> >> カードローンの契約書類・利用明細が届く時期は?郵送物はナシにできる?

カードローンの契約書類・利用明細が届く時期は?郵送物はナシにできる?

カードローンの契約書類や利用明細などの郵送物は、家族バレを引き起こす原因となります。カードローンは「別に悪くない」ことですが、人によっては「あまり知られたくない」と感じるものでもあります。

残念ながら、カードローンに抵抗感を持っている人は多いものですし、「借金」として毛嫌いする人もいます。こうした世間の風に傷つかずにカードローンを利用するためには、郵送物をどうにかすることが必要です。

カードローンは便利なのに嫌がる人も

カードローンは、使ったことのある人には分かる便利さがあります。きちんと働いており、次のお給料日などの対価の入金日が控えている場合、その前に必要なお金を「前借り」のイメージで使いたいこともあるでしょう。

そういったケースでカードローンは便利に働くサービスです。しかし、人によってはローンを怖がったり、借金の悪いイメージで悪感情を抱いて、利用に嫌悪感を示す人もいます。

カードローンは借金だから

カードローンは、あくまでも借金であり、返済の必要があるシステムです。返済のあてがあったとしても、嫌だと思う人や偏見も多くなります。

会社の運転資金として借り入れをする事業資金であればともかく、個人の借金を毛嫌いする人もいます。カードローンは基本的に「個人の借り入れ」となるため、風当たりがきついことも多くなります。

消費者金融に昔のイメージを持っているから

カードローンを行っている業者には、銀行の他に消費者金融もあります。消費者金融のカードローンは小回りが利き、スピードや利便性も良くなっています。

しかし、一昔前のサラ金問題によって、悪いイメージを持ち続けている人も多いものです。消費者金融イコールサラ金イコール異常な金利や取立てなど、悪印象を持ち続けている人にとっては、借り入れをする人は理解できない存在です。いまだに、闇金と消費者金融を一緒と考える人すらいるようです。

カードローンの契約書類や利用明細の送付時期

カードローンを利用する場合には、ローンカードや契約書類の受取りが必要です。また、利用明細などの送付も行われます。

しかし、カード会社や消費者金融の選択によっては郵送物をカードローンと分かりにくくすることも可能です。また、利用明細の送付のタイミングを知っておくことで回避手段を講じておくこともできます。

ローンカードの郵送は分かりにくい名前で届くことも

特に消費者金融であることですが、ローンカードや契約書類の送付には良く知られている消費者金融名ではなく、頭文字をとった○○センターという名称でが使われています。

頭文字なので、有名な消費者金融であってもそれと気づかれるリスクは少なくなります。送付のタイミングは、契約から数日から数週間と幅があるため、予想がつきません。

ただし、ローンカードと契約書類のタイミングは同じことが多いため、このタイミングで家族バレを回避できればバレる恐れはグッと少なくなります。

銀行カードローンの場合は銀行名で来る

銀行カードローンを利用した場合には、家族にローンの利用がさらにばれ難くなります。銀行カードローンでは、基本的に銀行名での郵送が行われています。

そのため、家族には「明細書が届いただけだ」「お知らせが来ただけだ」とでも伝えておけば良いのです。メインバンクでのカードローン申し込みをすれば、さらに信憑性が高くなり、家族バレはしにくくなるでしょう。

利用明細は使ったタイミングで

借り入れや返済などの情報が記載された利用明細は、基本的に使った時にのみ送られてきます。

ATMなどで借り入れや返済をした際に、その場で発行される明細書には記載できない情報を郵送で送ります。この利用明細は、使わなければ送られることはありません。

注意したいのが、振り込みキャッシングを利用した場合です。振り込みキャッシングは簡単な操作で借り入れの出来るサービスですが、この場合にも利用明細は発行されます。


使い方によっては郵送物が来る可能性が


ATMのタイプによっても、郵送で利用明細が送られるかどうかが変わることがあります。自社のATMでの利用では明細が発行されない場合もありますが、提携ATMを利用すると利用明細書が郵送されるかも知れません。


カードローンの書類の郵送をナシにするには


カードローンの悪いイメージを払拭するには、まだまだ時間がかかります。だからといって、必要であり利便性を知っているのに使えないのでは困ります。

そのため、消費者金融や銀行などでは、契約や利用に際して書類の送付を最低限、もしくはゼロにする方法を考えているところもあります。郵送物に悩まされることなく利用するために、こうしたサービスを活用することも考えましょう。


契約書類をナシにする


カードローンの契約に当たって、契約書類の郵送をなしにすることもできます。条件としては、それぞれの業者によって「指定の銀行口座を持っていること」や「契約後にWEB上で郵送なしを選択する」などがあります。

もっとも有力で手軽なのは、WEB完結申し込みです。WEB完結申し込みであれば、郵送はもとより電話の在籍確認なども避けて、ネット上で全ての契約を終えることができます。また、振り込みキャッシングのみにすることで、ローンカードも届きません。


利用明細をナシにする


利用明細書のアリナシを決めるのは、比較的簡単です。今では多くの業者がWEB明細を導入しており、書類送付を減らしているという現状があります。

ネットからの申し込みなどで利用明細の郵送を止めて、WEB明細のみに替えられます。ただし、WEB明細の場合には不正使用などに気づきにくくなるため、きちんとチェックをすることが必要です。

ローンカードもナシにする?

カードローンというには、ローンカードによるATMなどでの借り入れ、返済が特徴のローンとなりますが、業者や銀行によってはカードなしで利用することも可能です。

その場合には、正確に言えば「カードローン」ではなく「キャッシング」しかも「振り込みキャッシング」を利用することになります。

振り込みキャッシングは、自分の指定した預金口座に振り込んでもらうサービスのことで、カードがないだけでなくスピード融資も可能です。振り込みだけなので、わざわざATMに出かけて出金する必要もなくお金を手にすることができます。

振り込みキャッシングの利便性は、預金口座の残高を補って引き落としを有効にしたり、自分の口座からの出金が必要な時などに発揮されます。

どこのATMからでもキャッシングできるカードローンですが、妻や夫などの近しい人がいる前では「キャッシング」であることを知られたくないため、自分の口座にお金が入っていることが必要となることもあるのです。郵送物にて家族バレを避けたい人にとっては、振り込みキャッシングで自分の口座を「満タン」にしておくことが必要なこともあるでしょう。

督促状(催告状)のリスクを回避して

どんなに申し込み方法やWEBでの手続きに注意しても、どうしても届いてしまう郵送物があります。

それは督促状(催告状)です。これだけは、避けることができないものなので、支払いの遅延は絶対に避けましょう。また、1日程度の遅れであっても発送の可能性はあります。

慌てて電話しても、会社によっては部署間の連携の問題によって発送されてしまうこともあります。


カードローンの契約書類・利用明細など郵送物が届く時期「まとめ」


カードローンの使用は家族に知られたくないこともあります。知られたくない場合には、郵送物の調整などでバレにくい環境を整えることが必要です。

今ではWEBでのやり取りが増えているため、郵送物を減らすことは可能ですが、手続きや使用方法を間違えたり怠ると郵送物が届くリスクとなります。

快適な利用のためには、遅延などに注意してネット活用を生かすことが必要となるでしょう。