> >> 今すぐ1万円借りる方法!緊急で必要な方

今すぐ1万円借りる方法!緊急で必要な方

「結婚式の2次回に急に呼ばれた。ご祝儀代でどうしても1万円たりない...」

「買い物をしすぎて家賃の支払いがピンチ...1万円どうしても足りない...」などなど、普通に生活をしていても1万円がどうしても足りない!という事態は考えられます。

今回は「今すぐ1万円必要!」という方向けに、緊急でお金を借りる方法、すぐに1万円を用意する方法を解説します。

☆今すぐ1万円が必要な方におすすめのカードローン

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可

今すぐ1万円借りる方法

今すぐ1万円のお金が必要!という時は、まずはお金 借りるのが基本となります。

重要なのは「1万円を誰から借りるか?」ですが、できるだけ早くお金を用意する必要があるという場合は選択肢は次の2つになります。

①金融機関(カードローン)で1万円借りる
②クレジットカードのキャッシング枠で1万円借りる
③親族や友人に1万円借りる

以下で順番に説明させていただきますので、参考にしてみてくださいね。


①金融機関(カードローン)で1万円借りる


正社員や契約社員、派遣社員、アルバイト・パートとして仕事をしている人が1万円だけ借りたい場合、おすすめなのはカードローンを使った即日融資です。

1万円を借りる先は消費者金融か、銀行のカードローンということになります。

「消費者金融ってサラ金?なんか怖いイメージがある...」という方も少なくないと思いますが、数年前に利息制限法や貸金業法という法律が改正されてからは、この業界もかなりクリーンになっています。(※特に大手の消費者金融は上場企業ですしまったく心配ありません)

消費者金融に抵抗がある方は、普段から使っている銀行(三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行など)などのカードローンや、急ぎに対応した銀行系の消費者金融のプロミスやアコムで1万円を借りるのも良いかと思います。

1万円の即日融資の申し込みはスマホで簡単、誰にも知られずにお金を借りることも可能ですよ。

1万円程度ならアルバイト・パート程度の収入でも借りることはさほど難しくないので、審査に申し込んでみてください。

以下ではすぐに1万円を必要としている方におすすめのカードローンや、借り入れの条件、お得に1万円を借りる為の情報を記載していきます。

即日で1万円借りる為には

即日融資で1万円借りる為には、審査スピード、即日融資に対応したカードローンを選ばなくてはいけません。

普通の銀行カードローンや中小の消費者金融だと、即日融資に対応したカードローンを提供している所は少ないのが現状です。

1万円をすぐに借りたい場合は、アコムプロミスSMBCモビットアイフルなど大手の消費者金融のカードローンを利用するのがおすすめです。

これらの大手消費者金融は、基本的に14時までに審査が完了していれば、指定口座に1万円を即日融資してもらうのも可能です。

また、スマホなどインターネットで申し込んで、カードを自動契約機で発行し、併設されているATMで1万円をキャッシングする方法もあります。ATMのキャッシングなら大手消費者金融の場合、だいたい21時くらいまで借入可能です。

ちなみに、当サイトでおすすめしているプロミスのカードローンは、即日融資可能(最短1時間融資)で、ATMの数も業界TOPクラスなので、急いで1万円を必要としている方におすすめです。

30日間無利息で1万円借りる方法

カードローンで1万円を借りる場合は、利息を支払わないといけません。これは当然なのですが、大手消費者金融の一部では、無利息サービスを実施している所があります。

代表的なのが、アコムプロミスアイフルです。

この3つの消費者金融のカードローンは、30日間無利息です。30日以内にお金を返済すれば利息は0円です。特に一時的にお金を借りたい方にはおすすめのサービスです。

無利息サービスの対象は、はじめて、その消費者金融を利用する方です。

1つだけ特徴がちがうのは、アコム、アイフルは契約日から30日間無利息なのに対し、プロミスは借入日から30日間無利息になります。アコム、アイフルは契約して、借り入れが3日後になると、無利息期間は27日になりますが、プロミスは30日間無利息になるので有利に1万円を借りれることになります。

