> >> エポスカード(マルイカード) 特徴とキャッシングでお金借りる方法

エポスカード(マルイカード) 特徴とキャッシングでお金借りる方法

エポスカード(マルイカード) の種類や年会費、ポイント、付帯保険などの特徴や、エポスカードのキャッシング枠を使ってお金を借りる方法や、海外キャッシングの方法、キャッシング枠の増額方法、返済方法や利息、審査についてなど、詳しく解説しています。



エポスカード(マルイカード)とは


エポスカードは、マルイでお馴染みの「株式会社丸井グループ」の子会社「株式会社エポスカード」が発行するクレジットカードです。

株式会社エポスカードは、以前、マルイが自社で発行していたマルイカードと、窓口であるマルイカードセンターなどの業務を引き継いだ形で発足されたました。

参考:wikipedia

エポスカードは、年会費無料の「エポスカードVisa」をはじめ、エポスゴールドカード、エポスプラチナカード、その他、コラボレートカードなどを展開しており、人気を集めているクレジットカードです。


エポスカードVisaは年会費無料


エポスカードの代表的なクレジットカードである「エポスカードVisa」は、入会費、年会費が無料です。「VISA」カードなので、全国にある加盟店は相当な数なので、それらの店舗でカードを利用したり、携帯電話や公共料金の支払いに「エポスカードVisa」を使うことによって、ポイントを貯めることができます。

また、「エポスカードVisa」を持っていれば、SHIDAXやHIS、魚民、笑笑、ビッグエコーなどをはじめ、全国の10,000店店舗での優待や、マルイの店舗、マルイのネット通販などお得に利用することができます。

さらに、キャッシング枠でお金を借りることもできます。エポスカードのATMなら手数料無料でキャッシングでき、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどに設置してあるコンビニATMでも24時間お金を借りることができます。

エポスカードは最短即日発行・マルイ店舗で受け取り

エポスカードの場合、インターネットで申し込み、近くのマルイでカードを受け取ることによって、最短即日でカード発行することが可能です。


もちろん、申し込む曜日や時間帯、審査にかかる時間によっては、即日発行できない場合もありますが、エポスカードは急いでクレジットカードが欲しい方に向いています。

エポスカードVisaは学生・未成年でも発行可能

エポスゴールドカードやエポスプラチナカードは学生の方が利用することができませんが、年会費無料のエポスカードVisaなら学生・未成年の方でも発行することができます。


高校生の方は申込み不可なので大学生や専門学生が対象になりますが、18歳以上の学生ならエポスカードの審査に通過できる可能性がありますので、是非申し込んでみてください。

エポスカードVisa 基本情報

入会金・年会費 無料
エポスポイント 200円利用ごとに1ポイント
海外傷害保険 自動付帯
支払方法 口座引き落とし
支払日(引き落とし日) 4日・27日
国際ブランド VISA
申し込み年齢 満18歳以上※高校生不可


エポスゴールドカード 年会費5,000円


エポスゴールドカードは年会費「5,000円」のクレジットカードです。ポイントの貯め方や、ポイントの使い方は「エポスカードVisa」と変わりませんが、ゴールドカードならではの特典を得ることができます。

まず、ポイントの有効期限で、「エポスカードVisa」の場合、有効期限は2年間ですが、エポスゴールドカードの場合は、有効期限がありませんので、使いたいときに自由にポイントが使えると言う便利さ・安心さがあります。

また、エポスゴールドカードにはボーナスポイントが用意されており、年間50万円以上のリ利用で2,500エポスポイント、年間100万円以上の利用で、10,000エポスポイントが付与されます。

さらに、エポスゴールドカードを持っていれば、国内や海外の航空ラウンジを無料で利用できたり、海外旅行傷害保険の補償なども「エポスカードVisa」に比べて手厚い補償を受けることができます。

※エポスゴールドカードは未成年の方は申込みが行えません。未成年の方は「エポスカードVisa」を申し込んでください。

エポスプラチナカード 年会費30,000円

エポスプラチナカードは年会費「30,000円」のクレジットカードです。

もちろん、ポイントの有効期限はありません。

また、エポスプラチナカードのボーナスポイントは、ゴールドに比べてかなりお得になっています。

年間利用金額 ボーナスポイント
100万円以上 20,000ポイント
200万円以上 30,000ポイント
300万円以上 40,000ポイント
500万円以上 50,000ポイント
700万円以上 60,000ポイント
900万円以上 70,000ポイント
1,100万円以上 80,000ポイント
1,300万円以上 90,000ポイント
1,500万円以上 100,000ポイント

年間にたくさんの金額をクレジットカードで決済する方は、年会費を30,000円支払ってでも、エポスプラチナカードを発行した方がお得ですね。

また、航空ラウンジの無料利用については、エポスプラチナカードの場合は、同伴者(1名まで)も無料になります。

旅行傷害保険については、エポスカードVisaやゴールドカードよりも手厚い保険金額なのはもちろん、エポスプラチナカードの場合、海外旅行傷害保険の他に、国内旅行傷害保険も付帯されています。

さらに、エポスプラチナカード限定で、「Visa プラチナトラベル」「Visa プラチナゴルフ」「Visa プラチナ空港宅配」「エポスプラチナカードグルメクーポン」「Visa プラチナ・コンシェルジュ・センター」のお得なサービスを受けることができます。

エポスカードのポイント(エポスポイント)について

エポスカードポイントの貯め方

エポスカードのポイント(エポスポイント)は、VISAカードが使える店舗で買い物・サービスなどの支払いを行うほか、公共料金やドコモ・au・ソフトバンクなど携帯電話の支払いでエポスカードを使うことによって貯めることができます。


また、全国のマルイをはじめ、エポスカードと提携している店舗で買い物することでボーナスポイントを貯めることができます。

さらに、エディカードやスイカ、スタバカードなどの電話マネーのチャージにエポスカードを使うこともできますので、該当の電子マネーをよく使う方は、エポスカードを使えば効率的にポイントを貯めることができます。

エポスカードポイントの使い方

エポスカードのポイントは、エポスVisaプリペイドカードに移行したり、商品券やギフト券に交換したり、ネット通販の割引に使ったりすることができます。


▼エポスVisaプリペイドカードにポイントを使う

エポスVisaプリペイドカードは、国内・海外合わせて3,800万か所のVISA加盟店で利用することができるプリペイドカードです。このエポスVisaプリペイドカードにポイントを移行することができます。

ポイント交換単位 1ポイントから可能
交換までの期間 瞬時に反映
利用時のキャッシュバック 0.5%
利用可能店舗 国内・海外3,800万店

エポスVisaプリペイドカードの発行や年会費はもちろん無料です!発行には約1週間かかりますので、ご希望の方は早めにお申し込みください。

▼ネット通販割引にポイントを使う
エポスポイントは、ネット通販で利用した分の割引にも使うことができます。
1.ネット通販でエポスカードを使う
2.当月の請求分からポイントで割引

※このポイントサービスは、明細を郵送不要にしている方が対象になります。

<利用手順>
1.ログインし、「お支払予定額照会」画面で「ポイントで割引(ネット通販限定)」ボタンを押す。
2.ポイントを使いたい支払いを選択。
3.使いたいポイント数を入力します。
4.間違いなければ確定し、ポイント利用完了です。

エポスポイントのネット通販割引について詳細


▼エポスポイントを商品券・ギフト券に交換

エポスカードのポイントは、商品券・ギフト券に交換することができ、手数料は無料、約1週間程度で郵送されてきます。

エポスポイントが交換できる商品券・ギフト券は・・・


・マルイの商品券
・VJAギフトカード
・クオ・カード
・Amazonギフト券
・App Store&iTunesコード
・スターバックスカード
・アパホテルクーポン券
など

その他、エポスカードのポイントは、ANAやJALなどのマイルやauウォレットポイント、dポイントなど、他社のポイントに移行したり、様々なグッズとの交換、ユニセフやワールドビジョンジャパン、日本赤十字社などへの寄付に使うことが可能です。

このようにエポスカードのポイントは、様々なシーンで使うことができるので、大変便利です。

エポスカードの海外・国内旅行傷害保険

エポスカードVisaの海外旅行傷害保険

エポスカードVisaには、年会費が永久無料にもかかわらず、「海外旅行傷害保険」が付帯されています。例えば、エポスカードVisaを持っていれば、海外で病気になり入院したことになっても最高270万円まで保険金が支払われます。

保証内容は以下になります。

保険の種類 保険金額
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 270万円
傷害死亡・後遺障害 500万円
救援者費用 100万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円
賠償責任(免責なし) 2000万円
 

