> >> 楽天銀行のカードローンでお金を借りる方法

楽天銀行のカードローンでお金を借りる方法

ネット銀行として人気が高い「楽天銀行」でお金借りる方法について紹介します。楽天銀行カードローン「スーパーローン」の金利や限度額や審査申込み方法や借入・返済方法など詳しく解説します。


<もくじ>

楽天銀行カードローンの特徴は?サービス内容

楽天銀行では、カードローンとして「スーパーローン」のサービスを提供しています。ネット銀行のカードローンでは、どのようにお金を借りる事ができるのでしょうか?楽天銀行カードローンの特徴や借入方法についてまとめました。
金利1.9%~14.5%
限度額800万円
コンビニATM利用手数料0円
パート・アルバイト審査申込み可
専業主婦審査申込み可
楽天銀行の口座必要なし
借りたお金の使い道原則自由※事業資金は不可
遅延損害金19.9%
担保・保証人必要なし

楽天銀行カードローンの使用用途・目的

楽天銀行カードローンは、原則用途自由となっているため、さまざまなシーンでお金が必要になった際に借りる事ができます。

生活費、冠婚葬祭費、教育費などの使用目的にお金を借りる事が可能です。ただし、事業性資金に利用する事は出来ないため、会社の運転資金等には使えません。

口座開設の必要ナシでお金を借りられる

銀行系のカードローンでは、口座の開設が申込条件となっているケースが多いのですが、楽天銀行のカードローンにおいては"口座開設不要"でお金を借りることができます。


わざわざ口座開設の手間をかけずに済むので、スムーズな借入を希望する方にオススメです。いつも利用している銀行口座への簡単な登録手続きで、手数料無料にて振込融資をしてもらえます。

当日振込OK!即日借入ができるスピード対応

楽天銀行カードローンは楽天銀行口座を持っている方なら、24時間即時振込を行っています。また、他の銀行口座の方でも平日の0:10~14:45までの時間帯に振り込み依頼を完了させれば、当日中に振込融資をしてもらう事が可能です。


全国のATMでの借入・返済が可能


楽天銀行カードローンは、ネット銀行のためパソコンやスマートフォンを使い、webサイトからの手続きで簡単に借入が行えます。

また、ネットだけではなく、全国の提携ATMでもお金を借りたり、返済する事ができるので、身近なコンビニや金融機関にて利用できます。


最大800万円!楽天銀行カードローンの限度額


楽天銀行カードローンでは、最大限度800万円が上限となっています。(専業主婦の方は利用限度が50万円になります。)

申込時の借入希望金額は、10万円単位で選択することが可能ですが、審査によっては希望額に達さない場合もあります。限度額は、収入状況、他社からの借入状況などによって変わり、利用限度額の範囲内での借入が可能となります。

楽天銀行カードローンの金利負担は?

楽天銀行カードローンの金利負担は「年1.9~14.5%」で、借入の金額によって利率は変わります。
借入金額 金利
800万円 1.9%~4.5%
600万円以上800万円未満 3.0~7.8%
500万円以上600万円未満 4.5~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6~14.5%
10万円以上100万円未満 14.5%

MY ONEネット特約会員の方は、借入利率から0.4%差し引いた特約利率が適用されます。ただし、現在特約会員の申込は受け付けていません。また、変動金利のため利率が変わる事もあります。

楽天銀行カードローンへの申込方法&条件

楽天銀行カードローンでお金を借りるために必要な申込手続きの手順や利用条件をまとめました。スムーズな借入を行うためには、あらかじめ手続きの流れなどを確認しておくようにしましょう。

楽天銀行カードローンの申込条件

・満20歳以上62歳以下
・日本国内に住んでいる
・外国籍の方は永住権、特別永住権を持っている
・毎月安定した収入がある、または専業主婦
・株式会社楽天カード、または株式会社セディナの保証を受けることができる
楽天銀行カードローンでは、正社員、派遣社員、アルバイト、パート雇用形態に関わらず、主婦、学生、配偶者がいる専業主婦の方でも申込が可能です。ただし、パート、アルバイト、専業主婦の方は60歳以下である事が条件となります。

申込時の保証人・担保の有無は?