プロミスの無利息サービスについては以下をご覧ください。

内緒で1万円を借りたい方は

内緒で1万円を借りたい方におすすめなのが、プロミスSMBCモビットです。

この2つのカードローンは、WEB完結で、カードレスで郵送物なしで1万円を借りることができるので、一緒に住んでいる家族に内緒で申し込みやすいのが特徴です。

さらにSMBCモビットの場合は、職場への電話連絡もナシに設定できるのでさらにプライバシーが守られやすいです。

ただ、在籍確認の電話は、非通知で個人名でかけてきますので、それほど神経質にならないでも大丈夫です。職場の方にはクレジットカードを作ったと言っておけば問題ないと思います。

1万円借りる際の金利について

消費者金融のカードローンで1万円を借りる場合は、大体上限金利の18%で、銀行カードローンの場合は15%くらいです。やはり銀行カードローンで1万円を借りた方が金利が安いのですが、「審査が厳しい」「即日融資に対応していない」「無利息サービスがない」などのデメリットもあります。金利の安さだけでなく、トータル的なメリット・デメリットを考えて、1万円を借りるようにしてください。

ちなみに、大手消費者金融の上限金利が1番低いのは「プロミス」です。

1万円を借りる為の条件

1万円程度でも、お金を借りる為の条件として「安定した継続的な収入がある」というのが重要になってきます。これは銀行でも消費者金融でも同じです。

ですが、安定した継続的な収入があれば、年収が低くても大丈夫で、雇用形態は正社員や公務員でなくても、アルバイト・パートでもOKです。

担保・保証人は必要ありません。

また、1万円を借りる為には、必要書類の提出も必須です。1万円程度の借入なら運転免許証で大丈夫です。スマホでカードローンに申し込む場合は、カメラ機能を使ってアップロードすることにより提出することが可能です。自動契約機で提出する場合は、スキャナーがあるので、それを利用して必要書類を提出します。

運転免許証がない方は、保険証やパスポート及び、住所がわかるような書類があれば代用できます。

お金を借りる理由(利用使途)は、カードローンの場合、基本的に自由です。
例えば・・・

・冠婚葬祭で急に1万円必要になった
・給料日まであと1週間、生活費が足りない
・パチンコや競馬で負けてしまって1万円足りない
・急に飲み会に誘われて1万円足りない
・携帯電話の通話料が支払えない
・クレジットカードの支払いができない

などなどOKです。

※過去に返済を滞納したり、債務整理したことがある方などは、審査に落ちてしまう可能性もあります。まずは大手消費者金融のお試し診断で確かめてみることをお勧めします。
※審査は夜間に行っていませんが、審査は申込み順です。翌朝スムーズに1万円を借りたい方は、夜の内ににインターネットから審査の申込みをしておくことをお勧めします。

手数料が無料のATMを利用

1万円を借りるときに、振込による融資の場合は、手数料は金融会社負担が多いので大丈夫なのですが、ATMからキャッシングする場合は、場合によって手数料がかかってくることがあります。

ATM手数料がかかる場合はだいたい「108円」です。

例え少ない金額でも節約したい方は、手数料が無料になりうATMを利用してください。これは銀行や消費者金融によって違ってきますので、必ず確認しましょう。

手数料が無料になる提携ATMの数が業界TOPクラスのプロミスがおすすめです。

②クレジットカードのキャッシング枠で1万円借りる

クレジットカードを持っている方は、キャッシング枠をチェックしてみてください。もしかしたらキャッシング枠がついているかもしれません。

1万円程度なら、すぐに提携ATMでキャッシングできる可能性があります。

もし、キャッシング枠が0円だったとしても、クレジットカード会社に電話して申請すればキャッシング枠をもらえる可能性もあります。

ですが、審査に時間が掛かってしまい、すぐに1万円を借りることができなかったり、審査に落ちてしまうことも考えられるので、その辺は理解しておいてください。

※キャッシング枠とショッピング枠は合算されますのので、ショッピング枠を目いっぱい使っている方はキャッシングできないので注意してください。
※クレジットカードのショッピング枠の現金化は、規約違反なので例え1万円でも絶対にやめてください。

