> >> カードローンでお金を借りる為に必要な年収額は?

カードローンでお金を借りる為に必要な年収額は?

カードローンでお金を借りるためには、本人に安定した収入があることが必要条件です。専業主婦がお金借りられるようなカードローンもありますが、その場合でも配偶者に収入があないと借り入れできません。

カードローンを利用してお金借りる際は、どれくらいの年収額が必要となるのでしょうか?カードローンを申し込む消費者金融や銀行によっても違いますが詳しく紹介します。

カードローンでお金を借りるには収入が必要?

カードローンを利用してお金を借りたい人というのは、現在「お金がなくて困っている」人です。

お金がなくて困っている人を対象に消費者金融や銀行はお金を貸し付けているわけですが、無職の人には基本的に貸し付けは行っていません。

お金がなくて困っている人でも、安定した収入がある人でないと、延滞したり、返済が滞る危険性が高くなるからです。

しっかり返済できる人がカードローンでお金を借りることができる

これは当然のことですが、カードローンでお金を借りたら返済しなければいけません。貸金業者でもそのことを重視しておりますので、カードローンを申し込むと必ず審査があります。


審査では、申込者がしっかり返済してくれるのか?勤め先の情報や、勤続年数、住んでいる家、他社の借り入れは何件なのか?いくら借金があるのか?過去に延滞や債務整理はしていないのか?などなど調査します。

その審査項目の重要事項の1つに「年収はいくらなのか?」というものがあるのです。

カードローンを提供する貸金業者では、お金借りる人が、どのくらいの年収があるのか?によって融資の金額や「そもそも融資をしても返済してくれるか」を審査します。

ですので、収入がない人は返済できる可能性が低いと貸金業者に判断され、カードローンの審査は通らず、お金を借りることはできません。

年収は貸金業者にどのように申告するの?

カードローンの申し込みでは、借入希望額によって収入の申告方法が違います。

これは貸金業者によって違うのですが、大手消費者金融の場合は、5万円や10万円程度の借入希望額で、他社に借金がない場合は、収入証明書は必要なく、公式ホームページの申し込みフォームなどに年収を記入して終了です。

ところが一定の金額以上の融資を希望する場合には、給料明細や源泉徴収票などの収入証明書を実際に消費者金融や銀行に見せて(提出して)入入学を申告します。高額融資の場合は、貸金業者の慎重に審査するので、自己申告ではない方法で厳密に行われています。

例えば、プロミスでお金借りる場合は、「借入希望額が50万円以上」「借入希望額+他社の借金額が100万円を超える場合」に収入証明書が必要になります。収入証明書は「最新の源泉徴収票」「最新の確定申告書」「直近2カ月の急所明細+1年分の賞与明細書」です。

専業主婦がお金借りる場合の収入申告は?

専業主婦は、家庭内の仕事を専門に行っているので収入はありません。しかし、その場合でも、商品によってはカードローンでお金を借りることができます。(大手消費者金融では借りれません。主に銀行カードローンになります)


その場合には、専業主婦本人の収入ではなく、配偶者の収入を申告することになるのが一般的です。配偶者が働いており、一定の収入がある場合には専業主婦でもカードローン審査に通過してお金を借りることができます。その収入の申告方法は銀行にによって違い、夫の収入証明書が必要な場合があったり、必要ない場合もあります。

カードローンの種類によって違う年収の審査

カードローンでお金を借りようと思った場合、消費者金融や銀行に申し込むのが一般的ですが、銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、年収の審査の意味や基準などが違います。

柔軟審査だけど年収額に法の「縛り」がある消費者金融

消費者金融の良い所は、スピーディで柔軟な審査です。勤務形態が正社員や公務員でなくてもお金を借りれる可能性が高く、どちらかといえば年収の低いアルバイトやパートでも借り入れしやすいカードローンといわれています。



即日でお金借りることも可能で、いざという時にサッと審査を受けて、サッと借り入れできる頼れるカードローンです。

ところが、消費者金融には「総量規制」があります。総量規制は、貸金業法のもとで営業している「貸金業者」である消費者金融カードローンに影響を与え、銀行法のもちで営業している銀行では関係ありません。

総量規制では、年収の3分の1を超えた借り入れが出来ないことになっており、それは他社借り入れを含めた総額で見られます。そのため、配偶者貸付を行っていない消費者金融では年収のない専業主婦が借り入れをすることはできません。また、年収の3分の1以上の借り入れをすることが不可能です。

年収に「縛り」はないけど審査が厳しい銀行カードローン

銀行カードローンは、総量規制対象外なので、基本的には年収がいくらでも、カードローンの申し込みができ、法律的に年収の3分の1以上のお金を借りることが可能です。


しかし、銀行カードローンの審査は厳しく、場合によっては申し込みの条件として年収の下限を設けていることもあります。

銀行カードローンは金利が消費者金融よりも有利なことが多く、銀行であることの安心感もあるので、人気はありますが、厳しい審査に落ちてしまう方も多いです。

カードローン審査に通るためには年収はいくら必要?

カードローン審査では、基本的に「年収がいくらなら審査に通れる」という基準を明かしていません。


申し込み基準に年収を記載しているところ以外では、予想することが難しく、また、年収の下限を記載しているカードローンでも年収以外の問題で審査落ちすることもあります。

ここでは、カードローンでお金借りる場合に、目安として必要な年収の最低金額を紹介します。

年収100万円以下は厳しい

カードローンでお金を借りたい場合には、銀行はもちろん消費者金融でも年収100万円がひとつの壁となりそうです。借入金額にもよりますし、100万円以下でも審査に通ることはありますが、一般的に言えば100万円以下の場合には審査に通るのは厳しくなります。

年収に比例して融資金額が決まる

カードローン審査では、返済できるかどうか?判断する為に「年収額」は大きな判断材料になります。そのため、年収が低ければ融資金額も低くなり、年収が高ければ高い融資金額も認められやすくなります。

総量規制の概念でいえば、年収100万円の人であれば3分の1の30万円ほどの借り入れが可能となり、300万円の人であれば100万円の借り入れができるということです。

もちろん、それ以外の状況も審査では見られますので、これだけの金額を借りられるかどうか不明ですが「これ以上のお金は借りられない」だけは確実です。

年収が高くても最初の融資額は低め

年収が高い場合でも、カードローンでは、申し込みをしてすぐに高額融資が認められることは少ないです。最初から高い限度額を必要としている場合には、条件が厳しい銀行のカードローンの中でもさらに厳しい「プレミアム」などの銘のあるカードローンでお金を借りることになります。


(例)りそな銀行プレミアムカードローン

こうした厳しい条件のカードローンなら、最初から低金利で高額融資を目指せる可能性があります。また、資金使途が決まっている場合には目的別ローンも検討するべきです。


時間をかけて限度額を増やしていければ良いという人は、借り入れ・返済の実績を積んで増額の申し込みをすれば良いでしょう。この場合には年収が不安定な人など条件が不利な人でも利用実績次第で徐々に利用限度額を上げることが可能です。


カードローンでは年収に応じて限度額が決まる


カードローンでお金を借りるにはいくらの年収が必要か、というよりは「年収次第でいくら借りられるか決まる」と言った方が正確です。

年収が低いアルバイトやパートでも少額融資であれば審査が通るカードローンもありますし、年収が高い人でも最初から高額融資が叶うわけでもないという事実もあります。

カードローンの種類によっても条件は違ってくるため、自分の年収と見比べてお金を借りやすい商品を選びましょう。

おすすめカードローン2つ

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。

 

2.アコム

・融資額:1万円~800万円
・30日間金利0円
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:3.0%~18.0%

お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報