> >> 即日発行・即日融資カードローン【すぐにお金を借りれる会社一覧】

即日発行・即日融資カードローン【すぐにお金を借りれる会社一覧】

即日発行可能なカードローンを厳選して紹介。急いでキャッシングしたい方は必見。スマホ、パソコンから申し込めします。

即日発行できるカードローンですぐにキャッシング

たくさんある銀行系のカードローン

貸金業法が改正され消費者金融がビジネスに行き詰まり、銀行系に変わっていったのはつい最近のこと。銀行のカードローンは低金利で非常に便利な融資です。

銀行系は審査が厳しく、時間もかかります。三菱UFJ銀行のように即日融資、30分審査を歌っているところもありますが、たいていは数日から数週間の審査が必要と思ってよいでしょう。

カードローンの審査は何を見ているか

銀行の審査は、これまでの貸付状況に加えて、現在の収入をチェックします。勤め先に本当に在籍しているかや勤務年数などの状況を見て審査します。

基準は消費者金融よりはるかに厳しく、社会的な信用力がなくては借り入れを行うことはできません。銀行で借りられるということはそれだけ信用があるということなのです。

また、独身なのか妻子もちなのか、自宅が賃貸なのか持ち家なのかもチェックして、住んでいる年数なども審査にかかわってきます。基本的に移動の自由が利かない人ほど有利です。とても詳しく調べる場合もあります。


銀行のカードローンは消費者金融より金利が安い


審査に時間がかかり、また厳しいかわりに、低金利で長期間の返済計画がくめますので、借り入れを前提とした生活設計が可能となります。もちろん返済も組み込んだ計画を立てる必要がありますが。金利は安いところで4%~15%前後で、融資額が大きいほど、金利も安くなります。


カードローンの金利を安くする方法


例えばその銀行で住宅ローンを組んでいた場合や、給与の振込み口座に設定した場合、生活費の引き落とし口座に使っている場合などは金利が安くなる傾向があります。ですので特段の理由がなければ、住宅ローンを組んでいる口座をメインバンクにし、一本化したほうが何かとお得です。メインバンクを決めることは、自分のためにもなるのです。

銀行の即日融資はごく一部のみ

三菱UFJ銀行はCMを使って、最短30分での審査を宣伝しています。これは事実で、即日融資が可能になりますので大変便利です。

ただし審査がゆるいというわけではありませんので注意してください。銀行系は手続きが煩雑で審査に長い時間がかかります。申し込みはインターネットと店頭窓口がありますが、インターネットのほうが審査時間は短いです。

こちらもネットだからといって審査がゆるいということはありません。受付方法が違うだけで、銀行は一本化したルールの元で審査を行っています。

即日融資を受けるには、窓口へ必要書類を持っていきます。そしてその場で仮カードを発行してもらってすぐに借りることができます。事前に必要書類の整理をして忘れ物がないようにしましょう。基本的には身分証明書と収入証明書で構いません。勤め先の電話番号も忘れずに。

インターネットでも必要事項が揃っていれば即日融資が可能な場合があります。その場合は先に口座に振り込まれて、後からカードが送られてきます。

未成年、主婦、年金受給者の審査はどうなっているのか

基本的にカードローンの申し込みは20歳以上が原則です。ですので未成年はお金を借りることはできないと思って良いでしょう。その場合は本人が債務をかぶる奨学金や、両親が負担する教育ローンなどを利用しましょう。

また主婦の場合は別記事に書きましたとおり、配偶者の収入証明があれば比較的容易に借りることができます。

年金受給者は借り入れをすることができますが、年齢制限が65歳以下の場合が多く、制限にひっかかってしまうことがあります。年金需給中でもお金を借りたい場合は、生活福祉資金制度などを利用しましょう。

非正規労働者の審査はどうなっているのか

現在は労働人口の4割からが非正規労働者になっており、非正規の割合は年々増加していっています。非正規である派遣やアルバイトの場合、審査はどうなるのでしょうか。

在籍確認時に偽装会社を使うのはNG?

