> >> カードローンの限度額を引き上げるコツ

カードローンの限度額を引き上げるコツ

カードローンには融資限度額というものがあり、その決められた金額までしか借入できないようになっています。自分の必要な金額を借りるためには、限度額を引き上げることが必要となります。

カードローンの限度額を引き上げるために出来ることは限られており、さらにリスクもあるため慎重に行うことが大切です。

カードローンの限度額はどう決まる?

カードローンは、無担保のローンであり、申し込みをした本人の信用情報によって審査が行われます。審査によって勤務形態や勤務先、年収額などから契約の可否とともに融資限度額が決定します。

年収が高くて返済がスムーズに行えそうな人の限度額は高くなり、そうでない人の限度額は低くなる傾向にあります。カードローンの限度額の決定のしかたは銀行と消費者金融とでは少々違っています。

銀行カードローンは審査が厳しい

銀行のカードローンは、消費者金融と比較すると厳しいと言われています。その人の状況によっては、限度額はおろか審査にも通らないこともあるでしょう。

しかし、金利は消費者金融よりも低い傾向があり、さらに最大の利用限度額が高額のカードローン商品を取り扱っていることもあります。便利に使えそうだけど、ある程度のスペックがないと高額の利用は難しいのが銀行カードローンです。

消費者金融の審査は柔軟だが総量規制がある

消費者金融では、柔軟な審査が行われており、銀行では審査に通りにくい人でも借り入れのチャンスがあります。しかし、消費者金融には総量規制というルールがあり、年収額によって利用限度額が決まってしまいます。

そのため、どんなに必要であっても年収で決められている範囲以上の利用限度額は認められません。

総量規制では、年収の3分の1を超えた借り入れが出来なくなっています。つまり、年収300万円であれば、利用限度額は最高でも100万円までとなります。これは消費者を借りすぎから守るために作られた法によるものであり、これ以上の借り入れは生活が苦しくなるために止められています。


カードローンの限度額を引き上げるために申し込み時に出来ること


カードローンの限度額が最初に決まるのは、カードローンの契約時となります。申し込みをした後でその情報を元にした審査が行われ、そこで最初の限度額が決まります。

一般的には、最初の限度額の設定時に高額の融資が認められることが少ないと言われています。そのため、希望の金額が通らないでガッカリすることもあるようです。

申し込み書類は正確に

申し込み時に記入する書類やフォームは、カードローン会社や担当者が初めて申し込み者を知るものです。最初の出会いが良いと印象が良くなるのは、人同士でもカードローンでも同じことであり、逆もまた然りです。

つまり、申込書がいい加減に書かれていれば、信用できないという扱いを受けてしまい、限度額が低くなる可能性があります。申込書を丁寧に、正確に記入することは、限度額を上げるというよりは「下げないため」に必要なことです。

他の借り入れ金額を確認

消費者金融の総量規制では、他社借り入れも含めた総借入額が年収の3分の1を超えてはいけないことになっています。そのため、他社借り入れがある場合には、次の申し込み先では他社借り入れを差し引いた金額の範囲で限度額が決まることになります。

また、総量規制が関係ない銀行でも、他社借り入れはチェックされる問題です。他社の借り入れが多いのは自社の返済が難しくなるリスクなので、限度額は抑えられます。

出来るだけ限度額を引き上げられるかどうかは、これまでの借り入れ状況によって変わります。


他社の利用状況の良さは高評価に


他社借り入れがあることは、悪いだけではありません。他社でカードローンを利用していて、返済がスムーズな場合には高評価となり、限度額にも反映されることがあります。

貸金業者としては、たくさん借りてスムーズに返済してくれる消費者は優良な顧客です。そのため、借り入れがあっても返済がスムーズだと評価が高くなります。申し込みをする場合には、これまでの借り入れの返済をコンスタントに行い、良い顧客であることを目指しましょう。


使用中のカードの限度額引き上げのチャンスを生かす


カードローンでは、申し込み時に決められた限度額を引き上げるチャンスが定期的に来ます。それが「増額」です。増額は申し込み時の限度額が足りなくなった時に引き上げるものであり、カード会社からお誘いがあるパターンと契約者自身が申し込むパターンがあります。


増額時にも審査がある


増額をするためには、自分で申し込んでもカード会社から誘われても審査があります。審査に通らなければ、正式に増額してもらうことはできません。増額の審査も最初の申し込み同様に行われます。カード会社から誘われた場合にも、審査に落ちる可能性はあります。

増額審査では、利用実績や信用情報、個人情報などがチェックされます。信用情報や個人情報は、最初の審査でも見られた情報をもう一度見直して審査を行います。利用している間に変更があった場合には、それも申し込み時に伝えます。

利用を頻繁に行い、返済がスムーズだと高確率

カードローンの増額審査では、たくさん使って返済も正しく行っている人が有利となります。返済のリスクもなく、限度額を有効活用している場合には、増額することでより多くの利用をして、きちんと返済してくれると考えられるためです。こうした人は高確率で審査通過して、増額が認められるでしょう。

限度額の増額チャンスは半年後~1年後

カードローン申し込みの際に決められた利用限度額を最初に引き上げられるチャンスは、およそ半年から1年後となります。こちらから申し込む場合には、最低でも半年経てば増額の申し込みが通る可能性が出てきます。もっと慎重に行うのであれば、1年後がおすすめです。

また、1度増額をしてもらった後の次の増額の申し込みも、同じ間隔で行うことが必要です。ひんぱんに行っても、増額の根拠となる利用実績はあまり変わりませんし、お金に困っている印象を与えることになり、審査に通りにくくなります。

増額の理由を聞かれたら

自分で申し込みをした場合には、増額の理由を聞かれることもあります。どんな目的のために増額が必要なのか、使途によっては増額不可になります。増額を希望するということはお金が必要になったということで、カード会社は返済のリスクを危ぶみます。

そのため、あやふやな答えやギャンブル、他社への返済などの答えは落とされる確率が高くなります。反対に、旅行資金などの一時的な入用として申し出ると好印象を残せます。

増額審査のリスク

増額の申し込みでは、増額してもらえるか否かというだけでなく、最悪カードローンが今まで通り使えなくなるリスクがあります。そのため、安易に増額を申し込むことは避けた方が良いでしょう。

増額を申し込むと審査が行われると前述しましたが、その審査結果によってこれまでの限度額が高すぎると判断されることもあります。そう判断された場合には、限度額を引き下げられたり、カードの利用をストップされてしまいます。

増額審査でリスクを負うのは、利用実績の悪い人や利用途中で勤務先が変わった人、他社借り入れが増えた人などです。

利用実績では、返済の停滞はもちろんのこと、それまでカードローンを一切使っていないことも問題になる可能性があります。

また、利用途中で勤務先が変わったり、退職したり、収入に変化があったことを見られると増額は見送られ、慎重に審査されることになります。

増額審査でも、他社借り入れはチェックされ、総量規制の範囲内であるか見られています。利用している間に他社の借り入れも増えたり、新しくカードを作った場合には、審査が厳しくなるでしょう。

カードローンの限度額の引き上げはタイミングを見て

カードローンの限度額は、申し込み時に誠実な対応をすることで引き上げられる可能性があり、さらにタイミングを見計らって増額申し込みをすることで上げるチャンスを得られます。

増額申し込みでは、状況によって引き下げリスクもあるため、利用実績などを見て慎重に申し込みのタイミングをはかることが大切です。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融