> >> カードローンって一括返済できる?すると得?

カードローンって一括返済できる?すると得?

カードローンは、ATMで借りたり返したりを繰り返すことができたり、振込みキャッシングや口座引き落としで自宅などから取引ができたりと便利なものです。

小まめに借りて返済も小まめに行うというスタイルが一般的になっていますが、実はカードローンは一括返済をすることもできます。

一括返済の方法はいくつかありますが、借りているローンによってやり方に違いがあるため、自分の借りているローンに合わせて行ってみましょう。カードローンの一括返済にはやや面倒なこともありますが、お得なこともあります。

カードローンの返済方法の種類と一括返済

ほとんどのカードローンには、いくつかの返済方法があり、自分で申し込みの際や使っている途中などで選ぶことができます。返済方法によってメリットもデメリットもあるので、自分に向いている方法を選びます。一括返済は、こうした通常の返済方法とは違い、不定期に行うことが一般的です。

ATMで返済

基本的なカードローンの返済方法としてメジャーなのが銀行やコンビニなどのATMを利用して返済する方法です。ATMはいたるところにありますし、場所によっては夜遅くまでやっているため、返済の自由度が高い方法となります。

カードローンでは、残高に合わせた最低返済金額が決まっており、その金額以上を定期的に(基本は毎月)返済します。毎回の返済期限の前までに、ATMに行って最低金額以上の自分の希望額を入金します。

ATMでの返済では、振り込み単位が決まっており、多くの場合には1,000円単位で入金することになっています。100円単位や10円単位では支払うことはできません。

また、ATMによっては手数料がかかることがあります。そのため、最低金額ギリギリの入金をすると手数料の分不足することもあるので注意が必要です。


口座引き落としで返済


カードローンの返済方法としてもうひとつのメジャーなものは、口座引き落としです。口座引き落としは、自分の指定口座から毎回定額の返済額を引き落としてくれる方法で、口座にお金さえ入っていれば毎回の手続きが不要となります。決まった金額が返済に充てられていき、うっかり忘れて返済日が過ぎてしまったなどのミスを防げます。

ただし、口座引き落としでは指定口座への入金を忘れると返済が出来ません。給料振込口座を指定したり、残高が返済金額を下回らないように注意が必要です。

また、毎回の振り込み金額が変わらないため、「今回は収入があったからたくさん返済したい」という場合には不便になります。引き落としには手数料は掛からないのが普通です。

追加返済

口座引き落としでもう少したくさん返済したい場合や、急にお金が手に入ったからそれを返済に充てたいなどの場合には、不定期で追加返済ができます。一括返済とは違い、残高全部を返済するのではなく、自分の好きな金額を入金します。ATM返済や引き落としなど、決められている返済日以外に行う返済です。

追加返済の方法には、ATMや銀行振り込み、店頭での入金などがあります。ATMや銀行振り込みの場合には一定の手数料がかかることがあり、場合によってはカードローン会社への連絡が必要です。

また、普段ATM入金をしている場合には、会社で決められている期間以外に入金すると定期の返済のつもりだったのに追加返済の扱いになることがあります。

一括返済

一括返済は、追加返済同様に不定期な返済方法です。現在借りている残高を一括で支払い、借り入れ金額をゼロにする方法となります。まとまったお金が手に入った時などに一括返済をする人が多いのですが、状況によってはカードローンの契約を辞める時に求められることもあります。おまとめローンに借り換えする際にも、各ローン会社に一括返済することになります。

一括返済の方法としては、ATM、銀行振り込み、店頭入金などがあります。いずれの場合にも、前もってカードローン会社に連絡をしておき、返済金額を聞くことが必要です。カードローンは利息が日割り計算となっているため、いつ返済するかによって返済総額が変わってくるためです。振り込みの場合には口座も聞いておきます。

全額をきっちりと返済するのが基本ですが、ATMの場合にはきっちりと返せないこともあります。ATMでの返済は金額の最小単位が決まっているため、利息で発生する端数までは入金できません。その場合には、少し多めに返済しておき、カードローン口座をプラスにしておくのが一般的です。これは、もちろん後から返してもらえます。


カードローンで一括返済をするメリットは?


カードローンの返済には定期的な返済と不定期な返済があり、追加返済と一括返済が不定期な返済に当たります。一括返済は、まとまった金額がなければ出来ないものであり、大変な返済方法ですが、大きなメリットがあります。


一括返済で利息を削減


一括返済の一番のメリットは、それ以降の利息の発生を避けられる点です。カードローンの利息は、残高に対しての日割り計算となります。そのため、1日でも早く完済して残高をゼロにすることで利息を抑えることができます。

ほとんどのカードローンの返済は、リボルビング方式となっています。毎月一定の返済金額が決まっており、それ以上の金額の返済を行えば良いという方法です。毎月少額の返済で済みますが、その分借金の減りが少なく、返済が長期化しがちとなります。

また、返済額の中には元金と利息が含まれるため、元金に充てる金額は入金額より少なくなります。

このことから、毎月少額をこつこつと返済するよりも一括返済をする方が支払うべき利息を効果的に減らせることが分かります。


どれくらい利息を減らすことができる?


カードローンの利息は、約定日の残高に対して計算されます。多くの消費者金融では最高金利が年18パーセントとなるので、これを踏まえて50万円借りた場合の利息を見てみましょう。

18パーセントで50万円借りた場合の1ヶ月目の利息は約7,000円となります。毎月1万円ずつの返済を行った場合には、金利18パーセントでは返済回数が90回を超え、利息総額は40万円を超えます。

50万円を借り入れして、すぐに一括返済をした場合には、利息総額の分だけ得をしたことになります。また、返済期間の4分の3を前倒しで一括返済した場合には、かかった利息はおよそ16万円となり、25万円程度軽減されます。同じ条件で、半分の期間を前倒しで一括返済したら、およそ12万円の軽減、4分の1の前倒しでおよそ35,000円程度の軽減となります。

基本的に、一括返済は早めに行うほど利息の軽減幅が大きくなる傾向です。

おまとめや借り換えローンで一括返済してもお得に

上記でも触れましたが、消費者金融の金利は最高18パーセントです。銀行カードローンの場合にはやや低く、15パーセント程度となっています。これを利用して、金利の安いローンでお金を借りて、金利の高い方を一括返済すると金利を減らすことができます。

18パーセントで50万円借りた場合の1ヶ月目の利息は約7,000円、15パーセントの場合には約6,000円となります。毎月1万円ずつの返済を行った場合には、金利18パーセントでは利息総額は40万円を超えますが、15パーセントの場合には返済回数は79回、利息総額は28万円程度となります。返済は同じように続きますが、利息総額も期間も減らすことができ、返済を楽にすることが可能です。

カードローンの一括返済はお得

カードローンは日割り計算で利息がつき、高い金利では年18パーセントとなっています。残高が残っている間はずっと利息がつくことになるため、まとめて返済できるのであれば、その時点で一括返済をした方がお得です。

早く一括返済ができれば、その分利軽減できる利息は多くなります。また、金利の高いローンは一括返済して金利の低いローンに変えるのも利息の削減には効果的です。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融