> >> 消費者金融や銀行カードローン 2社目の審査通過は難しい?

消費者金融や銀行カードローン 2社目の審査通過は難しい?

2社目の申込におすすめのカードローンは?

2社目でも消費者金融キャッシングや銀行カードローン審査に通過してお金を借りることは可能ですが注意点があります。

カードローンに初めて申し込みをする場合、本当に返済可能な最低限の限度額しか設定してもらえないことほとんどです。そのため必要な金額を全額借りられずに困ってしまうことがあります。

しかし借り入れ件数が多ければ多いほど返済の負担も大きくなるので多重債務は慎重になるべきですし、まずは審査に通過しないとお金を借りることもできません。

2社目の消費者金融・審査通過に向けてできることや気をつけるべき注意点などを確認していきましょう。


2社目の消費者金融で審査通過するためにできること

2社目のカードローン審査は1社目とは状況が大きく異なってきます。


なぜかというと、2社目の借り入れが必要な人というのは、「1社からの借り入れではお金が足りなかった人」ということになるので、審査が非常に慎重になってしまうんです。

また、2社目に申し込まれた消費者金融は「もしかしたらウチで借りたお金を1社目の返済に使うんじゃないだろうか。そうなるとウチの返済が滞ってしまう可能性も高い・・・」とシビアな判断をすることもあります。

2社目の審査通過は1社目と比べると難しくなるのは間違いありません。

しかし、絶対に2社目だからといって、お金を借りられないわけではないですし、実際に複数社と契約している人はたくさん。

2社目の審査は事前準備もとても大切になりますので、審査通過のために申し込み前にできることを解説します。

重要!限度額は年収の3分の1以下で申請すること

1社目を利用している人は知っていると思いますが、消費者金融などの貸金業社から借りられる金額は「年収の3分の1まで」と決められています。これが総量規制ですね。


この年収の3分の1という設定額は消費者金融1社あたりではなく、個人が借りられる総額を指しているので、2社目の申し込み金額を考える際は総量規制の範囲から1社目の限度額を差し引いて申し込みしなければいけません。

年収300万円の人の例で考えてみましょう。

例1)年収300万円で、1社目から10万円借りている場合
この人が借りられる最大額は年収の3分の1の100万円になりますので、1社目から借りている10万円を差し引いた残り90万円の借り入れが可能です。

例2)年収300万円で、現在90万円の借り入れがある場合
総量規制の観点からはあと10万円の借り入れが可能となるのですが、総量規制の枠ギリギリまで借り入れがある場合、融資を断られることも多いです。申し込み前に可能な限り返済をすべきでしょう。

2社目の申し込み額は、「年収の3分の1から1社目の借り入れ額を引いた金額以下」に設定することは必ず覚えておいてください。

消費者金融と銀行カードローンならどっちが審査通過しやすい?

とりあえず審査通過を目指したいなら、銀行カードローンはオススメしません。


銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しくなるため、2社目ともなると非常に慎重に審査されることになるんです。

転職したばかりで勤続年数が短い人など、審査に不利になる条件がある場合は、消費者金融の方が審査通過の可能性が高くなります。

銀行カードローンでの多重債務を防ぐため金融庁が業務運営適正化にも力を入れていて、銀行カードローン検査を行なっています。

●金融庁の発表 一部引用
金融庁では、銀行カードローンについて、多重債務の発生防止の趣旨や利用者保護等の観点を踏まえた適切な業務運営が行われているか、詳細な実態把握を進めるとともに、融資審査の厳格化を徹底し、業務運営の適正化をスピード感を持って推進しているところです。

引用:銀行カードローン検査 中間とりまとめについて ―金融庁―

銀行カードローンの2社目の審査は、確実に1社目よりもハードルが上がると考えることができそうですね。

ただし、銀行カードローンには金利が低いという大きなメリットがあります。

消費者金融と比べると低金利で借りられるケースがほとんどなので、1社目よりもハイスペックなカードローンが良いという場合には銀行カードローンを検討するのも良いでしょう。

また、銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、年収の3分の1以上の金額を借りることも可能です。

ただ、近年は貸し過ぎを防ぐために銀行も自主規制を行なっているので、年収の3分の1という金額を目安に貸付を行なっている銀行カードローンも増えてきています。

目的や現在の状況に合わせて借入先を選んでみてください。


簡易審査でチェックしてみよう

カードローン会社の公式サイトには1秒診断や3秒診断などの申し込み可能かどうかがすぐにわかる簡易診断が用意されています。

ここで入力した内容は正式な申し込みや審査に影響しないので、いろいろなパターンで試してみると良いでしょう。


SMBCモビットの10秒簡易審査は正式申し込みになる!【注意】

複数の消費者金融の簡易診断を試してみるのは非常にオススメなのですが、SMBCモビットだけは注意してくださいね。

SMBCモビットの「カード申し込み 10秒で簡易審査結果表示」と書かれている簡易審査は、モビットの本申し込み用フォームになるので、正式な申し込みをしたことになってしまうんです。

10秒で簡易審査ができると勘違いしてしまうそうですがSMBCモビットには簡易診断はありませんので、適当に入力するのは避けましょう。


2社目の消費者金融に申し込みをする前に再度確認すべきこと

ここまでは2社目の審査に通過するために準備すべきことを見てきましたが、ここからは申し込み前の最終段階で再度確認しておきたいことをまとめます。

返済能力は本当に大丈夫?

借りたお金はきちんと返済しないといけないので、ある意味カードローンは返済が始まってからが本番になります。


2社目の借り入れを検討しているということは、1社目の返済もまだ終わっていない状態だと思いますが、多重債務になっても返済は大丈夫そうですか?

例えば、今現在アコムで30万円を金利18.0%で借りている人がいるとします。

この場合、最低でも毎月9,000円の返済が必要で、完済までに4年3ヶ月かかることになります。

同じ人が2社目としてプロミスで30万円を金利17.8%で借りたとします。

毎月の最低返済額は11,000円で、完済までに必要な期間は3年になります。

これまでは毎月9,000円の返済でOKでしたが、これからは20,000円を返済していかないといけないので、2社目の審査に通過したとしても経済的負担は大きく増えることになります。

今の自分がお給料の中から返済に回せる金額をきちんと算出して、無理なく返済できるかどうかをもう1度確認してみてください。

また、借金を借金で返す自転車操業だけはやらないようにしましょう。気がついたら2社目の限度額もいっぱいになってた・・・ということになりますよ。


「増枠」で対応することはできない?

カードローンの限度額は最初の審査で決まるのですが、ある程度期間がたつと「増枠審査」という審査を受けることができるようになります。


増枠審査に通過すると限度額をあげてもらえます。また、金利は限度額の高さによって決められているものなので、増枠に成功することで金利が下がることもあります。

増枠審査の審査項目や審査通過の目安は公表されていないのですが、確実に言えることは「返済実績」が重要になるということです。

毎月延滞せずにきちんと返済を繰り返していると「この人は借りたお金を毎月コツコツ返してくれる信頼できる人」と判断してもらえることになるんです。

そのため、増枠審査を受けられるようになるまでに必要な期間は最低でも3ヶ月か4ヶ月で、延滞せずに返済を行っている必要があるでしょう。6ヶ月以上経過しているとさらに安心です。

1社目の限度額が上がることで、2社目の借り入れが不要になり多重債務を免れることができるかもしれません。

2社目申し込みの前に、ぜひ1社目の利用状況(特に延滞していないか)を確認してみてください。

●増枠審査に有利となる条件
・延滞していない
・初回申し込み時よりも年収が上がっている
・正社員として働いている
・アルバイトから正社員になったなど属性が良くなっている
・勤続年数が長くなった
・利用期間が長い
・他社からの借り入れを完済している
・繰上げ返済を行なっている
など


借り換えローンで対応できない?

他社の返済に困っている場合は2社目の審査に通過したとしてもかえって返済負担が増えることになるので、状況はさらに不利になってしまいます。

こういった場合は、借り換えローンを検討してみましょう。

借り換えローンとは、今よりも貸付条件が良いところからお金を借り直して、現在の借り入れ先に完済することを言います。

以降の返済は借り換えローンを利用した金融機関だけになりますので、多重債務とは異なり2社分の返済負担がのしかかってくることもなく返済負担を減らすことにつながります。

また、借り換えローンや複数の借り入れを1社にまとめるおまとめローンは総量規制の対象外になるので、年収の3分の1以上の借り入れができる可能性もあります。

「申し込みブラック」になってない?

申し込みブラックとは、短期間に複数のカードローンに申し込みをしてしまったために、カードローン業者に「この人はよほどお金に困っているのでは?」と思われてしまい、審査に通らない状態のことを言います。


自分では「アコムの審査に落ちたときのためにアイフルにも申し込みをしておこう」といった保険のつもりでも、あまりにも短期間に立て続けに申し込みをしてしまうとお金を借りていなくても審査に通ることができなくなるんです。

消費者金融などに申し込みをした履歴は信用情報機関に6ヶ月間記録が残ります。

そのため複数のカードローンを利用したいときは、できれば6ヶ月間待った方が良いのですが、なかなかそうも言ってられないですよね。

しかし最低でも1ヶ月の間に3社以上申し込みをするのはやめておきましょう。

ちなみにカードローンの申し込み状況、他社借り入れ件数、借入額などは全て信用情報に記録されているので嘘をついて申し込みをしても必ずバレてしまいます。

正直に申告した方が印象が良いですし、嘘をついたことで審査落ちする可能性もあるので、自信がない項目でも本当のことを書くようにしてください。

不安がある場合は、まずは記録が残らない簡易審査を試してみましょう。


2社目の消費者金融で審査通過 Q&A

2社目の消費者金融で、審査通過を目指すための気になることをQ&Aでまとめます。

2社目の消費者金融に申し込みをして審査結果はいつわかるの?

大手消費者金融なら即日回答が可能なので、アコムプロミスレイクALSA SMBCモビットアイフルなら申し込みをしたその日に審査結果を受け取ることも可能です。


ただ、他社から借り入れがあると審査に時間がかかってしまいますし、申し込みをした時間帯によっては翌営業日の回答となることもあるでしょう。

とても急いでいる場合は、ネットから申し込みをしたあとに消費者金融に電話をかけて急いでいることを伝えてください。

この電話1本で優先して審査をしてもらうことができます。

また、無人契約機(自動契約機)で申し込みをすると審査はその場で行われますので、電話申し込みなどのその他の方法よりも早く審査結果を受け取ることができます。

申し込みのために無人契約機に行く手間はありますが、緊急度が高い時には検討してみてください。


2社目の消費者金融でも即日融資は可能?

アコム、プロミス、レイクALSA、アイフル、SMBCモビットなど、即日融資を可能としている消費者金融なら2社目の申し込みでもその日のうちにお金を借りることができます。

ただし、アイフルは土日の振込融資には対応しておらず、その他の消費者金融も曜日や時間帯によっては振込融資を行なっていない場合があります。

こういった場合でもローンカードを使ったATMからの即日融資なら可能なので、確実に即日融資を受けたいなら審査通過後に無人契約機に行ってローンカードを発行しておくと安心です。

2社目の消費者金融でも無利息サービスを受けられる?

無利息サービスの適用条件は消費者金融によって変わってくるのですが、アコム、プロミス、レイクALSA、アイフルは、初回申し込みであれば無利息(金利0円)サービスを利用してお金を借りることができます(※その他適用条件があります)


例えば、すでにアコムを利用している人でも、プロミスを利用するのが初めてであればプロミスの30日間無利息サービスを受けられるということになります。

●大手消費者金融の無利息サービス

消費者金融名無利息サービス期間適用条件
アコム契約日の翌日から30日間・アコムとの契約がはじめてであること
・返済期日を「35日ごと」に設定すること
プロミス初回借り入れ日の翌日から30日間・プロミスを初めて利用すること
・メールアドレスを登録すること
・利用明細をWeb明細に設定すること
アイフル契約日の翌日から30日間・アイフルではじめて無担保キャッシングローンを契約する人
レイクALSA契約日の翌日から60日間
または借入額のうち5万円までが180日間
・レイクALSAを初めて利用する人
ノーローン借り入れ日の翌日から7日間(何度でも)・特になし。初回借り入れ時と全額返済した翌月になんどでも無利息適用となります

ズバリ2社目の審査に通りやすい消費者金融はどこ?

「ウチは審査に通りやすいですよ!」と宣伝しているような消費者金融は怪しすぎるので利用すべきではありませんが、企業情報のひとつとして成約率(新規貸付率・審査通過率)は公開されているので、これを見れば各社の審査通過状況を比較することができます。


●2019年3月の審査通過率

消費者金融名審査通過率
アコム44.0%
プロミス44.5%
アイフル42.5%
アコム マンスリーレポートを参考
SMBCコンシューマーファイナンス 月次データを参考
アイフル 月次データを参考

横並びではありますが、2019年3月はプロミスがもっとも多くの人を審査に通したということになります。アイフルが若干少ないですね。

審査通過率が高いからといって誰もが2社目の審査に通りやすくなるわけではないのですが、ひとつの目安にしてみてください。

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報