> >> 消費者金融や銀行カードローン 2社目の審査通過は難しい?

消費者金融や銀行カードローン 2社目の審査通過は難しい?

消費者金融や銀行カードローンでの借り入れをするためには、審査に通過する必要があります。ローンの審査は基本的に、内容や詳細、審査基準などを教えてもらうことはできません。
そのため、審査に通過するかどうか、終わるまでドキドキして過ごすことになります。1社目であればともかく、2社目の審査通過は難しいと聞くから、不安になっている人もいるでしょう。

2社目は確かに難しさもありますが、反対にスムーズに審査通過できることもあります。審査通過のポイントを押さえて、カードローン2社目も前向きに考えてみましょう。

消費者金融と銀行カードローンはどちらが審査に通りやすい?

消費者金融と銀行カードローンは、同じような仕組みのローンで、ローンカードを使ってATMなどで融資を受けたり返済したりするものです。

しかし、借り入れの条件や審査基準などが違うため、どちらに申し込んでも同じ結果が出るとは限りません。

もちろん、業者や銀行ごとにも審査基準は違うので、A社は通ったけどB社は通らないということもあります。ここでは、一般的な傾向としての審査の通りやすさを紹介します。

銀行カードローンは総量規制の縛りがない

銀行カードローンは、銀行法という法律に定められているローンです。消費者金融は貸金業法という法律で定められており、総量規制というルールで借り入れできる上限が決まっています。

融資総額が年収の3分の1を超えてはいけないというルールであり、他社借り入れがあると審査が厳しくなります。

しかし、銀行では総量規制の縛りがなく、年収の3分の1以上の借り入れだって(理論的には)行うことが可能です。

そのため、消費者金融よりも高額の融資が期待できます。また、銀行間や消費者金融と銀行の間をまたいで高額のお金を借りていても問題はないので、2社目に借り入れを申し込んでも法的に引っかかることはありません。

消費者金融は審査基準が柔軟らしい

消費者金融には総量規制による融資総額の制限がありますが、一方では審査が柔軟だといわれています。

銀行で借り入れを断られた人でも、状況によっては消費者金融の審査に通過する可能性があります。消費者金融の審査の基準は、過去よりも現在の状況であるとよく言われますが、その通り、過去に延滞の履歴があったり、スーパーホワイトと言われるクレジットカード会社や銀行などが敬遠しがちな人も受け入れられやすくなっています。

総量規制の範囲内での申し込みであれば、消費者金融では柔軟に審査をしてもらえて、2社目であっても審査通過の可能性があります。銀行のローン審査は厳しいと言われており、実際に属性に問題のある人や過去に金融事故などの履歴を持っている人は審査通過できないことも少なくありません。

1度失敗したけど、家計や金繰りを立て直して再びカードローンにチャレンジしたい人などは、消費者金融の方が良いかもしれません。

※スーパーホワイトとは、これまでにお金を借りたことがない人か、1度金融事故を起こして信用情報が真っ白になるまで借り入れできなかった人のことです。

年齢が高いのに、スーパーホワイトの状態だと、多くの金融関係の業者や銀行が過去の事故を疑って審査を厳しくする傾向があると言われています。

審査結果はいつ分かる?

消費者金融と銀行カードローンを比較すると、どちらかと言えば消費者金融の方がスピーディです。30分でのスピード審査や当日中のローンカード発行などのサービスをうたっているのも消費者金融が多くなります。

しかし、最近では銀行カードローンの審査も消費者金融のスピードに追いついてきているため、一概に銀行が遅いとは言えなくなっています。

また、消費者金融でも銀行でも簡易審査というシステムを持っていますが、簡易審査はあくまでも本審査の前の仮審査です。そのため、簡易審査で仮に通過した場合でも、本審査で落ちる可能性はあります。

消費者金融と銀行カードローンの2社目って難しい?

消費者金融と銀行カードローンで2社目の申し込みの難しさを詳しく分析してみます。ただし、難しいばかりではなく、有利に審査を進めるための高評価にもつながることがあります。

審査通過できるだけの属性はある

「2社目の審査」ということは、1社目は無事に審査通過を果たしたということです。1度目の審査から長い期間を置いていない場合には、属性の面では業者から良い評価を受けた時と変わらない条件で2社目の審査に臨めるでしょう。

1度は審査に通過できた年収や勤務形態でであれば、2度目も審査通過の可能性が高くなります。

1社目で借りすぎと判断されることも

2社目の審査では、1社目の現状が成否を分ける重要なカギとなります。1社目で借り入れ金額が総量規制に届いていたり、銀行であっても借り入れのしすぎと判断されると、2社目の審査は厳しくなるでしょう。また、返済が滞った履歴などがあると返済能力がないと判断されます。

スムーズな返済歴を高く評価されることも

返済が滞ると履歴にキズがつくこともありますが、反対にスムーズに返済を続けていると高評価をもらえることもあります。消費者金融も銀行カードローンも、理想的な利用者は「たくさん借りてきちんと返してくれる人」です。そのため、1社目で借り入れをしていても、返済が着実に進められていることで審査を有利にしてくれます。

消費者金融と銀行カードローンで2社目申し込みの注意点は?

消費者金融と銀行カードローンの2社目に申し込む場合には、いくつかの注意点があります。正しい使い方をしていれば問題はありませんが、状況によっては慎重に申し込みを考えることが必要です。

1社目で高額融資の場合は別のタイプのローンを

最初のカードローンで高額の融資を利用している場合には、同じ業種で申し込みをすると審査が厳しくなります。 消費者金融で借りているならば銀行を、銀行カードローンを利用しているなら消費者金融を選びましょう。 審査では信用情報機関を利用して他社の借り入れを調べますが、消費者金融と銀行カードローンでは、それぞれが違う機関を使っています。そのため、事故履歴がなければお互いの借り入れを知られずに審査が進む可能性もあります。

返済の遅延や延滞があったらNG

2社目を申し込む段階で、返済の遅延や延滞履歴が残っている場合には、業者をいくら変えても審査は難しいでしょう。信用情報機関が違えば、借り入れ状況は知られない可能性もありますが、返済の遅延や延滞などの事故情報は情報機関同士で共有されます。そのため、銀行で延滞すれば消費者金融でも知られてしまうことになります。

どちらも信用情報を共有している可能性が

信用情報機関は3社あり、銀行と消費者金融はそれぞれに違う機関を利用することが多いものです。 しかし、場合によっては同じ機関を使っていることもありその場合には借り入れ状況が丸わかりとなってしまいます。また、銀行傘下の消費者金融の場合には、お互いの情報をグループ内で共有しています。

カードローン申し込みは1社ごとに

1社目の申し込みの途中で2社目に申し込むというケースもありますが、これだけは勿体無いので避けましょう。

同時に2つ以上に審査を申し込むとそれだけで「申し込みブラック」となる可能性があります。これは申し込みをあちこちにする人のことを指している言葉で、申し込んだだけでブラック扱いとして警戒されるリスクとなります。

消費者金融や銀行カードローン 2社目の審査「まとめ」

消費者金融と銀行カードローンは、どちらも審査基準や使っている信用情報機関などが違っています。二つの特性を知るとともに、2つの業種間の情報のやり取りなどの仕組みを理解して、2社目の申し込みを有利に進めましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融