楽天銀行カードローンでは、「保証人・担保不要」で申し込むことができます。ただし、楽天グループのクレジットカード会社の楽天カード、三井住友ファイナンシャルグループの信販株式会社セディナでの保証が受けられる事が条件となります。

申込から借入までの基本的な流れ

都合に合わせた方法で楽天銀行カードローンの申込を行います。ローン審査が開始され、在籍確認と契約内容の確認のあと、必要書類を提出します。


「web完結」で申込が行えるので、わずらわしい書類記入などの手間が掛かりません。契約確認後、カードローン専用のカードが発行されます。

銀行口座への振込を行いたい方は、「口座振替依頼書」を返信し、受付後に借入が行えるようになります。楽天銀行の口座を持っている方は、返済口座に登録をすれば、振替依頼書の提出は必要ありません。

申込に必要な本人確認書類と提出方法

楽天銀行カードローンの申込時に必要な本人確認書類は、「運転免許証、運転経歴証明書、健康保険証、パスポート」のいずれかを用意します。そして、名前、生年月日、申込住所が確認できるよう、スマートフォンのカメラ機能で撮影をし、楽天アプリからアップロード提出をします。

楽天アプリはダウンロードをして起動させ、「書類を送る」を選択し、「スーパーローン申込」へと進みます。

メールで受付番号が送られてくるので、受付番号を入力して撮影した画像データをアップロードします。画像が小さすぎるもの、ぼやけている場合、フレームからはみ出している場合は、再提出になってしまうので撮り直して鮮明な画像を提出しましょう。また、必要書類は審査後3日以内に送るようにしてください。

申込後に行われる審査の在籍確認とは?

楽天銀行カードローンでは、審査の一環として電話にて、勤務先への「在籍確認」が行われています。(専業主婦の方は在籍確認がありません。)在籍確認の連絡では、非通知設定、担当者個人名にて電話が掛かってきます。


万が一、会社名を尋ねられた時には「楽天銀行」と名乗ります。楽天銀行では、普通預金、定期預金など、さまざまなサービスを行っているので、カードローンを利用している事が会社にバレる事はありません。

楽天銀行カードローンへの申込の種類

楽天銀行カードローンでは、メンバーズデスクまたは電話にて申込を受け付けています。都合が良い方を選んで申込手続きを行いましょう。


メンバーズデスクで楽天スーパーローンの審査申込み


メンバーズデスクでの申込の場合には、パソコンやスマートフォンを使います。楽天銀行スーパーローンのインターネット会員サービスであるメンバーズデスクにアクセスをし、登録をしてからログインをし、申込手続きを進めていきます。メニューから融資の申込を選択し、借入希望額などを入力します。


メンバーズデスクは、楽天スーパーローン会員専用の便利なオンラインサービスです。登録利用料は無料で、キャッシングの返済、利用状況など、さまざまなサービスを利用する事ができます。

電話で楽天スーパーローンの審査申込み

24時間365日、専属のオペレーターが電話にて対応を受け付けています。インターネットでの申込が難しい方でも電話での申込みなら、疑問・不安な点も質問をしながら進めていく事ができ安心です。


※楽天カードセンター0120-730-115

楽天銀行カードローンの審査の落ちやすい人とは?

楽天銀行カードローンは、三井住友銀行三菱UFJ銀行など大手銀行に比べて比較的審査が通りやすいカードローンとされています。しかし、保証会社である楽天カードとセディナにて、過去に金融トラブルを起こしている方は、審査に落ちやすくなってしまいます。


また、希望限度額は高額であるほど、審査が厳しくなります。楽天銀行は消費者金融ではないので総量規制によって年収の3分の1までしか借入できないことはありませんが、なるべく借入希望額は低く設定しておきましょう。

それから、楽天銀行カードローンの審査では、「楽天会員ランク」に応じて審査が優遇される傾向にあります。楽天グループでのサービスを利用することで会員ランクが上がるため、取引実績を作っておく事で、カードローンへの審査に通りやすくなります。

楽天銀行カードローンは自宅への郵送物はある?

楽天銀行カードでは、申込契約を済ませると「専用ローンカード」が発行され、自宅に郵送物として届きます。封書に「楽天銀行」と会社名が記載されますが、カードローンと記載される事はありません。

楽天銀行カードローンでお金を借りる方法

楽天銀行カードローンの申込を行い、審査に通過した方は借入が行えるようになります。楽天銀行カードローンでは、提携CD、ATMの他、口座への振込にてお金を借りることができます。都合に合わせてお金を借りる方法を選びましょう。

楽天銀行から提携CD・ATMでお金を借りる

楽天銀行カードローンでは、全国約10万台の提携CD、ATMを利用してお金を借りることができます。提携先には、無料・有料で利用できるところがあるため、少しでも出費を抑えたい方は無料の提携先でお金を借りましょう。有料の場合には、1万円以下の借入では108円、1万円超の場合には216円の手数料が掛かります。

無料提携CD/ATM

・E-netATM
・ローソンATM
・パッとサッとステーションATM
・イオン銀行
・セブン銀行
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・北都銀行
・東京スター銀行
・栃木銀行
・愛知銀行
・名古屋銀行
・高知銀行
・富山銀行
・大光銀行
・きらぼし銀行
※旧東京都民銀行のマークがあるATMで旧八千代銀行は手数料が有料になります。