③親族や友人に1万円借りる

今すぐ1万円が必要という場合、親族や友人からお金を借りることも考えられます。

金融機関以外の親族や友人からお金を借りるメリットとしては利息の負担が必要ないことが挙げられます。

ただし、その分相手に「お金に困っている」ということを知られてしまうという精神的なストレスが発生することは避けられません。

普段からの付き合いがない相手にお金を借りることを頼んで断られたりすると非常に悔しい思いをすることになりますし、お金を借りることに成功しても今まで通りの関係性で付き合えるかどうかはケースバイケースといわざるをえません。

1万円程度でも、どうしても「以前にお金を借りた人、貸した人」という関係性になってしまいますから、場合によっては友達づきあいがしにくくなるということも覚悟しておきましょう。

④緊急小口資金貸付を利用する

急にお金が必要になった時、親や友人からお金を借りれたり、貯金を取り崩して工面できれば良いのですが、貯金がなかったり、頼る人がいない方は、「緊急小口資金貸付」を利用るのも手です。

しかし「今すぐ1万円必要だ!」「すぐに1万円借りたい!」という方には適していません。

緊急小口資金は、生活困窮者がお金を借りれる制度で、市役所などで実施しています。

緊急小口資金は、医療費が急に必要になったり、給料が盗まれたり、急に会社を解雇されたり、不測の緊急事態になってお金が必要になった方が対象です。

カードローンの場合、1万円の利用目的、お金を借りる理由は問われませんが、緊急小口資金貸付の場合は理由が問われますので、利用できそうな方は検討してみてはいかがでしょうか。

できるだけ入金が早い方法で1万円稼ぐ方法まとめ

日払いのアルバイトで1万円稼ぐ

東京都の最低時給は958円です。(平成29年10月1日現在)この最低賃金では11時間働いてやっと1万円を稼ぐことができます。ただこれは最低時給なので時給1300円の日払いのバイトなら、8時間で1万円を稼ぐことも可能です。

日払いのバイトでよくあるのが「ティッシュ配り」や「交通量調査」「引っ越し」「イベントスタッフ」などですね。これらは時給も割と高くよく募集していますので、応募してみてはいかがでしょうか?

ただ、応募したその日に採用され、その日に仕事をして、即日で1万円を稼ぐのはちょっと難しいかもしれません。

やはり今すぐ1万円が必要な場合、カードローンで借りるのが手っ取り早いかもしれませんね。ですので、まずは「カードローンで先に1万円を借りて」その後「日払いのバイトで返済する」というのが賢い方法でしょう。

すぐに返済するなら、30日間無利息、即日融資可能なプロミスがおすすめです。

不用品をオークションで売る

オークションは、今すぐ1万円を用意するのには適さない方法ですが、効率よく1万円を用意するにはおすすめの方法です。

どうしても、出品、落札、振込などの工程があるので、時間はかかりますが、リサイクルショップや質屋などリアル店舗で買い取ってもらうよりも高額で売れる傾向があるのが大きなメリットです。

ヤフオク

オークションで代表的なのがヤフオクですね。手数料等かかりますが、参加者も多いので高額で落札される可能性が高いです。条件を満たせば翌営業日には振込されますので公式サイトで確認してみてください。

メルカリ

フリマアプリ「メルカリ」です。スマホで簡単に出品でき、数分で鵜理解できます。メルカリは、売買システムもしっかりしていますし、支払方法も多彩、出品も無料なので1万円用意するのは意外と簡単かもしれません。

