> お金を借りる為の知識

お金を借りる為の知識

国からお金を借りる様々な方法

生活費が足りなくてお金を借りなくてはならないけど、消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借りるのはちょっと怖い...という方の場合、「国からお金を借りることはできないの?」と気になっている方も多いかもしれません。

同じお金を借りるのでも、国からお金を借りるのであれば高すぎる金利を取られるようなことはないですから安心感がありますよね。

結論から言うと、国からお金をかりる方法としては日本政策金融公庫からお金を借りることと、生活福祉資金貸付制度を利用することの2つが考えられます(それ以外にも生活保護を受けることなども考えられますが、やや趣旨が異なるのでここでは省きます)

ここでは国からお金を借りる具体的な方法を解説させていただきますので、参考にしてみてくださいね。

学生・失業中・年金受給者はお金を借りれる?

贅沢せずに普通に生活していても、「今月はあと10万円だけお金が必要...」となってしまうことってありますよね。

家族から借りられるなら利息などはつかないので一番負担が小さくなるのは間違いありません。

でも、ちょっと家族には言いにくいお金の使いみちであるような場合には、家族に話すのは気が引ける...という方もおられるかもしれませんね。

家族以外の人からお金を借りる場合、選択肢としては消費者金融や銀行などのカードローンが考えられますが、消費者金融や銀行のカードローンは「仕事についていて、毎月収入があること」が貸付の条件になっていることが多いです。

ただし、「仕事についていること」が条件とは言っても、必ずしもフルタイムで仕事をしていなくてはならないということではありませんので、「自分は収入が少ないから借りられないだろうな...」とかんたんにあきらめてしまうのはちょっともったいないですよ。

アルバイトやパートなどの形で収入が定期的にある方であれば問題なくお金を借りることができますし、学生さんや専業主婦の方のように「自分は収入がないけど、家族に収入がある」という方もお金を借りられる可能性があります。

ここでは学生さんや失業中の方、さらに年金受給者の方がお金を借りる方法について具体的に解説させていただきます。

過払い金返還請求すると二度とお金を借りれない?

最近、弁護士事務所や司法書士事務所のコマーシャルで「過払い金」の言葉をよく耳にします。過払い金とは、簡単に言うと貸金業者に支払いすぎたお金のことで、過払い金は取り戻すことができます。

しかし、「過払い金返還請求をすると二度とお金を借りられないのでは」と考える人も少なくありません。

そこで今回は、過払い金や返還請求を詳しく解説するとともに、返還請求に伴って融資を受けられなくなるのでは、との不安を解消したいと思います。

派遣社員や契約社員はお金を借りれる?

入用がありお金を借りたいけど、契約社員や派遣社員でも借りれるカードローンはあるのだろうか...と考えてしまう方は少なくないのではないでしょうか?

安心してください、契約社員や派遣社員でも審査に通ればカードローンの利用が出来ます。

土日・祝日でもお金を借りる方法はある?

土日・祝日でも契約し利用できるカードローンを紹介します。土日・祝日に急にお金が必要になったけど、手持ち資金がない!という方は今すぐご覧ください。

金利0円(無利息)でお金を借りるには?

お金を借りるとなると、金利はなるべくかからない方がいいですよね。

身内や友達に借りる事が出来れば金利はかかりませんが、罪悪感も芽生え、その後の関係に影響が出る可能性も考えられます。

そんな時に金利0円で借りれるカードローンがあったらいいですよね?

消費者金融と銀行カードローンの違いは?どっちで借りる?

お金を借りる場所、方法で、消費者金融と銀行カードローンがあります。この2つの方法は比較的メジャーなお金の借り方ですが、それぞれに特徴があります。

消費者金融と銀行カードローンの違いを理解しておくことで、より快適に借り入れができるようになるでしょう。申し込みの条件や借り入れの方法なども違うので、自分に合う方法を見つけましょう。

闇金の見分け方?闇金でお金を借りると地獄の始まり!?

| コメント(0) | トラックバック(0)

家族・知人にお金の工面を頼んでも断られることはありますし、消費者金融・銀行のカードローンは審査に通らなければお金を融資してもらえません。

一方、闇金は「ブラックOK」「誰でも融資可能」という業者も珍しくなく、どうしてもお金を用意しなければならない人は、闇金を検討するのではないでしょうか。