今すぐ10万円借りる方法

冠婚葬祭・医療費など急な出費で、今すぐ10万円を用意しなければならない!でも給料日までそんなお金を用意できない!

友人に10万円を借りるわけにはいかない、家族にも10万円の借金を申し込むわけにはいかない、そんな状況になったとき、、消費者金融・銀行のカードローンを利用すれば、当日中に10万円を借りられる可能性はあります。

ただ、誰にでも無条件に10万円を貸付しているわけではなく、消費者金融や銀行の審査基準をクリアしなければなりません。

この記事では、今すぐ10万円を用意する方法について徹底解説していきます。

すでに消費者金融・信販会社でお金を借りている人は要注意

今現在、他社消費者金融・信販会社でお金を借りている人は、場合によっては10万円を借りることはできません。

※信販会社(クレジットカード会社)はキャッシング枠を意味します。

というのも、消費者金融・信販会社は貸金業法の総量規制対象の貸金業者になります。

貸金業法の総量規制とは、年収の1/3以上の融資を禁止した法律で、大手消費者金融・中小消費者金融・信販会社関係なく適用されてしまいます。

したがって、今現在他社で年収の1/3に達した融資を受けている人は、新たに消費者金融・信販会社の審査を受けても通ることはありません。

ただし、銀行提供の銀行系カードローンは、総量規制対象外になりますので、年収の1/3に達した借入をしている人でも借りられる可能性はあります。

また、自身で収入を得ていない専業主婦の方も消費者金融では借りられないため、銀行系カードローンを選ぶしかありません。


即日融資対応のカードローンを選ぶ


今すぐ10万円借りたい人は、即日融資に対応しているカードローンを選ばなければなりません。

以下に即日融資対応の主要カードローンを紹介します。

<消費者金融カードローン>
・アコム
・アイフル
・プロミス
・モビット
・ノーローン

<銀行カードローン>
・新生銀行カードローンレイク
・三菱東京UFJ銀行バンクイック
・三井住友銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン
・楽天銀行スーパーローン

上記で紹介した消費者金融カードローンも銀行カードローンも即日融資に対応しています。

ただし、銀行カードローンは対象銀行の普通預金口座を開設していなければ、即日融資不可といった条件を提示していることもあります。

また、銀行カードローンは最高限度額や金利面で魅力がありますが、消費者金融カードローンに比べ一般的に審査が厳しいです。

したがって、とにかく即日融資で、審査に通ることを先決するのであれば、消費者金融カードローンを検討するべきでしょう。

消費者金融カードローンは即日融資の方法が幅広い


近頃のカードローンはインターネットを介したWeb契約が主流です。

Web契約は、店舗窓口に足を運ぶ必要がなく、パソコンやスマートフォンがあれば審査から振込融資まで完了できます。

しかし、振込融資は銀行営業時間の関係で、当日中に審査は完了しても融資は翌営業日に持ち越されることもあります。

基本的に銀行は15時以降の振込依頼は翌営業日に回していますので、昼頃に審査申し込みをした人は、融資は翌営業日になってしまうこともあり得ます。

※また、各貸金業者の定めた時間(例:14時30分までに振込依頼など)に振込依頼をしなければ、強制的に翌営業日振込になります。

したがって、Web契約以外の契約方法を用意している貸金業者であれば、振込融資以外の方法を利用できる可能性があります。

即日振込融資に間に合わないケースでは、自動契約機で専用ローンカードを発行してもらえば、24時間ATMで借入することができます。もちろん10万円の即日融資も可能です。

大手消費者金融は、自動契約機を全国規模で設置しています。
※銀行カードローンで全国規模の自動契約機を設置している業者は、新生銀行カードローン「レイク」くらいです。

自動契約機の営業時間は各消費者金融によって異なりますが、22時まで営業しているところが多いです。

大手消費者金融 自動契約機の営業時間
アコム8時~22時
アイフル8時~22時
プロミス9時~22時

※一部地域の自動契約機の営業時間は異なります。

しかし、近所に自動契約機の設置がない場合は、どうすればいいのでしょうか。

実は、アコムは楽天銀行の口座を所有していれば24時間振込融資に対応していますし、プロミスは三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を所有していれば24時間振込融資に対応しています。

特定銀行の口座を所有している人は、アコム・プロミスを検討してみるべきでしょう。


今すぐ10万円借りる方法「まとめ」


以上に解説してきましたとおり、当日中に10万円を借りる方法はあります。
以下にこ重要ポイントをカンタンにまとめました。

・貸金業法の総量規制対象者は即日融資対応の銀行カードローンを選ぶ
・貸金業法の総量規制対象外の者は即日融資対応の消費者金融カードローンを選ぶ
・自動契約機が全国区の消費者金融は夜でも即日で10万円借りれる
・特定の銀行口座を所有していれば24時間振込融資で10万円借りれる貸金業者もある

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融