不用品を店舗に売りに行く

自宅の不用品をリサイクルショップ、質屋などリアル店舗に売って1万円を用意する方法です。オークションとは違って、その場でお金をもらえるので急いで1万円を用意したい方にはおすすめの方法です。

CDや本、家具や家電、バッグなどのブランド品等、不用品があったら買い取ってもらったらいがでしょうか。

しかし、ヤフオクやメルカリに比べると売却金額が低い傾向があります。手間がかけられ、少し時間的に余裕がある方は、ネットなどのオークションで1万円を作った方が良いでしょう。

その他、1万円を用意する方法

上記で説明したように、インターネットを使えば、単発でお金を稼ぐのもかなり簡単になってきています。

ヤフーオークションやメルカリを使えば不用品を誰かに買い取ってもらうことが可能ですし、ブログやフェイスブックで人が集まる媒体を持っている人であればアフィリエイトなどもおすすめで、1万円程度なら十分稼げる可能性があります。

クラウドワークスやランサーズといった「お仕事募集系」のクラウドサービスにはいろんなお仕事募集がかけられていますから、その中から自分の得意分野で仕事を受注してみるのも良いでしょう。

その他にも、自動車を買取業者に買い取ってもらったり、PIXTAなど写真販売サイトやココナラを使ったり、商品のモニターなどなど、1万円を用意できるサービスや仕事はありますが、注意してほしいのが「入金がいつなのか?」という点です。

クラウドワービスの場合は基本的に15日締め切りの月末払い(例えば1月1日~1月15日までに稼いだ分が1月31日にまとめて支払われるなど)といった形になりますから、「今すぐにお金が必要」という場合には注意が必要です。

入金までは数日~1週間程度はかかってしまうのが普通ですから、すぐにお金が必要!という場合には、カードローンで先にお金を借りて、上記で説明した方法でお金を稼ぎ、返済に充てるのが良い方法だと思います。

カードローンでおすすめなのは、30日間無利息、即日融資可能なプロミスです。

カードローンでお金を借りる際の注意点

上で説明させていただいたように、今すぐに1万円借りる方法としておすすめなのは即日融資に対応したカードローンです。

カードローンで1万円を借りる場合、注意点がありまので説明いたします。

定期的な収入があるのが前提

まず、消費者金融や銀行のカードローンを利用できるのは「正社員やアルバイト・パートなど安定した継続収入がある人」が基本です(後で説明するように専業主婦の方も例外的にお金を借りることができます)

即日融資を利用すればその日のうちに指定した銀行口座にお金を振り込んでもらうことも可能ですが、融資審査では勤務先にちゃんと在籍しているかどうかの電話確認が必須になりますから、できれば午前中にインターネットから申し込みを済ませておくようにしましょう。


専業主婦の場合


専業主婦の方の場合、旦那さんの収入で生活しているのが普通でしょうから、自分自身の名義では収入がないことがネックになります。

ただし、金融機関側としても「専業主婦ということは、夫の収入があるはず」ということで審査に通してくれる可能性もあります。

最近では専業主婦の方専用の借入窓口(銀行カードローンに多いです)が用意されていることも多いです。

消費者金融で借りる場合には夫の了承が必要になりますが、銀行カードローンなら妻名義で夫にも内緒で借りられるケースもありますから、「夫にはお金を借りようとしていることを知られたくない」という方は銀行カードローンを選択するようにしましょう。

