> >> ソニー銀行のカードローンでお金を借りる方法

ソニー銀行のカードローンでお金を借りる方法

外貨預金や住宅ローンなど、幅広いサービスを提供しているソニー銀行では、カードローンサービスも提供しています。

ソニー銀行で、お金借りるにはどのような手続きが必要なのか?審査は?利息や借入限度額は?担保・保証人は?などなど、ソニー銀行カードローンの申込方法やお金を借りる方法をまとめました。


ソニー銀行のカードローンの特徴

イオン銀行セブン銀行に並び、ソニー銀行は人気が高いネット銀行ですが、他社と比べてカードローンのサービスでは、どのような特徴があるのでしょうか?申込の前にソニー銀行のカードローンについてチェックしておきましょう。

口座開設は必要?ソニー銀行は同時申込OK

銀行系のカードローンでは、口座開設がカードローン申込の条件の1つとされる場合がありますが、ソニー銀行のカードローンでは、口座を持っていない方でもカードローンの仮審査申込が可能となっています。


ただし、カードローンの利用には、口座開設の必要があるので、カードローンと口座開設の"同時申込"を行いましょう。

ソニー銀行「カードローン」は借りたお金の使い道自由!

ソニー銀行のカードローンは、借りたお金を原則自由に使う事ができます。教育、結婚、リフォーム、引っ越し、医療費、レジャー、飲み会など、幅広いシーンに活用できるので、急な出費やまとまったお金を借りたい時に、ソニー銀行のカードローンがあれば安心です。


また、ソニー銀行は、借換えやおまとめローンは取り扱っていませんが、利用限度額内での用途が自由なので、他社からの借入の借換えやおまとめとしてお金を借りること事は可能です。

ただし、事業性資金として使用する事はできません。会社の運転資金等としてはお金を借りられないので、個人向けのカードローンになります。

ソニー銀行のカードローンの申込はwebでOK

ネット銀行であるソニー銀行のカードローンに申込をする際には、スマートフォンやパソコンのインターネットを利用し、24時間いつでもweb申込が可能となっています。


店舗型のカードローン契約では、人目が気になったり、時間がなく足を運ぶ事が難しい場合もありますが、web申込なら周りからの視線や時間を気にせずに気軽にお金を借りることができます。

ソニー銀行カードローンの金利負担は?

ソニー銀行カードローンの金利は、年2.5%~年13.8%です。利用限度額に応じて金利負担は異なり、限度額が高いほど金利が安くなります。


アコムプロミスSMBCモビットなど大手消費者金融のカードローンは、利用限度額10万円の場合には、およそ年18.0%もの金利負担が掛かるため、ソニー銀行カードローンの金利と比べると年4.0%近くも差が開きます。

返済時の負担を減らしたい方は、ソニー銀行のような金利がお得なカードローンでお金を借りるようにしましょう。

ソニー銀行の利用限度額に対する基準金利は次の通りです。借入を希望する時は、金利分の負担を元金にプラスして考えましょう。

10万円~50万円 年13.80%
60万円~90万円 年12.80%
100万円 年9.80%
150万円 年9.0%
200万円 年8.0%
300万円 年6.0%
400万円 年5.0%
500万円 年4.0%
600万円 年3.5%
700万円 年3.0%
800万円 年2.5%
※ソニー銀行のカードローン金利は、変動金利です。原則、毎月1日に市場金利の動向に応じて金利が適用されるため、お金を借りる際には必ずサービスサイトの表示を確認してください。

いくら借りられる?ソニー銀行の借入限度額

ソニー銀行の利用限度額は10万円~800万円です。少額な借入から、まとまった金額まで審査に通過すれば借りる事が可能となっています。


また、ソニー銀行は総量規制の対象外です。消費者金融のカードローンは、総量規制の対象となってしまうため、年収の3分の1までの借入しか行えません。一方、総量規制対象外のソニー銀行のカードローンなら、目的に合わせてお金を借りられます。

ただし、希望限度額が高いほど審査が厳しくなります。年収、ローン、勤務先の状況等をチェックされるので、無理な借入をせず必要な分だけお金を借りましょう。

ソニー銀行カードローン申込の手続き方法

ソニー銀行カードローンでお金を借りるためには、申込手続きから行います。申込に必要な条件、書類等を確認し、借りることはできるのか?確認してから申込むようにしましょう。

ソニー銀行カードローンの申込条件

ソニー銀行カードローンでは、次の条件をすべて満たしている方が利用可能となっています。
・ソニー銀行の普通預金口座を持っている方、または口座を開設できる方
・申込時の年齢が満20歳以上65歳未満
・原則、安定した収入がある
・日本国籍の方、外国籍の方は永住権を持っている方
・保証会社(アコム株式会社)の保証が受けられる方
条件を満たしている方なら、自営業、パート、アルバイトの方でもカードローンの利用が可能ですが、審査によっては条件を満たしていても利用できない事もあります。

ソニー銀行カードローンの申込方法

ソニー銀行カードローンへの申込は、インターネットから行います。口座の有無を確認し、それぞれ該当する方で手続きを進めましょう。


ソニー銀行の場合、郵送や電話など、インターネット以外での申込方法はありません。もしも、カードローンに関して疑問・不安などがある方は、ローン専用ダイヤルに問い合わせをしてください。

<ローン専用ダイヤル>
・フリーダイヤル0120-365-866
・通話料有料03-6730-0100
※営業時間 平日9:00~20:00 土日祝日9:00~17:00(12月31日~1月3日は休業)

ソニー銀行の口座を持っている方

ソニー銀行の口座をすでに持っている方は、スマートフォンまたはパソコンから、「サービスサイト」にログインをします。


商品一覧、カードローン、仮審査申込から手続きを進め、メールにて仮審査結果の連絡を待ちます。メールで送られてくるURLから本審査の手続きに進むと「在籍確認」が行われます。

確認が取れた後は、ソニー銀行に必要書類を提出し、本審査の結果を待ちましょう。本審査の結果は、メールにて連絡があります。メールのURLから契約手続きを進め、契約完了となります。契約完了後は、簡易書留にてカードローン専用カードが届きます。カードが届いた後は、提携ATMにて借入が行えます。

ソニー銀行の口座を持っていない方

ソニー銀行の口座を持っていない方は、カードローン申込画面から仮審査申込を行います。

ソニー銀行からメールにて仮審査の結果連絡があるので、送られてきたメールに記載されているURLから本審査手続きを進めます。カード受取前にお金を借りたい方は、「初回振込サービス」でお金を借りましょう。

「在籍確認」が行われた後、ソニー銀行に必要書類を送付します。ソニー銀行からメールにて本審査結果の連絡が届くので、メールのURLから契約手続きを行ってください。

ソニー銀行との契約手続き完了後、初回振込サービスを利用することで、本審査確認を営業日14:30までに行えば、当日中に振込よる借り入れが可能です。少しでも早くお金を借りたい方は、即日融資希望の方には嬉しいサービスですね。

本審査結果確認後の7~10日程度で、キャッシュカードとカードローン専用カードが本人限定受取郵便にて自宅へ届きます。

本人限定受取郵便は、郵便物に記載された宛名本人に限り、受取が可能なサービスとなります。受取の際には、「運転免許証、住民基本台帳カード、各種健康保険証、各種年金手帳、各種福祉手帳、個人番号カード」など、本人確認書類が必要です。スムーズな受取を行うためにも、あらかじめ準備しておきましょう。

ソニー銀行カードローンの申込時に必要な書類

ソニー銀行カードローンの申込の際には、書類の提出が必要になります。該当する書類を確認し、事前に準備しておきましょう。また、該当書類以外にも提出を求められる事もあります。必要に応じて用意してください。


本人確認書類


ソニー銀行カードローンの申込を行うすべての方は「本人確認書類のコピー」が必要です。

・運転免許証
・各種健康保険証

いずれか1点、有効期限内のもので、変更事項がある方は両面提出します。本籍地が記載されている場合は、塗りつぶしたものを提出してください。

年収確認書類

50万円を超える利用限度額を希望する方は「年収確認書類のコピー」が必要です。


・源泉徴収票
・住民税課税決定通知書
・課税証明書
・確定申告
・納税証明書

いずれか1点、直近のものをソニー銀行に提出します。マイナンバーの記載がある場合は、該当箇所を塗りつぶしてください。

振込口座確認書類

ソニー銀行カードローンの初回振込サービスの利用を選択した方は「振込先口座の確認書類コピー」が必要です。初回振込サービスとは、申込時にソニー銀行口座を持っていない方が振込によって初回のみお金を借りられるサービスのことです。


・振込指定口座の普通預金通帳または、キャッシュカード券面のコピー

金融機関名、支店名(コード)、預金種目、口座番号、口座名義が鮮明に写っているものをソニー銀行に提出します。

永住許可の確認書類

外国籍の方は「永住許可が確認できる書類のコピー」をソニー銀行に提出します。


・在留カード
・特別永住者証明書

変更がある方は両面を提出してください。

ソニー銀行への必要書類の提出方法

提出に必要な書類は「送付書、宛名ラベル」に必要事項を記入し、FAXまたは郵送にてソニー銀行に送付します。


送付書が印刷できない場合は、提出書類の余白部分に「受付番号、名前、生年月日」を直接記入し、てソニー銀行に送付します。郵送の際には、提携封筒を用意してください。宛名用ラベルが印刷できる方は、封筒に貼付けて送付します。

●ソニー銀行 FAX番号【03-5251-5125】

ソニー銀行カードローンは保証人・担保が必要?

ソニー銀行カードローンの申込は、保証人・担保不要でお金を借りることができるので、気軽に申込めます。ただし、保証会社の株式会社アコムの審査を受ける事が条件になります。審査によっては希望に添えない事もあります。

ソニー銀行カードローンは在籍確認する?

ソニー銀行カードローンの審査では、「在籍確認」として勤務先に電話にて連絡があります。申込意思の確認も行われます。勤務先での電話対応が難しい方は、あらかじめ問い合わせにて連絡をしておくようにしましょう。


ソニー銀行カードローンでお金を借りる方法(借り方)


ソニー銀行カードローンの契約後は、利用限度額内でなら、何度でもお金を借りることができます。ニー銀行カードローンのお金の借り方のポイントをまとめました。

カードローンはいつから借り入れ可能?

ソニー銀行の口座を持っている方

カードローンの契約後、ソニー銀行の口座を持っている方は、サービスサイト内を利用すれば、すぐにお金を借りることができます。


提携ATMを利用した借入をする場合には、カードの券種によって異なり、「ローン一体型キャッシュカード」を持っている方なら、契約後すぐに提携ATMでお金を借りることができます。

「ソニーバンクウォレット」または「ローン一体型キャッシュカード」を持っている方は、カードローン専用カードが届いてから、提携ATMでの借入が行えるようになります。

ソニー銀行の口座を持っていない方

ソニー銀行の口座を持っていない方は、「キャッシュカード」と「カードローン専用カード」を受け取ってからお金を借りることが可能になります。発行には1週間程度の時間が掛かるので、余裕を持って申込を行いましょう。

ソニー銀行カードローンの借入方法の種類

ソニー銀行のカードローンでは、「提携ATM」または「サービスサイト」を利用してお金を借りることができます。


利用可能な提携ATM


・セブン銀行ATM
・イオン銀行
・E-net
・ローソン銀行ATM
・ゆうちょ銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行


セブン銀行ATMとイオン銀行ATMなら、いつでも利用手数料が0円でお金を借りることができます。E-net、ローソン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATMの場合は、利用回数4回まで0円。5回目以降は借入時に108円の手数料が掛かります。ATMの利用限度額は、1日あたり200万円までとなっています。

サービスサイト

サービスサイトを利用して借入する際には、スマートフォンの場合にはログイン後「メニュー、カードローン、借入」の順番に手続きを進めます。


パソコンの場合には、ログイン後「商品一覧、カードローン、借入」にて手続きを進めると、ソニー銀行の普通預金口座に入金が行われます。口座を持っていない方は、初回のみ指定口座への振込が可能となっています。

ソニー銀行カードローンは即日融資が可能?

ソニー銀行カードローンでは、契約完了後なら、すぐに振込してもらう事が可能です。ローン一体型のカードを持っていれば、提携ATMでの借入も行えます。


しかし、申込から審査通過には時間が掛かりますので、新規申し込みの場合は即日融資はできません。少しでもスピーディーに借入を行いたい方は、審査をスムーズにするためにも必要書類の確認、準備を行いましょう。

もしくは、アコムプロミスなど即日融資可能な消費者金融でお金を借りることも検討してください。

ソニー銀行カードローンの返済と注意点

ソニー銀行カードローンでお金を借りる際は、返済額や返済日も必ず確認しておくようにしましょう。

ソニー銀行カードローンの返済日

ソニー銀行カードローンでは、返済日を選ぶことができるので、給料日などを考慮して選択しましょう。「2、7、12、17、22、27日」いずれかのうち、指定した日が毎月の返済日になります。返済日が土日祝日、銀行休日の場合には、ソニー銀行の翌営業日が返済日に変わります。


ソニー銀行カードローンの毎月の返済額の目安


カードローンの返済額は、前月のローン返済日の残高に応じて決まります。返済額は月々2,000円からなので、負担の少ない返済が可能です。

10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超40万円以下 6,000円
40万円超60万円以下 8,000円
60万円超80万円以下 10,000円
80万円超100万円以下 12,000円
100万円超150万円以下 15,000円
150万円超200万円以下 20,000円
200万円超300万円以下 30,000円
300万円超400万円以下 35,000円
400万円超500万円以下 40,000円
500万円超600万円以下 50,000円
600万円超700万円以下 60,000円
700万円超 70,000円
 

ソニー銀行カードローン返済方法の種類

ソニー銀行のカードローンの返済には「約定返済」と「随時返済」がありますので、それぞれの返済方法を確認しておきましょう。


毎月の約定返済


ソニー銀行カードローンで借りたお金は、普通預金口座から毎月引き落としにて返済をしていきます。通常の約定返済の場合、提携ATMでの返済は行えません。残高不足にならないように余裕を持って口座に入金しておいてください。


追加の返済(随時返済)


ソニー銀行への毎月返済とは別に、追加の返済をいつでも好きな時に行う事ができます。ただし、追加返済をした場合であっても、毎月の返済(約定返済)は、口座にて引き落としされるので、金銭的な余裕がある時に利用するようにしましょう。


一部返済で元金のみの支払いでは、ソニー銀行サービスサイトまたはソニー銀行提携ATM。利息のみの支払いは毎月の返済時に口座引き落としにて。元金+利息を合わせた全額返済は、サービスサイトのみでの利用となります。

ソニー銀行サービスサイトでの返済は、スマートフォンまたはPCからサイトにアクセスをし、ログイン後にメニューまたは商品一覧からカードローン、返済を選択して手続きを進めます。提携ATMでの元金返済では、カードローン専用カードで手続きを行います。

ソニー銀行への返済が遅れてしまった場合の損害金

毎月の返済日の翌日以降、延滞日数に応じて遅延損害金が発生します。ソニー銀行の場合、返済に遅れている元金に対し、年14.6%の遅延損害金が発生してしまうので、返済を滞らないように注意してください。損害金は、次の返済時に加算され口座から引き落としされます。


もしも、返済日に入金を忘れて残高不足になってしまった場合は、口座に入金すれば即時引き落としが行われます。返済日の24:00以降に入金すると遅延損害金が発生しますので忘れないようにしましょう。

ソニー銀行カードローンでお金を借りるメリット&デメリット

ソニー銀行カードーローンでお金を借りるメリットとデメリットをまとめました。これから、ソニー銀行カードローンでお金を借りることを検討している方は参考にしてみてください。

ソニー銀行カードローンでお金を借りるメリット

ソニー銀行カードローンでお金を借りるメリットは、金利の低さです。銀行系カードローンの中でも比較的低い金利となっているので、返済時の負担を少しでも減らしたい方にオススメです。

また、月々の返済は2,000円から可能で、返済日も選べるため計画的に無理のない借入を行いたい方には、魅力的なメリットがあります。

・金利負担が低い
・少額の返済が可能
・返済日が選べる
・webで気軽に申し込める


ソニー銀行カードローンでお金を借りるデメリット


ソニー銀行カードローンの利用には、口座開設が必要です。キャッシュカードだけではなく、専用のカードローンも発行されるので、口座やカードを増やしたくない方にとっては大きなデメリットになります。

また、申込がwebでありながら、書類の提出にはアップロード対応をしていません。郵送またはFAXでの送付となるため、やや手間が掛かります。

さらに、ソニー銀行カードローンは、大手消費者金融のように無利息サービスがない他、初回申込み時は、即日融資ができないので、急いでお金を借りたい方には向いていないカードローンと言えます。

・口座開設の必要がある
・カードローン専用カード(ローン一体型キャッシュカード)が必要
・申込方法がwebのみ
・必要書類のアップロードが出来ない
・即日融資不可
・無利息サービスなし

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報