参考:EPOS Net 海外旅行傷害保険

また、海外旅行中に何かあった場合に、エポスカードVisaを持っていれば「緊急医療アシスタントサービス」を使うことができます。

エポスカードの緊急医療アシスタントサービスでは、医師や病院の案内、患者の日本への送還、救護者の渡航や宿泊案内など、日本語で対応してくれます。

エポスカードの緊急医療アシスタントサービスの電話番号は「0120-11-0101(24時間受付)」ですが、海外からの電話の場合、番号が異なりますので、以下をご覧ください。

エポスカード海外旅行保険事故受付センター

年会費無料の「エポスカードVisa」でこれだけの補償が受けれるのはかなりお得ですね。ちなみにエポスゴールドカード、エポスプラチナカードなら、もっと手厚い海外旅行傷害保険がついてきます。


※エポスカードVisaには家族への補償、国内旅行傷害保険は付帯していません。

エポスゴールドカードの海外旅行傷害保険

エポスゴールドカードの海外旅行傷害保険は、年会費無料の「エポスカードVisa」より補償が手厚くなります。
保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺傷害 最高1,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任(免責なし) 2,000万円
救援者費用 100万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円

「エポスカードVisa」とゴールドカードの違いは、「傷害死亡・後遺傷害」「傷害治療費用」「疾病治療費用」の3つの保険金額だけですね。

※エポスゴールドカードには家族への補償、国内旅行傷害保険は付帯していません。

エポスプラチナカードの旅行傷害保険

エポスプラチナカードの場合は、海外旅行傷害保険だけでなく、国内旅行傷害保険もついてきます。もちろん補償内容はエポスゴールドカードよりも手厚いです。


▼エポスプラチナカードの海外旅行傷害保険

保険金の種類本人家族
傷害死亡・後遺傷害最高1億円最高2,000万円
傷害治療費用300万円200万円
疾病治療費用300万円200万円
個人賠償責任(免責なし)1億円1億円
携行品損害100万円100万円
救援者費用200万円200万円
航空機遅延費用等2万円2万円
航空機寄託手荷物遅延等費用10万円10万円
 
▼エポスプラチナカードの国内旅行傷害保険

保険金の種類本人家族
死亡・後遺傷害最高1億円最高2,000万円
入院日額5,000円5,000円
手術保険金手術の種類に応じて入院日額の10、20、40倍手術の種類に応じて入院日額の10、20、40倍
通院日額3,000円3,000円
 
さすがプラチナカードの付帯保険ですね、かなり補償が手厚いです。

エポスプラチナカード旅行傷害保険詳細はコチラ


エポスカードの支払方法・支払日


エポスカードの支払方法


エポスカードの支払方法は、月々の口座引き落とし、エポスATM、その他、コンビニや銀行の提携ATMからの支払い、ネットバンキング(ペイジー)、マルイ各店、エポスカードセンターで支払うことができます。

エポスカードの支払日

口座引落し日 毎月4日、27日のどちらか
それ以外の支払方法 5日、10日、15日、20日、25日、30日

エポスカードの締日は、支払日によって異なります。締日について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

エポスカードの1回払い・分割払い・リボ払い

エポスカードでは、1回払い(一括払い)の他、ボーナス一括払い、分割払い(2回払い・3~36回払い)、リボ払いをすることが可能です。
1回払い 締め日の翌月に一括払い
ボーナス1回払い 夏または冬のボーナス月に一括払い
分割払い(2回払い) 締め日の翌月と翌々月の2回に分けて支払う
分割払い(3~36回払い) 3~36回の中から希望のお支払回数を指定
リボ払い 利用金額に関わらず毎月の支払額を一定にする
1回払いや分割払いなどを利用している方も、いつでもリボ払いに変更することができます。

リボ払いは、どんなにカードを利用しても、金額に関わらず毎月の支払額が一定になるので負担は少なくなりますが、返済期間が長くなり、利息を多く支払う方法になりますので、デメリットも知ったうえでご利用ください。

エポスカード 上乗せ・増額・全額払い(リボ利用時)

エポスカードでリボ払いしている際に、臨時収入などが入り、毎月の支払の他に、追加支払いしたり、全額支払いしたり、毎月のリボ払いを増額することができます。

追加で臨時支払いをしたい方は、エポスカードATM、提携ATM、エポスカードセンターで手続きを行います。

毎月のリボ支払い額の増額はエポスNetを利用することで手続きが可能です。


エポスカードでオートチャージ


エポスカードを利用すれば、モバイルSuicaや楽天Edy、エポスVisaプリペイドカード、スターバックスカード、auウォレットプリペイドカードにオートチャージすることができます。

使い方は、該当のアプリをダウンロードして、エポスカードの情報を登録するだけなので簡単です。スイカやEdyなどの電子マネーをよく利用する方は、エポスカードを利用してみてはいかがでしょうか?

エポスETCカード

エポスETCカードは年会費無料です。ETCカードは、高速道路をキャッシュレスで通行できるので便利なのはもちろん、エポスポイントもGETできるのでお勧めです。


また、エポスETCカードをETCマイレージサービスに登録すれば、高速道路利用料金に応じて、ETCポイントをGETして無料通行分として交換することも可能です。また、ETC割引制度等も利用することもできます。

ただ、最近の自動車やレンタカーでは心配することはほとんどありませんが、ETCカードは自動車に車載器を取り付けていないと利用することができないので、ご注意ください。

エポスETCカードは、クレジットカードと一緒に申し込むことができるので、是非、発行してみてください。

※エポスETCカードはエポスカード受け取り後に、発送されますので即日発行はできません。(約2週間かかります)

エポスETCカード詳細はコチラ

エポスバーチャルカード

バーチャルカードとは、ネットショッピングを安全に行うためのカードです。

エポスバーチャルカードは、インターネットショッピングする時に、通常のカード番号を使わずに、同様に利用できるカード番号をWEB上で発行するサービスです。

インターネットショッピング利用時に、不正アクセス等で、クレジットカードの番号が流出したり、不正利用されることは、よく聞く話ですが、エポスバーチャルカードを利用すれば、番号が流出しても、別のカード番号なので安心なのです。

また、インターネット通販を利用するたびに、利用金額を設定できるのでなお安心です。

エポスバーチャルカードを利用するには、エポスカードの発行及び、エポスNetの登録が必要です。その他、エポスバーチャルカードの詳細は以下をご覧ください。

エポスバーチャルカード詳細はコチラ


エポスカード ATMについて


エポスATMやコンビニや銀行などに設置してあるエポスカード提携ATMを利用すれば、クレジットカード利用分の支払いや、キャッシング枠を使ってお金を引き出したり、返済することが可能です。

利用するATMによっては、手数料が発生することもあるのでご了承ください。また、借り入れのみで返済ができない提携ATMもあるのでご注意ください。

ATM 借入単位 返済単位
エポスカードATMコーナー 千円 1円
セブン銀行ATM 千円 千円
Enet(ファミリーマートなど) 1万円 千円
ローソンATM 千円 千円
三菱UFJ銀行ATM 千円 1円
三井住友銀行ATM 千円 1円
ゆうちょ銀行ATM 1万円 千円
イオン銀行ATM 千円 千円
横浜銀行ATM 千円 1円

その他、エポスカードのキャッシングと返済は、北海道銀行や滋賀銀行、中国銀行、北洋銀行、八十二銀行、南都銀行などで利用できます。

エポスカードATMの詳細はコチラ

エポスカードのショッピング枠(限度額)を一時増額する

エポスカードは契約時に審査によってショッピング枠(限度額)を一時的に増額することが可能です。「ブライダル」や「海外旅行」「引っ越し」など高額なカード利用が予定されている場合、一時的な増額申請を行うことができます。


エポスカードのショッピング枠一時増額申請は、会員サービス「エポスNet」にログインして申し込みます。

ブライダルの場合は、審査に1週間程度、ブライダル以外の場合は審査に2~3日かかります。クレジットカード発行の時のように即日で審査結果が出るわけではないので、予定が決まっている方は早めに一時増額申請を行ってください。

※一時的な増額は、エポスカードによる審査があり、必ず通るわけではないのでご注意ください。

エポスカード一時的な増額についての詳細

エポスカードのスマホアプリ

エポスカードではスマホ公式アプリを用意しています。

クレジットカードの利用状況、キャッシング枠の利用状況、エポスカードのポイント残高、キャンペーン情報などを手軽にチェックしたり、ゲームを楽しむことも可能です。

ログインは、簡単&安全な指紋認証やオートログインなどを設定することができるので便利です。

さらにアプリにしかないサービスが「ギフト」サービスです。エポスカードアプリの「ギフト」サービスは、ギフトを選んで、メッセージを添えて送ることができます。

自宅にいるときは、パソコンなどでエポスカード会員サービス「エポスNet」を利用すると便利ですが、出先などで利用する時は、スマホアプリが便利です。

iPhoneも、Androidも両方用意してありますので、是非アプリをご利用ください。


エポスカードを紛失!落としてしまったら?


