今すぐ5万円借りる方法

給料日前に急に結婚式など思わぬ出費によって生活費が足りなくなるケースもあると思います。

そんな時には、大金ではなく「5万円くらいあったら助かるな」などと少額のプラスアルファが欲しくなります。今回は、ちょっとした金額だけど足りない・・・という時に今すぐお金を借りる方法を紹介します。

5万円借りたい時の手段は?

5万円くらいのお金を借りたいという場合には、大金を借り入れするよりも選択肢は多くなります。今あるものでお金を調達することもできるため、手間や時間もかからず、即日の借り入れも可能です。


消費者金融のカードローンで5万円を即日融資


消費者金融は、キャッシングやカードローンをスピーディに始められる貸金業者です。銀行でもカードローンはありますが、審査が厳しかったり借り入れまでに時間がかかる傾向となっています。

そのため、今すぐ5万円を借りたい方は「消費者金融」のカードローンがおすすめです。

消費者金融の審査は比較的柔軟なことが多く、5万円など少額融資であればより通りやすくなります。年収や勤務形態などによっては高額融資は通らないことも多くなりますが、5万円程度の場合にはパートアルバイトなど非正規雇用でも審査通過のチャンスがあります。

審査通過できれば、ATMや振込で、今すぐ5万円を借りることができます。


手持ちのクレジットカードのキャッシング枠で5万円を借りる


クレジットカードはショッピングでの利用がメインですが、全体の限度枠のうちの一部を使ってキャッシングできることがあります。クレジットカードは、ショッピング枠の中にキャッシング枠が設定できるようになっており、5万円程度ならカードローンのようにお金を借りることが可能です。

キャッシング枠の申し込みは契約時にもできますが、ネットのマイページなどからでも設定や変更が行えます。キャッシングを使ったことのない人も契約時にいくらかの設定をしている場合もあるので、確認してみると良いでしょう。


家族や友人などから5万円を借りる


5万円程度の金額は、貸金業者でなくとも準備することはできるものです。そのため、親や友人などから5万円を借りようと考える人もいます。他人からお金を借りる場合には、その人との信頼関係と言い訳が必要です。親しい人であれば信用してお金を貸してもらえる可能性が高くなります。

5万円借りる際に注意したいことは?

5万円を借りる場合、いくつかの手段はありますが、それぞれの手段には注意したい点があります。お金を借りられる可能性を高めるための注意点とともに、借りた後の注意点も紹介します。

お金を借りるということは、返済しなければいけないということです。返済についても良く考えて、借りましょう。

クレジットカードを使って借りる時の注意点

クレジットカードで5万円を借りる時にはキャッシング枠を使います。このキャッシング枠は、あくまでも全体の枠の一部であり、ショッピングで枠を使い切っている人は利用できません。

クレジットカードをショッピングでも活用している人は、キャッシング枠が残っているかを確認してから利用しましょう。

また、クレジットカードのキャッシング枠も、カードローンと同じく貸金業法という消費者金融などが守るべき法律に則って作られています。

そのため、自分に収入が全くない場合には、総量規制というルールによってキャッシングは利用できなくなってしまいます。働いていない人は、クレジットカードの利用は向いていないといえます。

消費者金融のカードローンで借りる時の注意点

新規でカードローンを使う場合には、審査に通過する必要があります。審査は5万円など少額になるほど通りやすくはなりますが、落ちる可能性だってあるものです。そのため、審査の申し込みは慎重に行い、できるだけ通りやすい環境を作ることが大切です。

一度に複数の消費者金融に申し込んだり、嘘の情報を入力するのは審査に落ちる原因になります。消費者金融では、それぞれの貸金業者が信用情報機関で申し込みや契約者の情報を共有しています。申し込みをしていることは他社にも筒抜けとなっており、複数社に同時に申し込むと警戒されます。また、他社で借り入れしていることを隠したり、ごまかしたりしてもばれてしまい、審査に落ちやすくなります。


家族や友人からお金を借りる時の注意点


友人知人や親類縁者などにお金を借りるのは簡単そうですが、実は一番難しいかも知れません。貸す方は業者ではないため、5万円程度の少額でも、不満が残ったり後々のトラブルに発展するリスクがあります。

例えば友達にお願いした場合、同情や気遣いで快くお金を貸してくれることばかりではなく、断りきれなくてしぶしぶ5万円を貸しているかも知れません。

返済をきちんとしたとしても、わだかまりが残って以前のような関係ではいられなくなることもあります。思わぬ事態で返済が滞ったら、さらに人間関係はおかしくなります。友人に返済を求められない人は多く、高い確率で人間関係にヒビが入ります。

5万円を人に借りるなら、叱られることはあるでしょうが、親から借りるのが最も安全です。親であれば叱っても最終的には損得なしで子供のために動いてくれるでしょう。

利息がかかることを忘れずに

消費者金融などの貸金業者から借りれば当然、利息がかかります。消費者金融では最大18パーセントとなっており、短期間でも、たとえ1日でも利息がつきます。

無利息期間がある消費者金融もあるので、できるだけ利息を減らせる方法を探してみましょう。友人などから借りる場合にも利息、もしくはお礼することを忘れないように。


今すぐ5万円を借りる「まとめ」


5万円程度なら、借り入れ審査も比較的通りやすく、貸金業者以外でもお金の準備がしやすい金額です。そのためいくつもの方法がありますが、実際に利用する場合にはそれぞれに気をつけるべきことがあります。急いで5万円を借りたい場合にも、失うものを最小限に留められる方法を選びましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融