楽天銀行から銀行振込でお金を借りる

銀行振込でお金を借りる場合は、パソコンや携帯電話で簡単な手続きを行うことで、限度額以内での借入が行えます。


楽天銀行の口座を登録している方は、24時間即時振込が可能です。その他の銀行口座の場合にも時間帯によっては、当日振込が可能となっています。ただし、登録している口座とは異なる別の口座への借入金の振込は行えないので注意してください。

銀行振込目安時間

楽天銀行 24時間365日 即時
その他金融機関 平日0:10~14:45 当日中9:00~15:00頃
平日14:45~23:50 翌金融機関営業中9:00~15:00頃
金融機関休業日0:10~23:50 翌金融機関営業中9:00~15:00頃
※インターネットからの申込の場合には、確認ボタンを押した後「融資予定日」が出ます。電話での申込みの際には、オペレーターの方に融資予定日を確認してください。

楽天カードローンの返済方法&返済額の目安

楽天銀行カードローンでお金を借りた場合の返済方法についてまとめました。返済額の目安や注意すべきポイントを確認し、無理のない範囲での借入を行いましょう。

楽天銀行カードローン毎月の返済金額の目安

楽天銀行カードローンの返済方式では、毎月無理のない範囲でゆっくりと返済を行いたい方にオススメの「残高スライドリボルビング返済」、契約の利用限度額に応じて毎月一定の額で返済が行える「元利込定額返済」の2パターンが用意されています。

残高スライドリボルビング返済

利用残高 毎月のローン返済額
10万円以内 2,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円
100万円超150万円以内 20,000円
150万円超200万円以内 30,000円
200万円超250万円以内 35,000円
250万円超300万円以内 40,000円
350万円超400万円以内 45,000円
400万円超500万円以内 50,000円
500万円超600万円以内 60,000円
600万円超700万円以内 80,000円
700万円超800万円以内 100,000円
 

元利込定額返済

利用残高 毎月のローン返済額
50万円以内 1万円以上
50万円超~100万円以内 2万円以上
100万円超~150万円以内 2万5千円以上
150万円超~250万円以内 3万5千円以上
250万円超~300万円以内 4万円以上
300万円超~500万円以内 5万円以上
 

楽天銀行カードローンの返済日と繰り上げ返済

楽天銀行カードローンでは、「約定返済」での返済となるため、毎月定められた日に返済を行います。また、繰り上げ返済として「随時返済」を設けています。


楽天銀行カードローンの約定返済


約定返済では、1日、12日、20日、27日の中から返済日を選択することが出来ます。(27日は楽天銀行口座を指定した方のみ選択可)希望の返済日に、毎月1回決められた最低返済額が指定口座から自動引き落としされます。

指定口座は、楽天銀行だけではなく、都市銀行、地方銀行、信託銀行、信用金庫など、都合に合わせて指定することが可能です。

ただし、新銀行東京、ゆうちょ銀行、大和ネクスト銀行に限り、引き落とし先として指定する事ができません。また、じぶん銀行の方は、1日、20日、静岡中央銀行、沖縄海邦銀行、商工組合中央金庫は12日を返済日にする事は出来ないので注意しましょう。

楽天銀行カードローンの随時返済

随時返済では、毎月の返済とは別に、金銭的な余裕がある時に自分の好きなタイミングで、いつでも追加返済することができます。随時返済をする事で、元金が早く減るため利子分の負担が減らせます。


ただし、随時返済を行ったとしても、毎月の約定返済で支払いをする必要があります。随時返済をしたことにより、約定返済が滞る事のないように注意してください。

選べる楽天銀行カードローンの返済方法

楽天銀行カードローンでは、3つの返済方法を用意しています。返済しやすい方法を自分で選べるので、都合に合わせて利用しましょう。


提携ATMで楽天銀行に返済


コンビニや金融機関を利用し、提携ATMを利用した入金での返済が行えます。入金手数料は無料で、1,000円単位(一部の提携先では1円単位)での返済が可能です。随時返済を行う時も連絡の必要はないので、余裕があると感じた時に気軽に追加の返済が行えます。


インターネットでの返済


インターネット会員サービスの「メンバーズデスク」から金融機関のインターネットバンキングを利用し、1円単位での返済が行えます。いつでも手数料無料で利用できるため、ATMに足を運ぶ時間がない方にオススメの返済方法です。


振込で楽天銀行に返済


専用のカードローン返済口座が用意されているため、指定口座へ振込を行う事により返済が可能となっています。ただし、振込手数料は自己負担となり、口座番号は問い合わせをして確認する必要があります。


【楽天銀行カードセンター】
・0120-730-115(平日9:00~17:00)
海外からの通話によりフリーダイヤルが利用できない場合には、通話料が優良の専用ダイヤル「03-6832-1358」に問い合わせをしてください。受付時間は、フリーダイヤルと同様です。

楽天銀行カードローンの遅延損害金

返済日に支払いが行えなかった場合、遅延損害金が発生します。楽天銀行カードローンの遅延損害金の利率は年19.9%です。返済日に間に合わなかった場合には、専用の振込口座への振込または、提携ATMからの返済、メンバーズデスクからのインターネット返済から支払いを行う必要があります。


残高不足により引き落としがされなかった場合は、毎月27日から翌第4営業日まで、再度引き落としが行われます。

その間に口座に返済額以上の入金をしておくことにより、返済分の支払いを補う事ができます。

もしも、引き落とし日の2営業日前または1営業日前に残高が引き落とし額に満たない場合には、指定のメールアドレスに連絡メールが送られてきます。できるだけ滞る事のないよう、余裕を持って入金をしておくようにしましょう。

楽天銀行カードローン特典!楽天スーパーポイントとは?

楽天銀行カードローンでは、カード利用者に対して楽天ショッピング等に利用できる「楽天スーパーポイント」の進呈があります。


楽天銀行カードローンでお金を借りることで買い物に使えるポイントがもらえる魅力的なサービスなので、これからカードローンの利用を検討している方は見逃さないようにチェックしておきましょう。

カードローン入会でもらえる楽天スーパーポイント

楽天銀行カードローンに入会をすると、楽天スーパーポイントが「1,000ポイント」進呈されます。専用ページから入会した方のみ特典進呈となるので、対象から外れないように気を付けてください。


また、ポイントは入会月の翌月末に受け取る事ができます。すぐに受け取れるものではないので、ポイント特典を希望する方は、あらかじめ注意点をよく確認してください。

借入残高に応じてもらえる楽天スーパーポイント

楽天銀行カードローンへ入会した月の翌月末の時点で、借入残高に応じて楽天スーパーポイントも進呈されます。
10万円以上30万円未満 500ポイント
30万円以上50万円未満 1,000ポイント
50万円以上80万円未満 2,000ポイント
80万円以上100万円未満 3,000ポイント
100万円以上200万円未満 10,000ポイント
200万円以上300万円未満 12,000ポイント
300万円以上400万円未満 15,000ポイント
400万円以上800万円以下 30,000ポイント
 


楽天スーパーポイントがもらえないケース


楽天スーパーポイントの特典は、次のような理由がある場合には、サービスの対象から外れる可能性があります。

・過去6カ月以内にマイワン、楽天銀行スーパーローンに申込をしている
・すでにマイワン、楽天銀行スーパーローンのカードを持っている
・ブラウザのクッキー設定が有効になっていない動作環境
・イタズラ、重複、楽天銀行が申込内容として相応しくないと判断した場合

楽天銀行カードローンでお金借りるメリット&デメリット

楽天銀行カードローンは、他社のカードローンに比べて独自のサービスが行われている点が多いため、メリットとデメリットを把握して、借入先として適しているかを確認してから利用するようにしましょう。

楽天銀行カードローンでお金借りるメリット

楽天カードローンのメリットは、口座開設が不要で楽天銀行以外の金融会社でも取引が行える点です。また、楽天口座をすでに持っている方なら、スムーズな借入が行えるため、口座を持っている方、持っていない方どちらにも魅力的です。


カードローンへの申込入会をした方には、楽天ポイントももらえるので、日用品、衣類、食品などに幅広く買い物に使用できお得です。

・web完結
・口座開設不要
・楽天ポイントがもらえる
・専業主婦でもOK
・ATM手数料無料

楽天銀行カードローンがオススメの人

・楽天銀行を持っている方
・アルバイト、パート、専業主婦の方
・web申込で手軽に借入したい方
・楽天市場でよく買い物をする方

楽天銀行カードローンでお金借りるデメリット

楽天銀行カードはネット銀行のため、有人店舗がありません。基本的にはインターネットを使用したweb操作での申込になってくるため、インターネット環境にない方、操作が苦手な方は、電話での申込み、問い合わせとなります。
・自動契約機や店舗がない
・web操作が苦手な方には面倒
・短期の利息無料サービスがない

楽天銀行カードローンが向いていない人

楽天銀行カードローンは、デメリットが少ないため、web操作が苦手な方以外にはオススメのカードローンです。消費者金融のカードローンに比べ、利息負担が低いので、無利息サービスはありませんが、ポイント特典などお得度が高いカードローンです。
・即日融資希望の方
・webでの操作が苦手な方
・短期の利息無料サービスを求めている方

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報