> お金を借りる為の知識

お金を借りる為の知識

お金を借りる彼氏(男)とは別れるべき?

お金の貸し借りというのは、知人間で行うとトラブルの原因となりやすいものですが、恋人同士の間で行っても同じようなことが起こります。

むしろ友人などよりも悪いことになることも多く、最終的には別れることもあるようです。では、お金を借りる彼氏を持った場合には、すっぱりと別れてしまった方が良いのでしょうか?彼女からお金を借りる男性の心理とトラブルのリスクを紹介します。

お金を借りる前に!簡単節約術と不用品を売る方法

給料日前や急な出費が続いた後など、次の給料日までをしのぐお金がなくなってしまうことはあるものです。特に、まだお金の使い方がうまくない若い人や1人暮らしを始めたばかりの人などに多いのではないでしょうか?

お金がない場合には、消費者金融のカードローンなどで借り入れをするのではなく、まずは自分でできることからやってみて、解決を目指しましょう。

旦那が債務整理中だとお金を借りるのは難しい?

自身で収入を得ていない専業主婦の方はもちろんパートタイマーやアルバイトで収入を得ている兼業主婦の方でも、配偶者の旦那が債務整理中だとお金を借りられないのではないだろうか、と悩んでいるかもしれません。

一般的に夫婦は生計を共にしていますので、旦那が債務整理中ということで経済状況が悪いと判断されそうですが、実際のところどうなのでしょうか。

ここでは、旦那が債務整理中だと妻は消費者金融や銀行などからお金を借りられないのか、徹底解説していきます。

産休中・育児休暇中はお金を借りれる?

産休・育休前に充分なお金を貯金していたり、配偶者のパパの収入が多ければ問題ありませんが、出費が重なり、消費者金融や銀行のカードローンを検討している方もいらっしゃるのはないでしょうか?

ここでは、産休中・育児休暇中のママがお金を借りるために知っておくべき情報を解説しています。

ギャンブルの借金は返済する必要あるの?

ギャンブルは、一時的な快楽と運が良ければ金銭や物品などを自分の元手の資金以上に手にすることができる遊びの一種です。遊びとはいえ、金銭などを賭けて時には賭けたものを失うことがあるため、危険もあります。

しかし、その一時的な儲けやリスクによるドキドキがやみつきになり、借金をしてまで続ける人もいます。ギャンブルで作ってしまった借金の返済の必要性は、状況によって大きく異なるものであり、時には返済しなくても良いケースもあります。しかし、一方では返済を免れない借金もあるため注意が必要です。

アコムACマスターカードって審査甘いの?

アコムACマスターカードは、有名な大手消費者金融「アコム」が発行しているクレジットカードです。

アコムACマスターカードの審査難易度と申し込み方法などを紹介します。「消費者金融のカードは何となく抵抗がある・・・」と言う人も、喪明けの一枚を探していた人も、安心して使えるカードです。

保証人と連帯保証人の違いを教えて?

金融機関からお金を借りるときには、保証人や連帯保証人になってくれる人を探してくるように求められることがあります。

保証人や連帯保証人というのは「もしこの人が借金を約束通りに返済できなかった時には自分が代わりに返済を行います」という約束をした人のことです。

ここまでは一般常識で理解しているという人も多いかと思われますが、保証人と連帯保証人の具体的な違いになるとよくわからない...という方もひょっとしたら多いかもしれません。

以下では、保証人と連帯保証人の違いについて解説させていただきますので、これからローンの申し込みをするという方や、現在も借金の返済を行なっているという方は参考にしてみてくださいね。

借金依存症とギャンブル依存症

極端な金銭感覚の麻痺や、ギャンブルの頻度が見られる場合には、借金依存症やギャンブル依存症の症状を疑う必要があります。

これらの依存症は多額の経済的な負担を伴うために、依存状態となっている期間が長くなるほど本人の人生に与える影響が大きくなる可能性があります。

今回は、借金依存症やギャンブル依存症から抜け出すための具体的な方法としてどのようなことが考えられるのかについて考えて見ましょう。

差し押さえになるまでの流れ

消費者金融や銀行で借りたお金を返済期限までに返済しなかった場合、おおよそ以下のような流れで差し押さえに至るケースが多いです。

お金を借りる前に生活保護の受給方法を知っておこう

生活するためのお金がない、働くことができなくなって収入がなくなった、などのケースでは、不安に駆られてお金を借りる方法を考えてしまうものです。

しかし、やむを得ない事情がある場合には、お金を貸金業者から借りるのではなく国の生活保護制度が利用できないか検討してみましょう。いろいろとウワサになっている生活保護ですが、必要な人が必要に応じて使うのは正しいことなので、安心して利用しましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融