> >> 外国人はカードローンの審査が不利になる?

外国人はカードローンの審査が不利になる?

日本は他国に比べ豊かで便利な国と言われていますが、いざ日本で生活を始めてみると予想以上に出費が重なってしまうと困っている外国人の方も多いのではないでしょうか。

充分に給料を得ていたり頼れる知人がいたりすれば問題ありませんが、どうしてもお金が必要になった場合は、カードローンを検討するべきでしょう。

カードローンは、審査に通ればまとまったお金を借りられる可能性があります。

しかし、日本人でもカードローンの審査に落ちることは珍しくなく、外国人の場合は審査が不利になるのではないだろうか、と悩んでいるかもしれません。

そこで、ここでは外国人の方がカードローンの審査を受けるうえで不利になるのか、徹底的に調べましたので、詳しく解説していきます。

そもそも外国人はカードローンを利用できるの!?

外国人の方の中にも永住権を持っている方と永住権を持っていない方がいます。

カードローンでは、永住権を持っている外国人の方も永住権を持っていない外国人の方も利用することができます。

すべてのカードローンが利用できるわけではありませんが、外国人の方に対して貸付している貸金業者は複数ありますので、その点の心配はないでしょう。

まずはカードローンにも2種類のカードローンがあることを知っておくべきです。

・消費者金融のカードローン
・銀行のカードローン

一般的に消費者金融のカードローンは審査難易度が低く、銀行のカードローンは審査難易度が高いと言われています。

また、外国人の方に対しても銀行のカードローンの方が審査は厳しめです。

以下にカンタンに確認できる表を用意しましたので、まずは目を通してみてください。
 


在留資格の種類消費者金融系カードローン銀行系カードローン
特別永住者証明書審査申込可審査申込可
在留カード(永住)審査申込可審査申込可
在留カード(永住以外)審査申込可審査申込不可
短期滞在ビザ審査申込不可審査申込不可

 
上記の表のとおり、消費者金融は永住者以外でも在留カードを所有していれば審査に通る可能性はあります。

一方、銀行のカードローンは永住者以外の外国人の方は審査すら申し込みできません。

また、上記の表はあくまで審査申込の資格の有無であって、各在住資格を所有していても審査に通ることを確約しているわけではないため、注意しましょう。


外国人がカードローンの審査を受けるうえで大事なポイント


外国人がカードローンの審査を受けるうえで、以下のポイントを満たしておくことで、審査に通る可能性をアップさせることができます。

・定期的に給与を得ている
・勤務先に在籍確認ができる
・日本語の読み書きができる
・日本在住期間が長い

定期的に給与を得ている

毎月、安定した給与を得ていることが大事です。これは外国人だからではなく、日本人でも安定した収入を得ていなければなりません。

消費者金融のカードローンにせよ銀行のカードローンにせよ、本人に安定した収入を得ていなければ、返済をしてくれない可能性があります。

消費者金融や銀行などの貸金業者は、返済してくれなければ利益にならないため、返済能力を有していない人に貸付はしません。

ただ、安定した収入とはいえ高収入を求めているわけではないため、アルバイト・パートタイマーでしか働いていない外国人の方でも審査に通る可能性は充分にあります。

勤務先に在籍確認ができる

消費者金融や銀行などの貸金業者は、一般的に審査申込者の勤務先に在籍確認の電話連絡を行います。

外国人の方だけでなく日本人でも在籍確認の電話連絡は行われますので、外国人だから審査に不利を受けているわけではありません。

在籍確認の電話連絡では、審査担当者の個人名でかかってくるため、職場の人にカードローンの審査を受けていることはバレません。

また、在籍確認の電話連絡が失敗※してしまうと、審査に通らなくなります。

※在籍確認の失敗例は、勤務先の人が審査申込者の名前を知らないなどで「当社では勤めていません」などと回答したときに起こります。

したがって、職場の人には「自分あての電話連絡があるかもしれません」と事前に伝えておきましょう。

日本語の読み書きができる

日本語の読み書きができない外国人の方は、審査が不利になるかもしれません。

カードローンは、契約に同意しなければなりませんので、後々に理解せずに契約したなどと言われないために日本語の読み書きができる方がメリットはあるでしょう。

また、日本語の読み書きができるということは、日本に長期間住む可能性が高いと判断され、信用面でも高く評価してくれるかもしれません。

日本在住期間が長い

日本に長く住んでいる外国人の方は、信用度が高くなるため、審査に通りやすくなります。

日本で6ヶ月以上仕事に就いていれば、審査に通る可能性があるでしょう。また、在留期間が1年以上残っている外国人の方も審査に通る可能性が高まります。

在留カードに残りに期間が記しているため、カードローンの審査に申し込む前に確認するようにしましょう。

カードローンの審査では在留カードを提出しなければなりませんので、在留期間についてウソをついてもバレてしまいます。

カードローンの審査でウソをつくことは大きなマイナスポイントになるため、絶対にウソはつかないようにしましょう。


カードローン会社に返済計画を伝えれば好印象になる!?


貸金業者に返済計画を伝えれば、返済意識の高い人と判断してくれ、審査に通る可能性が高まります。

カードローンの審査に申し込みすると、本人確認の電話がかかってくるため、そのときに返済計画を伝えてみてはいかがでしょうか。

残りの在留期間と返済期間を考えて伝えれば、貸金業者は安心してお金を貸しやすくなります。

また、返済計画は貸金業者にアピールするだけでなく、事前に計画しておくことは自身のメリットにもつながります。

返済に遅れたり滞納したりすれば、個人信用情報機関のブラックになるため、今後ローンを組むことができなくなります。

外国人はカードローンの審査で提出書類が多くなる?

外国人の方は日本人に比べカードローンの審査で提出書類は多くなります。以下に外国人の方がカードローンの審査を受けるときに必要な提出書類を記しておきます。


・パスポート
・在留カード
・特別永住者証明書または永住カード(特別永住者のみ)

他にも場合によっては、所得証明書類の提出を求められることがあります。

いずれの提出書類も、コピーの提出、またはスマホなどで撮影し画像化したうえで専用URLにアップロードします。

スマホの撮影では画像がブレたり画面から切れたりしないように注意しましょう。

また、永住者の方は運転免許証を所有していればパスポートよりも信用度が高くなるため、審査に通りやすくなる可能性があります。

外国人のカードローン審査「まとめ」

以上に解説してきましたように、外国人でもカードローンの審査に通る可能性はあります。

ただ、どうしても銀行のカードローンは条件が厳しく審査のハードルが高くなってしまうため、とにかくカードローンの審査に通りたい方は消費者金融を検討しましょう。

日本人に比べ外国人の方は提出書類などが多くなりますが、決して差別で審査が不利になるわけではありません。

安定した収入を得ている外国人の方は、カードローンの審査に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融