> >> 農協(JAバンク)でお金を借りるには?

農協(JAバンク)でお金を借りるには?

農協は、農業に関係するさまざまな取り組みを行う団体であり、農業指導や農産物の販売などもやっていますが、その取り組みの中には信用事業という銀行や信用金庫のような業務があります。

貯金や為替業務の他に、融資も行っているため、お金を借りたい場合には農協の利用も考えておくと良いでしょう。

農協でお金を借りるならJAバンクへ

農協は、農業協同組合という正式名称を持っており、英語の頭文字をとって「JA」と呼ばれることが多くなっています。農協で貯金や融資などを取り扱っている部門は、JAバンクと呼ばれており、お金を借りる場合にはJAバンクを利用することになります。

JAバンクの組織

JAバンクは農業協同組合の運営する銀行ですが、農協の他に「信用農業協同組合連合会」と「農林中央金庫」が加わっています。JAは組合員によって全国規模のネットワークを持っており、日本の各地にそれぞれJAバンク東京、JAバンク北海道といった組織があります。これらのJAバンクはそれぞれにサービス内容が違っています。

JAバンクの金利

JAバンクを利用する上で大きな魅力となっているのが、金利の安さです。JAバンクではさまざまなローン商品の取り扱いがあり、比較的金利を抑えた融資を行っています。JAはそもそも農業を営む組合員のための組合員による組織です。組合員のためのサービスを掲げており、こうした金融サービスもお得で使いやすいように設定されているのです。

JAバンクのローン商品取り扱い

JAバンクには日本各地にそれぞれの組織があり、それぞれに違うサービス内容を持っています。つまり、場所によってはお金を融資するサービスを行っていなかったり、自分が借りたい内容のサービスがないこともあるということです。

また、JAは自分の住んでいるエリア以外の組織のサービスを利用できません。そのため、JAバンクを利用するには、自分の必要とするサービスがあるかどうかを前もって確認することが必要です。

借り入れ条件も違う各地のJA

JAバンクでは、扱っているサービスもそれぞれの組織で違っていますが、その内容にも違いがあります。ローン商品の場合には、それぞれのエリアによって金利が違っています。

そのため、JAバンクの金利を知りたい場合にはネットからではなく直接店舗に問い合わせをすることとなります。ただし、中にはネットで申し込めるローンを持っているJAバンクもあり、その公式サイトでは基本となる金利の範囲が見られる場合もあります。


農協のローンの種類は?


農協で取り扱っているローン商品を見ていきましょう。住宅ローンやマイカーローン、おなじみのカードローンなど、幅広いラインナップが揃っています。農協は各JAバンクによって取り扱いサービスに違いがありますが、主に取り扱いのあるローンの種類と基本的な条件を紹介します。

住宅ローン

住宅の新築や購入、増改築に使えるローンで、借り換えも可能です。借り入れ時20歳以上66歳未満で年収200万円以上、勤務年数は3年以上が条件となっています。

マイカーローン

自動車やバイクの購入に関係する費用や修理、車検費用などに使えるローンです。借り入れ時18歳以上で年収200万円以上、勤続年数は1年以上が条件となっています。マイカーローンはネットからの仮申し込みが可能となる場合もあります。

教育ローン

入学金や授業料、学費や一人暮らし資金などの借り入れが出来るローンです。学生本人ではなく保護者の借り入れとなります。借り入れ時20歳以上、年収200万円以上、勤続年数1年以上が条件です。ネットからの仮申し込みが可能となる場合もあります。

カードローン

JAのATMやCDの他、提携金融機関のATMなども使えるカードローンです。JAバンクによっては住宅ローン利用者だけの特別金利など、優遇措置もあります。ネットからの仮申し込みが可能となる場合もあります。

フリーローン

カードローンと同じく、自由な使途に使えるローンです。借り入れを繰り返すことはできず、契約時に借り入れた金額を一定期間かけて返済していくタイプのローンとなります。ネットからの仮申し込みが可能となる場合があります。

農協はお金を借りやすい?

農協のJAバンクは、信用事業の中でお金を融資するサービスを行っていますが、借りやすさは他の金融機関などと比べてどうでしょうか?意外と複雑で借りにくいと感じる面もあるため、自分との相性も考えておきましょう。

農協のローンは消費者金融や銀行よりも低金利

農協のローンは、各JAバンクによって金利が違っているものの、全体的に見ると低金利となっています。例えばJAバンク東京のカードローンの金利は変動金利で年 4.500%~年 12.000%、JA伊豆の国では変動金利で7.975%となっています。また、JAバンク横浜ではフリーローンが固定金利で年6.900%、マイカーローンでは固定金利で年1.650%です。

基本的には銀行と同等レベルの金利、もしくは銀行よりも低金利のローンもあります。変動金利は借り入れ時期によって上記の限りではありませんが、借りやすい範囲と言っても差し支えないでしょう。

農協のローンは借りるまでが少し面倒

農協は、農業を営む人たちが組合員となって運営する組織です。もちろん、今では農業をしていない人でも利用することができますし、お金を借りることも可能となります。しかし、普通の銀行のような金融機関と比較すると借りるまでが面倒と感じることもあります。

農協では融資などのサービスを利用する場合には組合員となることが原則必要です。組合員になるためには出資金を支払う必要があります。出資金は辞めるときに戻ってきますが、返金されるまでに時間がかかるといわれています。

ローンを利用するために組合に入る場合には、准組合員になります。非組合員でも審査できるものもありますが、その場合には審査の融通面で組合員と差をつけられる可能性もあります。

組合員になったらローンの審査を申し込みしますが、農協のローン審査は消費者金融のようなスピードはなく、人気も高いため時間がかかると考えておいた方がよさそうです。

農協のローンの審査基準は厳しい

農協は低金利というだけでなく組合員による組合員のためのサービスであることから、貸し倒れなどを防ぐために融資の審査は厳しくなっています。営利目的ではないため、低金利などの嬉しいサービスもあるのですが、同じ理由によって厳しい審査に通った人しか利用できなくなっています。

基本的な条件としては

・安定した年収がある
・年齢は20~65歳

となり、JAバンクによってはそれ以外に年収や勤務年数などの制限があります。こうした細かい条件も利用条件として明記されており、条件に合わない場合には申し込みの段階で断られることもあります。

手軽に利用しやすいカードローン商品などでも、基本的には農業従事者の正組合員以外では、正社員や公務員がメインの利用者として設定されているように見えます。アルバイトやパートなど非正規雇用の人は審査通過が厳しそうです。


農協でお金を借りれば低金利だけどハードルが高い


農協でお金を借りるには、准組合員になる必要があったり、審査基準が高いなど厳しい条件をクリアする必要があります。

銀行のローンよりも低金利で借りられるローンも多い農協ですが、手続きの面倒さが気になる人には向いていないかも知れません。また、年収や勤続年数など、他の金融機関では柔軟に審査される条件でも農協では利用条件に明記されており、厳しく判断されそうです。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融