1万円程度なら限度額が低くなりがちな専業主婦でも、十分に借りれる可能性があります。

例え1万円でも闇金から借りるのはNG

カードローンと闇金はまったく違うので混同しないでください。

特に自己破産や任意整理など債務整理をした方、延滞など金融自己を起こした方、多重債務者にダイレクトメールなどで近寄ってくるのが闇金です。

「審査なし」「審査が甘い」「ブラックOK」など魅力的な言葉を並べてお金を貸しますが、例え1万円でも絶対に闇金から借りないでください。

法外な金利、強引な取り立てなどやりたい放題です。万が一借りてしまったら弁護士などに必ず相談してください。

闇金については以下に記載しましたので宜しければご覧ください。



例え1万円でも個人間融資 掲示板は利用しない

カードローンを利用できない方に多いのですが、「1万円程度だから個人間融を使ってみようかな」など安易な考えて個人間融資掲示板を利用するのは絶対にやめましょう。

「1万円貸してください」と書き込んで返事をしてくるのは、上記でも解説した「闇金」である可能性が高いです。闇金でなかったとしても犯罪に巻き込まれたり、逆にお金をだまし取られたり、危険が潜んでいるのが個人間融資掲示板です。

利息の負担額を知っておこう

消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借りる場合、利息の負担が発生します。1万円程度の借金でも利息は馬鹿にできません。

利息の負担は「貸付利率」という形で必ず説明がありますから、負担率がどのぐらいなのかは必ずチェックしておくようにしましょう。

利息の負担については利息制限法という法律があり、借入額が10万円までの場合は上限利率は20%となっています(これ以上の利息をとると金融機関は処罰されます)

どんなに高い利息であっても1万円までの借り入れであれば年間で発生する利息は2,000円(1万円×20%)ということになります。

これは年利率ですから、たとえば利息20%で1万円借りたけれど、翌月には全額返したという場合には、発生する利息は2000円÷12ヶ月=166円ということになります。

例え1万円でも返済計画を立てる

銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りた場合、当然利息と元金を支払わなければなりません。「1万円借りただけだから大丈夫」なんて軽く考えないでください。もしかしたら、今回作ったローンカードで、もっと大金を借りる可能性もあるので、現在、借金がいくらあって、毎月いくら返済して、いつ完済するのか?自分の収入はいくらで、いくらまでならお金を借りても大丈夫なのか?

毎月の収入と支出をしっかり把握して返済計画を立てましょう。アコムプロミスの公式サイトに返済シュミレーションがありますので、それらを利用するのも良いかもしれません。

返済を滞納すると?

銀行や消費者金融などカードローンを利用して、返済を延滞・滞納した場合、まず金融機関から電話やハガキで連絡が来ます。しっかり返済が遅れた理由と、いつもまでに返済するのか伝えてください。場合によっては遅延損害金が加算されます。大手の消費者金融の遅延損害金はだいたい20.0%です。

計算は「元金+利子+遅延損害」です。

馬鹿になりませんので、期日までにしっかり返済しましょう。

また、返済の延滞・滞納の情報は、CICやJICCなどの信用情報機関に掲載されますので、今後住宅ローンやマイカーローン、クレジットカードの作成時の審査に大きく影響が出てしまいます。

最終的に返済が無理だと判断したら、その後は任意整理や自己破産など債務整理をする流れになります。

1度に複数の貸金業者に申し込みをするのはNG!

もっとも注意が必要なのは、一度に複数の金融機関に借り入れの申し込みをしてはいけないということです。

金融機関側はあなたがどこに借り入れの申し込みをしたか?という情報については共有していますから、あまりにたくさんの金融機関にカードローンの申し込みをしてしまうと「この人はよっぽどお金に困っているらしい」と判断され、融資審査に落ちてしまう可能性があるのです。

さらに、その情報はブラックリスト情報として数ヶ月~数年間にわたって金融機関の情報ネットワーク(信用情報機関といいます)に登録されてしまう可能性もあるのです。

金融機関からお金を借りるときには1回につき1社の申し込みを行うのが大原則です。

もし審査に落ちてしまったら、審査落ちとなったことを確認してから次の金融機関に申し込みをするという形は絶対に守るようにしましょう。

おすすめカードローン2つ

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。

 

2.アコム

・融資額:1万円~800万円
・30日間金利0円
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:3.0%~18.0%

お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる