> >> カードローンを利用すると住宅ローンの審査に影響がある?

カードローンを利用すると住宅ローンの審査に影響がある?

カードローンを利用することで他のローンの審査に影響があると聞くことがあります。もしも本当に影響があるとしたら、将来的に困った事態になるかも知れません。

将来のマイホームのために必要となる住宅ローンの審査では、カードローンの利用履歴はどんなふうに関わってくるのでしょうか?問題があるとしたら、どんな時にまずいのでしょうか?

カードローンは利用の仕方によって住宅ローン審査に悪影響が

カードローンを使っていると将来のマイホームに影響があるなどと聞いたら不安になるでしょう。しかし、カードローンを使っている人全てが悪影響を被るわけではありません。使い方によっては悪影響となることもあるため、カードローンは利用の仕方に注意が必要です。

少額のカードローンを計画的に使っていた場合

小さい限度額のカードローンを普通に利用して、計画的に返済していた場合には、住宅ローンへの悪影響はありません。カードローンには消費者金融や銀行などのものがありますが、消費者金融のルールである年収による借入額の壁、「総量規制」も住宅ローンには関係ありません。

住宅ローンは銀行などの金融機関の商品であり、銀行は総量規制の範囲外です。もちろん、銀行カードローンも総量規制外のものなので、どちらを使っていても問題ありません。

カードローンの支払いを遅延した場合

カードローンの支払いを遅延した場合には、やや不安が残りますが、基本的には住宅ローンへの悪影響はないと考えられています。短期間の遅延は、信用情報に記録が残らないこともあり、その後きちんと返済をしていれば将来の住宅ローンに大きな影響を与えることは少ないでしょう。

カードローンの支払いを延滞した場合

カードローンの支払いの延滞は、大きな問題となります。カードローンの延滞履歴は、銀行や消費者金融が情報を共有する信用情報機関に記録されてしまいます。記録が残っている状態では、あらゆるローンの審査で延滞の事実を見られ、住宅ローン審査でも厳しい判断をせざる得ない状態となります。

高額の借り入れをしている場合

きちんと返済をしていても、現在高額の借入残高が残っている場合には、住宅ローン審査に響くことがあります。借入残高はその人の「返済比率」を圧迫します。返済比率は年収に対する返済金額の割合で、総量規制はないものの貸し倒れリスクを回避するために審査で使われる判断基準です。

カードローンの返済額が大きいとその分住宅ローンの返済額が少なく見積もられて、審査に通りにくくなったり、住宅ローン借入額が下がることがあります。


カードローンの契約はしているが使っていない場合


過去に使っていたカードローンの契約が残っている場合にも、大きな影響を与えます。現在使っていなくても、設定されている限度額はその人本人の「銀行が判断する返済可能額」を圧迫します。

限度額はいつでも借金できる金額なので、その分が住宅ローン返済のリスクとみなされるのです。複数の契約がある場合や高額の限度額を持っている場合には特に注意が必要となります。

カードローンの悪影響はいつまで続く?

カードローンの悪影響は、その原因が解消されるまで続きますが、なかには信用情報に履歴が残ってしまい、原因が解消された後まで住宅ローン審査に悪影響を及ぼし続けるものもあります。カードローンによる住宅ローンへの悪影響が続く期間をケースごとに見てみます。

影響が続く基本的な期間

カードローンの借入金額や限度額に問題があった場合にはそれらを解消することで、悪影響を回避できます。ただし、延滞があった場合には延滞を解消してもその後も一定期間、悪影響のリスクが続きます。

延滞履歴は基本的に、完済から5年間記録に残り、あらゆる審査で厳しいチェックが入ります。そのため、延滞をしたことがある場合には履歴が消えるのを待って住宅ローンを申し込むことが必要です。また、履歴の有無がわからない場合には情報機関に情報の開示を申し込みましょう。

同じ金融機関でローンを組む場合

銀行カードローンを利用していたり、銀行のグループや保証会社である消費者金融を利用していた人が、同系列の銀行で住宅ローンを組むと、過去から現在のカードローンの利用方法について問題視されることがあります。

その銀行のカードローンの利用履歴は、信用情報機関とは違って、期間を限定せずにそれぞれの銀行に独自に残していることが多いものです。そのため、過去に問題を起こした銀行では何年経っても審査落ちするリスクが高くなります。また、多くの消費者金融が銀行傘下になっており、その系列の銀行では消費者金融での履歴も手に入れることが可能です。


カードローンの悪影響を住宅ローンに与えないためには


カードローンは、少額の融資を計画的に行っている分には住宅ローンなどの他の融資に悪影響を与えることはありません。

しかし、高額の借入や返済の延滞などがあると審査に反映されて、厳しく見られる可能性があります。カードローンを利用する際は、将来に不安を残さないように正しい返済と適度な借入を守りましょう。また、使っていないカードローンは解約しておいた方が安心です。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融