> >> カードローンでお金借りる時の必要書類

カードローンでお金借りる時の必要書類

カードローンお金借りる時には、消費者金融であっても銀行であってもすべて書類の提出が必要となります。

ただ、カードローンの場合、住宅ローンやその他の目的ローン、国や市役所でお金借りる場合と比べて必要書類は非常に少ないので、手軽にお金借りることができます。

また、大手消費者金融でお金借りる場合は、スマホやパソコンなどから手軽に必要書類をアップロードして提出することができるので便利です。

かーどローンの審査に申し込む前に、必要書類を知っておくと、スムーズに審査を進めていくことができますので、特に即日にお金借りたい方は、あらかじめ書類を準備しておきましょう。

カードローンでお金借りる際に必要な書類

カードローンでお金を借りたい場合、まずは審査に申し込む必要があります。その審査には、スマホやパソコンで「氏名」や「年齢」「住所」「雇用形態」「年収」「他社借入状況」など属性を記入して、貸金業者に報告するほかに、提出する書類があります。

この書類が提出できなかったり、不備があると審査が長引いたり、審査に通過してお金を借りることが出来なくなる可能性があります。以下でカードローンでお金を借りるときに必要になる書類を紹介します。

本人確認書類

本人確認書類は、どの消費者金融でも銀行のカードローンでも必要な書類です。本人確認書類には、基本的に公的な証明書が必要となります。

本人確認書類は原本である必要はないため、コピー(もしくはスマホ等で撮影した本人確認書類の写真)を用意します。

※銀行カードローンでお金借りる場合で、その銀行に口座を持っている方は提出する必要がない場合もあります。

本人確認書類の種類

本人確認書類として最も代表的で、最適なのが運転免許証です。それ以外で本人確認書類として認められるものとしては以下のものがあります。運転免許証がない人は、以下の書類を準備しましょう。


・パスポート
・住民基本台帳カード
・個人番号カード
・在留カード
・特別永住者証明書
・健康保険証

顔写真のない本人確認書類しか提出できない場合には、貸金業者によってはもう一点の証明書類が必要となることがあります。例えばプラス住民票などです。また、外国人の方もカードローンでお金を借りるのは可能ですが、在留カードと特別永住者証明書の両方を求められる場合もあります。

また、住所が変わったのに書類の住所変更をしていない場合には、現在の住所と氏名が分かる証明書の添付が必要です。公共料金の領収書や住民票の写し、印鑑証明書などを準備しましょう。

収入証明書類

収入証明書類は、消費者金融と銀行では必要となる借り入れ希望額(限度額)が違います。消費者金融では一律となりますが、銀行カードローンでは銀行やカードローン商品によってそれぞれに変わります。

消費者金融で収入証明書が必要となるのは、希望借入額が50万円を超えた時と他社の借り入れを含めた総額が100万円を超える場合です。これは貸金業法で決められたルールなので、例外はありません。

銀行カードローンでは、銀行ごとに「200万円以上は必要」「500万円以上は必要」とルールが決められています。同じ銀行内でも商品ごとに違うこともあります。


収入証明書類の種類


カードローンでお金を借りる際に必要となる収入証明書類の基本は、サラリーマンの源泉徴収票や、複数から給料をもらっていたり源泉徴収票がない場合に役所でもらえる所得証明書です。これらを準備できない場合には、以下の証明書でも代用できます。

・給与明細書(2、3か月分)プラス賞与明細書1年分
・住民税決定通知書
・住民税課税証明書
・納税証明書
・青色申告決算書
・確定申告書

給料をもらうことのない自営業者などの場合には、税金の証明書や確定申告書類が収入証明書として使えます。

カードローンでお金借りる際、必要書類を提出するタイミング

カードローンに申し込みする際、証明書などの書類提出が必要となるタイミングは、審査申し込みと同時、もしくは申し込み後の次のステップです。

カードローンにインターネットで申し込んだ場合

カードローンの審査申し込みは、インターネットでもできます。パソコンやスマートフォン、携帯電話などから消費者金融等の公式サイトに入り、申し込みフォームから審査申し込みを行います。

入力内容や入力の手順は、それぞれの金融業者などによって違っていますが、消費者金融でも銀行のカードローンでもネットから申し込みできるところは増えており、時間も手間も最小限で済ませることが可能で、審査時間も早いので即日でお金を借りることもできます。

書類提出のタイミングとしては、申し込みフォーム入力後、メールや電話などで意思確認が行われた後になります。この確認によって、他者からの勝手な申し込みやいたずらを避けることができます。

メールや電話で確認された後に、証明書の提出方法を教えてもらえます。大抵は申し込みと同じ公式サイトのフォームで送信することができます。(スマホで書類を撮影してアップロードする方法などあります)

カードローンに自動契約機から申し込んだ場合

自動契約機からの申し込みの場合には、大抵その場で証明書類の提出、提示も行われます。そのため、自動契約機に出向く際には証明書類も携帯していくことが必要です。その場で証明書類の提示を終えると、そのまま契約を完了してローンカードを受け取り、お金を借りることができます。


アコムの自動契約機「むじんくん」でお金を借りる方法と注意点

1番オススメの方法は、まず自動契約機に行く前に自宅などからインターネットで審査&書類提出を行っておきます。無事、審査に通過してから自動契約機に出向き、ローンカードを発行してお金を借りる流れです。この場合、審査している時間、自動契約機で待機する必要もないですし、書類の不備があった場合、自宅に戻る必要がないので、スムーズにお金を借りることができます。

プロミスの自動契約機(無人契約機)即日でお金を借りるオススメ方法

郵送や電話でカードローンの審査に申し込む場合

郵送でカードローンに申し込む場合には、申し込み書類を提出する際に必要書類のコピーを一緒に送ることになります。電話の場合も、カードローンの審査が進んで契約に同意した段階で書類を郵送、またはFAXでで送信することになります。

カードローンでお金借りる!必要書類の提出の方法は?

カードローンの書類提出の方法は、それぞれの申し込み方法によって違います。必要となる証明書を手元に準備してから申し込むことでその後の審査がスピーディになり、スムーズにお金を借りることができます。

カードローンにインターネットで申し込んだ場合

インターネットからの申し込みをした場合には、書類提出もネット経由で行うことが多くなります。基本的には、必要書類の写真を撮ってデジタル画像として送信する方法です。


スマートフォンや携帯であれば、写真を撮ったらそのままアップロードすることができます。パソコンでもデジタルカメラかスマートフォンで撮影した画像をパソコンに落としてアップロードします。金融機関の公式サイトのフォームから送ることができるため、提出書類の誤送信もありません。


スマホで必要書類を撮影する際の注意点


画像として証明書類を送信する場合には、撮影のしかたにも注意しましょう。基本的には、確認したい情報を余すことなく送信することと、見やすい画像を撮影することが必要で、以下の点に注意して、写真撮影を行いましょう。


・書面が欠けないように全面を撮影する
・フラッシュの白映りを防ぐ
・ピントを合わせて固定し、ぼやけないようにする
・運転免許証などで裏面の記載がある場合は全て撮影する
・収入証明書などは最新のものを

証明書の中には、日付や期限が記載されているものがあります。そのため、古い書類を送ることで審査が停滞する可能性もあるので最新のものを送りましょう。

カードローンに自動契約機から申し込んだ場合

自動契約機から審査に申し込んだ場合には、オペレーターの指示によって手続き全てを完了させることができます。


書類の提出も、オペレーターからの指示に従って、提示したり、ファックスのような機器から送信することになります。対面のようにやり取りができるため、分からない時は質問することも可能です。

カードローンでお金借りる際の必要書類「まとめ」

カードローンは、借り入れ金額や条件、貸金業者によって必要書類の種類は違ってきますが、基本的に「本人確認書類」と「収入証明書」だけです。住宅ローンでお金を借りる場合や、国からお金を借りる場合、市役所からお金を借りる場合などに比べて、必要書類が圧倒的に少ないのが特徴です。


ただ、カードローンでお金を借りる場合、提出する書類が少ないとはいえ、事前に知っておけば、審査もスムーズに進みますし、融資までの時間も節約できます。とくに即日でお金を借りたいと考えている方は、提出書類を事前に用意しておきましょう。

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報