> >> 闇金の見分け方?闇金でお金を借りると地獄の始まり!?

闇金の見分け方?闇金でお金を借りると地獄の始まり!?

家族・知人にお金の工面を頼んでも断られることはありますし、消費者金融・銀行のカードローンは審査に通らなければお金を融資してもらえません。

一方、闇金は「ブラックOK」「誰でも融資可能」という業者も珍しくなく、どうしてもお金を用意しなければならない人は、闇金を検討するのではないでしょうか。

闇金は甘い言葉で誘惑してきますし、電話をかければ優しい対応をしてくれ、とても親切に感じる人も少なくないようです。

しかし、闇金でお金を借りれば最後、法定外の利息・暴力・恐喝といった犯罪まがいに巻き込まれ、場合によっては自殺に追い込まれてしまうこともあり得るのです。

以上のように闇金は絶対に手を出してはいけないキャッシング業者ですが、利用するつもりがなくても闇金を利用してしまうこともあるでしょう。

そのため、この記事では闇金の見分け方を徹底的に解説していくとともに、闇金でお金を借りた場合はどうなってしまうのか、幅広く説明していきます。

なぜ闇金を利用してしまうのか?

日本では、消費者金融・銀行のカードローンを中心にお金を借りる方法は数多にあります。

したがって、危険な闇金に手を出す理由はありません。

しかし、消費者金融・銀行のカードローンの審査に落ちてしまったり、闇金と思わずに闇金の利用をしてしまったり、なんらかの理由でお金を借りてしまったのです。

前者の場合は自発的に闇金を利用していますが、後者の場合は無自覚に闇金を利用しており、日常に闇金が潜んでいることを意味します。

闇金は、公衆電話ボックスや電柱の貼り紙、ダイレクトメールやWEBサイト、あらゆる方法で日常に潜んでいます。

行政に営業許可を受けたキャッシング業者のつもりが闇金だった、では済まされません。

次項では、具体的に闇金の見分け方について詳しく解説していきます。

登録貸金業者は絶対安全ではありません!

金融庁の登録貸金業情報検索ページでは、登録番号や商号の入力だけで、登録を受けた貸金業者か調べることができます。

上記の登録貸金業情報検索ページで登録を受けているキャッシング業者は安全に思えますが、闇金の中には登録貸金業者として営業しているところもあります。

というのも、貸金業の登録は成人していれば数万円の登録料を支払うだけで許可が下り、誰でも登録貸金業者として営業することができます。

もちろん登録貸金業者ではないキャッシング業者は闇金確定ですが、登録を受けているからといって安心して融資を受けられるわけではありません。

したがって、闇金の見分け方は総合的に判断しなければならないため、他の見分け方についても紹介していきましょう。

闇金は携帯電話の番号を記載している可能性大!

闇金は、貼り紙やダイレクトメールに携帯電話の番号を記載していることが多いです。 携帯電話の番号を記載した闇金は、通称090金融と呼ばれています。

日本の貸金業者は法律上、宣伝広告等には固定電話の番号記載の決まりがあり、携帯電話の番号を記載しているキャッシング業者は闇金確定です。

貸金業法違反のキャッシング業者は闇金確定!

消費者金融は、貸金業法という法律に則って運営しなければいけない決まりがあります。

貸金業法に反した営業を行えば、懲役や罰金に加え併科まであり得るため、正規の消費者金融では絶対に違反行為を行いません。

しかし、闇金は貸金業法を超越した営業を行っていますので、その点に着目すれば闇金か否か見分けることができます。

以下に、貸金業法に定める事柄について紹介しておきましょう。

・年収の1/3以上の融資は禁止(総量規制)
・借入50万円超または他社貸金業者を含め100万円超の借入で年収証明書の提出義務
・上限金利は貸付額に応じて15%~20%

以上は、貸金業法に定めた利用者が知っておくべき代表的な事柄ですが、闇金はいずれも守っていないことが一般的になります。

したがって、以下のような文言を明記しているキャッシング業者は、闇金の可能性が非常に高いと言えるでしょう。

・年収の1/3以上でも無条件融資OK!
・無職・専業主婦、誰でも融資可能!
・どれだけ借りても年収証明書の提出不要!
・上限金利25%でも審査は激甘!

どうしてもお金が必要だと感じている人は、上記の文言は魅力的に思えるでしょう。

また、闇金の電話担当者は大変親切に相談を受けてくれ、安心感を覚える人もいらっしゃるようですが、法外の金利をぼったくるための演技と認識してください。

巧妙化してきた闇金って?

最近の闇金は巧妙化しており、闇金と気づかないケースも少なくありません。

クレジットカードで指定の商品を購入させ何割か現金で渡すクレカ現金化業者、希望額を貸さないキャッシング業者の紹介をして手数料のみ取る紹介屋、他にもあの手この手の手口で巧妙化した闇金は増え続けています。

知らなかったでは済まないため、少しでも怪しい業者とは関わらないようにしましょう。

闇金でお金を借りれば地獄の始まり!

ここまで徹底的に闇金の見分け方を解説してきましたが、それでもお金を貸してくれるなら構わない、といった考えの人もいらっしゃるかもしれません。

正規の消費者金融や銀行のカードローンを利用できないもののお金は絶対に必要だと追い込まれている人は、闇金に手を出すことも厭わないこともあり得るのです。

しかし、闇金に手を出せばどのような未来が待っているのか今一度考えてみてください。

朝から晩まで自宅の電話・携帯電話・勤務先の電話に返済を迫る執拗な取り立て、脅迫や暴力その他ありとあらゆる手段で返済を迫ってきます。

また、近頃の闇金は全額返済をさせずに延々と法外な利息を取り続けるところもあります。

全額返済したい旨を伝えても、返済用口座を教えてくれなかったり、担当者が不在だと逃げたりして、骨の髄までしゃぶられることも珍しくないのです。

家族・仕事・場合によっては自らの命、そこまで犠牲にして闇金でお金を借りなければならない理由はあるのでしょうか。

家族に相談したり、行政の設けた生活福祉資金貸付制度の利用を検討したり、お金を工面する方法は残されているはずです。

もしも多重債務に困っている人は、債務整理・自己破産等の相談を司法書士や弁護士にしてみてはいかがでしょうか。

また、闇金でお金を借りてしまったり、電話連絡してしまったり、対処に困ってしまった人も司法書士や弁護士に相談することをオススメします。

闇金の見分け方はここにある!まとめ

以上に解説してきました通り、闇金の見分け方は総合的に判断しなければなりません。

闇金は、お金に困った人を甘い言葉で誘惑し、法外の利息を得ようと企んでいますので、絶対に手を出してはいけません。

それでは、今回の記事で解説してきた重要なポイントを以下に記しておきます。


・電柱の貼り紙、ダイレクトメールは闇金の可能性あり
・登録貸金業者でも闇金の場合もあり
・携帯電話の番号を記載したキャッシング業者は闇金(通称090金融)
・貸金業法に反したキャッシング業者は闇金
・クレカ現金化業者、手数料詐取の紹介屋は巧妙化した闇金の可能性あり


以上のように闇金は身近に潜んでいたり、ぱっと見は安全業者に思えたりするところが多いため、充分注意しなければなりません。

最後にしつこくなりますが、「闇金に関わらない」「闇金に手を出さない」の考えをしっかり持っておくようにしましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融