無職であったり、人に言いたくない会社に勤めている場合、アリバイ作りに偽装会社を使って在籍確認をクリアし、融資を受けることもやろうと思えばできます。

ですがこれは詐欺罪にあたります。銀行や消費者金融からそうやって詐称した信用でお金を借りた場合は詐欺罪です。

まだ訴えられた人はいませんが、住宅ローンで同じことをやって逮捕された人がいます、懲役2年執行猶予5年がつきました。詐欺罪は信頼を裏切る罪ですので社会的なペナルティも大きいですので絶対にやらないでください。

多彩なカードローン申し込み方法

ローンの申し込みは、例えば三井住友銀行を例にしますと、パソコン、モバイル、ローン契約機、電話、郵送、窓口、ネットバンキングからの申し込みなど、さまざまな申し込み方法があります。

ATMでお金を下ろす際に、ついでにボタンでカードの申し込みをすることもできます。一般的に郵送での申し込みは時間がかかります。

早いのはインターネットとローン契約機です。書類が揃っていれば即カード発行とローン利用が開始できる可能性があります。

携帯電話からも借りることができ、その場合は自宅でも外出先でも、一度も店舗に立ち寄らずにローンを利用することができますので、外出先などでどうしてもお金が緊急に必要になった場合などに、この方法で利用してみるのはいかがでしょうか。

電話での申し込みには専用ダイヤルが準備されており、オペレーターと話すことができますので、安心して申し込むことができます。自分にあった方法で申し込んでみてください。


おまとめローンについて


カードローンは上限が高いので、複数社から少しずつ借り入れてる場合のおまとめローンとして利用もできます。

ただし、30万円を3社から借りている人よりも、1社から90万円借りている人のほうが、ローンとしては信用度が高いのです。それは限度額が信用度にかかわってくるからです。

おまとめローンを検討している場合、複数のカード会社に申し込んでしまうことがありますが、それはすべて記録に残ります。

自分の信用力は変わりませんのでたくさん申し込むのはやめましょう。おまとめローンは返済日を一日にすることができ、低金利かつ長期間で返済を組むことができますので生活の見直しに最適です。

ですが会社によっては返済総額が元の総額を大幅に上回ってしまう場合がありますから注意してください。


消費者金融のカードローンについて


消費者金融はほとんどが銀行系に


サラ金業法が改正されて、金利が変わり、一気に儲からなくなった消費者金融。それまで消費者金融は独立系がほとんどでしたが、これで一気に銀行に吸収されて、ほとんどが銀行系カードローンへと様変わりしました。金利が下がったことで利便性はあがりました。

ますます銀行でお金を借りることができない人は、消費者金融で借りることができるようになりました。


審査は消費者金融内で統一されている?


消費者金融の審査データベースはつながっています。ですので、A社で審査が落ちればB社でも落ちる可能性が高いですが、申し込みだけはしてみましょう。また事前にネットで申し込んで審査の具合を試すというのもおススメです。


在籍確認の電話はあるかもしれないし、ないかもしれない


お金を借りる際に、会社の電話番号を告げる必要があります。消費者金融は返済可能か調べるために、会社の状態も見るのです。

勤務年数なども重要な指標になってきます。ですので、会社に電話をかけて、「○○と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」と電話をかけてきます。

会社名を名乗ることはありません。個人名でかけてきます。そこで「△△は外出中です」という回答でも構わないのです。在籍していることが確認できればそれでいいのですから。

在籍確認で会社にばれるケース

在籍確認の電話は個人名でかかってきますが、会社にばれるリスクはないのでしょうか。もちろん相手は消費者金融だということは名乗りませんが、通常会社にかかってくる電話は相手も会社名を名乗りますので、個人でかかってくる時点でピンと来る人もいるかもしれません。

三菱UFJ銀行のカードローン

財閥系の東京三菱銀行と、三和と東海のUFJ銀行が合併

三菱UFJ銀行は2006年に合併により誕生しています。日本を代表するメガバンクです。 カードローンも行っており、大きな収入源となっています。

カードは白地にオレンジのラインで、上品なデザインになっています。
金利は4.6%~14.6%となっています。最高額は500万円で、カードローンにしては高額です。ですが上限まで借りようと思えば相当の収入と返済実績が必要です。

バンクイックとマイカードプラス

三菱UFJ銀行のカードローンには、バンクイックとマイカードプラスという2種類があります。この二つはまったく別のものです。

バンクイックは使い道自由なフリーローンで、どのような用途に使おうと自由に借り入れすることができます。最短で30分で審査でき、即日で利用することもできる便利なカードローンです。銀行口座も不要なので、三菱UFJ銀行の口座を持っている必要すらありません。他の銀行の口座でも使えるというのがとても便利ですね。

マイカードプラスは日々の引き落とし不足を防ぐ

例えば日々の携帯電話料金の引き落としや光熱水費の引き落としなどが、何かの偶然で落ちない場合があります。マイカードプラスはそれを防ぐため、自動で残金をチャージしてくれる仕組みです。これがあれば引き落とし失敗による滞納や解約、電気の停止などを防ぐことができますので積極的に利用しましょう。

三井住友銀行のカードローン

大銀行の合併でできたメガバンク

1996年に旧さくら銀行の子会社として誕生した三井住友銀行。日本を代表するメガバンクです。こちらもカードローンを行っていています。カードの色は緑と黄緑です。

金利は4.0%~14.5%で、最高額は800万円までの10万円単位。多額のお金を借りることができますが、それをするためには返済実績やもともとの収入が高いなどの条件が必要です。

条件で変わる三井住友銀行の金利

例えば三井住友銀行で住宅ローンを組んでいたり、給料の振込み口座として使っていたり、光熱水費や携帯電話の引き落とし口座に使っていたりなどすると、金利が安くなる傾向があります。

三井住友銀行のゴールドローンは一番利息が安い

三井住友ゴールドローンは、銀行のカードローンの中で一番返済額が少なくてすむローンだといわれています。10000円借りて毎月1万円返し続けたら返済額は105292円です。とても安く済みますのでローンを組む際はこのプランを検討してみてください。

ゴールドローンは金利が安いが審査が長い

三井住友ゴールドローンは金利が3.5%~9.8%です。10%を切る金利はそうありませんので、こちらのローンは大変おススメです。ですが、審査が異常に長く4週間ほどかかるというデメリットがあります。しかし待つだけの価値はあります。返済も一年遅れることなく続けると利率が0.3%引き下げられます。ですので低金利で継続して利用したい方などにはとてもおススメです。

みずほ銀行のカードローン

三大メガバンクのひとつ

みずほ銀行は2002年に第一勧銀、富士銀、日本興銀の合併で誕生した日本のメガバンクのひとつです。銀行業務の一環としてカードローンを行っています。 金利は4.0%~14.0%と標準的で、審査はありますが安い金利が特徴です。また、最高で1000万円まで借り入れることができます。上限が1000万というのはカードローンの最高額ではないでしょうか。

おススメのカードローンです

金利が非常に安く、高額を借りることができ、申し込みも20歳から66歳まで可能でこちらは安定収入のある人には大変有利なカードローンとなっています。カードローンですので総量規制の対象外となり、借入額は年収には左右ないのもいいですね。用途も自由で、他社からの借り換え清算などにお使いいただけます。また配偶者に収入があれば主婦の方でもお使いいただけるのです。

みずほ銀行の口座が必要

最近は自社の口座を持っていなくともカードローンが発行される会社もありますが、みずほ銀行の場合はみずほ銀行に口座がなくてはカードローンを申し込むことができません。これは余計な口座管理の手間がひとつ増えるので、面倒だと感じられる方もいるかもしれません。

みずほ銀行は審査が長い

消費者金融は即日融資が可能で、銀行も30分で審査可能など審査のスピードが速くなっている傾向がありますが、みずほ銀行では審査に1ヶ月かかることもありえます。ちょっと対応が遅いというデメリットがあるかもしれません。その代わり低金利と高額の限度額というトレードオフになっています。

主婦のカードローン申し込み

たくさんある主婦向けのカードローン

結婚して収入をセーブしていたり、まったくなかったり。そんな状態だとお金を借りることができないと思われるかもしれません。ですが、カードローンは主婦がOKの場合があります。今回は主婦のカードローンの申し込みについて書いてみたいと思います。

働いている場合と、働いていない場合

正社員や派遣など、フルタイムで働いている人を兼業主婦、パートや働いていない人を専業主婦と呼びます。兼業主婦は定期収入がありますので、お金を借りるのは容易です。一般のサラリーマンと同様に申し込んで、借り入れを受けてください。 問題は専業主婦です。収入が少ないか、ごくわずかの場合でも、借り先を選べばお金を借りることができます。

銀行系カードローンが有利

主婦が申し込む場合は銀行系カードローンが有利です。こちらは配偶者に収入があると仮定してお金を貸してもらえますが、配偶者の収入証明は必要ありません。申し込み時に配偶者の名前や生年月日を告げる必要がありますが、カード会社はそこから審査を行います。そして事故がなければ無事借り入れ完了という流れになります。

プライバシーを厳重に

なるべく家族にばれたくないのが本音。まずはネット申し込みを行いましょう。ネット申し込みで確認電話がかかってくることはまずありません。ネット申し込みでも審査は同様に行われますので、そこで審査の可否をチェックしましょう。そこで通るようでしたら、窓口に行ってもいいかもしれません。

申し込みを受け付けている銀行

専業主婦の申し込みを受け付けている銀行は以下の通りです。

・楽天銀行スーパーローン

・みずほ銀行カードローン

・ジャパンネット銀行ネットキャッシング

・三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

おすすめカードローン2つ

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。

 

2.アコム

・融資額:1万円~800万円
・30日間金利0円
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:3.0%~18.0%

お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる