> >> オリックス銀行カードローンでお金借りる方法

オリックス銀行カードローンでお金借りる方法

ここでは、オリックス銀行カードローンでお金借りる方法や返済方法、金利や限度額、担保、保証人、審査申込み方法などを記載しています。


オリックス銀行カードローンの特徴

オリックス銀行カードローンは、他社のカードローンと比べて大きな違いは何なのでしょうか?特徴やサービス内容についてまとめました。

オリックス銀行カードローンは口座開設&来店不要

銀行カードローンのデメリットとして、口座開設が申込条件となるケースがありますが、オリックス銀行カードローンでは、利用する際に口座を開設の必要がありません。


また、オリックス銀行カードローンでは、店舗を持たずに不必要なコストを省き、サービス面での充実を図っているため、非対面取引を基本としています。

そのため、Webサイトを利用して、パソコンやスマートフォンから自宅にいながら、24時間手軽にカードローンの申込手続きが行えます。店舗型と比べ、時間と足を運ぶ手間が省けるので、忙しい方にオススメです。

オリックス銀行カードローンの資金使途は?

オリックス銀行カードローンでは、原則用途自由でお金を借りる事ができます。冠婚葬祭による急な出費や給料日前の生活費の足し、授業料や入学に必要な教育費など、さまざまな場面でお金を借りることができます。


※ただし、事業性資金としてお金を借りることはできません。

オリックス銀行カードローンの利用限度額

オリックス銀行カードローンの利用限度額は800万円のため、まとまったお金を借入する事が可能です。10万円単位での限度額が設定され、限度額内なら1,000円以上1,000円単位からお金を借りることができます。


ただし、年収、他社借入状況によって限度額は決定されます。審査によっては、希望額に添えない事もあるので、限度額を上げたい場合は実績を作る事で増額が可能になります。

オリックス銀行カードローンの金利負担

オリックス銀行カードローンでは、お金を借りた分の元金に加え、返済時には年1.7~17.8%の利息を支払う必要があります。借入額によって金利負担は変わってくるので、目安をチェックしておきましょう。
コース 借入金額 金利
800万円コース 700万円超800万円以下 年1.7~4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 年3.5~5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下 年3.5~5.8%
500万円コース 400万円超500万円以下 年4.5~8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下 年4.5~8.8%
300万円コース 200万円超300万円以下 年5.0~12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下 年5.0~12.8%
150万円コース 100万円超150万円以下 年6.0~14.8%
100万円コース 100万円 年6.0~14.8%
100万円未満コース 100万円未満 年12.0~17.8%

消費者金融系のカードローンでは、100万円未満の借入の場合、年18.0%としている事が多いため、年17.8%のオリックス銀行のカードローンは、やや金利負担が低めです。

銀行系のカードローンにおいては、年15.0%前後が平均的なため、オリックス銀行のカードローンは金利負担が高めになります。

高額融資の方は年1.7%のため、銀行系の中でも金利負担は低くなります。お金を借りる金額によって金利負担が変わるので、希望コースの利率を確認して他社と比較してみてください。

※金融情勢により利率が変動することもあります。

オリックス銀行カードローンの申込方法

オリックス銀行カードローンをお金を借りるためには、審査に申し込む必要があります。利用条件や申込に必要な書類を確認し、借入がスムーズに行えるようにしておきましょう。

オリックス銀行カードローンの申込条件

・申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
・原則、毎月安定した収入がある方
・日本国内に在住している方(外国籍の方は永住者または特別永住者)
・株式会社オリックス・クレジット、株式会社新生ファイナンシャルの保証が受けられる方
オリックス銀行カードローンでは、パート、アルバイト、派遣社員の方でもお金を借りることができます。しかし、毎月安定した収入がある事が条件となるため、日雇いや単発でのアルバイトの方は、安定した収入があると見なされないと、審査で判断されることもあります。


また、専業主婦(主夫)、学生の方も利用する事が不可となっています。

これまでに保証会社となるオリックスクレジット、または新生ファイナンシャルで金融トラブルを起こしている方も審査通過が難しいので、利用を検討している方は条件に該当するかを確認してから申込を行いましょう。

オリックス銀行カードローンの申込に必要な書類

オリックス銀行カードローンの申込時には、必要書類の提出を行う必要があります。手続きをスムーズにするためにも、あらかじめ該当する書類を準備しておきましょう。


本人確認書類の写し


オリックス銀行カードローンの申込時は、必ず本人の「名前、現住所、生年月日」が確認できる書類を提出する必要があります。次のいずれかの書類を準備しておきましょう。

・運転免許証、運転経歴証明書

・各種健康保険証

・個人番号カード(表面のみ)

・日本政府発行のパスポート

・在留カードまたは特別永住者証明書

運転免許証または各種保険証の提出で、現住所が裏面に記載されている方は表裏の両方をコピーしてください。


また、「本籍地、個人番号、臓器提供意思表示、通院歴、保険医療情報」の記載がある場合には、塗りつぶして提出をしてください。外国籍で通称名で取引を希望する方は、別途書類が必要になります。

所得証明書の写し

原則、借入限度が50万円超の場合には、所得証明書類の提出が必要です。ただし、場合によっては50万円以下でも提出を求められる事があります。
●会社に務めている方
・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書
・確定申告書

●個人事業主、会社経営の方
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書
・確定申告書
確定申告は、税務署の受領印があるもの。E-taxを利用している方は、申告書の写しと受診通知が必要になります。個人番号の記載がないものを提出してください。


預金口座振替依頼書


オリックス銀行カードローンの返済方法が口座引き落としの方のみ、預金口座振替依頼書を提出します。ATMによる振込返済の場合には提出が必要ありません。

提出書類に関する不明な点は、フリーダイヤルのカードデスクにて問い合わせを受け付けています。

▼カードデスク:0120-890-670
受付時間:9:00~18:00(土日祝日および12月31~1月3日休み)

書類のアップロードによる書類提出方法

スマートフォンのカメラ機能、デジタルカメラ、スキャナ等を利用して必要書類を撮影します。画像全体が映っていない、ぼやけている、フラッシュで見えない、画像が小さすぎる場合は、再提出となってしまうので注意しましょう。


用意した画像ファイルは、オリックス銀行からのメールで必要書類アップロードURLが送られてくるため、アップロード画面を開いてファイル選択をします。アップロードボタンをクリックし、ファイル添付で送信をすれば書類の提出となります。


オリックス銀行カードローンの申込手続きの流れ


オリックス銀行カードローンでは、webサイトから申込を行います。名前、勤務先、住所、電話番号、借入状況など必要事項を入力します。

申込フォームから手続きを進めると、登録したメールアドレスに受付メールの配信が送られていきます。その後、ローン審査がスタートし、勤務先への在籍確認、申込内容の確認が行われ、ローンカードが発行されます。

申込内容の確認の後に必要書類の提出を行うため、アップロードにて書類を提出した後、お金を借りられるようになります。

一般的には、審査前に書類の提出が行われますが、オリックス銀行カードローンでは、書類の提出が後になるので順番に気を付けましょう。


オリックス銀行カードローンの審査と目安時間


オリックス銀行では、担保・保証人は必要はありません。しかし、保証会社である株式会社オリックスクレジット、株式会社新生ファイナンシャルの審査があります。

審査では、勤務先への「在籍確認」も行われます。

審査結果は、オリックス銀行かた電話で連絡があります。もしも、希望に添えない時はメールまたは書面にて連絡が届きます。

審査は、土日祝日および12月31日~1月3日まで休みとなるため、申込の間に入る場合には、結果が出るまで時間が掛かります。審査開始から結果が出るまで、およそ3日程度の時間が掛かるので、時間に余裕を持って申込をするようにしましょう。

webでの申込により、提出書類などに不備がある事から、手続きに時間が掛かってしまう方が多いので、きちんと確認してから審査申込手続きを進めてください。

審査に落ちやすい人とは?

オリックス銀行カードローンで審査に落ちやすい人は、まず、勤務年数が短い方です。安定した収入があることを条件としているため、転職を繰り返して勤務年数が短い場合は、審査に落ちやすい傾向にあります。スムーズな審査を受けるためには、1年以上の勤務が理想的です。


その他、他社での借入件数・借入額が多い方や、今まで延滞や債務整理などをして、信用情報機関に記録されている方(金融ブラックの方)は、審査に落ちやすくなります。

申込契約後に送られてくる郵送物は?

オリックス銀行カードローンの申込契約を済ませると、次の郵送物が自宅または勤務先に届きます。
・ローンカード
・手続き完了の案内
・インターネットログインID、ログイン仮パスワード
・利用ガイドなど
オリックス銀行のローンカードについては、勤務先を指定した場合でも自宅に届きます。また、契約に関する重要なお知らせ、キャンペーン等の案内が送られてくる事もあります。家族にカードローンの利用を知られたくない方は、郵送物の管理に注意してください。

オリックス銀行カードローンでお金を借りる方法

オリックス銀行カードローンでの審査が通れば、お金借りることができます。都合に合わせて便利な方法でお金を借りましょう。

オリックス銀行カードローンでの借入方法の種類

オリックス銀行カードローンでは、「webサイト、電話、ATM」からの借入方法が利用できます。


パソコンやスマートフォンからお金を借りる


パソコンやスマートフォンを使用し、専用サイトの「メンバーズナビ」にログインをします。「振込融資」を選択し、「希望額の入力、振込口座、入力内容の確認、振込融資を申し込む」の順に手続きを進め、申込を完了させると選択した指定口座へお金が振り込まれます。


電話をかけてお金を借りる


オリックス銀行カードデスクへ電話をし、振込融資の申込後に指定口座へお金が振り込まれます。webからのアクセスが面倒な方、電話の方が手続きが簡単に感じる方にオススメです。


ATMを利用してお金を借りる


オリックス銀行専用のローンカードを使用し、全国9万9,000台以上の提携ATMからお金を借りる事ができます。提携ATMの利用手数料は終日無料なので、いつでも負担ゼロでお金を借りることが可能です。

・セブン銀行
・E-net
・ローソンATM
・イオン銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・西日本シティ銀行
・ゆうちょ銀行

借入申込から振込までの時間目安

オリックス銀行カードローンでは、借入申込後に即時振込を行っています。指定口座がジャパンネット銀行の場合は、平日、土日祝日ともに23:50分までの受付分は原則として、即時借入が可能です。


その他の金融機関口座については平日8:40~15:00までの受付分は、即日振込できますが、15:00以降の受付分は、翌営業日以降の借入になります。

システムメンテナンスのため、毎日3:00~4:10の間は利用することができません。また、取引状況によっては融資不可と判断される事もありますので、できるだけ余裕を持って申込を行うようにしましょう。

【ジャパンネット銀行】

曜日申込時間振込時間
平日、土日祝日0:10~23:50即時
 

【その他の銀行】

曜日申込時間振込時間
平日0:10~8:40即日9:00~10:00
平日8:40~15:00即日
平日15:00~23:50翌営業日9:00~10:00
土日祝日0:10~23:50翌営業日9:00~10:00
 

オリックス銀行カードローンは即日融資が可能?

オリックス銀行カードローンでは、申込から借入まで、およそ1週間前後の時間が掛かりますので即日融資でお金を借りることはできません。


申込契約を済ませた方は、借入の申込から振込まで時間をかけずに即時対応してもらう事が可能ですが、カードローン自体の申込から借入までは時間が掛かるので注意してください。

今すぐお金が必要!即日融資希望!という方は、アコムプロミスSMBCモビットなど大手消費者金融のカードローンでお金を借りることも検討してみてください。


オリックス銀行カードローンの返済方法


オリックス銀行カードローンの返済方法、返済額の目安、注意しておきたいポイントなどをまとめました。

オリックス銀行カードローンの返済日

オリックス銀行カードローンでは、毎月返済をしていく「約定返済」が採用されています。毎月10日と月末日のどちらかを選ぶ事ができるので、給料日の後など、返済しやすい日を選びましょう。


ただし、約定返済日の14日前の午前3:00前に返済をしてしまうと、「随時返済」として取り扱われてしまいます。約定返済扱いにはならないため注意してください。

オリックス銀行カードローン返済方法の種類

オリックス銀行カードローンでは、「口座引き落とし、ATM返済、振込返済」の3つを用意しています。いずれかの返済しやすい方法を選びましょう。


指定口座からの口座引き落としによる返済


指定した登録口座から自動引き落としにて、オリックス銀行に返済を行います。毎月、返済日の前日までに返済額分のお金を準備しておきましょう。口座引き落としを希望する方は、事前に「登録口座」への登録が必要です。


提携ATMからの入金による返済


オリックス銀行のローンカードを使って提携ATMから返済する事ができます。1,000円単位、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行の窓口に併設されている部ATMでは1円単位から返済が可能です。利用時間は、平日8:45~18:00で手数料は掛かりません。

オリックス銀行指定の口座へ振込による返済

オリックス銀行カードローンの利用者ごとに用意されている「返済専用口座」への振込で返済が行えます。返済専用口座は、専用サイトのメンバーズナビにて確認できます。メンバーズナビにログインをし、返済専用口座を選択すると表示されます。

オリックス銀行カードローンの毎月の返済額

オリックス銀行カードローンの返済は、残高スライドリボルビング方式が採用されています。業界最低水準での毎月の返済額となるため、無理のない返済計画が立てられます。
借入金額 約定返済額
30万円以下 7,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 35,000円
200万円超250万円以下 40,000円
250万円超300万円以下 45,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超 80,000円
 

オリックス銀行カードローンの増額返済申込

口座引き落としを利用している方は、一括返済や増額返済の申込をすることで、毎月の返済額に加えた返済をすることができます。メンバーズナビにログインをし、「増額返済申込」を選択し、増額返済金額を入力して振込口座を選択します。入力内容を確認し、増額返済を申込ましょう。


増額返済をすることで完済が早くなります。ただし、約定返済の支払いは必要になるので、お金に余裕がある時に利用しましょう。

返済を延滞してしまった場合の遅延損害金

オリックス銀行カードローンでは、借入残高に対して「借入利率+年2.1%」の遅延損害金が発生します。金利が3.0~17.8%のため、遅延損害金は5.1~19.9%になります。


返済が滞ると使用が停止され、借入する事ができなくなります。また、自宅や勤務先へ連絡が入るため、もしも返済が難しいと判断した場合には、早めにカードデスクに連絡しましょう。

オリックス銀行カードローンでお金借りるメリット&デメリット

オリックス銀行カードローンでお金借りるメリットとデメリットをまとめました。オリックス銀行カードローンでお金を借りることを検討している方は参考にしてください。

オリックス銀行カードローンでお金借りるメリット

オリックス銀行カードローンは、銀行でありながら口座開設の必要がない点が大きなメリットです。


専用サイトのメンバーズナビでは、残高照会、取引明細照会、返済予定表、返済専用口座案内、一括返済シミュレーション、振込融資、増額返済申込、登録情報変更、返済日・返済方法変更などが行えるため、パソコンやスマートフォン操作で、さまざまなサービスが受けられます。

また、公式サイト上ではチャットサービス機能も備わっているので、気軽に問い合わせ、相談する事が可能です。

・チャットサービス
・口座の開設が不要
・webで簡単申込
・限度額が高め

オリックス銀行カードローンでお金借りるデメリット

オリックス銀行カードローンでお金借りるデメリットは、webでの申込が基本となるため、パソコンやスマホの操作が苦手な方にとっては利用しにくいカードローンです。


また、無利息サービスがなく、短期間の借入でも利息が発生します。それから、即日融資に対応していないため、申込から借入までに時間が掛かる場合があります。すぐにお金が必要な場合には、即日対応のカードローンの利用がオススメです。

また、オリックス銀行カードローンの金利は大手消費者金融に比べて、若干低めになっていますが、三菱UFJ銀行楽天銀行三井住友銀行など他の銀行カードドーンに比べてやや高めになっています。

・店舗がない
・無利息サービスがない
・即日融資が不可
・金利がやや高め

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報