エポスカードを落としてしまったり、紛失してしまったらすぐにエポスカード紛失受付センターに電話してカードを止めて、必要な場合はエポスカードの再発行を行いましょう。。

【03-5340-333】※24時間受付

カードの紛失盗難で各国から電話する時は以下をご覧ください。

海外でのエポスカードの紛失・盗難のお問い合わせ

もし、エポスカードの紛失・盗難にあって、不正利用された場合は、届日を含めて、61日前まで遡り、それ以降の不正利用分が保障されます。

エポスカードの解約・退会方法

エポスカードの解約・退会は、エポスカスタマーセンターに電話することで簡単にできます。
東京 03-3383-0101
大阪 06-6630-0101

エポスカードの解約・退会は、インターネットやメールでは行えませんので必ず上記に電話してください。

ただし、支払いが残っている場合は、解約・退会できませんので、ご注意ください。また、貯まっているエポスポイントは失効してしまうので、なるべくポイントを消費してから解約・退会することをお勧めします。

※エポスVisaプリペイドカードの残高は、エポスカードの解約・退会しても失効せずに利用することが可能です。

エポスカードのキャッシング枠でお金借りる方法

エポスカードは、買い物などで使うショッピング枠の他に、キャッシング枠が用意されていますので、ATMなどからお金を借りることが可能です。
利息 実質年率18.0%
無利息サービス あり
即日融資 可能
海外キャッシング 可能
借入方法 ATM、口座振込

エポスカードは即日融資が可能

エポスカードは、インターネットで申し込んで、近くのマルイでカードを受け取ることにより、即日発行が可能です。キャッシングも即日利用することができるので、急いでお金を借りたい方におすすめです。


マルイで即日カードを受け取ったら、エポスカードATMか、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどに設置してあるコンビニATM、その他、三菱UFJ銀行や三井住友銀行のATMでなどでキャッシングできます。

特に、コンビニATMは原則24時間利用することができますので、銀行の営業が終わった後でもATMからお金を借りることができます。

エポスカードでお金借りる際の金利は?

エポスカードのキャッシング枠でお金を借りる場合の金利は「実質年率18%」になっています。これは大手消費者金融と同水準の金利で、中小の消費者金融に比べると若干安い金利になっています。


銀行カードローンの場合は、金利が15%前後の所が多いので、それに比べるとやや不利な利息になりますが、銀行カードローンは審査が厳しい点と、即日融資が不可な点がデメリットになります。

エポスカードの30日間無利息サービス

エポスカードでキャッシングした場合、はじめての利用なら最大で30日間金利0円でお金を借りることができます。

アコムプロミスアイフルなど、大手消費者金融のカードローンでは、無利息サービスを実施しているのは珍しくはありませんが、クレジットカードのキャッシングで無利息サービスを行っている所は少ないです。

エポスカードの金利0円サービス詳細

エポスカードの場合、金利0円サービスの期間中に全額返済できれば、無利息でお金を借りられることになりますし、無利息期間が過ぎたとしても、期間中は利息が0円の為、お得に借り入れができます。

エポスカード お金の借り方

エポスカードのキャッシング枠でお金を借りる場合は、エポスカードATMか、コンビニや銀行などの提携ATMで現金を引き出す借り方と、振り込みによる借り方の2種類があります。


ATMは全国各地にある、セブンイレブン設置の「セブン銀行」、ローソン設置の「ローソン銀行」、ファミリーマート設置の「Enet」、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、イオン銀行ATMなどを利用できるので、お金を借りるのに非常に便利です。

銀行口座に振り込んで借入する方法は、電話(0120-0101-25 ※24時間)とNetキャッシングを利用します。「Netキャッシング」の場合は、会員サービス「エポスNet」にログインして、スマホやパソコンから24時間申し込むことが可能です。振込時間は下記になります。

<平日>

申し込み時間振込時間
0:00~8:59当日9時以降
9:00~14:29最短数十秒
14:30~23:59翌金融機関営業日の9時以降

土日祝日の申込みは「翌金融機関営業日の9時以降」の振込になります。

※振込手数料は無料です。

エポスカードなら海外でもお金借りることができる

エポスカードを持っていれば、海外の提携ATMで、現地通貨でお金を借りることができます。空港などで手数料を支払って両替したり、海外で大金を持ち歩く必要もないので、エポスカードの海外キャッシング機能はとても便利です。


海外で現地通貨を両替するよりも、海外でキャッシングした方が、手数料等がお得になることもありますので要チェックです。

海外の利用できるATMは、空港や繁華街に設置してある「VISA」「PLUS」マークがついているATMです。

海外ATM一覧


エポスカードのキャッシング 返済方法


エポスカードでお金を借りた場合、返済方法は月々の返済額が一定の「リボ払い」、もしくは1回払い(利息も含めた一括払い)になります。

リボ払いで返済する場合は、毎月、一定額が支払口座から引き落とされます。この一定額は繰り返しキャッシングしてお金を借りても変更されず、支払期間がどんどん伸びていきます。

月々の返済は一定額なので負担は少ないですが、リボ払いの場合は、支払う利息の総額が高くなりますので、その点はご注意ください。

エポスカードなら繰り上げ返済も可能

エポスカードの場合、ATMやインターネット返済(ペイジー)を使って、繰り上げ返済することも可能なので、支払う利息を少しでも減らしたい方は、それらを使って繰り上げ返済するようにしてください。


ただ、繰り上げ返済を頑張りすぎて、月々の返済額が引き落としできない場合は、遅延損害金が発生する場合もありますので、繰り上げ返済は計画的に行ってください。

返済シミュレーションはコチラ


エポスカードのキャッシング枠を増額してお金を借りたい


エポスカードのキャッシング枠は、増額申請することができます。増額の申込みは、スマホやPCから会員サービス「エポスNet」にログインして行います。増額申請はマルイの店舗やエポスカードカスタマーセンターでは行っていません。

増額の審査結果は、1週間以上出ない時もありますので、早めの申込みをおすすめします。もちろん、審査の結果、キャッシング枠の増額ができなかったり、希望額まで増額が届かない場合、逆にキャッシング枠が減額になる場合もあるのでご了承ください。

また、希望増額枠によっては、審査時に収入証明書が必要になる場合もあります。なお、貸金業法の総量規制で年収の3分の1以上の借入は禁止されていますので、それ以上のお金を借りたい方は、総量規制対象外の、銀行でお金を借りるようにしてください。


エポスカードの審査について


エポスカードの審査申込み資格は「18歳以上であること※高校生は不可」です。年収額がいくら以上とか、アルバイト・パートはNGとか記載されていないですし、学生でも申込み可能なクレジットカードなので、それほど審査基準は厳しくはないことが想像できます。
また、クレジットカードの種類としては「流通系」になりますので、銀行系などに比べると審査基準は緩いです、

ただし、無職の方や、カードローンや他のクレジットカードなどの返済を延滞している方、過去に自己破産や任意整理など債務整理した金融ブラックの方は、いくら審査が緩いエポスカードでも審査に落ちてしまうでしょう。

また、年収が低いにも関わらずに、クレジットカードを複数持っていたり、消費者金融のローンカードを複数所持している方も審査には通りづらいでしょう。これは、総量規制があるのが1つの理由です。

株式会社エポスカードは貸金業者なので、年収の3分の1以上の貸付ができない為です。複数のクレジットカードやローンカードの総キャッシング枠が年収の3分の1以上になる場合は、審査に通りづらいのです。

在籍確認について

エポスカードに申し込むと在籍確認が行われます。これは、クレジットカード申込み時に記載した勤務先の情報が本当なのか?確認する為の作業です。


これは、その勤務先に在籍が確認できればOKなので、本人が不在でも大丈夫です。

エポスカードのスタッフは、個人名で在籍確認の電話を行い、「○○さんはいらっしゃいますか?」という風に言いますので、不在でも「○○は席を外しています」「○○は外出中です」「○○は本日お休みです」と答えてくれれば在籍確認としてOKなのです。

ただ、この在籍確認ができなかった場合は、クレジットカードの審査がかなり不利になりますので覚えておいてください。

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報