サイトで確認してみてください。


派遣社員・契約社員必見!金融機関が審査時にチェックしている事


アコムやプロミスなどの消費者金融や銀行などの金融機関は、審査時、申込み者の属性情報とともに信用情報機関(全国銀行個人信用情報センター・JICC・CIC)で申込み者の情報チェックし、審査を行います。

信用情報機関には、あなたが過去に、延滞をしていないか?自己破産や任意整理など債務整理を行っていないか?などなど登録されています。

過去に他社や携帯料金の支払いで延滞した場合、延滞解消から数年、自己破産をしたなら免責確定日から最長10年は信用情報機関に登録されますので、その期間は派遣社員とか正社員とか関係なく融資を受けれる可能性は低くなります。

また、短期間の間に複数のカードローンの申込みをしている形跡があると金融機関が疑問を持ち警戒心を抱きます。俗に言う「申込みブラック」の事ですね。

債務整理や延滞などの経験がある方、あるかもしれないという方は、中小規模の消費者金融会社での申込みを考えてみるのも1つの方法です。

中小規模の消費者金融は、大手金融会社の審査に通らなかった方でも契約できたという場合が多くありますので、申し込んでみてはいかがでしょうか。

申込み者の属性情報に関しては、主に「①居住環境、居住年数」「②勤務先継続年数」「③加入保険の種類」「④他社からの借入」を重点的に見ています。

融資した際にきちんと返済してもらえるような環境で生活されているのかという事を検討しています。

①~④について詳しく説明します。

①居住環境、居住年数

持家が一番有利です。実家、自身が購入した家、どちらでも大丈夫です。借家や賃貸であれば2年以上の居住が理想でしょう。住所不定の方は審査に通りません。


②勤務先継続年数


1~2年以上勤務していると安定しているとみなされる事が多いです。派遣社員の方は派遣先が変わりやすいという難点がありますが、同一派遣先で1年~2年以上と考えましょう。

③加入保険の種類

国民健康保険より社会保険や組合保険に加入していると有利です。社会保険や組合保険に加入=その勤務先で長く勤務しているという実績に繋がるからです。

また身分証明にも使えるので、国民健康保険に加入しているよりも、信用を得る事が出来ます。

④他社からの借入

他社借入件数については2件以内が理想です。3件以上になると返済が難しいのではないか?と懸念されるからです。

そして、他社の借入額も審査に影響が出る場合があります。

消費者金融系カードローンは総量規制という法律がある為、貸金業法に基づいて融資している金融機関(消費者金融、クレジットのキャッシング、信販会社)の総残高が年収の1/3に収まる額の融資しかできません。

既に年収の1/3分の残高があるのであれば新規借入は不可です。

銀行カードローンで適用されている銀行法には、総量規制が使われていませんが、他社の借入額が多いと審査に影響が出るので、他社の借入額は少ない方が安全です。

在籍確認の電話は派遣元にきます

審査の過程で申込み者が1番気にされるのが在籍確認の電話ではないでしょうか。勤務先の同僚、上司等にカードローンの申込みがわかってしまうのではないかと心配する方も多いと思います。

本当にその会社に勤務しているのか?確認する為に、契約社員の方は勤務先の会社に、派遣社員の方は派遣元の会社に在籍確認の連絡が入ります。

ただ、アコムやアイフルなど会社名ではなく、個人名で電話がかってきますので、周りの同僚にカードローンの利用がばれてしまう可能性は低いです。

在籍確認の流れとしては、申込み者が電話に出れる状態であれば出た後に本人確認をし切電になります。

金融機関によっては本人確認の為に生年月日を聞かれたり、このまま審査を進めても大丈夫かという意思確認をするところもありますが、通話時間としては5分もかからないでしょう。

もし席を外していたり、出張で出勤していなくても、在籍があると確認できればOKです。(○○さんいますか?○○は席を外しています。このようなケースでもOK)

会社の人に怪しまれたくない場合は「クレジットの在籍確認の連絡がある」「住宅ローンの在籍確認がある」などと伝えておくのもいいかもしれませんね。

それでもどうしても在籍確認を避けたいという方は、消費者金融カードローンに申し込む方がいいでしょう。

消費者金融カードローンも基本的には在籍確認をしていますが、在籍確認を拒否する申込み者に対しては源泉徴収票、直近2か月分の給与明細等の収入を証明する書面を提出する事で在籍確認の電話をしない場合もあります。

また在籍確認の連絡をしないといけないという状況でも、在籍確認連絡の日時についても相談が可能です。

ただ、絶対に在籍確認をしない、在籍確認の連絡の日時を調整できるとは言い切れないので、申込む際に金融機関に相談が必要ですね。

SMBCモビットのWEB完結なら電話連絡ナシでお金を借りることができます。

契約社員や派遣社員でもお金を借りることは可能

契約社員や派遣社員でも、過去に滞納や債務整理をしておらず、信用情報にキズがついていない方なら、銀行や消費者金融でお金を借りることはできます。


しかし、他社借入金額が多い方や、2件以上の金融機関でお金を借りている方は審査には通らない可能性があります。

ただ、大手消費者金融で、お金を借りれない場合でも、中小規模の金融機関であれば契約できる可能性も十分ありますので、現在の状況を踏まえて申込みしてみてください。

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報